ミスタースクエア さん プロフィール

  •  
ミスタースクエアさん: アールギャラリーでガレージ付注文住宅を建てる
ハンドル名ミスタースクエア さん
ブログタイトルアールギャラリーでガレージ付注文住宅を建てる
ブログURLhttp://arrgallery.seesaa.net/
サイト紹介文arrgallery(アールギャラリー)で、30坪の土地にガレージ付注文住宅を建てました。
自由文arrgallery(アールギャラリー)(アールプランナー)で、30坪の土地にバイクガレージ付注文住宅を建てました。

2Fリビングで子ども部屋×2、主寝室×1。

さらにクルマ2台を駐車できる最小限のスペースをなんとか確保。

工事中は第三者検査もお願いし、きちんと施工してもらいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 59日(平均5.3回/週) - 参加 2017/04/24 20:43

ミスタースクエア さんのブログ記事

  • 壁紙を選びにサンゲツショールームへ
  • 床材同様、おおいに悩んだのが、壁紙です。わが家の「アールスタイル」の場合、「サンゲツの、このカタログの中から選んで下さい」と、チョー分厚いカタログを渡されました。「アールベーシック」、「アールオーダー」の場合はわかりませんが、「アールスタイル」のサンゲツだけでも、選択肢は豊富です。基本の壁紙はホワイト系と決めてはいましたが、同じ白色でも何十種類と存在。カタログの数センチ角の色見本ではよくわからなか [続きを読む]
  • 洗面台の品揃え豊富なサンワカンパニー
  • 当初、バイクガレージには一度外に出てシャッターを開けてからしかアクセスできなかった間取りですが、室内からも出入可能なように勝手口の引き戸を設けてもらいました。その影響で、1Fトイレ前の洗面台は・横幅600mm未満・奥行450mm未満という制約を受けることに。LIXILはもとより、TOTOやタカラスタンダード等、有名どころのカタログを眺めてみても、上記に合うサイズはありませんでした。そこで白羽の矢が立ったのが、サンワカ [続きを読む]
  • 諦めたモノその4 カッコ良いガレージシャッター
  • 当初、どうせバイク用ガレージを設けるのなら、カッコ良いガレージシャッターを、という考えでした。通常の巻き上げ式のガレージシャッターだと、上部にシャッターケースが必要になってきます。打ち合わせでそう聞いて、こんなのやこんなのをイメージし、ちょっと躊躇してしまいました。そこで、おしゃれでカッコ良いガレージの代名詞、「オーバースライダー」式のシャッターも検討。例えば文化シャッター「フラットピット」なんか [続きを読む]
  • 諦めたモノその3 おしゃれな鉄骨スケルトン階段と吹き抜け
  • 蹴上、踏面の数値はもとより、吹き寄せとしたことで、安全にこだわったわが家の階段。形状はコの字の折り返しで、見た目自体はごくフツーですが、リビングイン階段とし、廊下を極力少なくすることでスペースを有効活用しています。でも、本当はこのようなスケルトンな鉄骨階段にあこがれますね。これは、欧倫ホームの神宮モデルルームで見たんですが、階段の裏側にはフェルト(?)を貼って、おしゃれな仕上げとなっています。でも [続きを読む]
  • 「アールスタイル」で選ばなきゃいけないこと
  • アールギャラリーの最も低コストなグレード「アールスタイル」では、決められたなかから設備を選ぶ仕様となっています。・外壁材色・屋根材色・軒天色・軒樋色・物干し金物・玄関扉デザインと色・サッシ種類・色・玄関タイルデザイン・色・床材種類・色・室内ドア種類・色・取っ手・玄関収納色・階段手摺エンドブラケット種類・立水栓ユニット色・システムキッチン扉色・カップボード扉色・システムバス色・洗面化粧台扉色・トイレ [続きを読む]
  • 天井高を低くする際に気を付けること
  • 前回、階段をより安全性の高い「吹き寄せ階段」にすることで、わが家は・1F天井高 2400mm → 2200mm・玄関扉 2200mm → 2000mm・2F、小屋裏に階段一段分のスペース浸食のデメリットが生じたと書きました。分かりにくいと思うので解説しますと、「吹き寄せ階段」にすることで階段はそれまでの30度、30度、30度、30度、30度、30度、の6段だったところが、60度、30度、30度、60度、の4段に減少してしまうため、これまでと同じ間取りに [続きを読む]
  • 危険度の高い回り階段は「吹き寄せ階段」で
  • 注文住宅のblogを読み漁っていると、階段の安全性と昇り降りのしやすさについて、いろんな人がいろんな意見を言っています。特に、蹴上げ:階段の1段の高さ寸法踏み面:足を乗せる奥行寸法に関しては、平屋に住むのでなければ毎日の動線なので、間取りの初期段階から考えておいて損はないと思います。しかし、どうせ注文住宅ならば、階段の形状自体についても検討した方が良いでしょう。わが家の場合、コの字に折り返す「回り階段 [続きを読む]
  • 網戸を閉めても虫が入って来る、間違った網戸の使い方とは
  • 前回、見た目が気になると紹介した、わが家のバルコニーに設置した3連窓。その理由は、網戸のサイズが窓よりも小さいから。網戸をなくしてしまえばスッキリするでしょうけど、網戸なしで暮らしている方なんて、いるんでしょうか。前回紹介した↓このような折り畳み式の大開口の場合、窓が外側に開くため、網戸を開け閉めする時間が長くなり、虫の侵入リスクが高そうですね。さて、通常網戸の正しい使い方としてネット等で紹介され [続きを読む]
  • 諦めたモノその2「大開口のリビング引き込み窓」
