ゆき先生 さん プロフィール

  •  
ゆき先生さん: ゆきの音色
ハンドル名ゆき先生 さん
ブログタイトルゆきの音色
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tinnjyu9/
サイト紹介文倉敷市水島地区にあるピアノ教室主宰者(2児の母・リトミック研究センター認定講師)による手記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 148日(平均2.7回/週) - 参加 2017/04/26 00:48

ゆき先生 さんのブログ記事

  • 6手連弾の初合わせ
  • 小2Mちゃんと我が子2人は、同じ学区在住です 来月の発表会に向けて、この3人で1曲連弾してもらおうと考え、「チーム四福」というグループ名を勝手に付けました 四福というのは、Mちゃんと息子が通っている小学校の略称です私の元にピアノ習いに来るようになって、約1年のMちゃん。大体月4回は来てくれているので割と上達も早く、近所に住んでいるので連弾の練習にだけちょっと来てもらうのも可能だろうと、今回の連弾に [続きを読む]
  • プログラム作成開始
  • 来月中旬のホール発表会に向けて、それぞれの選曲に入っています。今までレッスンでやっている曲だけの中から選ぶ生徒さんもいますが、発表会用に新しく譜読みしてもらう生徒さんもいます。もちろん、レベル的に難しい曲は与えず、しかも本人が拒否したら大人しく諦めます(笑)今回は一人を除き他は皆さん参加なので、見た目にも華やかになるかな〜と楽しみです このためにドレスを買ったという女の子さんもいました一人2〜5曲ソ [続きを読む]
  • 早朝からホール取り その2
  • 先週に続き、今朝は玉島文化センターの「ピアノを弾く会」ホール予約に行ってきました もっと早朝から並んでいるものと思っていたのに…誰も来ない…(笑) くらいに余裕の一番乗りでございましたー。おかげで、第一希望の日時が押さえられました すぐ生徒さん(のお母様)方に一斉メール秋の発表会は、玉島でやることに決まりました さーて、これから1ヶ月集中準備!気分的には、今週末のミュージカルオーディションが終わらない [続きを読む]
  • 悠仁さまと同じ誕生日
  • 小1の息子、7歳になりました夫(父親)とのツーショット。本当はモザイクかけず、そのままお見せしたいほど、とっても可愛い笑顔の息子ですもうしばらく、可愛いままでいて欲しいな。いつか「母さん、あっち行って」とか「母さんなんか、いらん」なーんて言われてしまうのでしょうが いずれは、私にピアノ教わるのもイヤだと言うかもしれない。私が息子にピアノ教え始めて良かったと思うのは、心から息子を可愛いと思えるようにな [続きを読む]
  • 早朝からホール取り
  • 5月に続き、10月にあるマービーふれあいセンター「ピアノを弾く会」の大ホール予約をしてきました 格安で借りられるので、生徒さんたちに安く、ステージ上でフルコンのグランドピアノを弾く機会を与えてあげられる。一般的には、ピアノ教室の発表会参加費は8,000〜10,000円が相場です。が、当教室の場合、1回分のレッスン料ほどで発表会をしています。もちろん、発表会費が高いのには理由はあって、一番はホール使用料が高額だ [続きを読む]
  • グループレッスン第二弾
  • 今日は午前中、小2Mちゃんの個人レッスン→小学生の生徒さんたちを集めてのグループレッスン→小3Nちゃん・小1Rちゃん姉妹の個人レッスン、と立て続けにやりました つまり、Mちゃん・Nちゃん・Rちゃんの3人は、個人レッスンとグループレッスンとをハシゴしたわけです。頑張りますね〜! ゆき先生も頑張りましたよ第一弾の時と違い、付き添ってくれたお母さまは一人だけで、基本的には生徒さん本人たちだけ。グループレ [続きを読む]
  • 不用品が学習机に
  • 小学校に入学後、初めはリビングにある普段食事をしたりするテーブルで勉強していた息子。今は、窓際に素敵な(?)学習スペースがあります。自然光が入るので、電気スタンドも要りません足元にはランドセルも置けるし…って、あれ、机の脚にコマが付いてる? そう、何を隠そう、これは折りたたみテーブル付きの古めかしい木製ワゴンなのです!しかも、ネット上のフリマで無料でいただいたもの。カーテンの色に合わせてテーブルクロス [続きを読む]
  • リトミック研修同期生が挙式
  • リトミック研究センターで3年間共に学んだ仲間の、おめでたい宴席に急遽お呼ばれし、行って参りましたピアノがゲスト席からは演奏者の背中しか見えない位置にあったので、表情も手元も見えなくて残念! お友達とブラームスを連弾していました。同期である新婦が、とにかく余興に出っ放し さすがはリトミック講師、ジッと座っているなんてできません もう一人、リト研の同期が出席していたのですが、彼女の趣味・特技は、なんと [続きを読む]
  • また一つ、苦手を克服?
