quincedaddy さん プロフィール

  •  
quincedaddyさん: I am your daddy
ハンドル名quincedaddy さん
ブログタイトルI am your daddy
ブログURLhttp://iamyourdaddy.hatenablog.jp/
サイト紹介文二人の娘を英語育児している父親の記録です。
自由文普通の日本人のパパが、子供をバイリンガルに育てる為に頑張っている記録です。

主に英語絵本の読み聞かせ関連のネタが多いですが、言葉の成長記録や、日々の子育てで思うことなども書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 87日(平均4.4回/週) - 参加 2017/04/27 22:29

quincedaddy さんのブログ記事

  • 娘と一緒に夏休みの自由研究としてプログラミングに取り組んでみた(1)
  • 少し前から長女の夏休みの自由研究のネタとしてプログラミングをさせてみたら面白いのではないかと考えていたのですが、初めての夏休みである今回からさっそく始めてみることにしました。プログラミングの必修化の動きとは全然関係ないと言ったら嘘になりますけれど、自分の得意分野なんで単純に私が楽にこなせるかもしれないという発想と、自分のやっている仕事の欠片でも娘たちに体験してもらいたいという想いと、あとはあまり決 [続きを読む]
  • Oxford Reading Treeのレベル5に進出したら内容がファンタジーだった!
  • 長女は早くもOxford Reading Treeのレベル5(ステージ5だったかもしれません)を読むようになりました。相変わらず毎朝必ず1冊は読んでいて、最近はあからさまに読むスピードが上がってきたのを感じます。レベル5からは何故か内容がファンタジーになっています(笑)レベル4で家族が引っ越しをするのですが、そこで見つけた不思議な箱と小さな家が物語の鍵になっています。まさかこのように続編になっているとは知らなかった [続きを読む]
  • おむつと自転車とターザンロープ
  • ウチの長女はおそらく睡眠にそこそこの問題があって、4歳の誕生日を迎える頃にはまだ毎晩必ず夜中に目を覚まし、それも起きるときは必ず号泣で、寝かしつけるまでには結構な時間がかかったので夫婦共々若干のノイローゼ状態になっていました。小学一年生になった今では流石に夜通し眠るようになったのですが、その事と関係あるのかないのか分からないのですがずっと夜のおむつが外れずにいました。どうしてもおねしょをしてしまう [続きを読む]
  • 英語のフレーズ集が役に立たない理由
  • 誰だったのかは思い出せませんが、その昔「お疲れ様って英語でなんて言うの?」と聞かれて驚いた記憶があります。なぜ驚いたかというと、その問い自体がそもそも間違っていることに気が付いていないようだからです。しかし鑑みてみると、このように「日本語のある言い回しAに対応する英語の言い回しBが存在する(もしくはその反対)」と思っている人はかなりいるように思います。その証拠のひとつとして、本屋に行けばいくらでも [続きを読む]
  • 長女にはじめてアメリカのコミックを買ってみた
  • My Little Pony: Friendship is Magic Volume 1作者: Katie Cook,Andy Price出版社/メーカー: IDW Publishing発売日: 2014/07/08メディア: ペーパーバック : 1回この商品を含むブログを見る前回に続いてMy Little Ponyネタですが、この度初めて長女に漫画というか、洋書のコミックを買ってみました。まだ自分では読めるレベルの本ではないので、あくまで読み聞かせよう。長女はアメリカにいたときに一通りスパイダーマン、 [続きを読む]
  • 本棚ベンチをDIYして、英語絵本の読み聞かせ環境を改善する - 後編
  • 前編では本棚となるカラーボックスの組み立てと、座る部分を作る為のスポンジと板の接着を行いました。後編ではこの座る部分を完成までもっていきたいと思います。まずは板の大きさに布を切ります。私はいわゆるキルトという厚みのある布を買ってしまったので切るのが大変だったのですが、薄めの布であれば簡単に切れるかと思います。私は裁ちばさみを使いました。布を切りましたら、タッカーという道具を使って布を板に張り付けて [続きを読む]
  • 「A Quiet Place」は静かな場所を探し求める物語
  • A Quiet Place作者: Douglas Wood出版社/メーカー: Simon & Schuster Books for Young Readers発売日: 2014/04/15メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るアメリカに出張に行ったときに古本屋で買ったもの。英語絵本好きにとって、海外の古本屋程面白い場所もありません。出張で行っても子連れ旅行で行っても、ゆっくりと古本屋に滞在する時間がないのが悲しいところです。時には人には静かになれる場所が必要。それは森の中 [続きを読む]
  • 正直近隣のアジア諸国の英語力は日本のそれよりずっと高い
  • 私はアメリカ系の企業の日本法人に勤めておりますが、同僚にはたくさんの学国籍の方がいらっしゃいます。アジアの国々ですと中国の方や韓国の方が多いです。彼らと一緒にずっと働いてきた私の極めて正直な感想なのですが、中国や韓国の方の英語力は同じ職場で働いている我々日本人の英語力に比べて総じて高いです。特に会話の能力の差は歴然としています。(彼らからしてみれば)外国で働いている中国の方や韓国の方と、自分の国で [続きを読む]
  • 英語育児にはお金がかかるというのは本当だろうか?
  • どんなことでもそうかもしれませんが、英語育児をしていく上でかかってくる費用というのは勿論あります。例えば英語絵本やDVDを買ったり、NetflixやHuluを英語コンテンツの為に契約したりします。英会話教室やSkype英会話にかかる費用もあるでしょう。場合によっては旅行や短期留学で英語圏に連れて行って色々経験させてみたりということもあるかもしれません。しかし私は、長い目で見れば英語を先に身に付けることができるのであ [続きを読む]
  • これからも日本人は英語が苦手であり続けると思う理由
  • 以前に私の母親世代の人が言っていたことで大変心に残ったことがあります。一字一句同じではないのですが要するに最近の若い子は英語教育が充実しているから英語が(私達より)できて当然」というような主旨の内容でした。私は本当にそうかと不思議に思いました。結局自分の努力不足を教育というインフラのせいにして逃げているだけだろうと思いました。極端な例かもしれませんが、鳥飼久美子先生は戦後直後のお生まれのようですが [続きを読む]
  • 本棚ベンチをDIYして、英語絵本の読み聞かせ環境を改善する - 前編
  • 英語絵本の収納とそれを読む場所がいつも問題 quincedaddyです。英語絵本はもとより日本語の絵本もそれなりに買っている我が家では、絵本の置き場所がいつも問題になります。最近は引っ越したばかりということもあり大半が段ボール箱に入ってる状態なのですが、そろそろなんとかしないといけません。以前はかなり背の高い本棚を二個ほど使って何とかそこに収納していたのですが、地震の時に危ないのではないかという懸念と [続きを読む]
  • 心優しい闘牛の話「Ferdinand」がどうやら映画化されるらしい!
  • The Story of Ferdinand作者: Munro Leaf,Robert Lawson出版社/メーカー: Grosset & Dunlap発売日: 2011/03/31メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る心優しく、そして花の匂いをこよなく愛する闘牛の話フェルディナンド「Ferdinand」です。随分と前に何気なく買った本で、時々は読むものの特段着目をしているわけでもなかったのですが、なんとこの度Foxより映画化されるようです。絵本自体はけっこう短い話で、闘牛 [続きを読む]