Namie さん プロフィール

  •  
Namieさん: My Life :)
ハンドル名Namie さん
ブログタイトルMy Life :)
ブログURLhttps://ameblo.jp/manami-yb/
サイト紹介文日本を出発してからの自分探し、ニュージーランドで永住権取得までの道のり&日々の出来事
自由文自分に自信がなかったあの頃。逃げ出すように日本を出てから色々あったけど、『自信』とはただ自分を信じればうまれて来る事を学び、昔選択をした道が、間違ってなかったと胸を張って言えるようになるまでの道のり&日々の様子をブログに綴ります :)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 123日(平均1.9回/週) - 参加 2017/04/28 11:20

Namie さんのブログ記事

  • 約束、するのは簡単、破るのも簡単
  • ベビーシッターをしていた子たちにオーストラリアを去る前に会いに行くと言って果たすことのできなかった約束。 その事を前のブログに書いた時に、他にも約束をしたのに守れなかった事がたくさんあるなって思いました… 母校で教師をしていた時に、担任をしていた高1の子たちに卒業式に会いに来るからと泣く泣く日本を去って結局会いに行くことが出来なかった約束。 大勢の人に祝福されて幸せを誓ったはずなのに長続きしなかった [続きを読む]
  • Me love you…可愛い男の子からもらったお花
  • ベビーシッターをしているある日、3歳のバイロンが小さなお花を持って来ました そして、 “ Me Love you”と言って渡してくれたのです。 まだ”I love you”ではなく、”Me”なのがちっちゃくて可愛いー そして、その後続けて、 『お家に水ある??』と聞いてきました。 あるよ、って答えたら 『じゃぁこのお花、水につけてあげてね!』 と。本当に可愛いー笑 自転車で30分かけて自宅まで帰るのですが、お花だけは潰れないように [続きを読む]
  • ベビーシッターってどんな仕事??
  • 日本を出発して初めてした仕事はベビーシッターでした 海外で働くという事 ベビーシッター編 ベビーシッターって、最近日本でも少しずつは浸透してきたみたいですが、やっぱりあまり利用する人は少ないのではないかと思います。 ベビーシッターの仕事は、家庭によって異なると思いますが、私がお仕事させてもらっていた家庭は、こんな感じでした 5人兄弟 そのうち一番上のお兄ちゃんは18歳なので、私が面倒を見ていたのは5歳の女 [続きを読む]
  • ペットシッター 節約&可愛い動物のお世話
  • クライストチャーチに住んでいた時、お友達から、ペットシッターの情報を聞きました。 ペットシッターとは、飼い主が旅行などで家を空ける際、代わりにそこの家に泊まってペットのお世話をする人 短期は数日から、長期だと数週間から数ヶ月になります。 それぞれの家庭によっても違うのですが、基本的には家賃・光熱費はただなので、ペットと一緒に過ごせて、また節約も出来るという、なんとも素晴らしいシステムなのです クライ [続きを読む]
  • 続ける事の大切さと大変さ 
  • ブログって、続けるの大変ですねそして、ランキングが落ちて行くのを見て、続けるのって大切だなって思いましたw 私は、小学校③校 (広島・鹿児島・福岡)中学校②校(福岡・大阪)高校②校(大阪・カナダ)大学②校(京都・カナダ)に通いました 中学3年になる時に、福岡から大阪に引っ越した時は本当に悲しくて、もう一生引っ越しはしないと心に決めました。 高校、大学のカナダは留学で1年とか半年くらいだったので引っ越しを [続きを読む]
  • 日記 昔の自分
  • 私は、昔から別のブログをたまーに書いてました。それは、自分の気持ちがわからなかったから、言葉に綴ったら何か見えてくるのではないかと思ったから。 誰にも話せない気持ちを書いて、公開していました。誰にも気付かれず、でも、誰かに聞いて欲しかったのかもしれません 今はほとんど開くことがないけど、たまに思い出した時に開くと、過去の自分に会います。 過去って不思議なもので、嫌な事は忘れようとする習性があるのか、 [続きを読む]
  • 本格的な鳥小屋、作りました:)
  • 私のパートナーのママがある日、鳥小屋が欲しいと言い出しました ママの息子夫婦が、オーストラリアに引っ越した時、鳥を持っていく事ができず、ギジーを数年ママが飼っていました ハローと言って話しかけて来る、とっても可愛い鳥です お風呂に入るのが大好き犬たちに狙われてるのか羨ましがれてるのか…笑 そのギジーが一人だと可哀想だから、鳥小屋を作ってメスの鳥を飼いたかったそう そこから、鳥小屋作りが始まりました と [続きを読む]
  • 道端で出会う可愛い動物たち?
