鎌倉・由比ガ浜隠れ家で 心理相談 Mind S さん プロフィール

  •  
鎌倉・由比ガ浜隠れ家で 心理相談 Mind Sさん: 対人関係と人生の作り方を 心理相談 Mind Sのブログ
ハンドル名鎌倉・由比ガ浜隠れ家で 心理相談 Mind S さん
ブログタイトル対人関係と人生の作り方を 心理相談 Mind Sのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/mindskamakura/
サイト紹介文相談や日常生活で、対人関係や人生、不登校や発達障害の改善にむけて、感じたことを書いていきます。
自由文鎌倉・由比ガ浜の近くの隠れ家で、心理相談・カウンセリング、対人関係のトレーニング、心理テストなどを行う「Mind S」の代表・カウンセラーで、神奈川大学、千葉大学の非常勤講師として、カウンセリングや教育心理学などを教えています、臨床心理士 原 英樹と言います。ちなみに、元不登校児です。

私の心理相談などの活動については、http://mindskamakura.web.fc2.com/index.htmlをご覧ください。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 74日(平均6.1回/週) - 参加 2017/04/26 00:53

鎌倉・由比ガ浜隠れ家で 心理相談 Mind S さんのブログ記事

  • 不登校を直していくためにはどうしたらよいか:親や教師の基本的な心構え
  •   では、不登校児を直すには、どうすべきでしょうか?  私が、不登校児の相談で、申し上げるのは、「そのお子さんが、必ず登校するようになることを信じてあげてください」ということです。  ご両親にしてみると、「一日中、家にいて、ゲームなんかをやってる姿を見ると、このまま、放っておいて良いのでしょうか」と心配を述べ、中には、そのような対応が、子どもの養育を放棄していることになるではないかと感じてしまう [続きを読む]
  • 不登校児の気持ち:不登校児は、本当に学校に行きたいと思っている
  •   今回は、子どもたちの心を取り上げてみたいと思います。一回目は、不登校児の気持ちを書いていきます。  私は、元不登校児でした。ですので、不登校児たちが何を考えて、何に苦しんでいるか、思い当たり、今も、他人事には思えません。  不登校児が、両親、親族、教師、クラスメートなど、周りの人に、これだけは、理解して欲しいと思っていることがあります。  不登校児は、「本当に、学校に行きたいのです」、ですが [続きを読む]
  • 断ることは、人を傷つけることではない
  •   本当は、行きたくないのだけれど、断れずに、いつも飲みに言ったりして、いつも、他人の意向に振り回されていませんか?  確かに、重要な商談などで、はずせないことはあります。でも、私的なことまで、断れないとしたら、いつも、ストレスをためこんでしまいます。  断れないという方のお話を聞くと、相手の方を「怒らせてしまうのではないか、きらわれてしまうのではないか」という不安から、断ることができないという [続きを読む]
  • 記憶を上手く生かそう:錦織圭のテニスと心理的に望まれること
  •   多くの方が、テニスの錦織圭選手の活躍を期待して、ウインブルドンテニスを見ているのではないでしょうか?私は、錦織選手の大ファンなので、勝って欲しいと心から思っています  才能は、ピカ一と言われながら、ウインブルドンのような重要な大会で勝てないのは、体力面の不安(怪我の多さ)と、重要な場面での心理面のタフさに欠けるという点が原因だといわれています。  体力面については、わかりませんが、心理面につ [続きを読む]
  • 社交辞令は、人を傷つけること? or 人を傷つけないこと?
  •   行きたくないけど、相手に嫌われないために、一応、今度ねといっておこう、これが、社交辞令の典型的なパターンだと思います。  一見すると、相手も傷つけたくないので、YESともNOとも取れるような発言をしておくという風にも取れるのですが、本当にそうでしょうか?  確かに、NOということで、波風を立てたくないのは、誰もが思うことですし、これが、重要な取引相手だったりする場合は、なおさらです。  でも、それ [続きを読む]
  • 断られることは、傷つくことでない
