nnbnak さん プロフィール

  •  
nnbnakさん: 40歳からの資産形成
ハンドル名nnbnak さん
ブログタイトル40歳からの資産形成
ブログURLhttp://www.shisan.life
サイト紹介文40歳... 投資や資産運用など、お金のことについて何も考えずやってきました。
自由文今後のために、お金のことをしっかり考え、貯金、投資、資産運用について実践したことを記します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 109日(平均2.6回/週) - 参加 2017/04/25 00:04

nnbnak さんのブログ記事

  • 2017/7/6 投資資産状況
  • 投資額とリターン楽天証券資産以下は楽天証券における2017/7/6 07:30 時点の資産状況。楽天証券資産 2017/7/6 07:30 時点コメント2017/7月時点では、毎月23日に3,000積立を行なっている。積立のタイミングと変化があった場合に記録として残していこうと思う。現状「世界経済インデックスファンド」だけだが、今後はREITも含むファンドにも積立投資を開始したいと考えているし、iDeCoも始める予定なのでそちらの状況も載せていきた [続きを読む]
  • 60歳までに準備する資金:老後の資金 は1億円/準備資金は3千万円
  • 以下投稿の続き。 「60歳までに発生する費用」と「60歳までに準備する資金」(1) 60歳までに発生する費用:養育費と教育費 3,500万円 60歳までに発生する費用:夫婦の生活費 1億6百万円今回は、60歳までに準備する資金である「老後の資金」について試算を行う。 老後の資金はいくら必要?必要な老後資金書籍「これで安心!月5000円からはじめる老後資金の作り方 (TJMOOK)」を参考に必要な資金を考えてみた。老後65歳から95 [続きを読む]
  • 60歳までに発生する費用:夫婦の生活費 1億6百万円
  • 以下投稿の続き。 「60歳までに発生する費用」と「60歳までに準備する資金」(1) 60歳までに発生する費用:養育費と教育費 3,500万円今回は、60歳までに発生する費用の「養夫婦の生活費」について試算を行う。現在の生活費現在の生活費は次の通りだ。 現在の生活費:440万円/年家計簿をみてみると、食費がけっこうかかっている。外食が多いわけではない。野菜の消費量がおおいことがが原因だろう。しかも、有機野菜や無農薬野 [続きを読む]
  • 60歳までに発生する費用:養育費と教育費 3,500万円
  • 以下投稿の続き。 「60歳までに発生する費用」と「60歳までに準備する資金」(1)まずは、60歳までに発生する費用の「養育費と教育費」について試算を行う。 養育と教育どれだけかかるの?新しく家族が増える。その子が成人、社会人になるまでに必要な資金を準備する必要がある。どれくらいの資金が必要なのだろうか?子ども応援便り WEB版 によると、子供のが大学卒業までにかかる総費用は、「基本的養育費」と「各コースごとの教 [続きを読む]
  • 「60歳までに発生する費用」と「60歳までに準備する資金」(1)
  • こらから どれくらいのお金が必要なのだろうか?もうすぐ新しい家族を迎える予定だ。私は現在40歳。人生の折り返し地点と言われる年齢。そんな自覚はないし、妻や子供と一緒に今まで以上に長く健やかに、そして豊かに幸せ過ごしていく予定だ。 こらから どれくらいのお金が必要なのだろうか?妻と二人でこれから少なくとも55年は生き、子供が立派に成人し、孫の成長も見守りたい。そう考えると、今後お金はいくら必要なのだろうか [続きを読む]
  • ドルコスト平均法とバリュー平均法(2)
  • 「ドルコスト平均法とバリュー平均法(1)」のつづき。会社の同僚と投資信託の積立頻度について会話をしていたとき、「毎週積立をしている」という話を聞いた。毎週の積立額や理由については聞けず終いだった。 ドルコスト平均法? バリュー平均法?毎週積立についてのメリットをしりたくてネットで検索してみると、「ドルコスト平均法」と「バリュー平均法」という考え方があるらしい。今後の積立について検討するにあたり、学んだ [続きを読む]