  • 家づくりであきらめたモノ(こと)シリーズ第2弾は、窓です。わが家は狭小地で隣家が迫り、1F居室の日当たりは望み薄。玄関とガレージに面積を割くため、少しでも広く取りたいリビングは2階としました。水回りも同じ2Fのため、風呂の残り湯を使って回した洗濯機から取り出した洗濯物は、そのまま2Fのバルコニーに干す動線です。わが家の敷地で唯一眺望が得られる東方向にバルコニーを設けたため、できるだけ広く作ってもらいました [続きを読む]
  • 諦めたモノその1「眺めの良い風呂」
  • 細かい修正点を紹介 アールギャラリーの間取変遷その6で ・2F浴槽設置向き変更と書きましたが、自分でもその理由を忘れていたので、妻に聞いたところ、以下のツッコミが。「あんたが下の写真のように風呂に浸かって外見たいって言ったからやん」↓この写真のように外が見えるということは、外からも風呂の中が見えるということ。インナーテラスだったら他人の視線を気にしなくても良いのですが、外部となると、不特定多数の第三 [続きを読む]
  • 細かい修正点を紹介〜アールギャラリーの間取変遷その6
  • 前回紹介した、ガレージを広げたアールギャラリーの間取り提案の第6回目。ガレージとその周辺、勝手口を設置し室内からアクセス可能とし、ハンガーパイプの収納を設けたのは前述の通り。その他にも、下記のような細かい点が修正されています。・玄関框を斜めに設置室内から下駄箱にアクセス可能になり、外出時に裸足で土間に降りなくてすみます・玄関の壁いっぱいの靴箱子どもも2人いるため、余裕ある収納力を確保・玄関東側高窓→ [続きを読む]
  • 断熱材の「トレードオフ」に要注意
  • アールギャラリーと契約を交わしてまもなく、送られてきた「仕様概要書」。家がどのようにつくられるか、また、設備がどのようなものか、仕様が一覧化されており、例えば土台は105mm×105mm、水回りは全てLIXIL、といったように記されています。そのなかで、「断熱仕様」の「吹付断熱 フォームライトSL」の厚さを見ると、・外気床 100・外周壁  75・屋根  100とあったので、調べてみました。断熱材「フォームライト」の販売元 [続きを読む]
  • 価格一覧表〜敷地30坪でのビルトインガレージ住宅の場合
  • アールギャラリーで契約に至ったわが家。希望の間取りを実現できた点はもちろんですが、価格の安さもその理由のひとつです。土地を除いた、付帯工事等も含め見積もりに出てきた全ての費用総額の一覧表を作ってみました↓※B(バイク)ガレージは図面からマイナス130mm(内側寸法)で計算T建設、川島建築事務所、フリーダムアーキテクツデザインは打ち合わせの際に聞いた大まかな金額で、丸山建設は見積提出するまでには至っていま [続きを読む]
  • 500円で間取りを作ってくれた「ココナラ」のA建築士
  • インターネットのワンコインマーケット「ココナラ」。建築や設計の技術を持った方のなかで、自分のスキルを安く提供してくれる方もおり、わが家もそんな出品者に間取り作成を依頼しました。タイミングとしては、家づくりをはじめてから、アールギャラリーと契約に至るまでの間です。やり方としては、工務店やハスウメーカー同様、・土地情報・予算・家族構成・希望する部屋数と広さ・駐車台数等を出品者に伝え、あとは出品者によっ [続きを読む]
  • クラシスホームその2 〜最後の最後で残念な間取り
  • 「今のところ欧倫ホームが一番良いんですが・・・」とクラシスホームにお願いしてた間取り図がこちら↓アイフルホームと同じように、欧倫ホームの間取りとほぼ同じ仕上がりです。ちなみに、欧倫ホームの間取りについて、クラシスホームの営業マンは「そのままでは成立しない間取りですよ」と指摘してくださいました。下記に欧倫ホームの間取り図を拡大したのですが↓1.クルマ駐車スペースと玄関扉が干渉する2.1Fトイレが階段下 [続きを読む]
  • 無料で間取りをどんどん進化させる方法
  • 10社以上もの工務店、ハウスメーカーから間取り、見積もり提案を受けたわが家。その理由は以前にもお伝えしましたが、とにかく30坪の敷地に希望の間取りが実現するかどうかわからなかったから。契約に至る途中で「30坪でもなんとかなりそう」となって結果オーラーでしたが、わが家同様、狭小地で家を建てる場合には、とにかくハウスメーカー、工務店に間取りをたくさん依頼するのは有効だと思います。実際のやり方は、以下の通り。 [続きを読む]
  • ヤスデ大量発生!? E-Home 丸山建設
  • 以前、こちらのブログでも書いた通り、工務店紹介サービス「ザ・ハウス」を利用したのですが、そちらで紹介された工務店のひとつがE-Home 丸山建設です。ホームページに「デザイン設計の得意な工務店E-HOMEにお任せください」とあったので期待していたのですが、やってきたのは何やら大きなパネルのような部品を持ってあらわれた営業マン。それから、「通気断熱WB工法」についての説明がはじまりました。うろ覚えの素人知識で簡 [続きを読む]
  • 設計事務所の間取り紹介 〜 フリーダムアーキテクツデザイン
  • 狭小地でも、下手な鉄砲数打ちゃなんとかなるのでは? と思って依頼した設計事務所「フリーダムアーキテクツデザイン」今までの設計事務所とは異なり、住宅設計の2016年度設計実績は約400棟を超え、完全独立系の建築設計事務所では全国No.1なんだとか。工務店やハウスメーカーのように、相性が悪い担当者をチェンジできたり、やり取りする人間も会社組織なんで、他の設計事務所の海千山千(失礼!)の設計士先生を相手にするより [続きを読む]