森の民 さん プロフィール

  •  
森の民さん: 子どもが統合失調症になった!母の日々
ハンドル名森の民 さん
ブログタイトル子どもが統合失調症になった!母の日々
ブログURLhttp://sora-umi.blog-ga-schizo.net/
サイト紹介文17歳で息子が統合失調症になりました。
自由文17歳で息子が統合失調症になりました。発症したあの日から、穏やかに過ごせるようになるまで。 日々の日記やその時々の気持ちを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 118日(平均4.0回/週) - 参加 2017/04/26 16:39

森の民 さんのブログ記事

  • 就職説明会
  • 2017.7.23大地の同じ年の友だちは、大学三年生。就活は来年からだけど、説明会に参加するから一緒に行かないかと大地を誘ってくれた。 「オレは関係ないけど、どんな感じか、せっかくだから行ってみようかと思って。」と、昼頃、成人式以来のスーツを着て出かけた。 夜11時、まだ帰ってこない。 絶対終わってるはず〜!また友だちとファミレスか? まあいいか。めんどうがらずに、よく自分に関係ない就職説明会なんて行ったなあ・ [続きを読む]
  • 筋トレする
  • 2017.6.24統合失調症になり、ゴロゴロ生活を続けた結果、発症前から随分太ってしまった大地。半年ほど前から、糖質制限だのジョギングだの始め、3ヶ月ほど前から、アブローラーという筋トレの道具をネットで購入。日々、カラダを鍛えていましたが、やっと、ある程度納得のいく腹筋を手に入れたようです。「ほら、かあさん!」と、得意げに腹を見せてくれました。体重も10kg減ったとか。お!すごいじゃん!6個に腹が割れてるじゃん [続きを読む]
  • 優しい子だった♪
  • 2017.6.11もうすぐ次男の誕生日♪大学の近くで一人暮らししている次男の空が、帰ってきます。(何か食べたいものあるなら、帰っておいで!と言ったら、帰ってくると。)「空が帰ってくるってさ、誕生会するから、なんかプレゼント用意しときな〜」と言ったら、大地が、今のネカフェのバイト代が始めて出た時に、すでに一人暮らししていた空に、お小遣いをあげたというんです。「これは、遊ぶ事に使えよ〜 」って。大学に入学したば [続きを読む]
  • 病院受診の時の様子
  • 2017.5.174週間に1度の病院受診日いつも通り、「どう 最近は?」と聞く、ハツラツとした雰囲気の院長先生「変わりないです」と答える息子先生は、「バイト、どんな感じなの?」など、当たり障りのない話をしたり、「最近、筋トレ続けてる?」と、息子の二の腕や腹筋を見て、「お、こりゃいいぞ。鍛えてんなー!」と、筋トレの方法まで教えてくれる先生。大地も熱心に筋トレの方法を聞いたりしている。一通り息子と話し終わると、「 [続きを読む]
  • 息子の反抗!
  • 2017.5.11大地は、小さな頃から父親に、とてもとてもとても厳しい接しられ方をしていたので、思春期になっても、なかなか父親に反抗出来ずにいました。そして、父親の理不尽なやり方や、納得のいかない場面や状況、父親の言動について、私には、色々と話してくれていましたし、発症後は、過去のそういった出来事を思い出すと、そのイライラを私にぶつけることも、多くありました。それらたくさんの、過去の父親との関わりの中 [続きを読む]
  • 息子たちと
  • 2017.4.14たまたまそろった息子3人。上半身裸になって、筋肉自慢をしあってました(笑)別にマッチョでもないんですが、高校〜20歳を過ぎた息子たちは、筋肉に興味がある様子。おにいちゃんは、腹が出てきた!とか、オレは体脂肪率5パーだから!とか、鏡を見に行ったり体脂肪率測ったり…夕飯を作りながら、バカなの?と心の中で笑いながらも、こういうのが、幸せなんじゃないかな…と思ったりもしています。いつかは、出ていって [続きを読む]
  • 成人式のお祝い
  • 2017.3.19大地の成人のお祝いをした。成人式は一月だけど、次男の空が大学受験で、それどころではないと頑張っていたので、落ち着くまで待っていたら、3月になってしまった。大地のリクエストは、焼肉だったから、田舎の祖父母も呼んで、焼肉食べ飲み放題♪もうすぐ、21歳になる大地。昨年はまだ、何をするのもめんどくさいの一言で…寝ることを第一に過ごしてた。出かけるのもめんどくさい!食べるものも、何を聞いても「別に…」 [続きを読む]
  • ブログを読む前に
