トモゾー さん プロフィール

  •  
トモゾーさん: Bettallica(ベタリカ)
ハンドル名トモゾー さん
ブログタイトルBettallica(ベタリカ)
ブログURLhttps://bettallica.theblog.me/
サイト紹介文小型水槽でベタを飼育するおじさんのアクアリウムブログ。ビオトープでメダカとエビを繁殖中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 105日(平均3.3回/週) - 参加 2017/04/29 14:48

トモゾー さんのブログ記事

  • 訃報
  •  以前ベタの鱗の異変をお知らせしましたが、最近は一部が盛り上がり腫瘍のようになっていました。エロモナス菌による穴あき病の疑いがあると推測し、昨日から観パラDという薬剤による薬浴の為、別容器に移していたのですが、今朝方底に沈んで動かなくなっていました。完全に私の失態です。もっと慎重に進めていれば……と後悔の念しかありません。たらればを言っても仕方ないことですが、悔やんでも悔やみきれません。 [続きを読む]
  • 雨ニモマケズ
  •  九州では連日大雨が降り続いています。幸い、私の住む地域は災害に見舞われていませんが、いつ起きてもおかしくない状況ではあると思います。日本の梅雨も、東南アジアや南米の雨季と変わらないくらい極端になってきたのではないでしょうか。  ベタは相変わらず元気ですが、瘤になっていた部分は、見た目には硬化してきているように感じます。良化しているのか悪化しているのか判断 [続きを読む]
  • 台風通過
  •  日本の西端に位置する私の住む地域では、先日台風が通過していきました。大した被害もなく安心しましたが、福岡、佐賀、大分では大雨による被害が甚大のようです。もしお住いの地域の自治体から避難勧告や指示が出ましたら、自分のところは大丈夫だろう……なんて考えずに余裕を持って避難して下さい。  さて、私の水槽はというと、ロタラインディカやロトンディフォリアの調子が芳 [続きを読む]
  • 新しい生体
  •  最近忙しくて、週に一度の水替え時くらいにしか水槽をじっくりと観察していなかったのですが、昨日ソイルをよく観察すると極小サイズの白い虫のようなものがピョンピョンと跳ねているのを発見しました。 調べてみると、どうやらケンミジンコのようです。今まで発生したことがなかったので少し驚きつつも、何となくノミが跳ねているようで見た目が悪いので、食べてくれることを期待して新しい生体を導入しました。 [続きを読む]
  • 最近の水槽事情
  •  私の住む地域はここ数日間雨が降り続いており、この先1週間も雨の予報となっています。私の住む自治体では一家に一台無償で防災ラジオが配布されており、地域の災害情報や定期連絡の他に普通のFMやAMも聞けるようになっています。 一週間程前までは雨がほとんど降っておらず、近くにある農業用溜池も半分くらい水位が減っているような状態で、水不足のため節水を呼びかける自治体からの放送が毎日のように流れていま [続きを読む]
  • 入梅の候
  •  皆さんいかがお過ごしでしょうか。梅雨入りしてからというもの、洗濯物が乾き難い季節になりましたね。    うちの小型水槽はというと、多少水温上昇が気になるものの、そこまで大きな変化もなくあまり代わり映えしないため更新頻度も低くなっております。 あとは、仕事が忙しくて週一の水換えくらいしか水槽に構っていられないということもあります。世知辛いですね。  [続きを読む]
  • 初夏
  •  太陽が顔を出す時間も長くなり、日中はめっきり蒸し暑くなってまいりました。    暑くなるにつれて飼い主である私の食は細くなるのに対して、サワジリは相変わらず元気で、食欲も旺盛です。    水流を殺しているとはいえ、水槽の上方はやっぱり流れがあるのですが、サワジリは意にも介さず俊敏に泳ぎ回っています。  [続きを読む]
  • その後
  •  薬浴を終えたベタのサワジリは、鱗の剥がれからの回復には至っていないものの、しばらく離れていた我が家を確認するかの様に、水槽の中を行ったり来たりしています。    あれから数日間トリートメントをしてメイン水槽の方に戻しました。元気はあるし食欲も旺盛なので、鱗の剥がれはそのうち治るだろうと思い考えすぎないことにしました。    [続きを読む]
  • 念のため
  •  昨日、ベタのサワジリについて懸念材料をお伝えしました。どこかにぶつけてしまっただけかも知れませんが、尾びれ付近の鱗が少し盛り上がっていて、日に日に大きくなっているような気がします。    お分かり頂けるでしょうか?    拡大すると1枚だけ鱗が浮いているのが分かります。    サワジリは至っ [続きを読む]
  • 夏の気配
  •  遠くに佇む緑鮮やかな山嶺と、その上に天まで届く程の積乱雲を望めば、鼻腔を通る空気はすっかり初夏の香りを孕む今日この頃でございます。    庭のバラも隆盛の限り。開ききった古い花を摘み取ると、次を待つ新しい蕾たちが更に勢いよく花開きます。    日中の陽気に気分を良くしたビオトープの浮草が水面を覆い尽くすほどに繁茂していたの [続きを読む]
  • リセット
  •  この前お話しした水草を植えるに当たって、一度水槽をリセットして一からやり直しました。    前景草にはニューラージパールグラスを植えてみました。実は今回が初めてです。植え方が合っているのかもよく分かりません。植えても浮力が強くて浮いてきそうになります。もっと深く植えてもいいのでしょうか?    植えたてなのでちょっと濁って [続きを読む]
  • サワジリは今日も元気です
