トンドンシエル さん プロフィール

  •  
トンドンシエルさん: トンドンシエルのタブロー・ド・パリ
ハンドル名トンドンシエル さん
ブログタイトルトンドンシエルのタブロー・ド・パリ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tantdansciel/
サイト紹介文パリ滞在21年目のバイヤーがパリを中心に衣食住+αの色んなテーマで発信していきます!!
自由文トンドンシエルのパリ歴21年のバイヤーがパリを中心に集めたアンティーク&ヴィンテージの雑貨の紹介や、フランス料理の話題だったり、フランスと日本、その他の違う文化を比べてみたり、気まぐれに思いついた色々な事を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 30日(平均8.2回/週) - 参加 2017/04/25 21:19

トンドンシエル さんのブログ記事

  • Taste of Paris 〜テイスト・オブ・パリ〜 その3
  • 前回に引き続き、テイスト・オブ・パリで食した物のご紹介です〜。アラン・デュカス・オー・プラザ・アテネでパリの三つ星レストランの一つですね。人だかりが出来ていました!!!三つ星に気軽に食事には中々行けないですからねこの機会の味見をしてみたいというお客様が沢山集まっていました。ここ数年、フランスでは料理番組が人気です。内容はプロ同士が競争したり、素人が料理を作ってプロのシェフが辛口批評したりという具合の [続きを読む]
  • Taste of Paris 〜テイスト・オブ・パリ〜 その2
  • 日本は朝になっちゃったけど、パリは寝る時間で、あーもう眠いからこのまま寝ちゃって、日本時間の午後にアップでもいいか〜と思っていたのですが昨日のブログにイイネをしてくれた方がいるのがわかって、そうだそうだ!ちゃんと書く話題があるのだからアップしよう〜と思う事ができましたー!読んでくれている皆様、どうもありがとうございます〜。感謝!!前回のブログからの続きの内容になります。スタッフとして潜入させてもらって [続きを読む]
  • Taste of Paris 〜テイスト・オブ・パリ〜 その1
  • 5月18日から21日までパリのグランパレでテイスト・オブ・パリという食に関する大きなイベントが開かれています。コンセプトは星付きレストランや有名メゾンのお料理やお菓子を気軽に試食してみるという内容です。入場料を入り口で支払うのですが、その時に入場料とプラス何ユーロ分のチケットのような物を購入するシステムのようでした。入場料とは別にそれぞれのブースで食べたり飲んだりするプラスアルファの料金がかかります。 [続きを読む]
  • パリ14区のタイ料理。
  • パリの14区に新しいタイ料理レストランがオープンしました。パリの生き神の一人 "ジョルジュ・フランソワ"氏のお花屋さんのある同じDelambre通り…このタイ料理レストランのコンセプトはカンティーヌ"Cantine"=食堂です。店内はシンプルで明るく清潔感があり、お友達とランチに来たくなる雰囲気です。ミニマムな感じにさり気なくお花が飾ってあります。前のブログにも書いたけれど、今の日本の流行りのドライフラワーにペンキ吹き [続きを読む]
  • パリ焼きとは?
  • リモージュ焼きは多くの作品が絵付け師の職人さんのマークやサイン、または工房やメーカーのマークが入っているのですが、今回の題名にもあるパリ焼きはサインがない事が多くあります。これは"パリ焼き"です。と蚤の市で言われているのをよく聞きますが、サインもないのに識別出来るなんて凄いな〜と思っていました。先日パリで行われていたアンティークフェアで高級アンティークのポースレン専門のディーラーさんに質問をする為に [続きを読む]
  • もしかして生まれ変わり??"ビラ貼り人"
  • パリの地下鉄には壁紙のように大きな宣伝用のポスターが貼られています。時々それを張り替えにくる "ビラ貼り人"の職人さんがいて、その手際の良さに惚れ惚れとします。とっても簡単そう見えて、とても面白そうなので一度挑戦してみたいけど〜。多分相当難しいだろうと思います。下の方からビリビリと上に引っ張り上げて、、どうやら途中でひっち切れてしまわないように注意するのがポイントのように思えました!そして↓↓ササッと [続きを読む]
  • 月曜日のクリニャンクール蚤の市の様子。
  • ひゃー昨日の水曜日も激アツでした。体感温度31℃。でも一気に夕方にバケツをひっくり返したような雨が降って、今はクールダウン中です〜。木曜日からは気温が10度以上下がるそうです。パリで蚤の市といえば、週末の土日というイメージですが、パリの北部方面の郊外にあるクリニャンクールの蚤の市は月曜日もやっています。といっても全店舗が開いているわけではないですが、土日売れた商品の発送準備だったり商品のメンテナンスを [続きを読む]
