うましお さん プロフィール

  •  
うましおさん: ごがくず
ハンドル名うましお さん
ブログタイトルごがくず
ブログURLhttp://languagescrap.seesaa.net/
サイト紹介文外国語学習に関するブログです。
自由文本ブログでは、様々な言語を節操なく学び、学習状況を記録しています。しばらくは、フィンランド語を勉強していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 74日(平均3.7回/週) - 参加 2017/04/26 15:53

うましお さんのブログ記事

  • フィンランド語6
  • 目次・名詞の語幹・単数属格・動詞の種類・数字・ラップランド名詞の語幹名詞の語幹は単数主格と一致するものもあれば一致しないものもある。では、単数主格と一致しないものは?①単数主格では-iで終わるが語幹が-eとなるものex.Suomi→Suome?-nenで終わるが語幹は-seとなる③-eで終わるが語幹は-eeとなる④子音で終わる外国の地名や人名には-iをつける単数属格属格=「〜の」を表す作り方は語幹にnを付けるだけ※格変化があった [続きを読む]
  • フィンランド語5
  • 目次・名詞の格変化・複数主格の作り方・動詞のタイプ・国名・フィンランドの国土名詞の格変化名詞も語幹に文字を付け足して格変化を起こすことが出来る。これは、日本語と似ている。名詞の格変化は、主格、属格、分格、内格、出格、入格、接格、奪格、向格、様格、変格、欠格、具格、共格に分かれ、具格、共格以外は単数と複数で別の形を作る複数主格の作り方主格は、主語(〜は、が)を意味する。複数主格(〜たちは、が)を表す [続きを読む]
  • フィンランド語4
  • 目次・疑問文の作り方・国名・スオミネイト疑問文の作り方・動詞の活用に-ko/-köを付けたもの+主語ex.動詞ollaの場合 olenko-oletko-onko-olemmeko-oletteko-ovatko・否定動詞の活用に-ko/-köを付けたもの+主語+動詞の語幹で否定疑問文がつくれるex.enko-etko-eiko-emmeko-etteko-eivatko・答え方は肯定のとき→動詞の活用形、否定のとき→否定動詞の活用形国名フィンランド:Suomiスウェーデン:Ruotsiノルウェー:Norja日 [続きを読む]
  • フィンランド語3
  • 目次・母音調和とは・否定文の作り方・会話・フィンランドの食べ物母音調和とは母音調和とは同じ語の中には特定の母音しか出てくることはできないというルール。①y,ö,äとu,o,aは1つの語の中に同時に出てこない。?i,eはy,ö,äまたはu,o,aと一緒に使うことが出来る。否定文の作り方否定動詞の人称による活用+動詞の語幹minä en+動詞の語幹  me emme+動詞の語幹sinä et+動詞の語幹  te ette+動詞の語幹hän ei+動詞の [続きを読む]
  • フィンランド語2
  • 文法・人称代名詞minä:私 me:私たちsinä:あなた te:あなた達hän:彼・彼女 he:彼ら・彼女ら※人称代名詞はこれだけなので楽三人称以外はしばしば省略される二人称単数でもTeを使えば丁寧な表現になる・動詞ollaminä olen me olemmesinä olet te olettehän on he ovat※ollaはbe動詞のようなもの動詞は人称ごとに活用が変わる会話ありがとうございます。/お願いします。Kiitos.ごめんなさい。Anteeksi.はい。Kyllä.いい [続きを読む]
  • フィンランド語1
  • 使用教材文法は「フィンランド語文法ハンドブック」、 語彙はアプリMemriseと適当にアプリを見繕って勉強していこうと思います。※Memriseにはフィンランド語の講座が2つしかない文字と発音・文字はアルファベットなので新たに覚えることはない(発音は違う)・ウムラウト(母音の上に記号が付いたやつ、ä、ö)がある※ウムラウトのキーボードでの打ち方:け→ä、れ→ö http://suomiabc.pupu.jp/uml.htmより・発音はローマ [続きを読む]
  • フィンランド語0
  • 新しい言語気分を新たにして、これからはフィンランド語(Suomi)を勉強していきます。なぜフィンランド語なのかは特に理由はなく、今日図書館の言語コーナーの棚を見ていたらちょうど目に入ったからです。フィンランド語の特徴wikiなどによれば・話者数が約600万人で、93%がフィンランド国内の人々・ウラル語系・文字はラテン文字(アルファベット)・格変化が15ある・母音調和があるetc※母音調和:同じ語の中には特定の母音しか [続きを読む]
  • スペイン語技能検定を受けてきました。