  • 市の夏季スポーツ教室「チャレンジ鉄棒」という、鉄棒が苦手な小学生を対象とした講座に通っている息子、今日ついに自力で逆上がりができました まだ100%ではないので、つかみかけたコツを忘れない内に家の隣りの公園で練習しないといけませんが、本人も嬉しそうで、体育館の客席から思わず拍手普通は、鉄棒で苦手といえば逆上がりですよね? だから、この講座でも逆上がりメインの練習ですが、実は私が気になっていたのは前回り [続きを読む]
  • 読書感想文に着手
  • 岡山は、図書館の利用率全国1位を誇る県 それだけ図書館が充実しているのか、はたまた買わずに借りて読んでしまえというケチ(?)な…いやいや返せばスッキリ省スペースな県民性なだけなのか、理由はさておき、我が家も図書館ヘビーユーザーであります。息子の小学校は、まだ1年生では読書感想文が夏休み必須課題ではないのですが、読書感想文全国コンクールの低学年課題図書・県指定図書の計7冊を予約していたら、夏休みも後半 [続きを読む]
  • 親子と師弟
  • 今月18日、約半年ぶりに愛媛在住の西山先生の元に息子を連れて行きました 先生とお約束したのが8月に入ってからだったのですが、与えられた課題曲が「ツェルニー30番」の1番。え、ツェルニー30番? いや、それって6歳には かなり難しくないですか…?私が昔使っていた楽譜が実家にあるので、母に確認してもらうと、「大丈夫、1番なら(息子にでも)弾けるわよ」と言われ(私は1番がどんな曲だったかなんて全然覚えていない)、早 [続きを読む]
  • グループレッスン第一弾
  • 今日は年中〜小1までの生徒さんに集まってもらい、お母様方の見守る中、グループレッスンをしました 一部の小1さん以上の小学生チームは、今月30日にグループレッスンします。みんな、夏休みの宿題は終わっているかな?まずは輪になって座ってもらい、ボールを回しながら拍子を感じるリトミックからレッスンをスタート。リズム打ち、複リズム、カノンなど、いくつかグループならではのリトミック項目をして、順に曲を弾いてもら [続きを読む]
  • 夏休みグループレッスン計画
  • 小学校も幼稚園も今日が終業式でした。ついに夏休み とはいえ息子は早速明日登校しますが 夏休み中に3回だけある図書室開館日の初回で、本が大好きな息子は行くんだそうです。日程調整に苦労しましたが、来月予定だったグループレッスンの日時を決めることができました 比較的両手奏のできる子たちと、そうでない子たちとで、2組に分けました。概ね、前者は小学生、後者は園児です。同じ曲を複数の生徒さんに演奏してもらい、 [続きを読む]
  • 新しい仲間が加わることに
  • 今月上旬に体験レッスン来てくれた年長Sちゃんが、続けて通ってきてくれることになりました ようこそ、私たちの仲間に! 一緒に頑張っていこうねお母様がフルタイムで仕事されているので、週末レッスン組の一人になりますが…もう休日希望の生徒さんは受け入れないつもりでいたのに、生徒さんのご紹介でいらして下さった方だし、日祝もレッスンしてもらえる点にも惹かれたというワーママさんなので、元々そういう方々の受け皿にな [続きを読む]
  • 自主学習、それから
  • 先日の小1自主学習ノート記事、なぜかすごーくアクセス数が多いので、続き(?)を書いてみることにしました。今夜も洗濯物を干した後、1・2ページ問題作りをすると思うけど、大体こんな感じで毎日作っています今日は、児童館の運動クラブに行った後、私の実家に寄ったので、息子は2ページ分しか勉強していませんが、平日(登校日)は3・4ページやってしまいます 嬉しいけど…いつか追い付かなくなりそう、というか、夏休みがオ [続きを読む]
  • 知ってる子が予選通過!
  • 昨日、ピティナのコンクールを見に行ったと記事にもしましたが、そこで偶然の再会がありました。今年3月に親子で出演した児島市民ミュージカルに、子役の一人として参加していたRちゃんが、なんとA1級にエントリーしていたのです。公演後、一度も会ってなかったのに(そんな機会もないけれど)、まさかコンクール会場で会うなんて…Rちゃんがピアノを習っているのは知っていたし、コンクールに出ていることも稽古場で息子が聞い [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノコンペティションを視聴
  • 今日の午後、レッスンを終えてから、玉島湊ホールで行われているコンクール地区予選を聴きに行ってきました 子どもらと、私の母と4人で。岡山後期、小学2年生以下が出場するソロ部門A1級を覗いてきました。ちなみに、私と息子は、先月あった岡山前期も見に行っています。今のところ、親子共々コンクールに出る気はあまりないのですが、岡山の(我が子と)同年代の演奏レベルを知るにはコンクール会場に行くのが一番、小1の息子 [続きを読む]
  • 自主学習は教師の手抜き?
