hikari さん プロフィール

  •  
hikariさん: HIKARI LAB
ハンドル名hikari さん
ブログタイトルHIKARI LAB
ブログURLhttp://hikarilab.blog.fc2.com/
サイト紹介文レザークラフトによる革小物等、制作した物をご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 138日(平均1.0回/週) - 参加 2017/04/25 10:04

hikari さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ホームページを作りました
  •  ホームページを作りました。  https://hikaricraft.web.fc2.com/ ホームページとブログの棲み分けをどうするかは、暫く両方運営しながら考えようと思っています。今のところホームページでは、制作した物等、主に制作についてのことを書きたいと考えています。またブログでは、主に試作や実験的なことを記事にしたいと考えています。 まだ中身は少ないですが、少しずつ充実させていきたいと思います。記事を読んで頂けたら、 [続きを読む]
  • minne(ミンネ)の特集に掲載されました
  •  HIKARIでは、制作した物をminne(ミンネ)で販売しています。minneとは、GMOペパボ株式会社が運営している国内最大級のハンドメイドマーケットサイトです(2017年3月22日時点で32.9万人の作家数、519万点の作品が販売・展示されています)。 今回大変光栄なことに、制作している物の中の一つの【革色等選べます】革の財布(ハート)が、minneの特集に掲載されました。minneの特集は、minneがひとつのテーマに沿って選定した作品 [続きを読む]
  • 試作 L字ファスナーウォレット その2
  • L字ファスナーウォレットを試作中。中の物を取り出し易くするため、内部構造違いで3パターンの財布を試作。まだ試作段階なので、床革を使って、綺麗に作ることより早く作ることを心掛けている。3つの財布を比較すると、右端の財布が最も中の物を取り出し易い。右端の財布の内部構造をベースに、寸法を見直して再度試作したいと思う。記事を読んで頂けたら、下の2つのバナーを して頂けると嬉しいです。人気ブログランキ [続きを読む]
  • 試作 L字ファスナーウォレット
  • L字ファスナーウォレットを試作中。シンプルで沢山は入らなくて良いけど、お札・小銭・カードが入ってちょっとしたお出かけに使える財布にしたい。まずは、床革を使って試作してみた。各寸法や内部構造を見直して、再度試作予定。記事を読んで頂けたら、下の2つのバナーを して頂けると嬉しいです。人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 刻印の幅
  •  刻印の幅を調べました。コードホルダーやキーホルダーにお名前やメッセージ等を入れる場合に、ご希望の文字が文字入れを行うスペースに収まるかどうかを調べるのにご活用して頂ければと思います。 刻印の種類 刻印の幅 大項目 小項目 (単位:mm) アルファベット大文字 A 7.7 B 6.4 C 6.3 D 6.7 E 6.3 F 6.3 [続きを読む]
  • キーホルダー(シンプル)への文字入れ
  •  キーホルダー(シンプル)の注文を頂きました。キーホルダーの片面に、8文字の文字入れをご希望されていました。 ご注文頂いた時に、ご要望の文字がキーホルダーに収まるかを確認すると、キーホルダーには収まりませんでした。注文者様にご連絡し、今回制作するキーホルダーは、通常サイズより少し長くした仕様にして、ご要望の文字がキーホルダーに収まるように対応させて頂くことにしました。上側の青いキーホルダーが通常サ [続きを読む]
  • キーホルダー(シンプル)
  • 2枚の牛革を貼り合わせて制作したシンプルなキーホルダーです。お名前やナンバー、日付等をお入れすることが可能です。下記の仕様をお選びすることが出来ます。1.革の色2.形状3.金具4.刻印の文字の種類(両面に文字を入れることが可能です)寸法(単位:mm) 革部:縦20×横70×厚さ4  金具:(ナスカンキーの場合)長さ40    (ボールチェーンの場合)長さ50選択できる項目の詳細1.革の色 ピンク イエロー グ [続きを読む]
  • コバの仕上げ ショートウォレット(貼り合わせ)
  •  ショートウォレット(裏地無し)のコバは着色を行っていませんでしたが、ショートウォレット(貼り合わせ)では着色をすることにしました。ショートウォレット(貼り合わせ)のコバをどのように仕上げるか検討しました。 着色剤は顔料と水溶性染料、アルコール染料の3種類を用意しました。着色後の表面に塗るコーティング剤は2種類用意し、コーティング剤が有る場合2種と無い場合を合わせた3種類を試します。着色剤3種とコーテ [続きを読む]
  • くるみボタン ショートウォレット(貼り合わせ)
  •  ショートウォレット(貼り合わせ)で使用したくるみボタンは、革でホックのボタンを包んだ物です。くるみボタンで使った革は、財布本体と同じ革(ルガトー)を使い、丸く裁断して縁を漉きました。最初に試作したときは、元々の革が固めだからなのか革の漉き方が甘かったからなのか分からないが、ボタンを包む時、革が固い印象がありました。(革をホックに付けること自体は、特に問題有りませんでした) 次の試作では、革を薄く [続きを読む]
