アセンション アシスト ASーAS さん プロフィール

  •  
アセンション アシスト ASーASさん: アセンション アシスト ASーAS
ハンドル名アセンション アシスト ASーAS さん
ブログタイトルアセンション アシスト ASーAS
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goodwonderland
サイト紹介文地球とは、本当はどういう所でしょうか、情報を集め、知っていくページです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 145日(平均2.6回/週) - 参加 2017/04/29 07:12

アセンション アシスト ASーAS さんのブログ記事

  • スペースエンジェルって...だれ?
  • 宇宙には、宇宙連合などの団体?のようなものがあることについては、すでにご説明しました。この宇宙連合などを通じて、発展途上の惑星の進化を支援する異星人たちがおり、そうした存在は、スペースエンジェルと呼ばれることがあります。地球が、多様な生物を育む場所として計画され、生み出され、地球神霊の方が入られて以来、その環境を造るために、神霊の方達と相談しながら、様々な活動をして来られた異星人の方々が居られ、そ [続きを読む]
  • アセンション的お葬式...?
  • (これは、架空のお話です。)知人が亡くなったそうで、お通夜のお知らせを頂きました..とさ。お知らせのメールには、あるお寺の場所と通夜の開始時刻が書いてあって、出来ればその時間に来てもらいたいとのことでした。...お寺だから住職の読経でもあるのかな? 香典の儀等は遠慮するとのこと、服装等も普段着で結構だそうで、ザックバランな彼の葬儀らしいと思いました。お寺に着いて、受付を済ますと、チケットのようなも [続きを読む]
  • 月って...誰?
  • 地球や太陽系、様々な銀河系はオーム宇宙と呼ばれる大宇宙の中にあります。オーム宇宙は、オーム神霊のお身体です。いま、膨張を続ける若いオーム宇宙の創造主であるオーム神霊は、ますますの進歩、発展を望まれています。その望みを感じとられた銀河神霊から、太陽神霊の方は、太陽という恒星を担当し、ファミリーを創って宇宙の発展に力になる様に依頼を受け、太陽系という惑星群を生み出しました。その中には、もちろん地球も含 [続きを読む]
  • 地球の現状、モンタギュー=キーン メッセージ、2017年8月27日
  • この情報は、以下のサイトの内容を翻訳したものです。http://www.galacticchannelings.com/english/montague03-0
    9-17.html>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>&
    gt;>>>>>>>>>>>>>>>(ここから)モンタギューキーン、8月27日, 2017年
    失望してはいけない。皆さん、戦いは激化している。だが負けてはいない。カバールが、未だに
    支配しているように見えるのは、奴らがメディアを所有しているからだ。奴らがあなた方に話す
    ことは、奴らがあなた [続きを読む]
  • 三つの提案、その後
  • 霊的な能力を制限することを、霊道を閉じる、と言うそうですが、霊道を閉じると、地上の人々にどういう影響があるのでしょうか。まあ、現在の私達のことを考えてみればどうでしょうか。守護霊を含めて、霊界のことは殆んど感じられませんね。「れ、霊界?そんなの嘘ピョンでしょ」みたいなことになるわけです。世界はこの世、つまり物理的な世界だけであり、死んだら何もかもお終い、というような考えが、まかり通ることになります [続きを読む]
  • 三つの提案って...何?
  • ペガサスからの移住以後の、地上の状況を収めるために地上に降りた大天使ルシフェルが、霊界に戻って封印され、魔界とも言われる領域を形成して帝王に君臨し、それに付き従った天使たちは魔王になって、その権勢?の拡大に勤しむようになったために、地上にも影響が及ぶようになりました。地上の人々が憑依されて行動し、地上の世界に混乱が拡大して行ったのです。憑依(ひょうい)というのは、霊がかかる、取り憑くということです [続きを読む]
  • 地獄界って...なに?
  • 4次元というのは、実は、縦横奥行きに時間、という意味ではなくて、3次元の物理的な領域を離れても、物理的な領域にあった時のような物理的な物事に意識が向けられたエネルギー体の周波数レベルの領域のことでした。これは、人間の意識で言えば、肉体を離れても物理的な物事に執着している状態です。地上の生活で、物品や土地などの獲得、所有、社会的な地位や立場の上下、勝った負けたのようなこと、肉体的な五感にまつわることな [続きを読む]
  • ペガサスの人々...?
