40代でラノベ作家に挑戦 さん プロフィール

  •  
40代でラノベ作家に挑戦さん: 40代だけど(ラノベ)作家になりたい
ハンドル名40代でラノベ作家に挑戦 さん
ブログタイトル40代だけど(ラノベ)作家になりたい
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mikanweb/
サイト紹介文40代でラノベ新人賞の公募に出しています。
自由文40代でラノベ新人賞の公募に出しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 113日(平均4.9回/週) - 参加 2017/04/28 10:48

40代でラノベ作家に挑戦 さんのブログ記事

  • 公募に向けての改稿作業など
  • 近況について。最近は、ファンタジア大賞に応募するための改稿作業をしている。間に合わなければスニーカーに出す予定でいる。改稿作業をしながら思うのは、企画とかコンセプトの重要性である。あれこれいじり回りしているうちに、企画レベルで問題あり、と気づいたりすることもある。他には、技術の重要性も。技術さえ身についていれば不要だったはずの改稿作業が多い。以前冒頭だけアップしたブログの小説版は、2万文字くらい書 [続きを読む]
  • 携帯小説という鉱脈
  • 10年位前に携帯小説が流行った。ものすごく正直に言えば、初めて携帯小説を読んだとき、「なんじゃこりゃ」と思った口である。こんな作品がどうしてベストセラーになるんだ、とも思った。アマゾンのレビューを見れば分かるように、その様に思う人が多いのが普通である。ある意味、普通の感性といえる。でもこの普通の感性では、携帯小説という鉱脈を発見できなかった、とも言えるわけだ。それまで携帯小説のようなものがなかった、 [続きを読む]
  • お勧めのサイト紹介 星海社の座談会
  • ラノベ作家を目指す人にお勧めのサイトを紹介してみようと思う。まずは、知る人ぞ知る星海社の座談会。星海社は講談社ノベルスの名物編集者が立ち上げた講談社系列のレーベルで、新人賞も募集している。ここの新人賞は独特の形式だ。投稿作のなかから、編集者が自分のプッシュする作品を選んで語り合う。それが一次選考みたいなもの。あーだこーだと雑談しつつ、その中から受賞作品を決定する。これが最終選考のようなもの。編集者 [続きを読む]
  • ラブコメファンタジーというジャンル
  • 小説家になろうの人気作品を見ていると、ラブコメファンタジーというジャンルが多いように見受けられる。ふと、ラブコメファンタジーというのは、ラノベの穴場ではないか、と言う気がした。つまりこういうことだ。 学園もの ファンタジー ラブコメ ハルヒ なろうの人気作 バトル 禁書 スレイヤーズ ラノベのジャンルを大きくカテゴライズすると、ラブコ [続きを読む]
  • 更新頻度の重要性
  • カクヨムのエッセイの方は、更新をサボったせいで、ランキングが随分下がった。最初の頃は、1日3回以上更新していたおかげで、アクセスが伸びて、週間ランキング上位に数日間滞在できた。カクヨムのみでアクセスを集めるには、とにかくトップページにでる必要がある。他は、アクセスの多いブログやホームページ、SNS媒体を持つとか。ともあれ、更新頻度の重要性がはっきり分かった。最低でも1日2回くらいは必要だと思う。ランキン [続きを読む]
  • マジック・ザ・ギャザリングの思い出
  • TRPGのことを書いたら、マジック・ザ・ギャザリングのことも思い出した。学生時代に、カードゲームのマジック・ザ・ギャザリングにはまっていた。テンペスト・ブロックの頃まで遊んでいた。それから20年近くになるが、いまだに人気が続いているというのは、なかなか驚異的ではある。ギャザリングは、TRPGのメンツ集めが出来ない時のためのゲーム、というポジションだったが、そのうちTRPG人気を押しのける程になった。TRPG専門誌 [続きを読む]
  • カクヨムでエッセイ部門週間ランキング3位に
  • カクヨムに転載した当ブログの記事が、エッセイ部門で、週間ランキング3位まで上昇していた。https://kakuyomu.jp/works/1177354054883690244深く考えずに思いつくままに書いたものだったので、ここまでアップするとは思わなかった。みなさまのおかげです。エッセイ(?)でこれだけ反応があるということは、小説にしたらある程度リアクションが見込めるだろう、ということで、エッセイを元にした小説を、今ちょっとずつ書いている [続きを読む]
  • 一般受けを狙う
