thisdesu さん プロフィール

  •  
thisdesuさん: C言語始めました
ハンドル名thisdesu さん
ブログタイトルC言語始めました
ブログURLhttp://thisdesu.jtrendnews.com/langc
サイト紹介文thisdesu によるブログサイト ・C言語はじめました
自由文いろいろな事について書いていきます。
・C言語はじめました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 15日(平均17.3回/週) - 参加 2017/04/27 01:49

thisdesu さんのブログ記事

  • 設定(イコール)
  • いまさらだけど、設定って[=]で左辺に右辺の値を同じにする事ですが、書式的に連続しても同じになります。 [続きを読む]
  • 型作っちゃうぞ
  • 構造体や列挙体などいちいち宣言するのが長いものや、既存の型を、ちょっと分かりやすく名称をしたい場合に利用します。 [続きを読む]
  • 列挙型(emun)
  • 列挙型とはちょっと分かり難いけど、実値にこだわらず沢山の定数が必要な時に便利です。実値はユニークが保障されているし列挙した順に1から順に振ってくれます。 [続きを読む]
  • 構造体(struct)
  • 沢山の変数を扱うときに決まった並びや、それを繰り返し利用する際に、この体系を定義するのを構造体と言います。 [続きを読む]
  • マクロ
  • プログラムを長く書き始めると、決まった値や簡単な書式を繰り返し書くのが面倒になったり、変えたい時に全部を変えなければいけなくて1つ忘れたら大変なことに。。。this is バグ. そんな時に定義(define)してしまいましょう。 [続きを読む]
  • 文字区切りstrtok
  • 文字列を特定の文字ごとに区切りたい時など便利か関数=strtokです。例えば"123-456-78-9-0A"の文字列が在った時に、-で区切って簡単に取得したいときに便利です。 [続きを読む]
  • printf
  • C言語では最もよく使う関数でしょう(派生も含め)。この関数は色んな型の値を指定した書式で表示(標準出力)してくれる関数ですが、この指定の仕方が沢山あって覚えるのが大変なのですが、基本的なものは覚えましょう。 [続きを読む]
  • メモリー
  • C言語で通なければならない関門のメモリ。使ってるメモリが状態がどうなってて、何をどう使ってるのを把握しておかないとnull pointerでスタックトレースなんて生温い結果じゃなくて、segmentation fault。はい終了。原因なんて教えてくれれやしない。プログラム終了。「落ちた」なんて連呼されることになります。 [続きを読む]
  • 参考書
  • C言語を覚える時に、まず参考書を買う人は多いでしょう。最近はインターネットで調べることも多くなりましたが、やっぱり手元で開いて何度も読み返しながら勉強するのは学生の時からの性なのでしょうか。もちろん私もです。 [続きを読む]
  • 低水準や高水準関数とは
  • C言語の本や説明の中に、よく低水準関数とか高水準関数とかの言葉が出てきます。これは用意されている関数が、OS(オペレーションシステム)に依存するような関数なのかどうか、明確な境界線はありませんが、OSに近い(OSが違ったら動かないかもしれなさそう)関数を低水準関数といい、OS依存が少ない汎用性が高い関数を高水準関数と言います。低水準は速度が速いとか細かく操作が出来るなど利点が有りますが、同じプログラムがOSが変 [続きを読む]
  • ファイル操作(fopen,fgets,fputs,feof,fclose)
  • ファイルのやり取りする関数を使ってみましょう。ファイルを扱うには基本的な作法があります。まず最初にファイルを開く(open)しなければなりません。そして開いたファイルに対して読み込み(read)や書き込み(write)が行えます。またファイルを開く際には、読み込みをするのか、書き込みするのかなど指定しておく必要があります。最後にファイルを閉じ(close)ます。これをしないと他でファイルが開けなくてエラーが発生しますので必 [続きを読む]
  • コーヒーブレイク(IOCCC)
  • プログラミングとスパゲッティは密接で、タコ足のコンセントなんか目じゃないほど、絡まりに絡まったソースプログラムは人の手を介す度に解かれず放置されたのか見て見ぬふりと言うか触らぬ神に祟り無しなのか、、、完全にブラックボックスと化したプログラムに出会ったしまったら、、僕もきっと解読する勇気よりクライアントに”作り直しましょう”と言う理由を模索し始めるでしょう。 [続きを読む]
  • 関数って、、
  • 関数とは処理を一まとめにした塊を、いろんな所で使いたい!使いまわししたい時に、「関数」って枠組みで作っておくと、色々なところから使えるようになります。この「関数」を使うには作法というかルールがあり、そのルールの事を関数インタフェース仕様とかリファレンスとか呼ばれます。ルールには大きく2つあります。1つ目は関数にデータを与えるルール。後に出てきますが”引数”と呼ばれる部分です。2つ目は関数から渡される [続きを読む]