  • 恐竜が、地球に連れて来られた経緯については、既にご説明しました。でも、当時の霊界の指導者の方々は、人間も、もっと増やしたいと考えて居られたのでした。宇宙連合に依頼すると、ペガサス座の方面から、二十億人の人々がやって来てくれる事になりました。まだ地上に恐竜が居た、今から一億数千万年前のことでした。これは、肉体ではなく、霊体でやって来られたということです。この二十億という数字、かなり多いですね。地球へ [続きを読む]
  • 恐竜って...何?
  • 地球上の生命体は、多くが他の惑星から運び込まれたものであることについては、すでに触れました。で、恐竜と呼ばれている生物も、やはり他の惑星から連れて来られたものだということなんです。まず、地球を多種多様な生命体が共存する惑星にしたい、というのは、そもそも、地球の創造が、太陽神霊である聖アントニウスから、地球神霊であるテラ、ガイアの両方に持ちかけられた時に示されていたことで、それは宇宙神霊であるオーム [続きを読む]
  • 日食の瞑想と未来、モンタギュー=キーン 2017年8月20日
  • この情報は、以下のサイトの記事の内容を翻訳したものです。http://www.galacticchannelings.com/english/montague20-08-17.html※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ モンタギュー=キーン - 8月20日、2017年あなた方の意識を高揚させる時がやって来た。8月21日は、全ての人類のための、日食の素晴らしいエネルギーを、一緒に一つになって受け取る時だ。この日食の重要性を軽く見 [続きを読む]
  • 転生輪廻って...何?2
  • 前回ご説明したようなことをご存知で、じゅうぶん理解されている方も居られることでしょう。けれども、ええッ、そんなぁ!などと思われた方も居られるのかも知れません。もし、それが真実であることが世の中の全ての人に理解されれば、人生のいろいろな物事への対応の仕方が変わり、社会の仕組みもかなり変わって来るのではないでしょうか。まず、この世界の仕組みのうち、すぐに、必要でない、有ってもあまり意味の無いものが、分 [続きを読む]
  • 転生輪廻って...何?
  • これまで、地球が現在のようになって来た経緯について、いわゆる学校での教育という形では、教えられていない情報について、いろいろと考えて来ました。その中で、地上の三次元の物質的世界が、仏教で言われる転生輪廻というシステムを採用しているということがありました。で、もう少しはっきり言いますと、転生輪廻が、実は仏教でお寺さんで言われているような曖昧なものではないことは、これまでご説明してきたことの全てをご理 [続きを読む]
  • 8月の瞑想、モンタギュー=キーン、メッセージ
  • これは、以下のサイトの記事の内容を翻訳したものです。http://www.galacticchannelings.com/english/montague06-08-17.htmlなお、文中のビデオなどへのリンクは、URLのコピペで移動をお願いします。モンタギューキーン -8月6日 , 2017年我が友の皆さん、こんにちは。あなた方が、自分たちの力を取り戻すことに積極的になれる機会を、コーリィ=グッドと、コブラが、あつらえてくれている。コーリィ=グッドとコブラのジョイントイ [続きを読む]
  • スサノオノミコトって...だれ?
  • 国常立尊については既にご説明しました。国常立尊の本体、大元の霊体が、大国常立尊と言い、日本列島ぐらいの大きさの、金色の龍の姿をしたエネルギー体だということで、その大国常立尊が、それまで泥の海だった地上を陸地化されたということでした。その最初の時に、金色の龍の姿をした大国常立尊とは別に、銀色の龍の姿をした、同じ位の大きさのエネルギー体の方が、実は別に居られた、ということなんです。で、この方がスサノオ [続きを読む]
  • 四次元と次元の諸相
  • これまで、霊界の諸相、霊域と言いますか、様々な世界を、領域としてご説明してきました。で、この「領域」ですが、別々に分かれた空間であるかのような印象を与える言葉です。けれども実際は、この次元という領域は、物理的な空間で言いますと、地球の周囲を取り囲むようにして、それぞれが重なり合っているんです。例えて言いますと、玉ねぎのような感じですが、少し違うのは、外側の領域は、より内側の領域を包含しているという [続きを読む]
  • 五次元って、どんなところ?
  • 五次元というのは、エネルギー粒子の密度や周波数、振動レベルをもとにした呼び方ですが、これまでご説明して来ました神界以上の領域よりは、エネルギーレベルがもう少し低い領域になります。一般的に、単に霊界と言えば、この領域のことのようです。別の言い方ですと、善人界ですとか、精神界などとも呼ばれます。霊界は、エネルギー粒子の性質がそのまま現れる世界です。まして、五次元の振動レベルになりますと、エネルギー粒子 [続きを読む]
  • 神界って...何?