  • 1年生の息子は、今月から「自主学習帳」なる方眼ノートを学校から持たされ、毎日1ページ以上やってくるよう課せられ始めました まともな(?)教科は国語と算数しかない学年、本来の意味での自習をするには年齢的にも難しいとあっては、親の協力が不可欠簡単なプリント1枚と本読みだけでは宿題として物足りないとは思っていたけど、何を勉強するかも一緒に考えてあげなければならない上に、計算問題まで作らされる…だって、平仮 [続きを読む]
  • 知らなかった…ピアノの日
  • 小さい頃からずっとピアノに関わってきたのに、「ピアノの日」なる記念日があるなんて知りませんでした それが、今日7月6日なのですね。シーボルトが初めて日本にピアノを持ち込んだ日(1823年)なのだとか。あ〜、もっと早く知っていたら、今日レッスンに来てくれた子に話せたのに! 明日は七夕だね、なんて話はしたけど後日、このことについては調べてみようと思います そして、自分の雑学として持っていよう。学ぶのは楽しい [続きを読む]
  • ピアノで未来を
  • 5歳くらいになると、どこの子も気にするようになるものでしょうか…母親(私)が、いつまで生きていてくれるのだろうかと。そういえば私も、死生観とでも言うのか、そういった話をし始めたのが早かったと母に聞いたことがある。小さい頃、死に怯えた時期があったのを覚えている。息子も娘も、「母さんが死んじゃったら(いなくなったら)どうしよう」と、時々泣く。何かの会話の展開上そうなることもあれば、突然言い出すこともある。 [続きを読む]
  • 体験お申し込み
  • 5歳女の子さん(のお母様)から、体験レッスンご希望のメールちょうだいしました 久しぶりの体験なので、とってもワクワクしています数ヶ月前の私より、いいレッスンが提供できる自信がある。生徒さん方から学び、我が子らに教えられ、自ら学んできた日々は、間違いなく明るい未来につながっていく。Sちゃんと、そのお母様と、楽しい時間が過ごせるよう、あれこれ準備しておきますね。台風3号接近中ここ岡山は、嵐の前の静けさ? [続きを読む]
  • 天才→凡才→秀才?
  • 本格的にピアノを始める前から、特に教えてもないのに音符を読み、リズムが分かり、これは天才だと思っていた娘…この頃、以前より楽譜が読めなくなっていることに気付き、愕然とした もちろん毎日ピアノを弾いているので、演奏力は着実に上がっているけど、ピアノを続けていて譜読み力が退化するなんて聞いたことがない逆に、元々読譜力の弱かった息子は、(私のスパルタ指導の効果か)初見ができるようになってきている何で? ど [続きを読む]
  • 絶対音感トレーニングアイテム
  • 折り紙と割り箸で作った、こんな旗を使って、音の響きを聴き分けてもらっています。今のところ、全14色。一つ一つに、違う和音を充てています。5歳の娘は、早くも、この14色をほぼ完璧に聞き分けられます! 息子の方が先に始めたのですが、ある2色で引っ掛かり続けており進まず…10本でトレーニング中 本人は早く次の旗を増やして欲しがっているけど、そこは譲らず。我慢の日々。生徒さんは、それぞれ2〜5本でトレーニング中 [続きを読む]
  • ピアノ練習カード作成
  • 私が生徒さんにお渡ししているレッスン料袋は、市販の封筒表に夫の作った日付の紙を貼った質素なものですが、レッスンに来てくれた日の枠に私がサインした後、希望の子にはハンコを押させてあげています。大体やりたがるのは小1までの生徒さんですが…それを知っていた息子が、最近になって、自分もハンコ押したいから自分用のレッスン料袋を作って欲しいと言い出したのですレッスン料袋? ということは、私に毎日お金払ってくれ [続きを読む]
  • 新たなスタート
  • 送迎される お母様の体調不良で、半年以上休会していた年長(休会当時は年中)Tちゃんが、久しぶりに姿を見せてくれました 先日、お母様からレッスンを再開して欲しいとの連絡をいただき、来られなかった間もピアノに行きたい行きたいと訴え続けてくれていたというTちゃん…お母様の病気が治ったそうで、以前とは雰囲気が随分違っており、ああ元気になられたんだな〜と明るい気持ちになりました。今日を待ち望んでくれていたTち [続きを読む]