akayak38 さん プロフィール

  •  
akayak38さん: akayak38’s diary
ハンドル名akayak38 さん
ブログタイトルakayak38’s diary
ブログURLhttp://akayak38.hatenablog.com/
サイト紹介文40歳男。妻、自閉症スペクトラムの子供の3人家族。38歳で直腸がんステージⅠ発覚。経過や日々を綴る。
自由文40歳会社員。妻、自閉症スペクトラムの子供1人の3人家族。38歳の時に大腸がん(直腸がん)ステージⅠが発覚し、人生初の入院&手術をしました。
術後は経過観察が続く。がんの経過や発達障がい児の育児など、日々のあれこれを綴るブログです。
どうか宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 54日(平均4.5回/週) - 参加 2017/04/29 22:13

akayak38 さんのブログ記事

  • ふるさと納税
  • 雑記系となりますが、今日はふるさと納税の話を。ふるさと納税一昨年の2015年4月よりワンストップ特例制度&寄付の限度額が2倍となり、利用する人もだいぶ増えて今や普遍的な制度になりました。自治体からの返礼品は賛否両論あるでしょうが、私としてはお得でかつ、カタログギフト感もあり選ぶところも楽しいので好きです。いつまでも続いてほしいです。2012年の確定申告時代から毎年やっているのがちょっとした自慢です。いろいろ [続きを読む]
  • ストラテラ2週間経過
  • 発達障害の子どもの話です。6月2日(金)より、ストラテラを飲み始めて2週間が経ちました(内服液0.4%)。通院は1週間ごと。親だけの問診となります。日々の様子を伝えるのと、続きのストラテラを処方してもらうのと。ストラテラADHD(注意欠陥/多動性障害)の症状を改善するために処方される薬。ストラテラの飲み方飲み始めから徐々に量を増やして適切な服薬量に増やしていく薬。1日2回、朝と夕の食後に飲んでいます。〇最初の1 [続きを読む]
  • にんじんジュースのコスト
  • 2015年4月6日の直腸がん告知。かねてから野菜と果物の摂取量が少ないと思っていました。そんな食環境により直腸がんになってしまったのでは?!という深い反省と、今後の食生活の見直し機運の高まりから、この告知の翌週よりにんじんジュースを始めるに至りました。それからはやくも2年2か月が経ちました。現在も継続中です。にんじんジュースのカテゴリーでこれまで記事も3回書きました。今回はこのにんじんジュースのコストに関 [続きを読む]
  • ストラテラを飲み始めました
  • 発達障害の子どもの話です。6月2日(金)より、ストラテラを飲み始めました(内服液0.4%)。ストラテラADHD(注意欠陥/多動性障害)の症状を改善するために処方される薬。調べてみると、現在ADHDの治療に承認されている薬は、ストラテラとコンサータの2つだけのようですね。小学校や日常で特に差し迫った必要に迫られている、、、訳ではないのですが、1年生の時、特に2学期頃だったか、授業中など集中力に欠けている時期があり、 [続きを読む]
  • 発達障害
  • こんにちは。akayak38です。いつもお越しいただきありがとうございます。本エントリーより、子供の話を新たなカテゴリーとして追加したく思います。まずはこれまでの経緯です。2010年2月生まれ、現在小学2年生の男の子です。小学校の特別支援学級に在籍しています。自閉症スペクトラム(広汎性発達障害)、いわゆる自閉症の診断を受けています。まずはこれまでの経緯などを簡単に下にまとめました。2010年2月生まれ2011年2月 腸重 [続きを読む]
  • 私はなぜ38歳で直腸がんになったのだろう
  • 答えのない問いではあるが、 なぜ、38歳という年齢で直腸がんになったのか考えてみた。そもそも直腸がんが見つかったのは、毎年の会社の健康診断の便潜血検査で陽性となり、すぐに精密検査として大腸内視鏡検査を行ったため。当時、自覚症状と呼ばれるようなもの(血液や粘液が混ざった便や下血、もしくは細い形の便が出たり、便秘や下痢を繰り返すなどといった症状)は全くなかった。やはり、ステージⅠで自覚症状が出ることはほ [続きを読む]
  • 術後2年の定期検査②
  • 術後2年目の結果5月26日(金)、外科外来受診。2年目の定期検査結果の総括です。胃カメラと大腸内視鏡は検査後に問題ないとの結果も聞いており、生検もなかったので心配する事はないのですが、やはり採血とレントゲンとCTの結果は気になります。直腸がんステージⅠからの再発率は3.7%とか言われていますが(参考:がん診療ガイドライン)、そもそも38歳という年齢で直腸がんにり患する確率はかなり低い確率だったはず。(35-39歳1 [続きを読む]
  • 術後2年の定期検査①
