ぬるみず さん プロフィール

  •  
ぬるみずさん: おんたびどっと込む
ハンドル名ぬるみず さん
ブログタイトルおんたびどっと込む
ブログURLhttps://hokasupa.com/
サイト紹介文温泉や銭湯、家風呂といったお風呂にまつわるネタや、旅行についてを自然科学を交えて紹介するサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 57日(平均4.4回/週) - 参加 2017/04/30 03:26

ぬるみず さんのブログ記事

  • 6月・10月はバラの季節!簡単な見分け方3選
  • 暑いけどちょっと涼しい、5月下旬〜6上旬、9月下旬〜10月上旬はバラが満開を迎えるシーズンとなっています。(北部や南部は時期が少しズレるかもしれません)真っ赤で派手な“情熱の花”というイメージが強いバラですが、原種は意外とおしとやかだったりします。知っているとちょっと楽しいバラの見分け方を、最低限に厳選して紹介します。生え方ハイブリッド・ティー四季咲き(季節を限定せず何度も咲くこと)で、大輪一輪咲きが [続きを読む]
  • 地獄の住人、温泉生物とは!?
  • 温泉が湧き出る土地には有毒なガスや高い熱、強い酸やアルカリが存在するなど、生物が住みにくい環境になっていることが多くあります。その中でも、生まれも育ちも温泉という変わった動植物も存在しています。今回は温泉生物を見ていきましょう。この世には地獄がある高温のガスや地熱、熱水で生き物が生育しにくい地形を“地獄地形”といいます。酸化力の強い硫化水素、二酸化硫黄が火山性ガスとして立ち込めることで土壌の酸性化 [続きを読む]
  • 非火山性温泉を知ろう
  • 火山性温泉のページで少し触りましたが、ここでは火山以外から湧き出る非火山性温泉について紹介します。この解説を読むことで、私たちのほとんどが非火山性温泉に入った経験があるということが分かるでしょう。非火山性温泉とは平野や海岸近くに湧く温泉のことです。火山由来でない温泉は非火山性温泉と覚えてよいでしょう。環境省が定める温泉の定義に沿えば、どこで湧いても、どんな由来の水でも温泉となりえます。私たちが入っ [続きを読む]
  • 火山性温泉を知ろう
  • Guillaumesens / Pixabay温泉は地面から湧き出ているものですが、どんな地面からでも湧き出ているのでしょうか。また水の由来は同じところなのでしょうか。今回は火山性温泉について注目します。温泉の種類は2つ存在する温泉の由来として、火山性温泉と非火山性温泉があります。簡単に説明すると、火山性温泉は火山の影響を受けて湧き出ている温泉、非火山性温泉はそれ以外の温泉です。火山性温泉とは温泉の解説の前に火山について [続きを読む]
  • 火山性温泉を知ろう
  • Guillaumesens / Pixabay温泉は地面から湧き出ているものですが、どんな地面からでも湧き出ているのでしょうか。また水の由来は同じところなのでしょうか。今回は火山性温泉について注目します。温泉の種類は2つ存在する温泉の由来として、火山性温泉と非火山性温泉があります。簡単に説明すると、火山性温泉は火山の影響を受けて湧き出ている温泉、非火山性温泉はそれ以外の温泉です。火山性温泉とは温泉の解説の前に火山について [続きを読む]
  • 火山性温泉を知ろう
  • Guillaumesens / Pixabay温泉は地面から湧き出ているものですが、どんな地面からでも湧き出ているのでしょうか。また水の由来は同じところなのでしょうか。今回は火山性温泉について注目します。温泉の種類は2つ存在する温泉の由来として、火山性温泉と非火山性温泉があります。簡単に説明すると、火山性温泉は火山の影響を受けて湧き出ている温泉、非火山性温泉はそれ以外の温泉です。火山性温泉とは温泉の解説の前に火山について [続きを読む]
  • 五月病を吹き飛ばせ!お風呂でストレス軽減法
  • caio_triana / Pixabay生活環境の変化が多い4月が終わり、ゴールデンウィークでホッと胸をなで下ろす方も多いのではないでしょうか。せっかく築きつつある生活リズムも、長期連休を挟むことで崩れがちになります。また、4月の一か月間で「入社前に思っていた仕事と違う……」など、五月病の芽が出てくるころです。肩こり・腰痛・頭痛プラス慣れない仕事と、現在進行形でストレスMAXな筆者の経験から、お風呂を使ったストレス軽減法 [続きを読む]
