みみの日 さん プロフィール

  •  
みみの日さん: みみよりな感じ
ハンドル名みみの日 さん
ブログタイトルみみよりな感じ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mimiyorinakanji/
サイト紹介文読売ジャイアンツ、日々の出来事、プロ野球ファンのみみの日が綴るブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 115日(平均10.1回/週) - 参加 2017/04/28 03:08

みみの日 さんのブログ記事

  • さあ、クライマックスシリーズへGO
  • 畠世周が、本拠地東京ドームでの初勝利。っていっても、もう3勝だからね、素晴らしい。若武者らしく、逃げないストレートは魅力的だね。筒香嘉智にも、その自慢のストレートで2三振。もう少し体力をつければ、ローテーション入りも確実な投手でしょう。宇佐美真吾にしても、畠にしても、シーズンの早めに使っておけば…悪夢の13連敗などなかったはず。コーチ陣が、見る目がなかったのか、球団がストップかけていたのか。真相はわか [続きを読む]
  • 菅野よ、ものすごくあせったよ
  • 巨人は6安打6得点と、効率が良いというのか、打てないというのか。マギーの満塁ホームランがなかったら危なかったかもしれない。しかも、菅野智之が途中で緊急降板したりして、今後の道は…でも、ただ足がつっただけで問題ないという本人の話で一安心、これで横浜DeNAベイスターズに連勝。さあ、もう一つ勝ってクライマックスシリーズへ望みをつなげようぜ。 話題は変わって…東京ヤクルトスワローズが、広島東洋カープに勝ちまし [続きを読む]
  • もっと早めに使っておけば…
  • 宇佐美真吾、劇的なサヨナラ。プロ入り初打点が、サヨナラホームランとは、誰が予想できたでしょう。これで、巨人も代打のめどが立ちますね。代打とは言わず、スタメンでも、とは、まだだと思うのですが。小林誠司も焦ってきて、バッティングにも本腰を入れるのではないでしょうか。しかし、宇佐美ももちろん良かったけれども、中井大介。ツーアウト、ランナー無しからのツーベース、効きましたね。スタメンで出続けると打たなくな [続きを読む]
  • 代打相川??????
  • 負けた。巨人の代打は層が薄いのだろうか。いや、相川亮二が代打、これはいただけない。昨日、今日と、小林誠司はヒットを打っているし、まだ代打いるじゃあないか。中井大介、石川慎吾、宇佐美真吾。特に、キャッチャーとしての経験を積ませながら、起用するなら宇佐美あたり。まあ、橋本至、三振あったから、高橋由伸監督も後遺症あったのかもね。中継ぎ陣は、よく投げたと思う。特に、宮國椋丞!内海哲也のふがいないピッチング [続きを読む]
  • 負けた試合で2000本安打達成だった
  • めちゃくちゃ多いわけではないけれども、巨人の併殺。攻めていきたいときに、ゲッツー。なんだか、相手のバッテリーに幻惑されているような感じ。昨日は3つ、今日は2つだけれどもやたら多いような…阿部慎之助が2000本安打達成したものの、負けたからそんなにうれしくないかも。でも、ここまで、けがもあって苦難の道だったから、さすがというほかない。おめでとう。今日の試合は、1回裏で勝負あったね。今村信貴は、久しぶりの先 [続きを読む]
  • 負けたけれども、良い投手戦だった
  • 悔しいけれども、今日は広島東洋カープ、薮田和樹を褒め称えましょう。試合は、巨人も広島も4安打。菅野智之は、西川龍馬にソロホームランを浴びるも8回1失点。久しぶりに素晴らしい投手戦を観ることができました。なにしろ巨人は打てなかった。薮田は前半ストレート主体、中盤あたりから変化球も冴えて、完封劇。會澤翼のリードも光っていたね。小林誠司のリードも、悪くはないのだけれども、菅野が首を振ることしばしば。野手も [続きを読む]
  • この安打数で勝てなかったらまずいよね
  • いやあ、田口麗斗、ナイスピッチングでしたね。鈴木誠也にはツーラン打たれてしまいましたが、他は良かった。散発8安打に抑えて、127球、完投勝利。なにしろ、根性がいい。低め、低めに集めて、持ち玉はストレートとスライダーがほとんど。これで抑えてしまうのだから、将来も期待できる。最後の打者、バティスタには、渾身のストレートで三振。巨人のユニフォームなどが届かなくて、お粗末な試合開始遅延となったこの試合。鈴木誠 [続きを読む]
  • 大竹寛は終わっているのではないか
  • なんだか、あっけない幕切れ。巨人は中日ドラゴンズに負けました。重信慎之介は若い、野球をまだ知らない。知らないと言えば、大竹寛。ベテランなのに、点を取ってもらったあとの背信投球。とりあえず内海哲也と大竹は、2軍に回ってもらいたい。10安打で4点、打線がつながらなかった。それまで。中日に1勝2敗では、あさってからの試合…阪神タイガース、広島東洋カープとどう戦うの?田口麗斗、菅野智之と使っているから、阪神戦は [続きを読む]
