さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: 復縁迷走 さくらとさくらの復縁日記
ハンドル名さくら さん
ブログタイトル復縁迷走 さくらとさくらの復縁日記
ブログURLhttp://fukuensakura.sblo.jp/
サイト紹介文恋愛(あい)求め現実逃避するさくら 現実を生きるさくらがもう一人
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 34日(平均7.6回/週) - 参加 2017/04/26 23:48

さくら さんのブログ記事

  • 元彼が会いに来た。だけどね・・・
  • ごめんね。何か久しぶりなんだけど気持ちの整理がなかなかつかなかったから。復縁ではないの。でも縁が切れたわけでもなかった。彼が来たからそのまま迎え入れてね。突然電話来てそれでやって来て。しばらく居たけどそれ以上も以下もなかった。これから先一緒なのかどうなのか。もちろん気になるけど何か自然でなかった。一緒にいて居心地いいなと感じていた自然さ。それがまた一緒になりたい動機になっていたけど。まあね。今は別 [続きを読む]
  • 暑い日って 復縁活動もいやになっちゃう
  • 暑いわね。梅雨入りもしてないのに毎日30度って堪える。暑いとね、脳は体温調整へ働きに行っちゃうから復縁活動頑張ろうと思ってもそこまで指示を回してくれないのよ。困った。でもまあ脳がそういう性格なら仕方ない。そのおかげで身体は動けてるんだろうし。困る感情が生まれるのも、そうやって身体に余裕が生まれたからなんだろうし。でもそれじゃほんとに困っちゃう。だからね。復縁できる。そんな方法を考えられなければやっぱ [続きを読む]
  • 眞子さまのお話したと思ったら・・・
  • 眞子さまがブータンを訪問される話。先日ちょっと書いてたけど、今度はまさかの婚約発表。お相手は、イケメンで国際弁護士を目指されているという小室圭さんというお方。けど、そういうことより紹介され出会ってすぐ意気投合した。というのが大きいし、すごいなって思う。紹介された人が皇室の人って・・・男の人ってそういうお話あったなら飛びつくものなのかな?意気投合というのはあるのかもしれないけど、紹介された人が(って [続きを読む]
  • 彼にとってはいつもと違う母の日だったはず
  • そういえば母の日のお祝い。軽くしてたということで。連休に妹来て集まった時にプレ祝いやってたからまたお祝いなんていいわよ。ということでランチメニュー・・・いや、和だから昼食セットメニューってところかな。お昼、軽いご馳走でありがとうして済ませた。さて、これでひとつ明らかになったことが。彼のお母さま。別れたことがこれで分かったであろう。きっとね。毎年、彼との連名でプレゼント送ってたから。もしかしたらまあ [続きを読む]
  • 復縁活動 頑張ってないなって感じるのは・・・
  • 忙しい!が理由でって何か終わってる。私忙しいけど復縁したいの。だからお願いね。なんて100%ありえないからどうしよう。帰ってきてお風呂入ったり一息ついたりしてたらもう日付変わってる!という環境(?)におきまして。そこでの復縁活動って何?って、うーん。となるのだけれども。そういう環境(くどいけど)だからこそ、せめて時間取ってるお仕事は充実感を覚えたいの。お仕事を通じて自分を磨く。それが彼への直接のアピ [続きを読む]
  • 晴耕雨読ゆえ読書の一日
  • 私ね。司馬遼太郎さんの作品好きだったりする。渋いかしら?別に歴女ってわけではないけど結構日本史好きだったし大学受験の時も日本史専攻だったし。結構本読んできたけどその中でも司馬遼太郎さんの作品好きなのね。更に司馬さんの作品の中でも幕末の時代が一番好きかな。定番(?)の竜馬がゆくとか燃えよ剣とかこの翔ぶが如くとか。(これは明治だけど・・・)幕末の頃って書簡が結構残ってるし司馬さんももちろんそこをお調べ [続きを読む]
  • 脱毛石鹸での脱毛に初トライ
  • 最近は帰りが遅いものだから。プラス結婚式にもお呼ばれしててお友達と水着を着る夏にもなりそうで・・・そういうこともありお風呂で石鹸で脱毛できるもの届けてもらって。ゆうべから試しに使ってるの。使い始めたのはこれちょっと私を・・・お見せするのは勘弁ですが・・・なんだけど、ボディーソープだから泡立てて洗うだけのタイプ。私はこういうやり方はじめてなので(自作豆乳ローションとかやってた)こういうのもう使ってら [続きを読む]
  • 弱点から逆転する そんな方法と考え方
  • 私は二者択一というものにめっぽう弱い。どちらかを選ぶ。選ばなくてはならない。そう決断に迫られた時結果、損したと思うことがはるかに多かったと思う。そういう性格(?)から真っ先に選ぼうとしたもの。ではなく、もう片方のもの。そっちの方がいいでしょ。と選んでみても満たされないのね。持ってない・・・というひと言で片付けられそうな。でも、こういうの。女としては結構致命的な弱点のように思える。女のカンじゃないけ [続きを読む]
