ナツユキマツ さん プロフィール

  •  
ナツユキマツさん: ユキマツの「長期投資のタイミング」
ハンドル名ナツユキマツ さん
ブログタイトルユキマツの「長期投資のタイミング」
ブログURLhttp://www.yukimatu-value.com/
サイト紹介文セミリタイア中のバリュー投資家が、世界的に「株式が割安な時期、割高な時期」を持続的に丁寧に追跡します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 30日(平均15.9回/週) - 参加 2017/04/27 10:31

ナツユキマツ さんのブログ記事

  • 最新の世界バフェット指標<2017.3月データ>
  • 世界的な株式の割安・割高を知る目安になる指標世界バフェット指標の最新データの(2017.3月末)の確認記事です。2017.2月末の世界バフェット指標は0.94でやや割高な水準でした。2017.3月末のデータはどうなっているでしょうか。世界バフェット指標の概要○世界的な株式の割安・割高を知る目安になる指標です○世界バフェット指標=全世界の時価総額÷全世界の名目GDP○世界バフェット指標の数値が大きく [続きを読む]
  • 実質賃金と経済成長、そして投資
  • 昨日、実質賃金のニュースがあったので、実質賃金に関係する記事を書いてみます。headlines.yahoo.co.jp実質賃金の推移実質賃金は「毎月の給与+ボーナス」(名目賃金)をインフレ率で割ったもののことです。名目賃金がいくら増えても、インフレ率が高ければ、実質的な賃金の価値は下がってしまうので、 「賃金の実際の価値」を知るうえで、実質賃金は重要な指標になります。この実質賃金の推移をみてみましょう。下記グラフは [続きを読む]
  • 「東証一部PBR」で探る株式のバーゲンタイム
  • 株式の割安時期を示唆する可能性がある指標「東証一部PBR」を紹介させていただきます。株式が割安な時期なんて絶対わからないそう信じてる方でも、そんなに違和感を感じさせない指標なのではないかと思います。東証一部のPBRを把握するメリット①株式が割安な時期を把握する目安になります②株式が割安な時期に長期投資を始められる可能性が上がり、長期的な投資リターンの向上につながる可能性がありますPBRとはPB [続きを読む]
  • 「世帯貯蓄、過去最高1820万円」報道の不思議
  • 2017.5.17、総務省の2016年の家計調査を基にした、世帯貯蓄の報道がありました。www.asahi.com2人以上の世帯の平均貯蓄額が1820万円で前年比+0.8%で過去最高だったと。平均で1820万?多すぎない?あなたはどう感じますか?気になって少し調べると、いろいろわかって面白かったので書いてみます。※投資には、あまり役立たない記事なので、ご了承ください。疑問1:中央値は?中央値は、データを小さい順に並べたとき中央に位 [続きを読む]
  • 「日本バフェット指標」「信用買い残」の速報
  • 「日本バフェット指標」「先週の信用買い残」の速報です。★ 日本バフェット指標ついては、下記リンクを参照ください。www.yukimatu-value.comバフェット指標で経過を追っていると、数値があまり大きく動かないので、淡々と経過観察しやすい、というメリットがあります。日経平均が比較的大きく動いた5.18でも、バフェット指標だと1.11⇒1.09の変化です。日本バフェット指標の長期データ◎平均値(幾何平均)→ 0.75◎中 [続きを読む]
  • バフェット氏とわたし、たち
  • ウォーレン・バフェット氏とわたしには、何の面識もありません。バフェット氏について書かれた本を読んだりする、遠い関係性です。ネタとしてはもう古いのですが、少し前、バフェット氏がIBM株を売った情報が大きく取り上げられていました。そのころ、わたしはバフェット指標の記事をえっちらおっちら書いていたので、全く無関係ではないのですが、まあ、別に特別の関係性があるわけではありません。ただ、マスコミを含め、 [続きを読む]
  • 「2017.3月」金融機関の貸出態度判断DI<日銀>で探る信用状態
  • 世の中の金回りをよくする役目を引き受けているのが、金融機関。その金融機関の貸し出し態度は今、どうなのか。それを知ることは、おそらく長期投資に役立ちます。日銀が3カ月ごとに発表しているデータ、金融機関の貸出態度判断DI(以下、DIと略)の紹介です。金融機関の貸出態度判断DIとは日銀が行っている調査の一つで、日本の金融機関の貸出態度に関して、「緩い」と回答した社数の構成比(%)から「厳しい」 [続きを読む]
  • 時空をこえたメッセージ② チャールズ・エリス
  • 「時空をこえたメッセージ」の2回目です。「敗者のゲーム」で有名なチャールズ・エリスを取り上げます。時空をこえたメッセージ②「バーゲンセールの時には買いたくない。値段が上がった時に買います」などという客はいないだろう。だが、実際に、われわれは投資をする時、このような行動を取っている。(中略)ジェイソン・ツヴァイクが指摘するように、「われわれは靴下(socks)を買う時のように株(stocks)を買えば、もっと [続きを読む]