  • ドルコスト平均法とバリュー平均法(1)
  • 会社の同僚と投資信託の積立頻度について会話をしていたとき、「毎週積立をしている」という話を聞いた。毎週の積立額や理由については聞けず終いだった。 ドルコスト平均法? バリュー平均法?毎週積立についてのメリットをしりたくてネットで検索してみると、「ドルコスト平均法」と「バリュー平均法」という考え方があるらしい。今後の積立について検討するにあたり、学んだことをまとめておく。私には内容が難しい。2回に分 [続きを読む]
  • 初めての積立投資(5):毎月の積立額は? 3,000円
  • 以下投稿の続き。 初めての積立投資(1);何を参考にするのか? 「はじめての人のための3000円投資生活」 初めての積立投資(2):初めての金融商品は? 投資信託/インデックスファンド 初めての積立投資(3):楽天証券 口座の開設は? 一般口座と特定口座&源泉徴収あり/なし 初めての積立投資(4):投資信託の選定は? 世界経済インデックスファンド積立投資金額は殆どが1,000円から可能。積立だと少額で投資を始められるのがメリッ [続きを読む]
  • ふるさと納税の記録 2017:(4)お礼品が届いた!
  • ふるさと納税で寄付を行う。2017年一回目。 以下投稿の続き。 ふるさと納税の記録 2017:(1)2017年のふるさと納税 寄付金額の検討 ふるさと納税の記録 2017:(2)1つめの寄付先決定 ふるさと納税の記録 2017:(3)さとふるで寄付申し込み手順お礼品が届いた。さとふるを通して、2017年1回目のふるさと納税・寄付を、岐阜県養老町に対して行なった。寄付先の自治体は1つだが、寄付申込は2つ。申し込んだお礼品は、「何にでも使 [続きを読む]
  • 500円玉貯金:(2)500円玉貯金額は10万円以上?
  • 「500円玉貯金:(1)500円玉貯金のメリット」のつづき。私と妻は合計10万円あったらと考えていた。楽天銀行 口座 年利0.1%(税引き前)に入金500円玉貯金と100円玉貯金は、一旦楽天銀行口座に入金することにしていた。楽天銀行+楽天証券口座を開き、マネーブリッジ(自動スイープ設定)を行うと、優遇金利を受けられるからだ。[楽天証券/SBI証券/BMO 証券] 投資信託&インデックスファンドを開始するにあたり、初心者はど [続きを読む]
  • 500円玉貯金:(1)500円玉貯金のメリット
  • 我が家では、2016/4月より500円玉貯金を行っている。現金を使ったときのお釣りのうち、500円硬貨は貯金箱に貯金し、100円、50円と5円硬貨は財布に入れて使い、10円硬貨は神社の御賽銭用として保管している。2017/1月からは100円貯金も始めた。500円玉彫金の背景500円玉貯金は、結婚前からの妻の貯蓄手段の1つ。なので、500円効果を一杯にすると10万円貯まるという黄色い貯金箱も妻が持っていたもの。2016年春に結婚してからも、引 [続きを読む]
  • ふるさと納税の記録 2017:(3)さとふるで寄付申し込み手順
  • ふるさと納税で寄付を行う。2017年一回目。以下投稿の続き。 ふるさと納税の記録 2017:(1)2017年のふるさと納税 寄付金額の検討 ふるさと納税の記録 2017:(2)1つめの寄付先決定「さとふる」の手続きはスムーズで簡単だ。寄付金の使い方で少し調べる必要があったが、それ以外は本当にシンプルで利用しやすいと感じた。寄付金の使い方については、寄付先によって異なるので寄付先の市町村のサイトで別途確認しなければいけないと [続きを読む]
  • ふるさと納税の記録 2017:(2)1つめの寄付先決定
  • ふるさと納税で寄付を行う。2017年一回目。以下投稿の続き。 ふるさと納税の記録 2017:(1)2017年のふるさと納税 寄付金額の検討」2017/5月度の寄付先検討いよいよ一番たのしい時間。以下の2点に基づいて寄付先、お礼品を検討する。 5月度予算:20,000円 家計の助けとなるお礼品寄付先、お礼品の決定にあたっては、妻の意思が第一優先となる。ご多聞にもれず、実際では、我が家も、”優先”ではなく”妻の意思次第”である。 [続きを読む]