たっちゃん さん プロフィール

  •  
たっちゃんさん: 高校中退からの人生ガイドライン
ハンドル名たっちゃん さん
ブログタイトル高校中退からの人生ガイドライン
ブログURLhttp://tacha.hateblo.jp/
サイト紹介文高校中退した人に役立つ情報を集めています。
自由文高校を中退した人向けにブログを書いています。
http://tacha.hateblo.jp/entry/2016/09/14/131941

高校を辞めても人生どうにかなる。
行列に並ばない新しい生き方、始めませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 18日(平均14.4回/週) - 参加 2017/04/30 00:28

たっちゃん さんのブログ記事

  • 知っていると便利なHTML/CSS/JavaScript
  • ブログのカスタマイズに役立つプログラミングの知識ブログのカスタマイズについて解説しているサイトは数多くありますが、こういうのを参考にやってみようとしても、コードが多すぎてわけがわからないというのが、初心者の気持ちだと思います。Webページの見た目というのは、トレンドの移り変わりはあるものの、はてなブログのカスタマイズ程度なら大抵はHTML/CSS/JavaScriptを知っていれば大丈夫です。コードの読み書きが少しでき [続きを読む]
  • はてなブログのカスタマイズ方法。
  • ブログを続けていく上で、内容はもちろん大切ですが、同じ文章を書いていてもデザインで印象が大きく変わると思います。ページのデザインを編集してみましたので、参考にしたページを紹介しながら、実際にやってみた内容を書いてみたいと思います。 はてなブログのカスタマイズ パソコン向けページ はてなブログを始めるときに、まずやるべき9つのこと(はてなブログの使い方・初期設定) - ニ [続きを読む]
  • シロアリはコンクリートを食べるというのは大嘘!?
  • シロアリ駆除を申し込む前に注意!僕は以前清掃会社に勤務しており、その業務の一環としてシロアリの駆除を行っていました。具体的には仕事の依頼から見積もり、施工までの過程を実際に経験しました。その中で思ったことを書いていきたいと思います。シロアリ業界の基本は「お客さんの不安を煽って、契約させる」です。(笑)業者は自分の利益を最優先している。害虫駆除業界というのは、基本的に営業と施工を同じ人が担当しているこ [続きを読む]
  • 不思議の国のアリス症候群、子供の頃の幻覚体験について。
  • この記事を読む前に……書き終えてみたところ、思ったよりもカオスな記事になってしまいました。子供の頃、僕はよく病気をしました。ひどい熱を出すことが多かったです。39度の熱を出している時に起こった幻覚の話をしているので、かなり頭のおかしい内容ですが、あくまでも39度の熱がある時の話です。ご了承ください。子供の頃の見た幻覚子育てをしています。理由もないのに泣き止まない子供を見ると、言語がまだ未発達な子供 [続きを読む]
  • マウスとマウスパッドを購入しました。
  • マウスとマウスパッドを買ってきました。新しく借りた賃貸マンションにエアコンが付いていなかったので、電気屋でエアコンを買ったらポイントが4000円ぐらい付いてきたので、マウスとマウスパッドを購入しました。マウスLOGICOOL ロジクール M330 静音マウス ブラック M330BK出版社/メーカー: ロジクール発売日: 2016/09/23メディア: Personal Computersこの商品を含むブログを見るマウスはこんなやつです。一応Amazonのレビ [続きを読む]
  • YOUTUBEは儲かる。
  • 高校を辞めたらyoutubeをやりましょう。寝る前にベッドでAppleTVをいじるのが習慣で、僕はどうも民放放送の大衆ノリが苦手で、よくYOUTUBEを見ていたんですが「今日の動画」というチャンネルを見つけて衝撃を受けました。今日の動画 - YouTube何がすごいかというと、こんなくだらないIQテストとか猫の写真をアップしているだけで、かなりの再生数を稼いでいるということです。ネット副業はレッドオーシャンではありますが、こ [続きを読む]
  • 子供が寝ない。新生児が寝ない。
  • 子供が寝ない時の対処法。我が家の事情。子どもが全然寝ません。抱っこしていれば寝ますが、新生児といっても3キロちょっとあるわけです。夫婦で代わり番こに抱っこしていますが、ひどい肩凝りと寝不足と戦っています。(笑)それでも妻のほうが一生懸命がんばってくれているので、まだ僕は自分のことをできるというか、負担が少ない方だと思います。相談する相手がいない。僕はなぜか周りに子育てをしている人がほとんどいないで [続きを読む]