  • 日本記録でありながら連勝ではない
  • 6試合連続3本塁打以上、NPB記録だそうです。昨日は負けたけどね。今日は大勝。10安打同士の争いは、空中戦でまさった巨人が8対2。高木勇人が、中日ドラゴンズの福田永将に一発を浴びたけれどもなんとか抑えました。菅野智之は8回7安打1失点ながらも、12奪三振。もう、右バッターの内角は捨てたみたいですね。スライダーとストレートで出し入れする投球が身についたみたい。阿部慎之助の打球が上がるようになってきて、今日もホーム [続きを読む]
  • 早くストッパーが固まってほしい
  • どうもご無沙汰です。ここひと月、体調崩してたのですが、数日間一気に悪くなって。寝込んでいました。野球観戦もできず、ただひたすら寝ていたので、今日久しぶりに観戦しました。そうしたら負け。いやになっちゃう。ヘロヘロいや、カミネロ、ストライク取りにいくと打たれる。いつものパターンです。澤村拓一が投球練習しているらしいので、早い復帰が望まれますね。せっかく橋本至がホームラン打って、ベンチは明るいムード。で [続きを読む]
  • 誰もが予想し得ないサヨナラ
  • まさかのサヨナラ勝ち。ベテラン、相川亮二が打ちました。仕事で、試合は観られなかったけれども、まさか。相川は、ずっとベンチの期待に応えられず、代打でダメモトみたいな感じ。ツーアウトになり、もう諦めかげん。この勝ちは大きいかも。カミネロは、来日初の勝利で調子にのってくれるとありがたや。横浜DeNAベイスターズ、山崎康晃から勝利をもぎ取ったのも収穫。9回裏、ファンのみんながダメだと思ったのではないでしょうか [続きを読む]
  • ヒットが少なくても勝てばね
  • 横浜DeNAベイスターズ8安打に対して、巨人は5安打。結果は巨人が5対1で勝利。まあ結果オーライってことですか。でも、4回以降、ヒットも出ずに5三振。阿部慎之助のホームランのあとは打線が音沙汰無し。これじゃあ、エースが投げていてもつらいね。結局、菅野智之は8回で降板125球。マシソンは、四球2つの安打1つながら、無失点に抑え、なんとか逃げ切り。ストッパーには、やはり向いていなくて、セットアッパータイプかも。代打が [続きを読む]
  • どこか悪いんじゃあないか
  • 巨人は、田口麗斗、マシソン、カミネロのリレー。なんとか逃げ切り4対3で勝利。カード3連敗はまぬがれた。タイムリーは打ったのだけれども、痛いミスをしたのが陽岱鋼。エルドレッドのセンターへのあたり、目測を誤って、一回飛び上がる。結局は追いつかずに、タイムリーにしてしまった。満塁の場面では、前の打席の村田修一が粘っていたにもかかわらず…セカンドゴロ併殺。最近調子が上がってきたのかな、と思いつつ、昨日は3三振 [続きを読む]
  • 巨人 2軍は2位
  • 夏も本番に入り、2軍でも熱い戦いが繰り広げられいる。巨人は2位。規定打席に達しているのが吉川尚輝だけというのも、どうだろう。イースタンリーグでは、3割バッターがいない(規定打席到達)。1軍でもおなじみ、東京ヤクルトスワローズの廣岡大志。打率2割6分2厘ながら、14本塁打43打点。1軍で使い続けるのが得策だと思うのだけれども。真中満監督、というか、ヤクルト、最近お疲れ気味なので、起用方法も難しい。そもそも、2軍 [続きを読む]
  • 終盤、大振りDeNAに助けられた
  • 巨人は横浜DeNAベイスターズ相手に、勝利。菅野智之が好調でした。8回3安打四球1の、文句ない数字。なんだかわからないけれども、9回はヘロヘロ、じゃなくてカミネロ。このあたりが、高橋由伸監督のわからない部分。カミネロは、被安打2四球2、満塁のピンチを…頼りないのは毎回だけどね。ここでマシソンが出てきました。打者2人を押さえ込みセーブ。DeNAからすれば菅野が降板して、勝ち気モード全開。ちょっと大振りが目立ったか [続きを読む]
  • 粘って同点 サヨナラかと思ってた
  • 昨日の巨人は、今シーズン初の引き分け。エラーもあり、田口麗斗は7回3失点でマウンドを降りた。収穫は、マシソン。6人の打者に対して、6連続奪三振、圧倒だった。西村健太朗、カミネロは、まあまあかなというでき。首位打者、横浜DeNAベイスターズの宮崎敏朗。2打席は、うまく打ち取って、併殺を含む凡退。さすがに全打席、何もないというわけにはいかなかった。3打席目に、同点となるタイムリー、これが首位打者でしょう。田口は [続きを読む]
  • たった1枚の心霊写真
