EarthChecKing さん プロフィール

  •  
EarthChecKingさん: 地球なんでも鑑定団
ハンドル名EarthChecKing さん
ブログタイトル地球なんでも鑑定団
ブログURLhttp://check.weblog.to/
サイト紹介文正しい情報をGetできるサイト。※バラエティー・2チャンネル・都市伝説・カルトではありません
自由文管理人が調べた過去5年前の情報を新たなソースと合わせて記載しています
読者の皆さんと共に勉強する気持ちで1記事1記事丁寧に仕上げています
その為記事タイトルは過激で注目をひくものにはなっていません
第一の目的は自分自身への情報の積み重ねです
第二に読んでいただいた方に確かな知識と情報を提供し拡散される事を目標にしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 32日(平均24.9回/週) - 参加 2017/04/24 13:57

EarthChecKing さんのブログ記事

  • 【閲覧喚起】 進化論の嘘 1/2
  • 進化論(しんかろん、英: evolution theory)とは、生物が進化したものだとする提唱あるいは進化に関する様々な研究や議論のことである。生物は不変のものではなく長期間かけて次第に変化してきた、という仮説(学説)に基づいて現在見られる様々な生物は全てその過程のなかで生まれてきたとする説明や理論群である。進化が起こっているということを認める判断と、進化のメカニズムを説明する理論という2つの意味がある。なお、生 [続きを読む]
  • 太陽で捉えられた UFO
  • 皆さんもご存知の通り太陽近くで確認されるUFOが数多く撮影されている飛鳥氏によれば太陽はプラズマで覆われておりその下には地球外生命体がいるとのことである太陽では新たな星が生み出されていたらしい次回はその映像を確認してみよう                                        完全ファイルNASAがひた隠す衝撃のプラズマ宇宙論&太陽系超先端情報 〈特別バー...価格:2916円(税込 [続きを読む]
  • 【驚愕】発見された「日本最後の侍」の写真に海外騒然
  • 侍は 君が代 と ヘブライ語にもあるようにヘブライ語ではシャムライ(守る者)となる発見された「日本最後の侍」の写真の凄さに海外が騒然となっているハリウッド的なイメージはこんな感じだ我々日本人ですら本物を見たことがないので今回の写真は貴重だ下記の家紋は北条氏と島津氏のものモノクロにしてみましたそれでは「日本最後の侍」の写真を見てみよう貴方の家紋を調べられるサイトはコチラ               [続きを読む]
  • 【保存版】 よくわかる地球外生命体の種族
  • 今日は偶然発見したこの動画を紹介したいと思いますエンテメ的ですがとてもよくできていてワクワクしてきます地球上にいるAlienを紹介しているサイトはたくさんありますUFOの種類を紹介を紹介しているサイトも数多いです中でもコレはちょっと異色でドラマになっている点とデータが表示されている点がおもしろいです情報が確かなものであるかは不明ですが実際Alienの存在は皆さんもご存知の通り確実ですから予行練習というか予備知 [続きを読む]
  • 更に巨大になった世界最大のネコ科動物 ライガー ※ロシア動画
  • ライガー (Liger) は、父がライオンで母がトラの雑種動物。個体差はあるものの、顔形はライオンに近く身体には淡い縞があり雄に少量の鬣(たてがみ)があるケースが多い。また、身体が大型化する傾向があり、元となる種が平均100 - 200kg程度、最大亜種でもシベリアトラの300kg前後が限界なのに対し、交雑種はそれと並ぶか、はるかに大型となる400kg以上に及んだ個体も確認されている。 本交雑種は先天的な疾患(特に心 [続きを読む]
  • 元民主党 の大半が 帰化 や 在日 だった
  • 何かと対立している国会一体同じ日本国民でありながらナンデこんなに揉めるのでしょうか?ということでググッてみましたところこんなVを発見 ・・・ということは・・・同じ日本人ではなかったんでしょうか?これが真実だとすれば国会で揉めているのがスッキリする気もしましたん?ということは上記の彼等を押している人達も・・・2.3日中に韓国と日本をテーマにした調査をしてみたいと思いました従軍慰安婦の嘘と真実反日教育の実態 [続きを読む]
  • 私が 韓国 を嫌いになった理由 Vol.2
  • 竹島とか従軍慰安婦とか韓国とは様々な問題で揉めている日本韓国 を嫌いになった理由 Vol.1の続きですまずはコチラをどうぞ 同じく金慶珠さんに対する各パネラーな日本人の意見がメインです金慶珠さん曰く韓国の人の思いは韓国は反日やってる韓国は嘘ついてるこれだけ過激なずうずうしい国だと報ずれば・・・コレに対し金慶珠さんはパネラーからフルボッコになりましたフィフィさんのトドメ・・・そんなに反日感情がないって [続きを読む]
