マック さん プロフィール

  •  
マックさん: マックの花日記
ハンドル名マック さん
ブログタイトルマックの花日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/mac-garden/
サイト紹介文B級に育ててしまった薔薇達にバイオゴールドを召し上がって頂き、その反応を記録するC級庭の地味な物語
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 32日(平均6.8回/週) - 参加 2017/04/26 00:12

マック さんのブログ記事

  • 初めてのバラ無農薬栽培─花後5月後半
  • 日当たりと風通しが万全でない我が家での初めてのバラ無農薬栽培の経過です減肥した上で(4月)高濃度ニーム油 1000倍 →10日に1回葉面(5月)高濃度ニーム油 2000倍木酢液 500倍キトサン液 500倍(規定 300倍)→1週間に1回葉面キトサン液500倍(規定 100倍)→1月に1回だけ土壌灌水 してみました。花後の状況です。軒下での雨避けはせずに、どれだけ病気が発生してくるかを試しています。うどん粉病病気用の [続きを読む]
  • 鉢植えエリカの成長期
  • エリカを鉢栽培しています。暖地で、4年目です。─昨年の開花後4月─ずっと明るい日陰の軒下に置いてみると、丸3年生き延びました。水切れが軽減されて、高温と強い日差しで不意に鉢内が蒸されることも解消できたのかなと感じました。─昨年6月頃─ただ、『日当たりを好む』条件は満たせず剪定後の成長はいつもゆっくり。花数と伸長は犠牲になっています─本年3月─植え替えをしました。東京都農林総合研究センターエリカの適 [続きを読む]
  • げんこつ剪定したミニバラの経過
  • 肥大部分だけを残す剪定を初めて試していた超古株ミニバラの反応です。3月24日─剪定1ヶ月後2つの芽の動きが緩慢でした。4月20日5月20日伸びが弱い枝は1輪だけ咲きました。昨年は老化した主幹しかなくて房咲きできた枝が1本だけだったのが今年は3本になりそうで、一応前進ですげんこつ剪定まではいかないですが8年目のイングリッシュローズも2月に強剪定をしていました。─3月──5月─こちらは完全に若返ってい [続きを読む]
  • 毒を持つ草
  • 花壇にポツリと生えていました。この草は抜こうとする人を少し切ない気持ちにさせる毒を持っているそうです。 [続きを読む]
  • 新肥料で様子が変わってきた植物
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラ以外の植物の反応ですVG元肥とSシリカナチュラルを土に混ぜ後者の粉を根鉢や裸根にまぶしてみました。昨年は化成肥料の置肥を使いました。クレマチス─6年目・新旧両枝咲き日当たりが長くない場所が定位置です。下の方からも蕾が上がってきました!追肥にはVGオリジナルを置いています。1月に数年振りの植え替え。(暖地)折れたつるをセロテープで補強しながらしっかりぐるぐる [続きを読む]
  • 耐陰性が強そうなERジェームズギャルウェイ
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しています(暖地栽培)ERジェームズギャルウェイ鉢植えの4年目です。5月11日から開花が始まりました。花枝が長めに伸びる遅咲き系でした。─昨年の夏─サイドシュートが結構でていました。東にビル・南西の方向に家屋の壁面があり、日当たりは1日3時間ちょっとなんですが栽培3年目で幅3メールくらい!!ところが、夏以降は落葉が続いて秋の花はポツリポツリ [続きを読む]
  • ナエマの反応
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察していますナエマ露地植えの4年目です。枝を倒してつるバラとして育てています。5月11日に他のバラよりだいぶ遅れて咲き始めました。今冬は、古枝を完全に抜きとって若く太目の枝だけ残して誘引。元肥・追肥はバイオゴールド固形タイプを規定の半量与えました。4月はじめ5月8日ひと房の蕾の数が昨年よりも増えました家屋の陰になる時間が多い部分は例年と同様に [続きを読む]
  • 蕾が増えたアジサイ
  • 『銀河』色彩と形にひとめぼれして先日購入しました我が家の古株アジサイは毎年花数が少なかったのですが─昨年の花─2017年5月14日今年は蕾が増えました (暖地)昨年はテキトー剪定を改めて、7月はじめまでに切ってみました。昨年の剪定前の枝の構造前年枝→2016年に伸びた、2年目の枝本年枝→2017年に2年目の枝から出た枝2018年に咲く花芽は前年枝(2年枝)から伸びた充実した緑の本年枝の葉の付根 に、 [続きを読む]
  • 初めてのバラ無農薬栽培─5月前半の花期まで