  • TBSの心霊番組で、心霊写真とされていたものが合成の疑惑。男性数名が撮影されている写真に、女性の顔が浮かび上がっているというもの。男性たちが、Twitterで、元の写真を公開したという話。そこには女性の顔など無い。心霊写真、すべてが嘘のものとはいえないが、テレビで番組にするほど多くは無いだろう。僕は、霊感が強いと思いつつ、心霊現象を半否定するという微妙な立場をとっている。完全否定して祟られたりしたら、嫌だか [続きを読む]
  • 巨人の抑えの天秤 カミネロ 澤村拓一
  • 巨人、中日ドラゴンズ、合計27安打の乱打戦になった。9回裏中日の攻撃、巨人は抑えのカミネロ。やっぱり危うい投球。1回しか投げていないのに、被安打5、自責点3。中日の14安打中、3分の1以上がカミネロの被安打。畠世周の7安打2失点は、QS達成しているので評価できる。マシソンも打たれながらも要所を締めた。コントロールが定まらないので、ストライクを安易に取りに来たところを痛打。カミネロは目に見えてそういう投球をする投 [続きを読む]
  • いい加減にして 山口俊
  • 山口俊が、暴行容疑。7月11日の自身の誕生日に、酒に酔って器物損壊もあった疑い。成績のふがいなさにやるせなかったのか。自分で自分を壊す行為は、まだ、想定範囲内。杉内俊哉も、ソフトバンク時代、利き腕の左手を負傷したことがある。しかし、酔っ払って他人に食って当たるなど、プロとしてあってはならない行為。なぜ、巨人はこのことを、把握できていなかったのか。悪い癖で、隠そうとしたのか。いずれにしろ、山口俊には猛 [続きを読む]
  • 巨人とバントとヤクルトと
  • 二桁安打には満たなかったものの、9安打5得点、効率の良い攻撃で、中日ドラゴンズを圧倒しました。失点はゲレーロのタイムリー1点のみ。いやあ、マイコラス、またタイムリー打ちましたね。打率は低いのですが、打つ気迫がある、これが、たまに幸運を呼び込みます。巨人の投手は、ヒットで塁に出た後の投球、疲れるのか乱れることがある。今日のマイコラスもタイムリーを放った直後の6回裏、被安打3失点1。打率2割7分6厘の菅野智之 [続きを読む]
  • 巨人に強い投手 巨人キラー
  • 胃が痛い。いや、巨人のことでは無くて、実際にストレス性の胃炎で調子が悪いのです。そんなことは言っていられない、今日から後半戦スタート。巨人先発はマイコラス、中日ドラゴンズは小笠原慎之介。小笠原は2勝4敗と負け越しているものの、巨人戦は2試合投げて1勝、防御率1.93。9回1/3投げて5安打2失点。将来の巨人キラーなれるのか、注目です。巨人キラーといえば、元中日、星野仙一。V9時代、巨人に並々ならぬ闘志を燃やしたこ [続きを読む]
  • 丸刈りの小林誠司
  • なんで、シーズンで打たないホームランを打てたのだろう。WBC、オールスターと、よく打ちました、巨人が嫌いなのかな?丸刈りは、スポーツ選手らしいので、僕は良いと思いますが、とやかくいう人間もいる。金髪やピアスじゃないから良いでは無いか。田口麗斗の、短髪が伸びてしまって、針ネズミのようなのも、早く床屋(古っ)行けですが、小林は今でも阿部慎之助に刈ってもらっているのか、まさかね。広島東洋カープの菊池涼介は [続きを読む]
  • 甥っ子が来た、刺激、強め。
  • WILKINSONのコーラです。糖分を控えめにしなくてはならないので、お茶とか、炭酸水を飲んでいるのですが、なかなか甘いジュースや日本酒が止められなくて…あれはこれはと、味の良いものを探している内に、ウィルキンソンタンサンドライコーラにたどり着きました。炭酸水にもいろいろあって、トップバリューの低価格の炭酸水もあれば、い・ろ・は・すのスパークリング、最近ではオランジーナも炭酸水として売り出しているようです [続きを読む]
  • 巨人の2番バッター しかもセカンドも
  • 開幕5連勝を飾り、今シーズンの好調さを裏付けるのかと思いきや、中盤戦でまさかの13連敗、借金6の巨人ですが、皆さんご存じの通り、「穴」があります。2番バッター、そしてセカンドの守備です。開幕戦誰だったか覚えていますか?対戦相手は中日ドラゴンズ、巨人の開幕オーダーです。1番 セカンド 中井大介2番 センター 立岡宗一郎3番 ショート 坂本勇人4番 ファースト 阿部慎之助5番 サード マギー6番 ライト 長野久 [続きを読む]
  • コーチのお仕事 斎藤雅樹 二岡智宏
  • 巨人が、コーチ陣の入れ替えをしました。斎藤雅樹2軍監督が、1軍投手コーチになり、内田順三巡回コーチが2軍監督になります。1軍投手コーチだった尾花高夫コーチが、ブルペン担当にまわり、田畑一也ブルペン担当が、スコアラーに配置転換されます。高橋由伸監督の更迭はなかったようですが、前半戦を終え、38勝44敗、借金6。スタッフの入れ替えで、後半戦の巻き返しを図る模様です。尾花コーチは、最下位でしたが、横浜ベイスター [続きを読む]