  • 私が 韓国 を嫌いになった理由 Vol.1
  • 韓国の子供が描いたこの絵どうでしょうか?逆に言えば日本の子供がこんな絵を描くでしょうか?もし描いたとしたら親はどうするでしょうか?韓国と日本の常識ってこんなに違うんですねとてもショックでしたこんなショックを受けたのは私だけでしょうか?今日は韓国が嫌いになった当時を振り返ってみたいと思います日本人ならこんな気持ちの切り替え時期があった人は少なくないと思いますこの記事は確か7年前に書いたものだったと記憶し [続きを読む]
  • 【保存版】 日本人なら知っておきたい おむすび おにぎり 由来
  • 今日は日本人なら誰でも食べたことのあるおにぎり・おむすびについて勉強していきましょ風水の記事も併せて読んでいただけると理解しやすくなりますよまずは一般的な諸説をご覧ください日本国内でも地方あるいは家庭によっては「おむすび」(御結び)や「握り飯」などと呼ばれる単に「むすび」や「握り」などと呼ぶ場合もある地域的には西日本はおにぎり・東日本はおむすびである握りまま(青森県)おにんこ(栃木県)にんにこ(和 [続きを読む]
  • 【閲覧注意】 人類は火星に行っていた 5/5 ※第3の選択・赤い太陽計画
  • 2025年までに火星に人類を送るという計画が進行中ですがなんと今から50年以上前にすでに人類は火星に到達していたと言ったら信じることができるでしょうか?信じ難いNASAから流出したという極秘映像をご紹介します奇しくも55年前の今日1962年5月22日人類は火星に行っていました昔このTVドキュメンタリーを見てヤラセだと思っていました第三の選択 1962年5月22日?第三の選択 1962年5月22日 赤い太陽計画 1973年8月28日?19 [続きを読む]
  • 【涙腺崩壊】 世界が泣いた 子ライオン シルガ を救った物語
  • 2014年に公開されたこの動画は世界中で感動を呼びましたとても深い絆で結ばれていたことがよくわかります その群れには3匹の子供のライオンがいましたが一匹を除いては死んでしまいました その後その一匹のメスライオンも群れから見捨てられ酷い飢餓状態でしたバレンティンとミッケルは、このままでは、残りの一匹も死んでしまうと判断し野生動物の獣医に連絡しその一匹の治療を行う事にしました 彼らは映画「シルガ」 [続きを読む]
  • 【閲覧喚起】 ダヴィンチの名画に現れたAlienの実体
  • ダヴィンチの洗礼者聖ヨハネの名画にエイリアンが現われたとニュースになっている元の絵画を見てみよう画像処理の過程もご覧いただこう皆さんもご存知の通り世界の天才・奇才は地球外生命体と何らかの関りがあり地球に文明を広げる為の選ばれた媒介者であるとされているもちろん現在もたくさんの存在が確認されている                                        【送料無料】複製名画油 [続きを読む]
  • 世界最大1.75Mの恐竜の足跡を発見 !
  • オーストラリア北西部で、世界最大となる長さ1.75メートルの恐竜の足跡が発見された。同国クインズランド大学の研究チームが発表した。この足跡は、長い首をもつ草食恐竜、竜脚類が残したもので北部のダンピア半島でクインズランド大学のスティーブ・セイルスベリー教授のチームが発見した。竜脚類は体高およそ5.4メートルの巨大恐竜だった。恐竜の足跡は、南米ボリビアで昨年見つかった長さ1.15メートルの肉食恐竜の足跡がこれま [続きを読む]
  • 火星考古学 1:人面岩論争は茶番だった ※巨大都市群の驚異
  • 火星のシドニア地区にある人面岩の論争は自然の岩であると決着がついたかのように見えていた海底考古学でお馴染みのZak Zaurus先生が火星の人面岩周辺と地下の都市を解析したのでその映像を紹介しよう                                        人類の宇宙探査をリードする米航空宇宙局NASAは、火星に関する膨大なデータを蓄積している。そのNASAが15年9月末、衝撃の報告を行った。「 [続きを読む]
  • 【驚愕事実】 NASA TOP SECRETS 3 宇宙人に撃墜されたコロンビア号
  • コロンビア号空中分解事故コロンビア号空中分解事故は、2003年2月1日、アメリカ合衆国の宇宙船スペースシャトル「コロンビア号」が大気圏に再突入する際、テキサス州とルイジアナ州の上空で空中分解し7名の宇宙飛行士が犠牲になった事故である。コロンビアは、その28回目の飛行であるSTS-107を終え、地球に帰還する直前であった。事故原因は、発射の際に外部燃料タンク(External Tank, ET)の発泡断熱材が空力によって剥落し手提 [続きを読む]