  • 本年バラ栽培を無農薬に切り替えました暖地で、日当たり風通しが万全でない環境で育てています。5月14日までの害虫被害の状況です。例年よりも施肥量を減らしつつ4月はローズディフェンス(高濃度ニーム)1000倍液を、3回散布しました。─花─まず、アザミウマが減りました!アイスバーグ─長雨の後・25℃の日中花弁の中を探してまわりましたが、寄生していない花が多く、いてもわずかでした。例年なら、4月の初め頃から5 [続きを読む]
  • CLアンジェラ 摘蕾した株+しなかった株
  • 昨年同じサイズのアンジェラを2株購入し摘蕾ありorなし の違いが成長にどれくらいの差を生み出すのか観察してみました。2016年5月はじめ1株は7号鉢で摘蕾せずに育ててもう1株は露地で1年間蕾を摘み続けて育ててみました。(肥料は両方とも化成肥料)2016年6月はじめ─露地・摘蕾株2016年7月31日花を咲かせた株は夏に唯一のシュート発生2年目の今年は両方露地植えにしていて、咲き始めの現在のようす [続きを読む]
  • 鉢底にバイオゴールド元肥を敷いたバラ
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しています京成バラ園 大川原先生のバラコラムhttp://www.keiseirose.co.jp/garden/flowerinfo/rosecolumn/2013/08/post_99.htmlで紹介されていた、バイオゴールドクラシック元肥を鉢底にだけ敷く植え替えを、今冬に2株だけ試しておりました(他のバラは土全体に撹拌しました)古株のミニつる本年5月13日長年ハンギングバスケットで栽培して [続きを読む]
  • ER+バイオゴールド 春の結果その3
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。そして、初めての無農薬栽培。バラの反応を日々観察しています昨年追い詰められていたイングリッシュローズ2品種の反応です。ジェントルハーマイオニー5月11日 挿し木4年目2・3年目に地面からシュートが出てきまして、若い挿し木は健康です。8年目の古株は株元の幹が半周以上ダメになっている感じで昨年の花切り後のようすシュラブらしい枝が伸びず花は3輪。べ [続きを読む]
  • 牡丹の台木の芽を伸ばしてみると
  • 鉢で育てている(暖地)牡丹の台木の芽を伸ばしてみたら5月6日目がチカチカする花が咲きました台木はヤマ芍薬なんですかね!?牡丹は植え替えを嫌う、とネットで読んでずっとびびっていましたがあまりにも生育が悪くなったので昨年9月末7年目にして初めての植え替え。台木の根が剥き出しなのはまずいと後で知り1ヶ月後に再植え替え。新土で1ヶ月過ごしただけで白根がたくさん伸びてきていました早く植え替えてみたら良かった [続きを読む]
  • 房咲きが増えたつるアイスバーグ
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しています6年目のつるアイスバーグです。咲き始めてから1週間。今年は房咲きのボリュームがかなり増えてびっくりしています!ただ、待機している蕾が開いても、満開になるのはフェンスの上の方ばかりになりそうです昨年はバラけて咲いていたのですが、レンガに這わせていた超古枝を切り落したり芽吹きが弱かった古枝をたくさんすきとった今年は....花枝1本1本が長 [続きを読む]
  • グラハムトーマス #鉢植え#アーチ
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しています冬にフェンス→アーチにかえてみた鉢植えのグラハムトーマス─7年目です。5月15日南側(左手)に家屋の壁があって、朝日が少しと、夕方前の西日が当たります。蕾が同時に開いた数が最も多かった時で上下の写真位の花数でした それでも、日当たりがもっとあった昨年より花数は増えてきました2016年5月この時は古い主枝ばかりでした。昨年は、マ [続きを読む]
  • ミニバラ+バイオゴールド 春効果は?
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しています(暖地栽培)?2年目の名前が分からないミニバラ?冬購入の花つき苗 ローズフォーエバーこれらの春の反応です?2年目の株5月6日に開花しました。ポットに何本も群植されている系のミニバラ苗は、毎年購入時がピークで後は右肩下がり。枯らしてばかりでした昨年は、花後に1本ずつばらして小鉢に植え替えてみました。以降、雨避けを続けると黒星病 [続きを読む]
  • ER+バイオゴールド 春の結果その1
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しています現在咲いているイングリッシュローズ・パットオースティン・ムンステッドウッド・ジュードジオブスキュア の反応です。パットオースチン7年目5月6日(1日に開花)花数は増加してきました!半分くらいに深く切っていた例年は下からのぞいて花を見ていましたが切る位置を上げて枝を多目に残した本年は枝がしなった後の花の位置が見やすい高さ [続きを読む]
  • つるバラ+バイオゴールド 春効果は?