  •   今回は、断られることを考えていきます。  だれかを誘ったり、頼みごとをしたりして、断られた経験は、誰にもあるでしょう?  それが、重要な相手で、関係を決定付ける提案や誘いだったりすると、ショックはかなりのものなるのは、仕方のないことです。  たとえば、プロポーズして、断られる、これは、相当の心身のダメージになりましょう。  でも、大切だと思っていたその人にも、選択の自由、断る自由はあるのです [続きを読む]
  • 人と上手く話せない人へ:その原因とは
  •   上手く話せないという方の思いを聞いていると、「自分が言おうとすることが、相手にどう受け取られるか不安で、中々話せない」と言う特徴があるのです。  これは、相手の評価や反応が先に来てしまい、自分が、本当に伝えたいことが、おろそかになっていることを表しているのです。つまり、相手に受けの良い話をしなければならないという切迫した思いで、自分の伝えたいことが、二の次になってしまっているから、思う [続きを読む]
  • ダメンズを捕まえてしまう意味:大切にされなくても、世話を続けてしまうあなたへ
  •   いつも、ダメンズを捕まえてしまうのはなぜだろう?  そんな男を捕まえようとは思っていないのだけど、結果的に、そうなってしまうのは、どうしてだろうか? そういう悩みをお持ちの方は、自分が惹かれてしまう異性が、自分にどんな意味を持っているかを考えていきましょう。  ある方は「自分がいないと、この人だめになってしまうと思うと、ほっと置けない」ということで、そのため、ダメンズである彼に何度裏切 [続きを読む]
  • 上手な聞き手になるために必要なこと① キーワードを逃さないこと
  •   聞き上手になるために、何が必要か、今日も考えていこうと思います。  さて、以前、聞き上手になるためには、その人の人柄や、その人の話のないように、興味を持って聞き、その中で、気になったポイントを質問すればよいと書きました。  しかし、これは、言うのは簡単でも、実行するのは、難しいとおっしゃる方が多く、具体的に、どんな点に注意して聞けばよいでしょうかと質問を受けることも珍しくありません。  [続きを読む]
  • 心配事や悩みに取組む前にすべきこと:自分の長所を探すこと
  •   問題や悩みを抱えて相談にこられる方は、辛い状況を話さなければなりません。そして、自分に足りないところ、改めなければならないところを、しっかりと見つめていくことが必要になります。  ところが、心配事や悩み、そのものが、その人の、自己評価を傷つけ、低下させることが多いので、辛い状況を話したり、自分の改善点などを見つめたりすることは、さらに自己評価を損なうので、大変辛いものになってしまうため [続きを読む]
  • 心配することの意味:心理相談のケースから
  •   自分は、「心配なことがいっぱいで、行動できないんです」とおっしゃる方がいました。具体的には、「自分の仕事が忙しいので、子どもの世話を、義理の母に頼もうと思うのですが、迷惑をかけてしまうのが、心配で頼めないんです」。また、「託児所に子どもを預けることになると、きちんと子どもの世話をしてもらえるか心配で、これも出来ないんです」。「主人に、たまには、休暇を取って子どもの面倒を見てもらうのも、 [続きを読む]
  • すぐに心が沈んでしまう人へ:心のフィルターを調節しよう
  •   すぐに心が沈んでしまう方は、なぜ、悩みを深めてしまうことになるのでしょうか?  そのような方のお話を聞いていると、何らかの結果(行動)や出来事に関して、常に、自分を責めてしまうような、ネガティブな解釈や結論を取っていることが多いのです。  このような、ネガティブな考え方は、自動思考と言い、心が沈ませて、うつ傾向を強め、心も体も弱らせてしまいます。  たとえば、ある企業にPCの売り込みに行 [続きを読む]
  • 心配事のたな卸しをしていきましょう
  •   心配事や不安に圧倒されて、ストレスに感じることは、誰にもあると思います。一旦、強い不安を抱えてしまうと、「何もかにもが不安に思えて、絶望的になってしまい」、「心配事や不安なことが、次々と自分を襲ってくるような感覚になって、ささいなことに対しても、心配事や不安を抱えて、振り回されることも珍しくありません。  ところが、多くの心理学者やセラピストが言っているように、それらの9割以上は、実際 [続きを読む]