  • 私がこのブログを書こうと思ったのは、息子が発症したばかりの頃に、孤独を感じていたからです。誰かに話す気持ちにもなれなかったし、そんな時間もなかったし、エネルギーもありませんでした。ネットで色々と調べたけれど、情報が多すぎて、何が正しいのかも分かりませんでした。だから、発症から3年が経ち、少し落ち着いてきた今になって、あの頃の自分と同じような家族がいたら、「一人ではない。みんな同じ気持ちだよ。」とい [続きを読む]
  • 統合失調症グループへのお誘い
  • 私が支えられたブログのひとつである「統合失調症は治る病気です」のhoshuさんが、LINEグループを作られました。家族のグループ、当事者のグループ、雑談のグループなどなど、他にも色々あります。LINEなので、困った時、悩んだ時、話したい時など、誰かがすぐに応えてくれます。自由参加で、既読スルーもOK。もちろん退会も自由です。是非一度、のぞいてみてください。schizo.blog-ga-schizo.net/2017/07/26/post-34/ [続きを読む]
  • 10 統合失調症の1年間
  • ※お越しいただきありがとうございます。このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。 大地が最初のアルバイトを辞めたのは2月の中頃だったか…。人の健康は、季節や天候の変化が影響するということを経験したことがある。例えば、スギ花粉の時期にはアトピー性皮膚炎が悪化したり、台風が発生すると喘息のある人はすぐに気付いたり。季節の変わ [続きを読む]
  • 09 アルバイト その2
  • ※お越しいただきありがとうございます。このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。コンビニでのアルバイト初日。帰宅した大地に、どうだった?と聞くと、「レジ袋が覚えられね〜〜〜」商品により、入れるレジ袋の大きさや形が変わるのだ。そりゃそうだよ。スーパーでもそうだし、お弁当一つに大きなレジ袋はいらない。冷たいものと温かいもの [続きを読む]
  • 08 アルバイト その1
  • ※お越しいただきありがとうございます。このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。目標にしていた警察官採用試験が終わった。思えば、認知機能リハビリテーション(NEAR)をやろうという気持ちになったのも、警察官試験の勉強がまったくはかどらなかったからだし(クオカードの事は大きかったけどね)、リハビリが終わってからも、大地な [続きを読む]
  • 07 警察官採用試験 その3
  • ※お越しいただきありがとうございます。このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。 私は、大地は不合格だろうと思っていた。試験勉強をしたとは言っても、あれほど集中できず、記憶できなかったのだ。だから、不合格の通知が来た時に、どうやって励ますか。そんなことを頭の中で考えていた。試験は、筆記試験、作文、適性検査がある。万が一、 [続きを読む]
  • 06 警察官採用試験 その2
  • ※お越しいただきありがとうございます。このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。 試験の数日前、大地はスマホで試験会場までの道のりを調べていたのだが…。前日、試験会場の下見に行ってくるという。大地は、場所や位置の認知が低下している。犬の散歩も同じコースしか行かないのは、初めての道を歩くとわからなくなってしまうという不安か [続きを読む]
  • 05 警察官採用試験 その1
  • ※お越しいただきありがとうございます。このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。認知機能リハビリテーションを受けたのは3か月間。週2日は昼前に起きていて、夜型生活を少し変えられたかなと思っていたけれど、リハビリは終わってしまった。また元の、寝て食べて遊戯王カードをしに行くという生活に戻ってしまうのか…。「精神科デイサービ [続きを読む]
  • 04 認知機能リハビリテーション その4
  • ※お越しいただきありがとうございます。このブログは、息子が統合失調症を発症してからの記録です。第1章から、順にお読みいただくと、経過がわかりやすいかと思います。 国立病院でリハビリを始めて、予定の3ヶ月が過ぎた。大地は再び、MRIと心理検査を受けた。果たして結果はどうなっているのか…。MRIについては、当初、若干だけれど脳の一部に萎縮は認められるものの、それが統合失調症の明らかな病変とは言えない程度のもの [続きを読む]
  • 03 認知機能リハビリテーション その3