  •  ベタのサワジリが暮らす小型水槽の水量はは、公式では約16ℓになっています。うちでは週に一度1/3の水換えをすることで水質を綺麗な状態に保っています。   この水槽ではエーハイムクラシックフィルター2211という45cm以下の水槽用の外部フィルターを使用しています。このフィルターは、シャワーパイプといういくつかの穴が並列に開けられた排出口がある訳ですが、少しベタには強 [続きを読む]
  • 色々足りないベタ水槽
  •  ベタのサワジリが入っている水槽は、色が出ないロタラロトンディフォリア、萎縮したルドウィジア、伐採しすぎたアヌビアスナナ、ビオトープから持ってきたドワーフアマゾンフロッグピットといった水草で構成されています。    当初はアヌビアスナナだけしか入れない予定だったので、ソイルはかなり薄めに敷いてあり、養分不足は否めません。前景草も植えていないので色々と物足り [続きを読む]
  • カラーリング
  •  昼は暑く朝晩は冷え込む今日この頃。暖かな陽気を受け、これから先は夏服だけで良いかと思ったら、翌日にはフリースでも着込まないと風邪をひきそうなほど底冷えしたりしております。厚手の服を衣装ケースに仕舞い込むかどうか悩む季節です。季節の変わり目は体調を崩しやすいので気をつけて下さいね。    さて、うちのベタのサワジリさんは、ヒレの調子がすこぶる良く、180度以 [続きを読む]
  • そのお味はノーベル賞もの?
  •  人は歳をとると時間の流れが早く感じるものです。サワジリがうちに来てすでに1ヶ月が経ちました。    サワジリを迎えた時は生後4ヶ月だったようなので、今日で生後約5ヶ月です。一般的に、ベタの寿命は2年から3年と言われています。熱帯魚の寿命としては決して短くはありませんが、ベタは基本的に1匹飼いなので、他の熱帯魚とは愛着が違います。仕方がないこととはいえ、寿命が来 [続きを読む]
  • ベタと水流
  •  GWも終わり、皆様は多少休暇気分を引きずりながらお仕事に邁進されているかと存じます。  今年も早いもので5月に突入し、季節は晩秋を迎えております。北海道ではようやく桜の見頃を迎える時期になりましたね。   さて、タイのメコン川流域原産のベタは、流れのほとんどない止水域を主な生活範囲とすることはよく知られております。時には、洪水時に流され、その辺の水田や水溜 [続きを読む]
  • ベタの混泳は可能か?
  •  世間ではGWも最終日を迎えております。普段と変わらずお仕事をされていた方は本当にお疲れ様です。明日からお仕事を再開される方は気持ちを切り替えて頑張りましょう!    さて、ホームセンターやペットショップで衝動的にベタを購入してしまい、どうせやるならと水槽を買ってはみたものの、よくよく調べてみると「ベタは混泳不可」と言う情報が書かれているサイトを発見し、落胆 [続きを読む]
  • 撮影ちょ〜ムズぃんですけどぉ
  •  うちのサワジリは私が近づいて行くと餌を貰えると思うのか、挙動が荒ぶって仕方ありません。静止するのは餌を食べている間か、水面で空気を取り込む時か、暗闇で寝ている時くらいのものです。    常に動き回っているので撮影には骨が折れます。    目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れて [続きを読む]
  • 撮影ちょ〜ムズぃんですけどぉ
  •  うちのサワジリは私が近づいて行くと餌を貰えると思うのか、挙動が荒ぶって仕方ありません。静止するのは餌を食べている間か、水面で空気を取り込む時か、暗闇で寝ている時くらいのものです。    常に動き回っているので撮影には骨が折れます。    目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れて [続きを読む]
  • ベタの飼育環境
  •  昨日、近くの海の河口へ潮干狩りに行ってきました。アサリはあまり採れませんでしたが、羽を怪我したコブハクチョウが一羽浮かんでいるのを見かけました。 そのコブハクチョウは人間慣れしているらしく、私達が海へ向かっていると自ら近寄ってきました。 コブハクチョウは元々外来種のため、日本には生息していません。察するに、以前は人間に飼われていた、いわゆる籠抜けというやつか、あるいはその子孫で人に餌付 [続きを読む]
  • ベタの飼育環境
  •  昨日、近くの海の河口へ潮干狩りに行ってきました。アサリはあまり採れませんでしたが、羽を怪我したコブハクチョウが一羽浮かんでいるのを見かけました。 そのコブハクチョウは人間慣れしているらしく、私達が海へ向かっていると自ら近寄ってきました。 コブハクチョウは元々外来種のため、日本には生息していません。察するに、以前は人間に飼われていた、いわゆる籠抜けというやつか、あるいはその子孫で人に餌付 [続きを読む]
  • 目に入れても痛くない
  •  GWいかがお過ごしでしょうか? お仕事の方はお疲れ様です。うちのサワジリを見て少しでも癒されてください。    サワジリがうちに来て、あと5日で1ヶ月が経とうとしています。 可愛すぎて頬ずりしたいくらいですが、嫌がられそうなのでやめておきます。    この小型水槽も殺風景すぎるので、そのうち流木か石でも入れてレイアウトしたいで [続きを読む]
  • 目に入れても痛くない
  •  GWいかがお過ごしでしょうか? お仕事の方はお疲れ様です。うちのサワジリを見て少しでも癒されてください。  サワジリがうちに来て、あと5日で1ヶ月が経とうとしています。 可愛すぎて頬ずりしたいくらいですが、嫌がられそうなのでやめておきます。  この小型水槽も殺風景すぎるので、そのうち流木か石でも入れてレイアウトしたいですね。以 [続きを読む]