  • 映画「ヤバい経済学」を見た。
  • 「ヤバい経済学」という映画がとても面白かったので、経済学(統計)について勉強したことを書いてみたいと思います。経済学の本を読んで以来、統計というものに物凄く興味を持っています。原因と結果の経済学「原因と結果」の経済学「学力」の経済学手始めにこの中室さんという人の本を読んだのですが、内容を簡単に説明すると以下のような感じです。相関関係はあるが、因果関係はない。例えば、ポリオ(感染症)の流行アイスクリ [続きを読む]
  • 学校を中退したら自殺するという選択。
  • なんかこのブログ、中退とか自殺とかそういうキーワードで毎日何十人も訪れてるんですね。(汗)だからもう1回この問題について書いてみたいと思います。ついでに人生もやめようかと迷う時。仕事や学校を辞めたタイミングで自殺を考える人ってけっこう多いと思うんですね。ああもう人生どうにもならない! 八方塞がりだ!って感じで。僕も高校を辞めた時はずいぶん精神的に参っていて、その後の何年間かは暗黒時代と言いますか、 [続きを読む]
  • まとめ:Google先生社員の健康づくり
  • 出典:Googleが社員の健康づくりに取り組む理由 - ログミー僕たちの日常生活に役立ちそうな記事を読んだので、まとめてみました。Google先生社員の健康づくり革新的・前衛的な企業として知られるGoogleですが、オフィスワーカーの健康づくりを通して仕事のパフォーマンスの向上を実践しているそうです。グッドな人とグレートな人の違いは、「体力」と「根性」にある。「体力」はまだわかりやすいですが、「根性」これを科学的にい [続きを読む]
  • ネット副業について
  • 仕事やめて1ヶ月経過しましたが、大半の時間は勉強に費やしています。その中で、余裕があれば本を読んだり映画を見たり、ネットを見たりと、会社員をやっていた時よりも気持ちに余裕がある分、いろいろ考えられます。このブログはマイノリティを狙いすぎているせいか、たいして儲かってないですが(まあ月に数冊の本ぐらいは買えます)、ネットで1万や2万は簡単に稼げると最近実感しています。お金が流れているところを見つける [続きを読む]
  • かの有名な300円でコーヒーを飲める店でアルバイトをした感想。
  • みなさんもそうだと思いますが、僕も就職して社会人になるまでいろいろなアルバイトをしてきたし、就職してからも(副業は禁止でしたが)機会があれば日雇いのアルバイトをこっそりしていました。その中でも僕は実はちょっとあの有名なコーヒー屋でアルバイトをしていたことがあるんですが、最近はよく勉強をしに行くものですから、思い出したことを、ちょっと書いてみたいと思います。意識が高くてヒステリックな女の人が多い。ま [続きを読む]
  • 今日も病院に行って来た。
  • どこか行く場所があるというのは良いものです。妻も入院生活は退屈らしいので、わりと歓迎してくれます。一緒にタリーズで買ったサツマイモチップスを食べました。今日は病院に行ったら担当だった助産師さんが話しかけてくれて、面会室?みたいなところで子供と30分ぐらい一緒に過ごさせてくれました。一応まだ点滴をしているので病室には連れてこれず、気をつかってくれたみたいです。僕も新生児室のガラス越しじゃなくて、近く [続きを読む]
  • 保育器を卒業。
  • 今日は妻がいろいろ説明を聞かないといけないらしく、忙しいというので夕方頃に遊びに行きました。「もうすぐ出れるらしいよ〜」なんて言っているので、新生児室に様子を見に行ったら、もうちゃんと保育器から出されており、先ほどきたメールによれば目もきちんと開くようになったし、つい先ほどから母乳を飲む練習も始めたそうです。念のためブドウ糖の点滴はまだついていますが、これも明日行ったらたぶん外れていることでしょう [続きを読む]
  • 病院に行ってきました。
  • 今日は出生届を出した後、午後から病院に顔を出してきました。出生届を出して終わりなのかと思ったら、 ずいぶんいろんな手続きがあるらしく、これを全部やるのはけっこうな手間だと思いました。今日まだ子供は保育器に入っていましたが、昨日繰り返していた舌を出す仕草をあまりやらなくなっており、鳴き声も昨日よりも大きく、ピンピンしていました。目もちょっとずつ開くようになってきました。こっちのほうを良くみています。 [続きを読む]
  • 周期性呼吸
  • 子どもが生まれました。なかなか衝撃的な体験でした。生まれてすぐによく泣きましたが、その後すこし元気がないので新生児室へ。呼吸中枢の未発達な乳幼児によくみられる「周期性呼吸」があるそうです。同時に軽症ではありますが、2週間前から成長が停滞する「胎児発育不全」でした。陣痛促進剤を使った分娩だった為、通常よりも新生児に負担がかかったとのこと。現在は酸素濃度を高くした保育器(?)の中にいて、栄養剤の点滴をし [続きを読む]