  • 日本で道を歩いてると、犬とか猫に出会うことがあると思います。 オーストラリアやニュージーランドでは、いろんな動物に遭遇出来ます オーストラリアベビーシッターの仕事へは、自転車で通ってました。人に遭遇する確率より、カンガルーに遭遇する確率の方が高かったです 当時貰い物のiPhone3で撮影したので画像が悪いですが… 工事現場を颯爽と走っている?エミュー 野生のエミューを見た時は感動しました 何か良くわからない動 [続きを読む]
  • イベント企画で一気に友達増やそう計画 :)
  • Language Exchangeをした時に感じた事。 みんな、日本語をしっかり学びたいというよりは、日本に興味があって、日本人と知り合いになったり、日本の文化を学んだりしたい確率が高い事 そして、せっかくたくさん返事が来たのに、パースの市内から遠いので、なかなかみんなに会うことが出来ない どうしようかなと考えていたところ、大学で同じフランス語のクラスメイト、卒業後の会社で同期、でもただの知り合い程度だった子がパー [続きを読む]
  • 友達の作り方 広告で募集?
  • 私は、転勤族で小学校を3回、中学校を2回変わりましたそれに加え、高校の時にカナダに1年留学、大学の時にもカナダに約7ヶ月ほど留学をしたので、高校も2校、大学も2校通いました そのおかげもあって、私はフレンドリーな方だと思うし、社会人になっても友達はすぐに出来るタイプでした。 それが、オーストラリアに行って、友達って、どうやって作るの?という事を初めて痛感しました 以前ブログに書いた通り、私はオーストラリア [続きを読む]
  • 仕事探し リンク特集
  • オーストラリアは私の経験は5年前なので、もっと新しいサイトなどもあるかもしれませんが、私がオーストラリアとニュージーランドで仕事探しに利用したサイトなどを紹介します オーストラリアGumtree : 仕事以外にも、フラットなども探せます。ちなみに私はこのサイトに自分で広告を出して、日本に興味のある人のイベントをパースでしましたhttps://www.gumtree.com.au/jobs 日豪プレス: 色々な都市の求人が載ってます。日本人向 [続きを読む]
  • 海外で働くという事 留学カウンセラー編
  • 過去5年間で経験した仕事を書いていると、こんな事もあったな、と懐かしくなります そして、ちょっと今色々と悩むこともあったのですが、こうやって振り返ってみると、その時は本当に大変と思っていても後から振り返ると、楽しかったな、とか思えたりするので、きっと今の状況も、5年後振り返ったら笑えるのかなって思って過去の自分に励まされました笑! さて、話は戻って…レストランの仕事は楽しかったのですが、求人は頻繁に [続きを読む]
  • 海外で働くという事 ウェイトレス編
  • クマラピッキングは季節労働なので、収穫時期が終わり、オークランドに移動しました 昔学生の時にカナダに留学をし、アドバイザーさんの仕事に憧れを持ったことがあったので オークランドでは、留学関係の仕事を探そうと語学学校のカウンセラーの面接や留学エージェントの面接に行きました ただ、どちらもうまく決まらず、結局お金がなく生きていくために違う業種の仕事を探しました インターネットでは求人数が少なかったので、 [続きを読む]
  • 海外で働くということ ピッキング編
  • 今更ですが、題名に統一性がないことに気づきました笑 さて、オーペアの仕事は、2ヶ月ほどしました。最後、お父さんと喧嘩にもなりましたが、出発の時は駅まで見送りに来てくれました メルボルンに戻り、日本人恋しい病だった私は、オーペアのお父さんの友達に紹介してもらった日本人の方に最後会いました オーストラリアで看護師をしている彼女はとてもしっかりしていて、色んな経験を積んでいて素敵な女性で見習いたいなと思い [続きを読む]
  • 海外で働くこと マーケット編
  • オーペア先のお父さんの仕事は、ジャムなどを作って、マーケット(市場)等で販売するものでした。 したがって、必然的に私もマーケットガールに笑 メルボルン周辺には色々なマーケットがあるので、週末は朝早起きして、様々なマーケット会場へ向かいました 私も店番をしたり、子供と一緒にマーケットを楽しんだり 色んなお店が出店されてます 子供達が遊べるところも盛りだくさん 将来は芸術家 鶏乗せ過ぎでしょっ笑 フィリップア [続きを読む]
  • 海外で働くということ オーペア編
  • ニュージーランドでクリスマスと年越しを迎えました ニュージーランドには観光ビザで渡航して来ていたので、1月初旬にはオーストラリアへ戻ることにしました。 ニュージーランドにいる間に、オーストラリアで住み込みの仕事を探していたのですが、なかなか国も違うので見つからず... その時に、タスマニアに住んでいる日本で知り合ったオーストラリア人の友達が、家に遊びにおいでーと誘ってくれました という事で、1月初旬にニュ [続きを読む]