  • 術後2年後の定期検査。検査の間隔も半年ごとです。先月よりブログを書き始めて、ようやく現在に追いついてきました。検査予約の外科外来受診まず、検査予約のために4月7日(金)に外科外来を受診しました。前回の1年半定期点検で初めて便秘を指摘されていました。今回もベットに横になり、お腹の上を触診。前回同様、ところどころに便がたまっているらしい。漢方も一度試してみますかとのことで、今回は漢方を処方してもらい、来月 [続きを読む]
  • 術後1年半の定期検査
  • 〜2016年11月4日(金)のお話〜術後1年半後の定期検査。検査の間隔も半年ごとです。まず、この半年の様子です。とはいっても、前回とほとんど変わらないので引用します。退院1か月〜3か月後の間にあった、計3回の腹痛(激痛レベル)、結局あれクラスの腹痛はこの時だけで以後はありませんでした。軽い腹痛はたまにありましたが、記憶にも記録(日記)にも残っていないので、あまり大したことはなかったのでしょう。私の1/3の長さ [続きを読む]
  • 1年目定期検査
  • 〜2016年5月のお話〜前回の6か月目定期検査より半年後の受診となる。術後1年目の定期検査。これからは半年ごとの検査になりました。まず、この半年間の様子です。退院1か月〜3か月後の間にあった、計3回の腹痛(激痛レベル)、結局あれクラスの腹痛はこの時だけで以後はありませんでした。軽い腹痛はたまにありましたが、記憶にも記録(日記)にも残っていないので、あまり大したことはなかったのでしょう。私の1/3の長さになっ [続きを読む]
  • 6か月目定期検査
  • 〜2015年11月13日(金)のお話〜前回の3か月定期検査より3か月後の受診となる。術後6か月目の定期検査。検査の間隔も伸びてきました。まず、この3か月間の様子です。前回の時は(退院1か月〜3か月後の間)、3回の腹痛(激痛レベル)がありました。今回の3か月(退院3か月〜6か月後の間)は、軽い腹痛はあったものの、あれクラスの腹痛はありませんでした。1/3の長さになった直腸、、つながれた腸管もうまく機能してきた結果なのだ [続きを読む]
  • 3か月目定期検査
  • 〜2015年8月14日(金)のお話〜前回の外来より2か月後の受診となる。退院後3か月目の定期検診。まず、この2か月間の様子です。その後も通常勤務は順調にこなすことができ、毎日の生活にもすっかり慣れてきた。トイレに頻繁に行く必要はあるものの(特に午前中)、人間慣れるものである。特に大きな問題はなく日々は過ぎる。が、7月2日(木)の朝、突然ひどい腹痛が発生。布団に横になって痛みに耐えてはトイレに入ったりの繰り返し [続きを読む]
  • 1か月目定期検査
  • 〜2015年6月19日(金)のお話〜前回の外来より3週間後の受診となる。退院後1か月目の定期検診。まず、この3週間の様子です。6月1日(月)よりこの3週間、仕事は通常勤務にて出社してみました。会社までの車での移動(20〜25分)は、ヒヤヒヤするものの、時には途中のコンビニのトイレなどにもお世話になり、何とか大きな問題はなく通勤することができた。特に午前中のトイレの回数は多いものの(頻便)、トイレに失敗することはな [続きを読む]
  • 退院後初の外来
  • 今週の過ごし方退院の際、今月は自宅でのんびりしててくださいね〜、と言われてはいたものの、体は割と元気で、普段の生活にどれほど適応できるのかは、実際試してみないとわからない!という考えのもと、5/22(金)に退院したばかりではあったが、5/25(月)より早速午前中だけ出勤してみました。だめそうならすぐに帰ればいいし、くらいの気持ちで。普段、会社まで車での出勤(20〜25分)のため、まずはそこが順調にクリアできるのか [続きを読む]
  • 退院 (入院11日目・術後8日目)
  • 〜2015年5月22日(金)のお話〜昨晩は睡眠薬をやめてみました。退院後の自宅での生活に向けたテストです。睡眠薬なしでも、昨晩は8時間ほどよく眠れました。本日はいよいよ退院!当初は術後2〜3週間と言われていたので、予定よりとても早い退院となる。オペの際の看護師さんも個室に来られた時、もしかしたら最短記録かも?と言っていた(私のような若い年齢層の事例が少ないからと推測)。でも、腹腔鏡手術で確かに外側の傷の回 [続きを読む]
  • 入院10日目・術後7日目
  • 5月12日、ちょうど2年前に入院した日です。この同じ日となる本日、実は術後2年目の経過検査である大腸内視鏡をやってきました。内容は順を追っていずれ書こうかと思います。当院での大腸内視鏡検査は、ポリペクトミーした場合は1泊入院となるので、検査の際は入院した時に備え、入院用の準備を持っていく必要があります。1泊分とはいえ、入院グッズの入ったバックを持って病院に来ると、何だか2年前を思い出します。あぁ、、今日は [続きを読む]