  • 過去記事のリライトについて。
  • 過去記事のリライト高校を中退した人向けにブログを書いています。 - 高校中退からの人生ガイドライン上のリンクはヘッダーの「このブログについて」から飛べる記事です。この1年間いろいろ考えたり調べたりしている中で、高校中退ということについて、自分の中でもずいぶん考えが変わってきました。そういう中で見つけた役に立ちそうな情報をできるだけ盛り込んでみました。例えばTEDを紹介してみました。非常に価値のあるサイ [続きを読む]
  • 勉強がなかなか捗らない。
  • 仕事を辞めてから、今までまるで勉強したことのない新しい分野の勉強をしています。1ヶ月、毎日喫茶店に4〜5時間、帰宅してもできるだけ勉強、という具合で、仕事をしていたら1ヶ月ではまずたどり着けないようなレベルに達していると思います。まだわずか1ヶ月の学習なので、これから深めていかなければならないです。最近読んだ本によると成長曲線というのがあるそうで、新しいことを始めた時には成長が著しいですが、それも [続きを読む]
  • 高校を辞めても別に問題ない。
  • 高校を辞めても良い。もうわざわざ書く必要無いと思いますが、僕はもう行列に並ぶ生き方を特に支持していません。受験という篩(ふる)いにかけられ、就活という篩いにかけられ、出世競争というふるいにかけられる。これはちょっと、途中で落ちこぼれたらやり直しのできない争いであります。僕なんか高校を中退したから、ここで早くも脱落したわけです。大学受験のことも良くわからないし、就職だってどうしたらいいか分からない。 [続きを読む]
  • 僕がスペイン語を嫌いになった経緯。
  • 僕は大学時代、第二外国語として、スペイン語をかなり熱心に勉強していたんですが、大学2年生ぐらいから急激にモチベーションが下がってしまい、3年4年ではほとんど勉強しませんでした。その程度の勉強量ではありますが、文法はきちんと理解していますし、接続法までの活用を今でもちゃんと覚えています。(つまり辞書を片手に難しい文章を読んだり訳すことはできますが、会話はたどたどしいし、語彙力もありません)でも僕はよ [続きを読む]
  • 就活前線、大手100社以上が中卒向け採用枠の開始。
  • 2017.04.02追記***この記事はエイプリルフール用のネタ記事だよ! 本気にしないでね。先ほど読んでいたニュースによると、上場企業100社以上が、今年度から中卒者ならびに高校中退をした人向けの採用枠を検討しているとのことです。その理由としては中卒者は高等教育を受けていないので、まだ新鮮な感覚を持っている。高校中退をするやつは骨があるし、度胸がありそうだ。他に受け入れてくれる場所がないので、背水の陣で努 [続きを読む]
  • 会社辞めて2週間経過。
  • とりあえずしばらくは勉強と、妻の出産の手伝いです。だいたい4月なかばぐらいまで。それが済んでから東京への引越し準備、引越しして新しい生活+学校へ通う。転職。という流れです。このブログは書いていて、とてもいい文章を書く訓練になりました。徹底的に噛み砕いて、誰にでもわかりやすい文章をかく。そういう訓練でした。CSS/HTMLを覚えることもできたし、SEOやアフィリエイトの勉強をするきっかけにもなりました。はて [続きを読む]
  • 会社を3年で辞めるメリット。デメリット。
  • 目次 本当に入社3年働かなくちゃいけないのか? メリット:不用意に辞めないで済む。 メリット:転職の際に、履歴書に書ける。 メリット:新卒から3年働けば、確かに社会人らしくなる。 メリット:体力がつき、精神的にもタフになる。 デメリット:やめるのがもったいなくなる(人間関係) デメリット:やめるのがもったいないなくなる(仕事の知識、立場) デメリット:劣悪な環境でも無理し過ぎてしま [続きを読む]
  • 会社を辞めた理由
  • 目次 仕事を辞める理由は人それぞれ 激務 仕事の非効率さ だらだら残業の常態化 難易度が高く、危険な作業が多かった。 精神論で解決 体育会系 キャリアアップが困難 出世も年功序列。 まとめ 参考URL 仕事を辞める理由は人それぞれ会社を辞める理由はひとそれぞれだと思います。最近は終身 [続きを読む]
  • 会社を辞めてきた。続き。
  • 目次 気持ちのアップダウンが超はげしい。 課題が難しすぎて泣きそうだった。 ひたすら社交辞令。 金を借りてきた。 子供が生まれる。 人に迷惑をかけるのは悪いことなのか? そして東京へ行く。とりあえず進路も決まったので、ひと安心ということで、ちょっと久しぶりにブログ書きます。ここ数日は、昼間は会社で引き継ぎと残りの仕事、夜は希望している学校の課題をせっせとこなしていました。気持ちのアッ [続きを読む]