  • パリ市庁舎前の広場のチョイ怖小話
  • 一昨日までは暑がりでない私は薄手のダウンロングコートを羽織ってお出かけしていましたが...一気に気温が上がりました〜日当たりの良い部屋は28度に...上記の様な飲み物を欲する天気でした〜ここ数年のパリは春うららといえる時期がないように毎年感じています。少しづつ気温が上がり徐々に花が咲き乱れていくという春の季節感がなくなりました。6月中旬ぐらいまで、肌寒かったりしてグズグズの天気が続き、7月入った頃に一気に真 [続きを読む]
  • パリの蚤の市風景
  • パリ市内の週末に開かれる蚤の市の様子。先ずはこれ↓↓↓ジャジャーン〜また食べ物!! 笑ソーセージ!! 何ソーセージっていうんですか?とヤンキーズキャップのお兄ちゃんに聞いたら"田舎風ソーセージ"というベタな返答が…巨大な田舎風ソーセージ!!綺麗に焦げ色がついていますね〜横の鉄板にはドカンと玉ねぎのスライスと粒入りマスタードが、、火を入れて最終的には↓マッシュルームのスライスも加わってこんな感じに。最終的に [続きを読む]
  • パリ15区の美味しいパン屋
  • 最近はめっきり立ち寄る事がなくなったパリ15区…ついこの前たまたま蚤の市があって行ってきた。昔懐かしいパリの雰囲気がある地区。最近のパリの中心の地区はどこもかしもスターバックスやキノコの様にあらわれるファーストファッションのお店が立ち並び、パリっ子にとってはパリの街がパリっぽいと言い難くなってきました。久々に足を踏み入れた15区のセーブル・ルコルブ通りパリの庶民的な八百屋や魚屋さんお肉屋さんにパン屋さ [続きを読む]
  • パリ7区、アルノー・ニコラの新しいレストラン&ブティック
  • 前回のパーティの後に、若手シェフアルノー・ニコラの新しいお店に打ち上げ?しにいってきました。まだ日本人ジャーナリストにも見つけ出されてない新しいお店。オープンしたてのホヤホヤ!!アルノー・ニコラシェフは38歳でシャキュルトリーのフランス最高職人賞のMOFのタイトルの若手シェフ。レストランのコンセプトはアルノーシェフのお得意のシャキュルトリーをメインにワインと一緒に楽しむお店です。シャキュルトリーはケーキの [続きを読む]
  • レジオンドヌール勲章授与式パーティその2
  • 昨晩のパーティお話の続きです。先ずはカクテルの様子〜。野生の小さなイチゴ(フレーズドボア)のタルトなど可愛いミニタルト〜。古典的なスタイルのアントルメも用意されていました!クラシックな装飾にピッタリです〜。AEマークのチョコレートプレートがついてました!AEはアフェール・エトランジェの頭文字で外国の仕事という意味でフランスの外務省のマークに入れられています。紙ナプキンにもAEです!!マスカットとクリームの一口 [続きを読む]
  • レジオンドヌール勲章授与式のパーティー?その1
  • フランスのナポレオン・ボナパルトによって創設された軍人や民間人の文化・科学・産業・商業・創作活動の"卓越した功績"を表彰する勲章です。今回、前にもブログでご紹介したパリの生き神の一人、ジョルジュ・ルーシェフのレジオンドヌール勲章の授与式&パーティが開催され僭越ながらご招待して頂きました!!仏国外務省のエロー外務大臣からの推薦でしたのでエロー外務大臣主催のパーティでした。1997年に仏国外務省の厨房で外国人 [続きを読む]
  • 砂糖と塩と縁起…
  • 先日、ブログでご紹介させて頂いたブランドのマークに色々なミステリーがあった案件。その続きは今日のブログの最後に明記します。とりあえず、今日の本題〜。ポピーの絵柄のリモージュ焼のセットを購入してマダムがお包みしてくれている最中に彼女のお喋りを聞いていました。彼女のお孫さんがどうやらエリートらしく日本でノーベル賞をとった学者さんの所に招待されて留学するとか云々の話を聞いてたらセットの中の砂糖入れポット [続きを読む]
  • クスクス食す…
  • フランスの大統領にマクロン氏が当選したので、フランスに住む多くの移民の人々はとりあえずはホッとしていると思います。ヨーロッパはには多くの移民の方々が住んでいて、中にはフランス国籍をもっている方々も多いので、反移民のルペン氏が当選していたら、暗い雰囲気のヨーロッパになっていたに違いありません…。なのでマクロン大統領当選記念で北アフリカのチューニジアのクスクスを食べてきました。スパイスで味付で薄っすら [続きを読む]
  • トンドンシエル特派員情報!!
