kurosawa さん プロフィール

  •  
kurosawaさん: 不妊治療→妊娠の記録
ハンドル名kurosawa さん
ブログタイトル不妊治療→妊娠の記録
ブログURLhttp://kurosawat.hatenablog.com/
サイト紹介文1981年生まれ、都内フルタイム会社員。2年にわたる不妊治療をへて顕微授精で妊娠しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 30日(平均3.5回/週) - 参加 2017/04/29 16:58

kurosawa さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 不妊治療 その13 体外授精へ
  • 3回の人工授精は失敗2016年8月から10月。3カ月連続で人工授精にを試みましたが残念ながら結果は出ませんでした。3回目の人工授精を行う前には、今回ダメだったら次回から体外に進むことを検討してみて欲しい旨を医師から通達されていました。年齢のこともあるので、わたしはこの段階でのステップアップはごく自然な流れだと思っていましたが、夫に相談したところ少し抵抗されました。これまでの治療や流産手術でわたしにかなり身体 [続きを読む]
  • 不妊治療 その12 人工授精にステップアップ
  • 2016年3月に子宮内容除去術を受けたあと、ふたたび不妊治療専門クリニックに舞い戻ったのが7月。そこから初めての人工授精にチャレンジできたのは翌8月になりました。D14の朝、排卵日検査薬を試すとごく薄い陽性。とはいえわたしの周期的には排卵日がもう間近であると思われたため、クリニックで卵胞チェックしてもらってから出勤することにしました。わたしの職場は定時が10:00のため、クリニックのオープン前から並んで早め [続きを読む]
  • 不妊治療 その11 手術後の経過
  • 2016年3月上旬。手術を受けた週末、経過を見るために大学病院を受診しました。手術前に13000を超えていたhCGの値は698まで低下。子宮内も綺麗になっており経過は順調。手術直後に医師からコメントがあったように、胞状奇胎の可能性は低いのではないか、とのことでしたが、予定されていた管理通院は20週間後まで続けることになりました。手術後1カ月ほどは肉体的にも精神的にも低調な日々が続きました。湯舟の入浴と運動を1カ [続きを読む]
  • 不妊治療 その10 手術当日(子宮内容除去術)
  • 2016年3月初旬の月曜日。冷たい雨の降る中、日帰り手術のため朝から大学病院に向かいました。この日は仕事で関わっているプロジェクトのわりと重要なイベントが控えていたのですが、前日の日曜日、引き継ぎ内容とお詫びの言葉を連ねたメールを一緒に取り組んできた先輩に送り、体調不良で欠勤する旨を伝えていました。手術前の処置病院一階で入院の手続きを済ませ、夫と一緒に入院病棟へ。6人部屋に通されました。まずは子宮口を [続きを読む]
  • 不妊治療 その9 子宮内容除去術へ
  • 大学病院を受診2016年3月初旬の土曜日。前日に不妊治療専門クリニックで紹介状を発行してもらい、朝から夫に付き添われ大学病院の産科を受診しました。土曜日の大学病院らしく、予約は入っていたもののかなり待たされました。hCGの値を調べるための血液検査、絨毛が他の臓器に転移していないかをみるレントゲン撮影を済ませた後、診察室へ。担当医の他に前日クリニックで紹介状を書いてくれた医師の姿もあり少し安心します。内診 [続きを読む]
  • 不妊治療 その8 胞状奇胎の疑い
  • 2016年3月初旬。高温期28日目に妊娠の確認のためついにクリニックを受診することにしました。この宙ぶらりんの状態にはやくカタをつけたい気持ちを押さえながら過ごす時間が本当に長く感じた2週間。この間体調の変化はほとんどありませんでした。自己タイミングで陽性反応がでたことを看護師さんに伝えると、ホルモン値のチェックのための採血へ。その後内診室に案内されました。内診台に上がり、息を飲んでモニターを見つめます [続きを読む]
  • 不妊治療 その7 自己タイミングで陽性反応
  • 排卵日検査薬を使い自己タイミング初めて不妊治療専門クリニックの門を叩いてからおよそ9カ月後となる2016年1月下旬。3回程度(正確に覚えていなくてすみません)のタイミング指導では成果が得られず、いよいよ人工授精にステップアップしようと決意して、最後にダメもとで自己タイミングを行いました。排卵日検査薬で薄い陽性反応が出た日から1日おきと決め、陰性になるまで計3回タイミングをとりました。3回目のタイミングの [続きを読む]