  • 最新の世界時価総額を確認する<2017.3月末>
  • 最新の世界時価総額を確認します。↓世界時価総額についてはこちら↓www.yukimatu-value.com2017.3月末の世界の時価総額2017.3月末の全世界の時価総額は74.3兆ドルでした。※データ出所:以下サイトデータより管理者作成→WFE(国際取引所連合)世界時価総額の推移<2015.3月末〜2017.3月末>※データ出所:以下サイトデータより管理者作成→WFE(国際取引所連合)ここ2年の世界時価総額の推移です。概ね60〜75兆ドル [続きを読む]
  • 最新の世界的な景気動向<OECD景気先行指数、2017年3月>
  • 世界の景気動向を示唆してくれる指標、OECD景気先行指数(Composite leading indicator。以下CLI)の2017.3月時点のデータが入手できました。最新の世界的な景気動向を確認します。CLIについては以下の記事を参照ください。www.yukimatu-value.comCLIとは以下、株初心者のための株式投資と相場分析方法からの引用です。OECD景気先行指数(CLI)とはOECD景気先行指数(CLI:Composite Leading Indicators)とは、OECD(経 [続きを読む]
  • 昨日の日本バフェット指標
  • 日本バフェット指標の速報です。日本バフェット指標については、下記リンクを参照ください。www.yukimatu-value.com日本バフェット指標の2017.5月のデータ5.1 1.085.2 1.095.8 1.115.9 1.115.10 1.115.11 1.115.12 1.11※5.12の日本の時価総額約605.1兆円、名目GDP546.2兆円(IMF推計値)日本バフェット指標の長期データ◎平均値(幾何平均)→ 0.75◎中央値→ 0.72※1985年1月末〜2017年4月末の月末デー [続きを読む]
  • 日本バフェット指標で日本株の割安割高を探る 
  • 世界全体のバフェット指標についてはすでに記事にしています。www.yukimatu-value.comでは、日本のバフェット指標はどうなのか、みてみましょう。日本バフェット指標を知るメリット、その強み●日本株の割安割高を判断する目安になります●毎日、夕方には日本の時価総額を知ることができるので、日本のバフェット指標は日々確認することができ、情報の即時性が高いです●長期的視点から、日本の株式市場の過熱感の推移を [続きを読む]
  • 時空をこえたメッセージ① 本多清六
  • 新シリーズを始めます。題して「時空をこえたメッセージ」時代や国を問わず、説得力を持ちづけそうな言葉を拾ってまとめていくシリーズにしたいと考えています。主に投資関連の言葉を拾うつもりですが、たまにどうでもいい、わたしが好きな言葉を拾ってしまうかもしれません。予めご了承ください。初回は日本の学者、投資家、本多清六氏の登場です。時空をこえたメッセージ①貧乏に強いられてやむを得ず生活をつめるのではな [続きを読む]
  • 恐怖指数(VIX)が最小値更新をうかがう
  • 小ネタです。アメリカの恐怖指数、VIXが1990.1.2以降の最小値更新をうかがっています。これまでの最小値は1993.12.22の「9.31」です。※終値ベース※出所:恐怖指数 [VIX・日経VI・VSTOXX] 日経平均比較チャート現在値、「9.64」※出所:恐怖指数 [VIX・日経VI・VSTOXX] 日経平均比較チャート上記グラフは、ここ2年のVIXです。フランスも韓国も順当に選挙が終わり、めっちゃ安心モード、どこまで続きますか。※VI [続きを読む]
  • 米国市場の過熱感を探る指標 〜マージンデット〜
  • 米国株式市場の割安、割高を判断する材料になる指標、マージンデットの紹介です。マージンデットとはマージンデット(Margin Debt)は、米国の株式市場(ニューヨーク証券取引所)が公表しているデータです。マージンデットは「証拠金債務」のことです。「アメリカの投資家が株の売買ために金融機関から借りているお金の総額」のことです。ちなみに2017年3月末時点のマージンデットは約5369億ドル(1ドル111円なら約59.6兆 [続きを読む]
  • シンヨウカイザン(信用買い残)で探る日本株の割安割高
  • シンヨウカイザン?競走馬の名前ではありません。日本株の割安割高を判断するのに役立つ指標、信用買い残の紹介です。信用買い残とは信用買い残は、日本の株式市場での信用取引における、買い(方)の残高のことです。信用買い残=信用買い方の残高くどくどと説明すると、信用買い残は日本の投資家が証券会社から、利子を払ってお金を借りて、そのお金で買って保有している株式の、ある時点における残高、評価額の総 [続きを読む]