  • マクロン氏が大統領に当選したのでルーブル美術館のピラミッド前で演説をしました。普段は危ないので多くの人が集まるところには行かないのですが、流石に新しい大統領の演説だからセキュリティもバッチリだと思い見学に行ってきました。この広場に入るのに、4回の荷物チェックとボディーチェックがありました。10m毎に4回。万全を期している感じでした。ボディーチェックを全部終えると、このトリコロールの旗をもらうことが出来 [続きを読む]
  • フランスの事…
  • 世界中が注目するフランス大統領選という事もあり、多くの人々が色んな事を語っているからトンドンシエルのタブロー・ド・パリも食べ物、爺達、リモージュ焼以外の事も書いて見るか、、、。という気分に。フランス人のメンタリティーの中に仕事=罰という観念があります。アダムとイヴが神様の掟を守ら禁断の実を食べちゃった罰として楽園から追い出されて汗を流して働きなさいと言われたというくだりが由来です。一番のフランスの [続きを読む]
  • リモージュ焼きのセット。
  • パリ市内の蚤の市で出会ったリモージュ焼きのセット。いつも入手する年代の物より現代に近いけれど絵柄が気に入りました。アンシャン ファブリック ロワイヤルリモージュ フランス と長い名前のマークが入ってます。このマークにはここ数日悩まされました。1926年創業のPorcelainiere de Limoges S.A.,という会社の1962年から使われていたマークということはすぐにわかったのですが、色々調べてたらこんなのも出てきて、↓今も [続きを読む]
  • パリ6区の美味しいイタリアン…
  • 久々に長年の親友と6区のペロン通りにある"Le Perron " " ル・ペロン"でランチをしました!1997年から時々パリにいる時には立ち寄るお店。地元の品の良いマダムやムッシュが食事に来るレストラン。店内は広くないのですが、天井も高く窮屈な感じはしません。いつ訪れてもピシッっと丁寧にアイロンのかけられたテーブルクロスに清潔感と心地良さと安心感を感じます。最近は経費削減なのでしょうかそこそこの価格設定のビストロにも [続きを読む]
  • リモージュ絵付け師グランジェ...って誰だ?!
  • 気持ち良いパリの青空の下パリの市内の蚤の市に行ってきました。ゴールデンウィークという事もあり、日本からのバイヤーさんも多くパリに買付けにいらしてました。パリ6区のサンシュルプス教会前の広場。リモージュ焼きの足つきケーキ皿。お花の色も鮮やかで綺麗な一品。最初はお花のブーケ、全部がデカルコマニかと思ったのですが、よーく見ると…デカルコマニと手書きのミックスでした。縁のマットなゴールドは手描きです。横か [続きを読む]
  • 今日はお花の日。
  • パリの生き神の一人ジョルジュ爺のお花屋さんに行ってきました。フランス人なのに定年退職せずにずーっと働き続ける珍しいフランス人のジョルジュ爺。フランスのフローリストの大御所。そして最高に濃いキャラ!!大好き〜。ジョルジュ爺についてはまたの機会にじっくりとお伝えします!!季節のお花は "芍薬"お店の彼方此方にありました。フランスのお花屋さんにはお花を保管用の冷蔵庫はありません。日本とフランスは湿度も違うので [続きを読む]
  • また見つけた〜!!
  • 長い事、彼方此方の蚤の市やアンティークフェアなどを巡っていると、既に持っている物に出会う事があります。1900年初期に量産されていた商材が2017年の今現在、彼方此方にゴロゴロと同じものがあるわけではないのです。お気に入りのモデルを再発見して入手出来た際には"今日はツイているな〜"と独り言を呟いたり〜。話しがズレますがフランスにいる時の独り言とブツブツと文句いう時はいつも日本語です。(偶に夢がフランス語)私が [続きを読む]
  • 気に入った!!
  • 基本的にフランス製の物を探しているのですが…フランス製以外の物でも"これは気に入った!!"という物に出会えばご縁という事で…今回はこちらのお方↓↓↓ケーキ皿セットです。小皿は確か8枚ぐらいあったと思うのですが...大皿自体がそんなに大きくないのでこのお皿にのるタルトを8等分したら"小さくなってしまうな、、"と考えたり...こちらの絵はデカルコマニです。柄にデザインも色も私的には言う事なし。とっても可愛い。本当に [続きを読む]
  • 突然の朝食のお誘いの巻…
  • 日曜日の朝に眠い目をこすって携帯見たら..." Momo avec Jean Louis on partvers 8h30 Paris. Île St.Louis au St Régispour petit dej vers 9h15! Si ca te dis?"" モモ、ジャン・ルイと8h30ぐらいにパリに向かいます。サンルイ島のサンレジスで朝食を9時15分ぐらいに。いいかい?"寝ぼけながら、"Ok!わーい行きます〜"と返事して、"サンレジスって何ですか?"とメッセージ送りましたが、既に車運転中なのか自分自身で調べて来い [続きを読む]