  • 海外で働くということ 続・無職編
  • メルボルンに飛び、バックパッカーに泊まりましたこの頃にはバックパッカーに泊まるのもだいぶ慣れたもの笑 日本語教師の面接にも行きました。模擬授業をして、とても緊張しましたが、雇ってもらえることになりました その後、無料Wi-Fiが使える図書館へ。インターネットを使ってふと横を見ると、トラブルシューティングと日本語で書かれた画面を開いている女の人がいました 日本語だ!と思い、思わず、日本人ですか?と声をかけ [続きを読む]
  • 海外で働く事 無職編
  • パースには、数ヶ月いました仕事はお給料が良く、そして良心的な家族が家賃を安くしてくれたので、お金が少しずつ貯まって、色々旅行しました 西海岸の海旅行についてはまた別アップします そしてパース滞在中、友達の結婚式も兼ねて2回日本に帰りました(その旅費などを日本の口座に入れていたので、オーストラリアの所持金が1000ドルになってしまった訳ですが…) 10月末にパースへ戻った時は、お金がまた減ってしまっていたの [続きを読む]
  • 海外で働くという事 ベビーシッター編
  • 今週初め、母校の修学旅行生たちが来ていたので、『海外で働く女性』のスピーチをしました久しぶりに大勢の前に立ち、緊張しました笑 スピーチの内容は、ニュージーランド限定でしたが、今振り返ると、この5年間で、いろんな仕事をしました。 まず、パースに到着して、履歴書を作って、いっぱい印刷して、自転車を借りて色んなところに配り回りました。最初は緊張しましたが、意外に恥ずかしさがなくなり慣れるもの! 最初は、綺 [続きを読む]
  • ワーホリ生活 最初からお金を使いすぎる!
  • オーストラリアの話になりますが先日のブログにも書いた通り所持金1000ドル(細かく言えばトラベラーズチェック1000ドル)を持ってオーストラリアに行きました ちなみに、トラベラーズチェックは、使い勝手が悪かったです。ケアンズの空港で早速『ここでは使えない!』と言われました 今時、海外キャッシュパスポートとか、色々とあるのに、昔カナダに留学した時にトラベラーズチェックを持って行ったので、その時も迷わずトラベ [続きを読む]
  • 無計画は失敗を計画する?
  • 5年前、オーストラリアへワーホリに行く少し前友達の先輩?みたいな人に会いました。 その時に、オーストラリアで何をするのか尋ねられ、特にまだ決めてないことを話すと、 『計画をしないことは、失敗することを計画している』と言われました。 とても悲しかったです。 正直、今振り返ると、よく所持金1000ドルで、何の計画もなしにオーストラリアに行ったなと思います まぁ、癒されるっていう目標はあったけど笑 確かに、計画を [続きを読む]
  • オレンジに400ドル!?
  • 週末に、彼のお兄さん一家がオーストラリアからニュージーランドに帰省して来ました 荷物を準備する時に、奥さんのカバンに食料品を全て入れておいたそうで、 入国する際、奥さんは食料品を持参していることを申告、旦那さんは持参していないと申告をしてそれぞれ審査に進んだそうです。 するとなんと、旦那さんのカバンにオレンジが 二人の小さい子供連れだったので、多分どちらかの子がカバンの中にオレンジを入れてしまったよ [続きを読む]
  • 12年前の出来事 初ニュージーランド 
  • 初めてニュージーランドに来たのは、12年前。 妹が、ダニーデンに留学をしていたので、会いに行きました ダニーデンまでの道のりは長く、関空→羽田→成田→オークランド→クライストチャーチ→ダニーデン ニュージーランドに到着後、段々飛行機のサイズが小さくなっていきました笑 エアニュージーランドはサービスが良く、客室乗務員の方も優しく、チーズが美味しかったのが印象的です 座席の隣に座っていたのは、日本人女性でし [続きを読む]
  • ファームビジット ガーリック植え編
  • 親友が遊びに来てくれた二日目、毎年恒例のガーリック植えをしました。笑 ガーリックは大体5月頃に植え、12月頃に収穫します人によっては、Shortest day『最も日が短い日)に植えてLongest day(最も日が長い日)に収穫するようですが… 今年は、あまり時間に余裕がなかったので、せっかく遥々アメリカから遊びにきてくれたのに、一緒にガーリック植えを手伝ってくれました こんな経験、二度とする事がないと思うから、嬉しいとま [続きを読む]
  • ファームビジット 農場編
  • 以前ブログにも書きましたが、約2週間に1回はオークランドから北へ2時間半のところにあるファームへ行きます ちなみに、私の父親は、最近までこの『ファーム』というのが、ニュージーランドの地域だと思っていたらしく、この間ラインで話した時に、母親に『農場だよ!』と突っ込まれていました。笑 今回、親友がきてくれた時、今までファームに行ったことがないから是非行ってみたい!との事で、到着してその足で、ファームへ行 [続きを読む]