  • ベストセラーにするには、リア充受けが必要になるのではないか、と思う。なぜなら、リア充の方が非モテよりも影響力が高いからである。その際たるものが芸能人で、芸能人がおすすめするようなものが望ましいといえる。もちろん一般受けも重要だ。一般人に受ける、というのは、例えばクラスの中で回し読みできるかどうか、ということである。リアル鬼ごっこやケータイ小説なら、回し読みできるが、萌えコンテンツは無理だろう。結局 [続きを読む]
  • TRPGとラノベ
  • 前の投稿の続き。TRPGのことを書いていて、TRPGはラノベと相性がいいのではないかと思った。実際、ロードス島戦記は、TRPGのリプレイを小説にしたものだが、抜群に面白い。キャラや設定を、複数人で作っているおかげだろうと思う。TRPGは、ラノベ創作にかなり近いように思う。自力でキャラ作って、設定考えて、シナリオ書いて、という準備が、遊ぶ前に必要だ。ラノベを書く前の準備作業と似ている。ゲームを遊んだ後は、キャラやシ [続きを読む]
  • 新作小説の冒頭部分をアップ
  • おかげさまで、カクヨムのエッセイのPVが伸びている。基本的に、このブログの投稿を加筆修正したものである。最近は、このブログの内容を小説にしたものを書いている。タイトルは、「40歳フリーター氏、ランべ作家になるために初めて本気を出す(仮)」やっと冒頭の部分が書き上がったので、せっかくだから紹介してみる。40歳をそのまま出すと生々しいので、14歳の外見ということにしてみた。5000文字もある上に、メインヒロインの [続きを読む]
  • カクヨムの途中経過
  • このブログの内容をカクヨムに転載してみた。カクヨムは、オープン当初は少しだけ登録してみたが、手応えがなかったので、2回目の挑戦となる。https://kakuyomu.jp/users/mikanseijin/works今回の反応は思った以上にあった。むしろブログランキングよりもお客さんが集まってくれる。カクヨムがオープンした年は、読者の数がまだ少ないと言われていたが、そうでもないようだ。「小説家になろう」でも言えることだが、目立ってないと [続きを読む]
  • 一次落ち反省会
  • とある新人賞で、今年唯一投稿した作品が一次落ちになっていた。一次落ちは選評をもらえないので、自分で反省してみることにした。まずは、自分の原稿を、ざっと再読する。投稿作は、異世界転生系である。一次落ちの理由は、一言で言えば、全般的にクオリティが低いことだろうと思った。時間が足りずにほとんど推敲せずに出した、というのもあるが、単純に、作品としての強度が弱かった。プロットをなぞっただけ、という印象だ。そ [続きを読む]
  • ネタ切れ対策を考える
  • 本格的にブログのネタがなくなってきた。いや実はいくらでもあるのだが。例えば、創作ノウハウのあれこれとか、読んだラノベの感想とか。でもアマチュアの創作手法を披露するのも躊躇われるし、ラノベの読書感想文は関係者の方々に見つかったりするのが気まずかったりする。ならば、昔語りでもしようかと思ったが、懐古厨と思われるのもあまり嬉しいことではない。昔語りならいろいろ出来るのだが。まだ日本が元気だった80年代の [続きを読む]
  • やっぱりファンタジーは難しい
  • 前にも同じ様な事を書いたが、ファンタジーはやっぱり難しいと思う。最近ファンタジア大賞向けの新作のプロットを書いていたのだが、設定と合わせて一万文字分のプロットを結局ボツにした。今期のファンタジア大賞はほぼ諦めかけている。ボツにした理由は、設定もキャラクターもパッとしないから。どうせ書いても、一次突破がせいぜいのように思える。ファンタジーがどうして難しいかと言うと、「既視感があるなぁ」と思われたら大 [続きを読む]
  • ブログ管理人のペルソナ設定
  • ブログの人気度をアップさせるためのテクニックの一つに、ブログ管理人のペルソナ設定がある。ペルソナを設定する目的は、読者に自分自身を認識してもらいやすくすること。自分自身を動物に仮託するのが一番簡単な方法だ。アイコンやハンドルネームなどに、クマとかヒトデとかを使えばいいだろう。萌えアニメの画像を使うのは逆効果だ。ところで、40代でラノベ作家を目指している人間とはどんな人物か。おそらくイメージを掴みづら [続きを読む]
  • 当面の投稿予定
  • なんだかんだで、投稿に向けた作業は一応やっている。最近は、ラノベ作家を目指す40代が主人公のweb小説を、ちまちま書いている。推敲したら、カクヨムに出すつもり。ラノベの方は、なかなか先に進めない状態。小説や脚本の書き方を研究していると、足りないところがいくらでも見つかる。勉強しつつ、どんどん書く、くらいのスタンスが必要だと思うのだが。直近のラノベ公募は、有名所だと、次の通り。このうち、ファンタジア、H [続きを読む]
  • ロードス島戦記