  • 五月病を吹き飛ばせ!お風呂でストレス軽減法
  • caio_triana / Pixabay生活環境の変化が多い4月が終わり、ゴールデンウィークでホッと胸をなで下ろす方も多いのではないでしょうか。せっかく築きつつある生活リズムも、長期連休を挟むことで崩れがちになります。また、4月の一か月間で「入社前に思っていた仕事と違う……」など、五月病の芽が出てくるころです。肩こり・腰痛・頭痛プラス慣れない仕事と、現在進行形でストレスMAXな筆者の経験から、お風呂を使ったストレス軽減法 [続きを読む]
  • 五月病を吹き飛ばせ!お風呂でストレス軽減法
  • caio_triana / Pixabay生活環境の変化が多い4月が終わり、ゴールデンウィークでホッと胸をなで下ろす方も多いのではないでしょうか。せっかく築きつつある生活リズムも、長期連休を挟むことで崩れがちになります。また、4月の一か月間で「入社前に思っていた仕事と違う……」など、五月病の芽が出てくるころです。肩こり・腰痛・頭痛プラス慣れない仕事と、現在進行形でストレスMAXな筆者の経験から、お風呂を使ったストレス軽減法 [続きを読む]
  • 地元住民限定の温泉!?海底温泉とは
  • byrev / Pixabay 日本は温泉大国です。山に行けば火山由来の温泉が湧き出て、平野部に行けば地下に眠る海水が地温によって温められて温泉として湧き出てきます。では海はどうでしょう?もちろん海にも温泉が湧いています。ただし特殊過ぎて普通の人は入れません……!?人が入れない温泉海底温泉とは摂氏2〜4℃の地下1000m以上の海底で水温が300℃以上という超高温の水が噴き出す場所のことです。実際は温泉という言い回しはせず、 [続きを読む]
  • 地元住民限定の温泉!?海底温泉とは
  • byrev / Pixabay 日本は温泉大国です。山に行けば火山由来の温泉が湧き出て、平野部に行けば地下に眠る海水が地温によって温められて温泉として湧き出てきます。では海はどうでしょう?もちろん海にも温泉が湧いています。ただし特殊過ぎて普通の人は入れません……!?人が入れない温泉海底温泉とは摂氏2〜4℃の地下1000m以上の海底で水温が300℃以上という超高温の水が噴き出す場所のことです。実際は温泉という言い回しは [続きを読む]
  • 地元住民限定の温泉!?海底温泉とは
  • byrev / Pixabay 日本は温泉大国です。山に行けば火山由来の温泉が湧き出て、平野部に行けば地下に眠る海水が地温によって温められて温泉として湧き出てきます。では海はどうでしょう?もちろん海にも温泉が湧いています。ただし特殊過ぎて普通の人は入れません……!?人が入れない温泉海底温泉とは摂氏2〜4℃の地下1000m以上の海底で水温が300℃以上という超高温の水が噴き出す場所のことです。実際は温泉という言い回しは [続きを読む]
  • 温泉活用!入浴法いろいろ
  • 温泉の利用方法として様々なものが挙げられます。大まかに分けると入浴、飲泉、吸入、含そう(うがい)、洗でき(体の洗浄)があります。日本でもっともポピュラーな活用方法は入浴ですが、実は一口に入浴といっても多様な種類があります。ここでは入浴の色々を見ていきましょう。入浴皆さんご存知の湯に体を付ける方法です。しかしその浸かり方で疲労回復や美容効果、ダイエットまで効き方は様々なのです。全身浴首から下の全身を [続きを読む]
  • 温泉活用!入浴法いろいろ
  • 温泉の利用方法として様々なものが挙げられます。大まかに分けると入浴、飲泉、吸入、含そう(うがい)、洗でき(体の洗浄)があります。日本でもっともポピュラーな活用方法は入浴ですが、実は一口に入浴といっても多様な種類があります。ここでは入浴の色々を見ていきましょう。入浴皆さんご存知の湯に体を付ける方法です。しかしその浸かり方で疲労回復や美容効果、ダイエットまで効き方は様々なのです。全身浴首から下の全身を [続きを読む]
  • 温泉活用!入浴法いろいろ