  • 今日、西検を受けたので、感想などを書こうと思います。会場内の雰囲気かなり緩かったです。試験監督はおじいちゃんばっかりでした。3級の受験者は30人くらい4級の受験者は90人くらいでした試験について問題と解答が一体型なので、問題文の持ち帰りができません。持ち物はシャーペンと消しゴム、結果の郵送先を記入するためにボールペンが必要でした。時計はあってもなくてもよかったです。3級と4級は、形式、内容ともに全然違いま [続きを読む]
  • スペイン語試験勉強編2
  • 近況①自分には語彙力が圧倒的に足りていないこと②西検の対策問題集を買ったはいいが予想以上に難しくて焦っていること対策①出てきた単語はすべて覚える②残り1か月弱やれるところまでやる漠然としていますができることはこれくらいしかないので頑張っていきます。ちなみに対策問題集というのは「スペイン語技能検定1級・2級・3級対策問題集」というものです。3級を受けるので3級のところのみやっていきます。 [続きを読む]
  • 最近覚えたスペイン語の慣用表現
  • まだ問題集や参考書を買ったりして試験勉強を始めてはいませんが、今回は最近勉強したスペイン語の表現のうち5点あげようと思います。①Matar dos pájaros de un tiro.直訳すると、「一撃でハトを二羽撃ち落とす。」すなわち、一石二鳥というやつです。スペイン語でも同じような表現があるものですね。動詞matarはこの場合不定形ということでしょうか。②Ojo por ojo y diente por diente.そのまま「目には目を歯には歯を。」で [続きを読む]
  • スペイン語試験勉強編1(単語について)
  • 近況前の記事から結構立ちましたが、これまでの間は文法知識を定着させる作業を行っていました。まだ、過去問集などを購入していないのでどのようなことをやっているかは、買ってから記録していきたいと思います。語彙力強化文法だけやるのも頭でっかちになりよくないので、語彙力も増やしていこう。ということで、現在使用している教材の使用感について書いていきます。(1)キクタン スペイン語 入門編 株式会社アルク、キクタ [続きを読む]
  • スペイン語文法編20(接続法2・命令形・まとめ)
  • 学習内容・形容詞節・副詞節での接続法形容詞節=関係詞節内(que以下)副詞節=名詞節・形容詞節以外の従属節内・命令形〜しなさい:2人称単数は直説法現在の3人称単数、2人称複数は不定形のrをdに変えるそれ以外は接続法現在〜してはいけない:no+接続法現在注意点・形容詞節での接続法について接続法を用いるかどうかは先行詞により決定される(1)先行詞が存在しているときは直説法(2)先行詞が存在していないまたは存在 [続きを読む]
  • スペイン語文法編19(接続法1)
  • 学習内容・接続法現在ar型動詞はer型動詞の直説法現在の活用語尾を使用するer型・ir型動詞はar型動詞の直説法現在の活用語尾を使用する不規則動詞もあるがこれらは別途覚える主節+従属節(名詞節)の文をつくるとき、従属節の中の動詞を接続法現在にする・接続法現在完了haberの接続法現在+過去分詞1人称単数haya 2人称単数hayas 3人称単数haya 1人称複数hayamos 2人称複数hayáis 3人称複数hayan・接続法過去直説法点過去 [続きを読む]
  • スペイン語文法編18(受身文・不定人称分)
  • 学習内容・受身文se 動詞+主語(3人称)・不定人称文1se 動詞(3人称)・不定人称文2動詞(3人称複数)・不定人称文3動詞(2人称単数)動詞(1人称複数)uno/una・単人称文動詞(3人称)注意点・受身文について英語の受動態との比較(1)主語は事物など三人称単数のみ=人は主語にならない(2)byに相当するporを使用しない(3)主語が動詞の後ろになることが多い・不定人称文1について人が〜するという意味になり [続きを読む]
  • スペイン語文法編17(直説法過去未来・関係代名詞・再帰動詞)
  • 学習内容・直説法過去未来不定形に以下の活用語尾を加える1人称単数-ía 2人称単数-ías 3人称単数-ía 1人称複数-íamos 2人称複数-íais 3人称複数-ían・関係代名詞 quequeが関係代名詞で修飾先の名詞を指す。その名詞を先行詞とする。・再帰動詞再帰代名詞(1人称単数me 2人称単数te 1人称複数nos 2人称複数os 3人称se)を伴った動詞で、不定形は動詞+se注意点・直説法過去未来について①過去からみたときに、あり得る未来の [続きを読む]
  • スペイン語文法編16(現在分詞・直説法未来)
  • 学習内容・現在分詞ar型-ando ir,er型-iendo・直説法未来ar型 1人称単数-é 2人称単数-ás 3人称単数-á 1人称複数-emos 2人称複数-éis 3人称複数-áner型 1人称単数-é 2人称単数-ás 3人称単数-á 1人称複数-emos 2人称複数-éis 3人称複数-ánir型 1人称単数-é 2人称単数-ás 3人称単数-á 1人称複数-emos 2人称複数-éis 3人称複数-án注意点・現在分詞について①現在分詞の完了形はhablando+過去分詞で作れ [続きを読む]