  • 幸せのカタチと幸せのレベル
  • 秋篠宮眞子さまが公務でブータンを訪問されるそう。ブータンって聞いたことある国ではあるけれどなじみは薄いわね。そこに眞子さまは一週間ほど滞在されるらしい。ブータンはヒマラヤ山脈をのぞむそういうところに位置する国。山脈の向こう側にある国が中国。ちょっと調べてみたら国旗が派手ドラゴンボールってここから借りたのかしら。そういうブータンの魅力とは幸福度の高さ。幸せ度ランキングでも世界トップ10に入る。って何が [続きを読む]
  • ドラマみたい。フランス新大統領エマニュエル・マクロンさん
  • その一つひとつがどういう状況だったのか気になってしまう。新しくフランスの大統領に選ばれたマクロンさん。私よりちょっと年上39歳の大統領はフランスではナポレオン以来の若き指導者らしい。それだけでもすごい事やってのけたそう思うけれども。マクロンさんすごいのは奥様がファーストレディとなるお方が25歳も年上というところ。しかも、なれそめ言いますか出会いのきっかけとは高校教師と教え子の関係。奥様に3人のお子さん [続きを読む]
  • 活力を得て日常の中の復縁ロードを進み続ける
  • 連休が終わり日常が始まってく。普段より自分の時間が取れるオフという時間。それが普段より多く取れてそこで自分自身がやりたかったこと。満たされたのかどうか。こと私に関しては復縁活動ってことになるのかも。だけれども正直満たされたかどうかなんてわからない。でも、不満だらけのオフの過ごし方してたそういう訳じゃないから良しとしてるし、楽しめたよ。私なりに。活力にして日常と再会する。100点満点の過ごし方でなくて [続きを読む]
  • 勇気を出して彼に連絡してみた
  • なーんも反応ないけどね。でもいいの。予想通り。だから別に傷ついてもいない。立ち位置分かったから。それで十分。強がってる?ううん。いや、そりゃちょっとね。でも。予想通り。これが全てなの。今日はそれでいいの。彼が私に・・・その立ち位置が分かった。それが今の私にとっては大きかった。それだけ。いつの日かまた彼に連絡してみてこの連絡してみた今日。この日をきっかけに彼が拒否設定していたらそこでもう終わってたっ [続きを読む]
  • 復縁活動の休日 コンプレックスが消えた日
  • 連休使ってね妹が遊びに来た。お盆お正月以外では珍しいんだけどね。何か甥っ子が私に会いたがってたみたいで。小学生になって私の魅力解ってきたのかしら。でもおばちゃん言ってくるところが天然すぎるかな。いや。合ってるんだけれども。複雑。まあでもかわいいからうふふって言って遊んであげてる。かわいらしさは妹に似てるかも。妹はね。ほんと甘え上手でね。何だろ。嫌味めいたところとか白々しさとかなくて天然。私には全然 [続きを読む]
  • ひとり手相。恋、占ってみた
  • 私ってば。どういう感じで相が出ているのかなって。本格的に観てもらうなら易者さんのところ行って・・・なのだと思うけど、突き落とされるような鑑定言われちゃったら立ち直れそうにない。だから。ソフトな感じで遊び心ももって手相で有名な人といえばそう。島田秀平さん。で、実は先日本買ったりもしてたんだけど・・・出かける時、バッグに入れてみて気付いた。本だと持ち歩くのが・・・公共の場でいつどこで開けてって。ちょっ [続きを読む]
  • 復縁活動中のはずなのに普通の毎日
  • お買い物したりまたお掃除したり。そんな感じで連休後半過ごしてるけどそれって結局彼にまた好きになってもらう。というものに対しては直接的ではないからまあ普通に一日が過ぎちゃったわけ。拒否されてるわけではないから気持ち伝えることだけはできる。けど。それで見込みがないから普通の一日が続いちゃってる。気持ちは伝えることはできる。けど。うまくいかなかったら本当にそこでジエンド。ギャンブルではないからね。お小遣 [続きを読む]
  • 結局は やるってことなんだろうね。復縁活動とは何ぞやと
  • 連休合間のお仕事終わり。連休第2ラウンドは・・・って言っても前半はただの土日だったからね。またきちんとお顔のケアするところから。内装工事立ち会ったり妹も遊びに来るけど復縁活動の方もやれるだけやる。彼に見向きもされないんじゃ辛いだけなんだけど、やっぱり彼の事が好き。という原点を忘れないようにね。頑張る。お仕事の忙しさは言い訳にならないって思ってるしそう書いてたけど、復縁したいと思う人は私だけではない [続きを読む]
  • 女30 お守り代わりのオールインワン