  • ショートウォレット(貼り合わせ)で使用する革
  •  先日販売を開始した財布には、「革の宝石」とも呼ばれるタンナリー・マズール社の「ルガトー」を使用しました。この革は、タンニン鞣しで作られた牛のショルダー部分の革です。光沢が有り、天然のトラ目(首から肩にかけてのシワ)の模様が特徴です。尚、タンナリー・マズール社は1873年に創業したベルギーのタンナーです。トラ目が有る部分を拡大したところ 但し、革全体にトラ目が有るわけではありません。革の端の方は、トラ [続きを読む]
  • ショートウォレット(貼り合わせ) 販売します
  •  カードや小銭、お札が入る財布です。コンパクトだけど普段使いができる収納力と、使いやすい財布を目指して試作を繰り返してきました。牛ヌメ革を使用し、本体及び仕切りは2枚の革を貼り合わせた仕様となっています。縫製は、縫い目間隔3mmで手縫いします。コバは着色を行っています。 外形寸法(単位:mm):幅110×高さ95×厚さ40革 革は、「革の宝石」とも呼ばれるベルギー産タンナリー・マズール社の「ルガトー」を使用し [続きを読む]
  • ショートウォレット(裏地無し):革色イエローの参考画像
  •  ショートウォレット(裏地無し)の革色を検討して頂くための、参考画像です。(画像の色は、表示環境や撮影環境によって実物と同じ色には再現できていませんので、参考用と思って頂ければと思います。また、実際の革の色も、仕入れる度に違いが有ります。)画像の財布の仕様は 1.革の色:イエロー  2.ホックの色:真鍮 3.蓋の形状:T1 4.糸の色:白です。正面から見たところ後ろから見たところ下から見たところ蓋を [続きを読む]
  • ショートウォレット(裏地無し):革色ピンクの参考画像
  •  ショートウォレット(裏地無し)の、革色を検討して頂くための参考画像です。(画像の色は、表示環境や撮影環境によって実物と同じ色には再現できていませんので、参考用と思って頂ければと思います。また、実際の革の色も、仕入れる度に違いが有ります。)画像の財布の仕様は 1.革の色:ピンク  2.ホックの色:ニッケル 3.蓋の形状:T1 4.糸の色:白です。正面から見たところ後ろから見たところ下から見たところ蓋 [続きを読む]
  • パソコンを入れ替え中
  •  今回は、レザークラフトその物についての記事では有りませんが、物を作ってそれを売る場合に必需品となっているパソコンについての記事です。 パソコンの使い方の主なものとしては、物を制作する時では、図面を作って形状を検討したり、作り方を検討したりしています。型紙は、パソコンで作成した図面を印刷して制作しています。また買い物をする場合もあり、近くのお店で買い物するより早く・安く購入出来る場合が有ったり、近 [続きを読む]
  • 文字入れを行ったコードホルダー(ハート)
  •  文字入れを行ったコードホルダー(ハート)を制作しました。制作した仕様は、下記の通りです。    ―記―  1.革の色:ピンク  2.ハートの形状:T1  3.バンドの向き:D1  4.刻印:☆MAO☆  参考記事  コードホルダー(ハート)   コードホルダー(ハート)の選択項目詳細 (ハートの形状とバンドの向きの記号の意味が記載してあります) ハート部分に入れる文字数は5文字ですが、出来るだけ綺麗に文字を入 [続きを読む]
  • ショートウォレット(裏地無し)
  •   牛ヌメ革を使用し、裏地の張り合わせは行っていない仕様の財布です。物を入れるスペースは3か所有り、手前にカード、中央に小銭、奥にお札を入れて使うことを想定しています。 縫製は、縫い幅3mmで手縫いで行っています。ショートウォレット(張り合わせ)を制作した時に糸止めを財布の内側で行うようにしましたので、こちらの財布も糸止めを財布の内側で行うように変更して制作しました。 ご参考記事  ショートウォレット( [続きを読む]
  • 貼り合わせ
  •  先日制作した財布です。蓋や胴から成る本体の部分は、2枚の革を貼り合わせて制作しています。 最初は、接着剤を塗る範囲と曲げ貼りする時の角度を、大まかに決めるための試作を行いました。 貼り合わせを行うと、接着剤を塗る範囲によって外観の雰囲気や触った時の感触が変わります。接着剤の塗る範囲を変えた物を数種類試作し、接着剤の塗る範囲をどうするか決めます。 また、曲げ貼りする時の角度を変えた物も試作し、蓋を [続きを読む]
  • 小銭入れの革
  •  先日制作したショートウォレット(貼り合わせ)の、小銭入れの革について。 仕切りを貼り合わせにすると、小銭入れの内側はヌメ革のギン面になり、小銭の痕が付き易くなる。小銭入れに小銭の痕を付き難くすることが出来ないか、クロム鞣しの牛革を入手して評価した。今回、入手したクロム鞣しの革は4種類(皺の量違いやギン面を起毛させてあるもの)。 革単独で小銭の痕の付き難さを評価すると、クロム鞣しの方がヌメ革より痕 [続きを読む]
  • 縫い糸
  •  先日制作したショートウォレット(貼り合わせ)では、ポリエステル製の糸を使って縫製を行いました。これまでもポリエステル製の糸は、色の種類が多い(手元にあるサンプル帳には、92色のサンプルが有ります)ので、使ってみたいと思っていました。 縫製を行う場合、縫い終わりが解けないように糸を始末する必要があります。今までは、色の種類があまり多くない麻糸を使い、糸を始末するときは接着剤で止めていました。ポリエス [続きを読む]
  • 過去の記事 …