  • スペイン語文法編14(前置詞格人称代名詞・目的語)
  • 学習内容・前置詞格人称代名詞1人称単数mí 2人称単数ti 3人称単数él ella usted 1人称複数nosotros 2人称複数vosotros 3人称複数ellos ellas ustedes・目的語5注意点・前置詞格人称代名詞について①前置詞の後に使う人称代名詞②前置詞con+mí/ti⇒conmigo/contigo・目的語について直接目的語が重複するとき a+直接目的語を使って表現するがこれは動詞の前にも後ろにも置くことができる。もっとも制限がある。①a+直接目的 [続きを読む]
  • スペイン語文法編13(比較・目的語)
  • 学習内容・比較・目的語4注意点・比較について①作り方〜より más+形容詞・副詞+que〜と同じく tan+形容詞・副詞+como最も 定冠詞+más+形容詞・副詞+de形容詞・副詞は変化しない②例外(1)másを使わないものmejor(bueno bien) peror(malo mal) más(mucho) menos(poco)(1´)意味によって変わるものgrande⇒más grande(形のあるもの) major(形のないもの)pequeño⇒más pequeño(形のあるもの) me [続きを読む]
  • スペイン語文法編12(所有詞)
  • 学習内容・所有形容詞前置形(修飾先が女性名詞のときoはaに変える)1人称単数mi-mis 2人称単数tu-tus 3人称単数su-sus 1人称複数nuestro-nuestros 2人称複数vuestro-vuestros 3人称複数su-sus後置形(修飾先が女性名詞のときoはaに変える)1人称単数mío-míos 2人称単数tuyo-tuyos 3人称単数suyo-suyos 1人称複数nuestro-nuestros2人称複数vuestro-vuestros 3人称複数suyo-suyos・所有代名詞定冠詞+所有形容詞の後置形(性・数 [続きを読む]
  • スペイン語文法編11(直説法現在完了)
  • 学習内容・直説法現在完了haber直説法現在形+動詞の過去分詞で表すhe-has-ha-hemos-habéis-han(haber直説法現在形の活用)過去分詞 -ar型⇒-ado -er型、-ir型⇒-ido(※過去分詞も不規則なものがあるので別途覚える)注意点①語順について(1)「haber直説法現在形+動詞の過去分詞」でひとかたまりとしてその間には何も入れてはいけない(2)過去分詞は性数によって変化しない(形容詞のときは変化する)(3)目的語の人称代 [続きを読む]
  • スペイン語文法編10(指示詞)
  • 学習内容・指示詞①指示形容詞この 男性este-estos 女性esta-estasその 男性ese-esos 女性esa-esasあの 男性aquel-aquellos 女性aquella-aquellas②指示代名詞これ 男性éste-éstos 女性ésta-éstas 中性estoそれ 男性ése-ésos 女性ésa-ésas 中性esoあれ 男性aquél-aquéllos 女性aquélla-aquéllas 中性aquello注意点・指示形容詞について①修飾する語の前に置く cf通常の形容詞は名詞の後ろに置く②この その あ [続きを読む]
  • スペイン語文法編9(数詞・目的語)
  • 学習内容・数詞(序数)1 primero 2 segundo 3 tercero 4 cuarto 5 quinto 6 sexto 7séptimo 8 octavo 9 noveno 10 décimo・目的語3注意点・数詞について①形容詞として使うので性・数により変化する②10より大きな数は序数ではなく基数で表せばよい・目的語について①直接目的語と間接目的語を両方使うとき動詞+直接目的語+a 間接目的語②目的語が代名詞のときは動詞の前に代名詞を置く(1)直接目的語が代名詞のとき直接目的 [続きを読む]
  • スペイン語文法編8(数詞・目的語)
  • 学習内容・数詞(残り)10万 cien mil 100万 un millón 10億 mil millones 1兆 un billón・目的語2注意点・目的語について①(1)原則、直接目的語はそのまま、間接目的語はaをつけて動詞の後ろに置く(2)特定の人間を直接目的語とするときはaをつける②代名詞loは名詞では表せない出来事等をあらわす。英語でいうところのthisやthatのような感じ次回は数詞(序数)と目的語の語順について勉強していきます。今日の単語caba [続きを読む]