  • 霊界には、宇宙界、天使界よりも、もう少しエネルギー粒子密度の高い領域があり、神界と呼ばれています。次元で言いますと、六次元になります。この領域は、霊界を霊天上界ということで言えば、より地上に近い領域であると言えましょうか。この領域には、八百万の神々と言われるような方々の多くが居られるようです。あるいは、いわゆる諸天善神と呼ばれる、弁財天ですとか、大黒天のような方々ですね。このような方々が居られる [続きを読む]
  • 天使界って...何?
  • 天使については既にご説明しましたが、地球の霊界には、この天使の方たちの居られる、天使界という領域が存在すると言われています。この領域には、いわゆる大天使の方たちが居られる大天使界と、それ以外の天使の方々が居られる天使界があります。仏教などでは、大天使界が如来界、天使界が菩薩界と呼ばれることがあります。次元で言いますと、大天使界が八次元、天使界が七次元にあたります。この次元は、エネルギー粒子の密度、 [続きを読む]
  • 他の惑星からの支援..?
  • この情報は、以下のサイトの記事を翻訳したものです。十数年前に亡くなったモンタギューキーンというアイルランド出身の男性が、元の奥さんに霊界から情報を伝えて来ているという内容です。http://www.galacticchannelings.com/english/montague09-07-17.htmlモンタギューキーン、2017年7月9日過去の10日間以上にわたって、シフトが起きることを確実にするために人類が受けることが出来る、大規模な支援活動の実地演習が、あなた [続きを読む]
  • 宇宙界って...何?
  • 『宇宙界』という言葉を、論理で考えても解りません。この『界』というのは、或る限られた領域を表わす言葉ではないでしょうか。それに対して『宇宙』というのは、無限の概念でしょう。ありそうで無さそうな言葉ではあります。結論から言いますと、この『宇宙界』というのは、地球霊界の最上層域のことなんです。別名『救世主界』あるいは『九次元霊界』とか、単に『天上界』とも呼ばれます。肉体を離れた、エネルギー体としての人 [続きを読む]
  • 食とアセンション2
  • 今の私たちの身体を構成しているのは、いわゆる有機物、即ち、炭素化合物で出来ているものが殆んどです。ですから、食べているものは、当然その代謝等による更新を補うべく有機物を食材としているわけです。これが、アセンションによって身体が結晶構造になる、ということになると、どうなっていくのでしょうか。この結晶構造というのは、英語のクリスタライン構造という言葉の訳ですが、これが何の結晶なのか、ちょっと私の知る限 [続きを読む]
  • 食とアセンション
  • まず、今の私たちの食事というものは、一つの習慣だということがあります。食事が、必然から、習慣、つまり慣性、惰性と言っては言い過ぎでしょうか、そういうものになってしまっているのではないかということなんです。例えば、トマトに砂糖をかけて食べる人には、私のような醤油で食べる人の習慣は、理解出来ないかも知れません。でも、習慣だから、そういうやり方を続けている、ということなんです。いちど身についた習慣という [続きを読む]
  • 自然の中で暮らす..?
  • 今、私の住んでいる所は、都市部の郊外ですが、住宅地化が進んでいて、全く周囲の自然的なものとは不干渉にでも暮らせる地域ではあります。ですが、私の家の周囲は、大きな木々や雑木林のようなものも、わりと残っている場所ではあるんです。そうしますと、その環境を求めて、意外と多くの生き物たちがやって来ているということなんです。あまり鳥の名前も知りませんが、ちょっと挙げて見ますと、うぐいす、ホトトギス、メジロ、コ [続きを読む]
  • 音楽とアセンション
  • 実は、私、ふだんあまり音楽を聞きません。楽器も自分では弾けません。ただ、音楽自体は、嫌いでもなければ、むしろ、好きな方だと思います。では、なぜ音楽を聞かないかと言いますと、思いますに、影響を受けてしまう、からなんですね。つまり気分が、本来の自分のものではないものへ、引き摺られてしまうということなんです。こうありたいという自分の思いと、或る音楽がもたらす気分とのズレがあると、それが却って、ある種のス [続きを読む]
  • 宇宙船って...なに?
  • 宇宙船、それも異星からのものが、実は、頻繁に地球に来ている、ということがもし事実であるとするならば、いま、会社勤めや、家庭や子供の世話で日々忙しい人たちも、決して無関心では、居られないと思います。何のために来ているのか、侵略のためか?、友好親善か、どうやって来たんだ、...とか、ですね。いろいろ考えるのではないでしょうか。もし、夕方のテレビのニュースとかで、『今日の午後、首相官邸に、円盤型の飛行物 [続きを読む]