  • 入院9日目・術後6日目
  • 〜2015年5月20日(水)のお話〜昨晩は1度起きたものの、7時間たっぷり眠れました。ぐっすり眠れる自信もついたようだ。もともと熟睡するタイプなので、睡眠が安定してきたのはとても良いこと。1つ1つ、元の自分の姿に戻っていくのを感じる。午前、午後と階段の上り下りで歩行訓練、というより運動。入院患者は前開きボタンのパジャマ姿だし腕にネームプレートもつけているので、この人(患者さん)運動しているのだな、とすぐわ [続きを読む]
  • 入院8日目・術後5日目
  • 〜2015年5月19日(火)のお話〜昨晩は3回に分けてだが合計7時間ほど眠れました。起きるたびに緩めの便。これが出るので起きてしまう、とも言えます。10時半より最後の点滴。15時半に終了。ついに左腕の点滴の針も抜く。これでついに体からすべてのチューブがとれた。点滴の棒を持ち歩く必要がなくなって身軽になったこともあり、5F病棟以外にも歩行訓練ができるようになった。階段の上り下りで他の階に行ったり。5Fの同じ風景ば [続きを読む]
  • 入院7日目・術後4日目
  • 〜2015年5月18日(月)のお話〜昨晩は体が動きたいのか大人しくしてられない感じで、何度も少し歩いてみてから横になってトライしてみるも、結局朝まで寝れず。朝方に1時間ほど寝たくらい。昨日の寝便がトラウマになっているのかも?!昨日、背中の痛み止めの針が抜けたこともあり、割とおなかがずきずき痛い。夕方、歯みがきの際にくしゃみをした時かなり痛い思いをした。笑いとくしゃみには気を付けよう。今日よりシャワーがOKと [続きを読む]
  • 入院6日目・術後3日目
  • 〜2015年5月17日(日)のお話〜昨晩は昨日もらった錠剤の睡眠薬が良かったのか、4時間ほどぐっすりと眠れた。もっと寝れた感じだったが、思わず起きてしまったのは、便意があったから。焦って起きてみると、液状の寝便。シーツまで少し汚してしまったようだ。昨日昼より食事が始まったので(おもゆ)、それが早速おりてきたのか?看護師さんに伝え、シーツも替えてもらう(スミマセン)。以後、本日は2時間おきくらいに少量の水便 [続きを読む]
  • 入院5日目・術後2日目
  • 〜2015年5月16日(土)のお話〜昨晩は結局2時間程度が2回、だけしか眠れなかった..トイレ行く→病室へ帰る→少したってまたトイレ行きたくなる→トイレ...の無限ループが夜も続いていた。まあ、夜になると回数も減ってきて安定はしてきたが。それよりも寝たくても寝れなかった方が嫌だったかな。とてもうれしいことに、午前中、ついに個室に移動できた。荷物が思い思いの位置に置けるのと(自分で出し入れできる)、何より個 [続きを読む]
  • 入院4日目・手術翌日
  • 〜2015年5月15日(金)のお話〜手術の翌日。1日が経過。うたた寝をしては起きるを繰り返し、朝となった(朝とはいえ、壁にある時計はアナログなのでAMなのかPMなのかは分からないが、、)。11時に4階から5階(外科病棟)にベットごと移動。到着後(だったか移動前か)、右腕の血圧計、右手の血中酸素を測る計器、両足のフットポンプをとる。そしてこの部屋に来てからいよいよ尿管もとれた。これ以降は自分でトイレに行かなくてはな [続きを読む]
  • 入院3日目・手術日
  • 〜2015年5月14日(木)のお話〜いよいよ今日は手術の日。あとは先生にお任せするしかない。目が覚めた後、がんばって回復に努めよう。そう思っていたような記憶がある。(この日の記録がないので記憶だけ、、)手術用の服装に着替えをして、看護師さんが個室に来るのを嫁・義母と共に待つ。靴下はエコノミー症候群にならないための弾性ストッキング。これがきつくて強い圧迫感があるので直前にはく。結局、このストッキングは24時 [続きを読む]
  • 入院2日目
  • 〜2015年5月13日(水)のお話〜昨日とは打って変わって、朝から快晴で気温も高そうだ。外に出ることもなかったので知る由もないが。今日の予定は午前中に大腸内視鏡、そして午後より家族同伴で明日の手術の説明&同意書など。今回の大腸内視鏡の目的は、術前検査の注腸造影で腫瘍の位置がよくわからなかったこともあり、場所の確認およびマーキングをつけるため。なので通常の検査とは違い腸管の奥まで観察することはせず、主に直 [続きを読む]
  • 入院初日
  • 〜2015年5月12日(火)のお話〜4/17の外科受診から日が経過したが、いよいよ本日が入院の日。GWはおとなしくのんびり過ごしていた。美味しいものも食べた。実はGWは実家に帰省する予定だったが、手術直前なこともあり、手術日が決まってすぐキャンセルした。当然、ANA航空券もキャンセルすることに。旅割だったのでキャンセル料(取消手数料・払戻手数料)も高かったのだが、キャンセル後すぐ(翌日だったかな?)ANAサ [続きを読む]