  • 温泉の利用方法として様々なものが挙げられます。大まかに分けると入浴、飲泉、吸入、含そう(うがい)、洗でき(体の洗浄)があります。日本でもっともポピュラーな活用方法は入浴ですが、実は一口に入浴といっても多様な種類があります。ここでは入浴の色々を見ていきましょう。入浴皆さんご存知の湯に体を付ける方法です。しかしその浸かり方で疲労回復や美容効果、ダイエットまで効き方は様々なのです。全身浴首から下の全身を [続きを読む]
  • 温泉の効能
  • JaStra / Pixabay古くから伝わるように温泉には多くの医学的効能を私たちにもたらします。それは単純に温泉水に含まれる成分だけでなく、温泉という存在そのものから生まれてくるものなのです。ここでは温泉がもたらす効能を少し紐解いてみましょう。物理的作用温泉がもたらす作用に、温熱、浮力、水圧が挙げられます。これはどんな成分の温泉にも等しく作用します。温熱効果なぜ温泉には温度が重要なのでしょうか?これは体が温ま [続きを読む]
  • 温泉の効能
  • JaStra / Pixabay古くから伝わるように温泉には多くの医学的効能を私たちにもたらします。それは単純に温泉水に含まれる成分だけでなく、温泉という存在そのものから生まれてくるものなのです。ここでは温泉がもたらす効能を少し紐解いてみましょう。物理的作用温泉がもたらす作用に、温熱、浮力、水圧が挙げられます。これはどんな成分の温泉にも等しく作用します。温熱効果なぜ温泉には温度が重要なのでしょうか?これは体が温ま [続きを読む]
  • 温泉の効能
  • JaStra / Pixabay古くから伝わるように温泉には多くの医学的効能を私たちにもたらします。それは単純に温泉水に含まれる成分だけでなく、温泉という存在そのものから生まれてくるものなのです。ここでは温泉がもたらす効能を少し紐解いてみましょう。物理的作用温泉がもたらす作用に、温熱、浮力、水圧が挙げられます。これはどんな成分の温泉にも等しく作用します。温熱効果なぜ温泉には温度が重要なのでしょうか?これは体が温ま [続きを読む]
  • 温泉の分類
  • erwinbauer / Pixabay旅行などで温泉地に行ったとき一度は目にするのが温泉分析表ですね。じっくり読むと化学用語が満載でなんだか小難しいなぁと思いませんか?温泉はその性質で分類され、呼び名も変わってきます。大雑把に把握することで「なぁんだ、そんなことか」という感覚になっていただければと思います。泉温(温度)による分類温泉は泉温が25℃以上のものを指しますが、温度によっても分けられています。高温泉は42℃以上 [続きを読む]
  • 温泉の分類
  • erwinbauer / Pixabay旅行などで温泉地に行ったとき一度は目にするのが温泉分析表ですね。じっくり読むと化学用語が満載でなんだか小難しいなぁと思いませんか?温泉はその性質で分類され、呼び名も変わってきます。大雑把に把握することで「なぁんだ、そんなことか」という感覚になっていただければと思います。泉温(温度)による分類温泉は泉温が25℃以上のものを指しますが、温度によっても分けられています。高温泉は42℃以上 [続きを読む]
  • 温泉の分類
  • erwinbauer / Pixabay旅行などで温泉地に行ったとき一度は目にするのが温泉分析表ですね。じっくり読むと化学用語が満載でなんだか小難しいなぁと思いませんか?温泉はその性質で分類され、呼び名も変わってきます。大雑把に把握することで「なぁんだ、そんなことか」という感覚になっていただければと思います。泉温(温度)による分類温泉は泉温が25℃以上のものを指しますが、温度によっても分けられています。高温泉は42℃以上 [続きを読む]
  • 療養泉の定義
  • Alexas_Fotos / Pixabay古くから湯治に用いられる療養泉ですが、これにもちゃんと定義があります。温泉の定義も別にあるのでなんだか混乱しそうになりませんか?実は温泉の定義とはちょっとだけ違っています。ここでは療養泉の認識を深めていきましょう。療養泉の定義療養泉とは、温泉(水蒸気その他のガスを除く。)のうち、特に治療の目的に供しうるもので、別表の温度又は物質を有するものと定義されています。温泉の定義には含 [続きを読む]