  • 管理人のおすすめ小説シリーズ。ロードス島戦記は、30年近く前の作品なのに、webで今でもよく話題になっているのが面白い。ロードス島戦記オンラインなんてのもリリースされている。管理人も学生時代に読んでハマった。ストーリーは覚えてないが、ファンタジーはかくあるべし、というくらいに雰囲気が良かった。ファンタジーものを書くときは、やっぱりロードス島の雰囲気が念頭にある。ゲーム小説(リプレイのノベライズ)なの [続きを読む]
  • アメリカではスペオペが流行しているらしい
  • アメリカではスペオペが流行している、という記事が話題になっていた。アメリカのSF文学界で、「スペースオペラ」が大流行──その魅力と人気の理由に迫った|WIRED.jpSFって文学なのか、とか、タイトルからしてツッコミどころがありそうだが、翻訳のせいか。さらに言えば、SFとスペースオペラは、リアルロボットものとスーパーロボットものくらい違うと思う。SFはサイエンス・フィクションで、スペオペは、スターウォーズに代表さ [続きを読む]
  • 誰に向かって書けばいいか
  • ラノベを書く際に、誰に向かって書けばいいのだろうか。「ブラックスミス」の作者が、「高校時代の自分に向けて書いている」という内容のことを、どこかで書いていた。それで、自分の高校時代のことを思い出してみた。25年前のことだが、そんなに昔のこととは思えない。高校時代はオタク系だった。というより、当時はオタクという言葉はまだ一般的ではなかったのだが、それはともかく、アニメ雑誌を毎月買うようなオタクだった。オ [続きを読む]
  • 40代の自分探し
  • なぜ40歳になってラノベ作家を目指そうと思ったのか、改めて考えてみた。理由はいくつかあるのだが、結局、本当にやりたいことが見つからなかったんだと思ったりする。自分探しの成れの果てとも言えるかもしれない。自分探しというのは、自分が何者であるか、と言う内向きのものと、自分は何をすべきか、という外向きのものがあると思う。前者のような哲学的な問いにはさほど関心はないのだが、自分は何をすべきか、ということは、 [続きを読む]
  • 最近のアニメは、というおっさん
  • また懐古厨のおっさんが最近のアニメの悪口を言っているぜ、的なネタが、はてな界隈で時々話題になっている。アニメがつまらなくなった境目はここだ個人的に、この手のネタにはついつい反応してしまう。投稿者の言いたいことは分からなくもない。投稿者は、SNS受けを狙ったものが嫌だ、脚本が悪い、とか言っているが、ハルヒ以降からつまらなくなった、とか言っているのを見ると、要するに、セカイ系アニメが気に食わないのだろう [続きを読む]
  • 自分の書きたいものを書くと一次落ちしやすい?
  • ネット掲示板などを見ていると、自分の書きたいものを書くべきか、あるいは、受け狙いや流行り物を書くべきか、という議論が時々なされている。読者に受けるものこそが自分の書きたいものなのだ、という主張はさておいて、かなり興味深いテーマである。もちろん書き手としては、自分の書きたいものを書きたいように書く、というスタンスをとりたい。でも、プロ作家に言わせれば、そんなことをできるのはごく一部の人気作家だけのよ [続きを読む]
  • 執筆速度
  • 文才とは、定性的な概念だが、しいて定量的に考えるならば、執筆速度が一つの要素になるかもしれない。ラノベを書き始めてわかったことは、プロ作家の執筆速度がやたらと早いということ。ネットで見た情報によると、西尾維新は一日2万文字を書くらしい。なろうの人気作家の三木なずな氏は年間300万文字以上。森博嗣は、一時間に6000文字。かの松本清張は、月92万文字だとか。ラノベ一冊12万文字前後と考えれば、とてつも [続きを読む]
  • 異世界転生ものが人気になる理由について
  • 「小説家になろう」やカクヨムなどweb小説界隈で、異世界転生ものが長いこと人気だ。同時に、あれだけ異世界転生ものが流行るのは理解できない、という声もよく見かける。実際なぜ人気なのだろう。実は管理人も分かっていない。ネットでその理由について色々調べてみても、納得できる解説は見たことがない。多分、ラノベ編集者や現役のラノベ作家でも、わかっていないんじゃないか、とさえ思ったりする。自分で考えてみた結果、一 [続きを読む]
  • 企画の大変さについて
  • ラノベの執筆は、商品開発で例えると、色んな工程がある。企画はその一番上の部分に該当する。商品開発というのは、例えるなら、見知らぬ大陸の真ん中に放り出されて、どこそこの町へ行け、と地図もなしに言われるようなものだろうか。とにかく、何もかもが漠然としている。企画なしでも、動き出すことはできるが、もしその町の位置が南にあるのに北に向かってしまう、とかになれば大変な遠回りだ。せめて、東西南北どちらに向かえ [続きを読む]