  • 正しい知識を勉強できるサイト 地球なんでも鑑定団を紹介します
  • ブログ開設から1か月経ちました改めまして管理人のEarthChecKing(地球鑑定王)です今日はブログの詳細な紹介をしたいと思います私は当サイトの管理人をしておりまして地球なんでも鑑定団地球の歴史関連なんでもCheckします!UFO・都市伝説・日本史・世界史・宇宙史・恐竜と1000 Home & Garden Ideasホーム&ガーデン情報と心と身体に優しい食や暮しの ヒント&アイデアの紹介という2つのブログを運営しています ※4〜5記事/Day UPして [続きを読む]
  • 【学説崩壊】 絶滅 しないで 生きている 恐竜 6動画
  • 恐竜の記事をUPするまで正直この手の動画は一種のエンターテイメントとして楽しんで見ていましたUFO動画に溢れている作り物だと思っていたからです宇宙より未開発の海のどこかにはメガロドンくらいはいるだろうって思いましたけれど今これらの動画をまっさらな気持ちで見てみると本当だったんだ・・・と改めて驚かされます 1 ・・・動画は本物でしょうか? 2 アフリカで捕獲された恐竜ヴェロキラプトル 3 古い翼竜の [続きを読む]
  • 【驚愕事実】 NASA TOP SECRETS Vol.2
  • NASAと聞くと宇宙開発が目的の組織だと思う人が多いが実は少し違うアメリカ航空宇宙局(National Aeronautics and Space Administration, NASA)はアメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関である。宇宙開発に加えて重要な任務は宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。(提供:ウィキペディア) ※NASAのゲマトリアは6皆さんもご存知の通り裏NASAの目的と [続きを読む]
  • 北朝鮮と韓国 10の違い
  • アメリカの子分であり地球の問題児といえば皆さんもご存知の通り北朝鮮と韓国今日はそんな隣接する2つの国の違いを見てみましょうEarthChecKingには北朝鮮と韓国と中国は同じに見えます日本人の遺伝子とは全く違うので理解に苦しみますが苦しむのももったいないので見なかったことにします                                           金正日が愛した女 [ 落合信彦 ]価格:740円(税込 [続きを読む]
  • 【閲覧喚起】 火星文明とオーパーツ 4/5
  • 様々な疑惑・陰謀と憶測の的になっている火星。今回は火星のオーパーツと火星文明について見ていきますが皆さんは火星についてどこまで知っているでしょうか?さっそく驚きの動画からご覧ください。 謎のオーパーツメリディアニ大地に存在する3個タワー状の物体が等間隔(約240m)で一直線に並んでいます。コインのようなディスク型の物。マーズ・グローバル・サーベイヤの画像の中に巨大な施設、中央に穴がある四角い物体が [続きを読む]
  • 【驚愕事実】 NASA TOP SECRETS Vol.1
  • 裏NASAトップシークレットシリーズ第一弾は一般公開されない飛行物体を紹介します知っている方も多い公開された Alien の証拠の動画で紹介した有名な画像この飛行物体は全くの謎です何かを調査する目的で作られた可能性は高いクラッシュした飛行物体の残骸それでは具体的な動画を見てみよう                                           矢追純一UFO現地取材シリーズ DVD-BOX (2枚組)価 [続きを読む]
  • 【保存版】 鴨葱 の 語源・由来
  • 鴨鍋に葱はつきものですが鴨が自分で葱まで背負ってやって来てくれればすぐに食べられて好都合であることから多くは、お人好しが、こちらの利益になる材料を持ってくることを言います。略して「鴨葱」とも。大辞林第二版には願ってもないこと、大変好都合であることという意味が書いてあります。鴨が葱を背負ってくるの言葉がありますが鴨は賀茂氏のことであり葱は禰宜(ねぎ)で神社の宮司や神官のもとで働く神職を意味しているので [続きを読む]
  • 【驚愕】 USA初期型UFOと内部構造
  • アメリカ人が暴露したとされるUSA初期型UFOと内部構造を紹介する下記は現在のアメリカの兵器TR-3B今日の動画では現在の兵器TR-3Bになる前の試作品を公開している動画で確認してみようアメリカが半重力・プラズマを使って兵器TR-3Bを作ったことは皆さんもご存知の通りだがその40年以上進んだとされている技術は誰からどのようにもたらされたものなのだろうか?そう貴方が予想している通りその答えはペンタゴンにある         [続きを読む]