  • オフ使ってサッカー見に行って逆光と戦った私の肌。紫外線対策はもちろんして出かけて帰ってきてから冷水でお顔洗って化粧水たっぷりつけて・・・ってお話してたけど、お蔭さまで今朝はバッチリ!連休合間のお仕事。打ち合わせもあったからひどいお顔になるわけにはいかなかったわけ。(って当たり前の話だけど)ただ何?お昼ごろ打ち合わせしてたら大きな雷鳴。打ち合わせが終わった頃に雷もさよならしてた。打ち合わせは特に問題 [続きを読む]
  • 私なりのパワースポット 行ってきた
  • 今日はね。サッカー観戦してきたの。女一人でって変かしら。でもね。私自身は別に抵抗感ない。学生時代はサッカー部のマネージャーしてたこともあったから親近感あるしね。写真撮ったんだけど・・・うーん・・・逆光だったのとアイフォンの最大ズームというのが良くなかったみたいで黒っぽかったりぼやっとしてるのばっかりでお見せできるものがないの。相性ってこういうところもあるのかしら。逆光だったということは日差しいっぱ [続きを読む]
  • 掃除した。できることからやっていく。それでもいいの。気付けるから
  • 何かおかしくなっちゃった。雨音聴きながらお掃除をするなんて書いてたら、雷鳴はとどろくは突風が窓を叩きつけるわで。少しでも品のあるシチュエーションを描いていたのにこれじゃただの嵐じゃない。でもいいの。やりたいことできたから。私のやりたいこと。順調よ。彼との復縁。それ以外わね。順調なの。お掃除すると、今はそれしかできないかもだけど、終わらせたらやっぱり気持ちいい。私ね。お部屋ってそれぞれ役割があるから [続きを読む]
  • はっは。月日流れるの早いわ
  • 早かったなあ。4月。2週間ぶりのオフ。それくらい頑張っちゃったから?疲れてもっと寝てるのかと思ったら意外に早起き。朝の簡単なお仕事。っていっても朝ごはんのことだけど。ほか家事仕事ちょこちょこっとして一息。昔はね。疲れたまった時に寝だめなんてこともしてたけど、心の中で寝だめしちゃダメとでも言われてたのかもしれない。まあ本当にくたくただったら嫌でも起きたくないってなってるだろうからね。天気も崩れるって話 [続きを読む]
  • もう一度 復縁というものに向き合ってみる
  • ・・・ことにした。GWだしね。中々まとまった自分の時間取れないから。こういう時間の使い方。それがきっかけで彼との復縁。考え方や取り組み方がわかるかもしれない。変わるかもしれない。というのもね。疲れてきちゃった。やっぱり彼と復縁することが私の求めるほんとの恋。・・・だと思った。だから、彼に別れ話されてそのまま顔も見ない声も聞かない。ふとアイフォン見てもアプリ並んでる画面だけ。たまに来る通知も彼とは関係 [続きを読む]
  • GW 心のリセット また復縁活動頑張れるために
  • 仕事がたくさんあって復縁活動に時間が割けないな・・・と思っていたらGWという素晴らしいオフがくるのね。GWの考え方や過ごし方って色々あると思うけど、私はGWを使って旅行するって発想があまりないの。混むし高いし。普段から好きな時に働いて好きな時に休んで・・・ってもちろん100%は無理だけど、仕事があるって事自体ありがたいって思っているから働けるときは働くし、実際GWも全くオフってわけではないからね。GW使って何 [続きを読む]
  • 復縁活動 3日もサボった
  • お仕事がいっぱい入ってね。それは大変ありがたい話。仕事は楽しいし、テンションも上がって。イラッとしてないと言ったら嘘になるけれどそれも一瞬。むしろ笑ってる方が多いよ。でも。反動からか帰ってきてからぐったり。年のせいにはしたくないけど女30。やっぱり20代の頃の・・・は止めとこう。だから、彼との復縁のためにどうしていくかとか具体的に取り組んでいる事とかここ何日かやってないのね。うわー。とも思うけど、そん [続きを読む]
  • 忙しくても復縁のためにできること
  • 最近はお仕事が忙しくてね。それはそれで悪くないけど。でも、そのぶん彼との復縁のためにしたいことあってもできなかったり。普段はオフの週末にも仕事を入れたりすると、もしかしたら彼は・・・なんて嫌なことも時には考えちゃう。どうしても外せないお仕事やアポが入った時は仕方ないけどそういう時。確かに彼の事は気になったとしてもどうしようもないじゃない。彼との復縁。それで急に進展することなんてないだろうし。でも気 [続きを読む]
  • 2時間しか使えない復縁活動ってなんだろう
  • 1日中お仕事が多くて帰ってきたのが22時。日付が変わるまで2時間。でも、おなか空いたから少しは何か口にしたいし、お風呂に入って疲れも取りたいし・・・ってなったら、もう明日になっちゃう。でも、それでこの日1日が終わってしまったら、彼との復縁。何も進展せず終わるとなる。その間、彼の時間止まってくれないかな・・・なんてことはありえない。彼にも流れる時間。彼が使える時間。最悪、私との距離がますます離れるような [続きを読む]