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しています(暖地栽培)ルージュピエールドゥロンサール─8年目5月6日(4月末に開花)少しずつ蕾が開いてきております。バイオゴールドの元肥・追肥ともに規定量の半分に抑えて与えたものの昨年に負けないくらいの蕾が上がってきてくれています。本年の葉↑ 昨年の葉↓今年は無農薬栽培開始にあたり、窒素を減量して葉色をやや薄めることを目標にして [続きを読む]
  • HTローズ + バイオゴールド 春効果は?
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラたちの反応を日々観察しております(暖地栽培)黒真珠─7年目5月1日に開花しました。左手の主枝から2本出た小枝は伸びが止まってしまい切り戻しました。1番花は4輪で終わりそうです。かなり追い込まれていた昨年の同時期は.....NPK+マグネシウム7%の化成置肥使用。春に久々にシュートが出て7月秋に開花→冬に半分ちょっと切りました。5月現在バイオゴールドに変えた [続きを読む]
  • 2年目バタースコッチの開花
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しております暖地での栽培です。つるバラの『バタースコッチ』2年目の鉢植えが開花しました。5月1日昨年は、花後の成長期にもリン酸を効かせ過ぎてしまい....左側のシュートばかりが徒長しました。誘引できる枝が1本しかなくて2年目の開花は寂しいスタートです。朝は特に異常なかったのですが夕方帰宅すると花と蕾がしおれてました例年なら花の重さに負けて、首が [続きを読む]
  • フロリバンダ+バイオゴールド 春効果は?
  • バイオゴールドとソフトシリカ使用初年度です。これまでなかなか上手く育てられていないバラの反応を日々観察中です (暖地栽培)フロリバンダ(FL=花束)ローズの春の反応をまとめます。Weeksの『ミッドナイトブルー』5月1日に開花しました。4年目の株です。花の大きさは5〜6?で、暑いと、ひと花が短命。脱化学農薬を初めて、多少虫食いです。昨年春は、同時に一番多く咲いたのがこの枝。あとはポツポ [続きを読む]
  • 花首が立ったローズポンパドゥール
  • 初使用のバイオゴールドとソフトシリカ。バラの反応を日々観察しております暖地での栽培です。育成3年目の『ローズポンパドゥール』が今朝開花しました。今年は2つの新肥料に含まれるはずの豊富なミネラルに期待しておりまして...さっそくカルシウムの効果が出ているように思われます昨年は、花首がもたれてしまいお辞儀をしていましたが....今春はシャキン!ってなってます。5月1日早朝5月2日早朝開いても花の重みに耐えて [続きを読む]
  • バラ、無農薬栽培にします。
  • 『ピーキャット』さんの化学農薬の負のスパイラル解説です。https://yuuki.shop/bara/無農薬について/0−4.初心者さんへメッセージ/恒例のaさん物語!/仕方ないよね〜と思えなくなる解説を読み本年からの脱化学農薬を決意これから以下のこと・モノを試し時折、経過を記録していこうと思います?①減肥硝酸(or アンモニア)態窒素(吸収できる状態の窒素)の供給が過剰になると、身体にどんどん蓄積して虫を呼ぶそうですねFood Watc [続きを読む]
  • ソフトシリカをバラの挿し木に使った結果
  • デルバールの薔薇3品種の1月剪定枝を9本挿し木していました条件①夜に5℃以下の時期は室内。②硬質鹿沼土100%。③ソフトシリカの粒ばらまき。④ソフトシリカ水溶液を月1回灌水。3ヶ月経過─4月28日?ポンパドゥール×3─壊滅?モリナール×3─生存1本。根未確認。そして.....?キャトルヴァン×3全部生存中で1本だけ抜いてみました。長い根が切れて、実際はもう少しフサフサ。昨年の夏挿し(平均最高気温34℃前 [続きを読む]
  • モッコウバラの剪定→開花
  • キモッコウ最初の4年くらいはひょろひょろでしたがみるみる大きくなり花が徐々に増えました。2016年4月中旬花後に枝をたくさん間引いたあと7月までにはまた同じくらい繁ってきて7月18日(平均最高気温34℃付近)かなり枝を抜きました。冬は邪魔な枝先だけ切りました。4月28日 現在今年は夜温が低いからか、開花が遅いです。枝は木質化して女性の拳の大きさに。毎年脱皮を繰り返しています。トゲ・病気はなく、肥料 [続きを読む]