  • 「妊娠米」騒動に思う
  • 不妊治療界隈で知らない人はいないであろう「妊娠菌」なる表現。不妊治療専門掲示板などで、一足先に治療から卒業した人が、回答の末尾に「妊娠菌置いていきますね」と後輩たちへのエールを込めて書き込んでいるのをよく目にしていましたが、それがリアルの場に現れ、しかも詐欺まがいの金儲けに使われてマスコミに取り沙汰される事態になるとは…。(いや、恐れるべきは人の欲望を発見するやそれを誰もがかんたんにお金に換えられ [続きを読む]
  • 不妊治療 その6 タイミング指導
  • 2015年9月に卵管造影検査を受けて異常なし。検査当月は避妊をする必要があったため、第一ステップであるタイミング指導に入れたのは10月。初診から実に約半年もかかってしまいました。タイミング指導というのは(こう言うと失礼に聞こえますが)すごくプリミティブな治療法で、超音波内診をした際に見えた卵胞の大きさから排卵時期を推定し、いまにも卵胞がはじけて卵子が放出されそう、というときを見計らい夫婦生活をするよう [続きを読む]
  • 不妊治療 その5 卵管造影検査
  • 2015年9月。生理開始後6-10日後に行う卵管造影検査を受けました。造影剤を子宮内に少量入れ、レントゲン撮影で卵管のつまりがないかを確認する検査です。クリニックの説明資料には「特別に痛い検査ではない」との注意書きがありましたが、体験談などを読むに「気絶するほど痛かった」という方も確かにいて、かなり不安になりました。当日は2時間前から水以外絶飲食。午前中の予約だったので朝食を抜きクリニックに向かいました [続きを読む]
  • 不妊治療 その4 低温期ホルモン値検査
  • ホルモン値検査2015年4月末の初診後すぐに風疹のワクチンを接種したため、2カ月間の避妊期間が必要になりました。その後、新婚旅行で2週間ほど海外渡航したりなんだかんだしているうちに時間は過ぎて、次の診察は8月初旬とだいぶ間があきました。次にクリアすべき検査は低温期のホルモン値とと卵管造影検査です。この日はホルモン値計測のための採血のみ行い、生理が来たら6-10日後に卵管造影検査を受けるようにとのこと。検査が [続きを読む]
  • 不妊治療 その3 男性検査
  • 2015年5月。妻側(わたし)の検査がひととおり済み、次は夫側の検査です。ほとんどのカップルがそうだと思いますが、不妊治療専門クリニックに通い始めたのはわたしの意志があったからで、夫は不妊ということに対しての不安も定見もなかったと思います。当時の私たちは、その気持ちの強さの度合いこそ確認しあっていないものの、子どもが欲しいという意向に関してはなんとなく共有している、といった程度でした。そんなふわ [続きを読む]
  • 不妊治療 その2 初診検査の結果確認
  • 2015年5月中旬。4月末に行った検査結果を確認しに受診しました。そこで発覚したのが風疹抗体が基準値よりも少ないこと。このクリニックでは治療を始めるまえに風疹のワクチン接種を受けることが原則となっており、なるべく早く済ませるようにと指導されました。さらに、ワクチン接種後2カ月は避妊するようにと言われ、治療スタートからいきなり足止めをくらった格好に。ただ、これも必要なことと自分に言い聞かせ、この週すぐに [続きを読む]
  • 不妊治療 その1 クリニック決定〜初診
  • 2015年1月、33歳で入籍。それまで10年ほどピルを飲んでいましたが、このタイミングでピルをやめました。年齢のこともあり、授かれるのなら早めに授かりたいと思い、直後は生理のリズムも整っていませんでしたが、なんとなくの自己タイミングを開始。その後4月に入り34歳になったことを機に不妊治療専門クリニックの門を叩きました。フルタイムで残業もある勤務をしているため、とにかく通いやすいことがクリニック選びの最優先条 [続きを読む]
  • プロフィール
  • 1981年生まれ、都内で会社員をしています。2年にわたる不妊治療を振り返るとともに、現在進行形の妊娠を記録します。2015.4 不妊治療専門クリニック初診2015.10 タイミング指導開始(〜3周期)2016.2 妊娠検査薬陽性(自己タイミング)2016.3 胎嚢確認できず子宮内容除去術2016.8 人工授精開始(〜3周期)2016.11 カウフマン療法2016.12 採卵、顕微授精2017.2 凍結胚移植(12分割)2017.2 妊娠検査薬陽性2017.3 クリニック卒業 [続きを読む]
  • 過去の記事 …