  • 国立病院では、認知機能リハビリテーションを受けながら、月に一度診察もあった。そして、専門看護師さんによる心理教育を受けることができた。薬以外の、はじめての治療。嬉しかった。けれど、診察と心理療法のあるその日は、朝8:30には家を出て、終わるのは昼過ぎ。大地は、規則正しい夜型生活になっていたから、朝起きるのは、とても辛そうだった。一年前、高校に通っていた時のように、声をかけてしばらくすると起き、シャワー [続きを読む]
  • 02 認知機能リハビリテーション その2
  • 認知機能リハビリテーションは、週2回、平日の午後2時間なのだけれど、仕事をどうするか。。。大地は電車に一人で乗れなくなっていた。乗れたのかもしれないが、認知機能が低下し、海馬に異常があるならば、場所や位置の把握は難しいに違いない。「電車だったら絶対に行かない!」と言っていた。なので、どうしても、私が送っていかなければならない。職場の上司には、大地の病気のことは話してあったので、理由を話し、仕事を辞め [続きを読む]
  • 01 認知機能リハビリテーション その1
  • 認知機能リハビリテーション(NEAR)とは、たまたま私が行った家族会の講演会で招かれていたある国立系のセンター病院の先生が中心になっておこなっている研究で、パソコンの画像を見ながら、クイズのような問題をやっていくというもの。この病院は、紹介状がないと診てもらえないし、完全予約制。主治医に話すと、「いろんなところにいろんなポケットがあった方がいい。」と言って、快く紹介状を書いてくだるということだった [続きを読む]
  • 10 次の一歩へ
  • 統合失調症を発症して2年目高校を卒業してからの1年間17才11か月で発症した大地は、20才になろうとしていた。昼夜逆転の生活は変わらず、毎日、午後2:00-5:00頃起きて、風呂に入り、ご飯食べて、友だちと遊び、夜11:00頃帰宅してから、一緒に散歩に出かけ、帰宅後ご飯を食べ、携帯でアニメを見て、寝るのは朝方、午前3:00−5:00。そんな生活が続いた。何も変わらないように思えた。一歩進んだかと思うと、半歩さがる。時には、半 [続きを読む]
  • 09 勉強をする
  • 発症から1年10ヶ月。大地は、勉強を始めた。警察官試験を受けたいという事だった。1日2時間程度だけれど、警察官の試験問題集を開いて、「覚えられね〜」と言いながら、頑張っていた。発症当初、警察官が出てくる妄想があったから、これまでも、大地は時々、「警察官になる。自分を待っている人がいるから。」という話をしていた。男性恐怖症の女の子がいたということは、妄想だと気づいたようだったけど、警察官の方は、妄想だと [続きを読む]
  • 08 統合失調症を知る
  • 子どもが生まれる前から、「健康でさえいてくれればOK」と願っていた。幸せだなと思える人生を送ってほしい。その為には健康であることが、基本。幸せになるための条件として、まず、「心身ともに健康であること」があると思っていた。この考えは、看護学校で、病気で苦しんだり辛い思いをしている方と接する機会が多かったからか、21〜22才の頃には確立されていた。五体に不健康な状態が生じたとしても、心が健康でさえあれば乗 [続きを読む]
  • 07 妄想に気づく
  • 大地が、寝て、一緒に買い物して、一緒に散歩して、カードゲームして。。。という生活が繰り返されていたある日、弟の海(中3)に彼女ができた。冷やかしたら、海が、「おにいちゃんだって、絶対付き合ったことあるはずだよ!」というので、「そんなこと聞いたことないよ!」「言うわけないじゃん」で、いつもの犬の散歩で大地に聞いてみた。「付き合ったことある?なんかさ、海が、おにいちゃんは絶対に付き合ったことがあるはず [続きを読む]
  • 06 家族会に行く
  • ずっと、共感できる人を求めながら、日々の忙しさで一歩を踏み出せずにいたのだが、発症から1年半経った頃、始めて、家族会に参加した。その家族会は、隣の市の地区センターの一室を借りて行われていた。初めに、みんなが順番に、今の当事者の様子などを話すのだが、この日集まった20名ほどの家族の方の話は、本当に色々だった。発症から十数年以上経っているという人が多かったが、中には数十年経っているという人もいた。けれど [続きを読む]
  • 05 小遣いを稼ぐ
  • ネットのフリマで、遊戯王カードを買ったらしい。欲しかったカードが安かったからと、郵便局で送金して楽しみに待ち、届いたものが、韓国語のカード。届いた沢山のカードの中で、欲しかったカードだけは全て韓国語版だったらしい。おかしい!写真は日本製だったのに!これじゃ、大会に出られない。がっかりした大地は、出品者の評価を最低ランクにして登録したとか。すると、出品者から電話がかかってきて、「説明に、韓国製って書 [続きを読む]