孤独なハンサム さん プロフィール

  •  
孤独なハンサムさん: PTSDの治療と快復/ありのままの私へ
ハンドル名孤独なハンサム さん
ブログタイトルPTSDの治療と快復/ありのままの私へ
ブログURLhttp://arinomamat.blogspot.jp/
サイト紹介文PSTDと闘う日々の成長と苦悩、そして希望を記事にしています。パニック障害、過敏性腸症候群等も併発。
自由文☆自己紹介☆
好きな食べ物は、まぐろ。几帳面ではないけど綺麗好きで掃除好き。最近は料理をすることが楽しいアラサー男子です。PTSDを抱えて10年の少しベテラン。長期的な人間関係を築くこと、自分を出してコミュニケーションをすることが苦手。ユーザー名の由来は、エレファントカシマシの「孤独な旅人」を聴いている時に連れから「孤独なハンサム」と言われたのが由来です。

☆趣味☆
写真、ギター
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 27日(平均4.7回/週) - 参加 2017/04/30 18:29

孤独なハンサム さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • リアルな自分の心に迫る第一回 「なぜ休職になってしまうのか!?」
  • リアルな自分の心に迫る第一回テーマは、「なぜ休職になってしまうのか!?」について、私だけの経験を元に書きたいと思います。たまに、神経症は気持ちの問題で気合いで治るとか、病気ではないとか、仰る方がいらっしゃいますが案外間違っていないと思います。たしかに症状で苦しんでいるほうからしたら、とても悲しくなる言葉ですが、よく考えてみると、仰ることとは反対に本当に心の底から気合いを入れられる脳のシステムをお持 [続きを読む]
  • 健康診断と強迫観念/逃避行動
  • 今日は健康診断でした。健康診断の日は、毎年不安が強くなります。一番は、空腹による吐き気が怖いからですね。私は食べないと吐き気が起こるので、できるだけ三食を食べたい派です。胃が痛むときも、胃酸で胃壁が余計に荒れたら嫌なので、とりあえずご飯の時間になったらお茶漬けなどをお腹に入れるようにしています。これって小さい頃から変わってないことのひとつで、パニック障害を発症する前から同じような不快感がありました [続きを読む]
  • 緊張による身体症状と解離/私と物の関係
  • 日常的な不安レベルが高い人は、無意識に身体がこわばっているものです。一般大多数には、なんでもないことも不安を持ち緊張しています。でも本人は緊張して生活していると自分の身体に起きている事に気が付かないことも多くありません。私もそんなパターンを抱えるひとりです。今朝は、眼球の痛みと、頭痛、顔面痛、それと背部痛で息をするだけで痛いという症状がハッキリと出ていて、またこのパターンか〜と少し落ち込みました。 [続きを読む]
  • 遠ざかる青春/ニッキー・ヘイデンの死
  • 車の窓を開けたまま通勤中、信号待ちで隣の車線にマフラーの交換されたXR250 BAJAが並びました。風に乗って車内に舞い込んだ生ガスの香りと、照りつける太陽に、青春の夏を感じずにはいられませんでした。信号が青になり、次第に遠くなる青春(XR250 BAJA)・・・。車の中で流れるエレファントカシマシのso many people(YouTube)。強い日差しと少し冷たい風を感じながら、俺の幸せってなんだろう、と脳内が若干壊れ気味な状態で [続きを読む]
  • PTSD患者の復職/初日の感想など
  • 今日は暑かったですね。暑い暑いと言っていると、エレカシの宮本さんの声で「暑い暑いと同情乞うて果てろ」と奴隷天国の替え歌が聞こえてきそうです。(いまエレファントカシマシにハマっていてYouTubeの見すぎです。)今朝は、5時に起床しました。薬の副作用のせいで眠れないことを上手く使って、2ヶ月ほど5時に起きる生活リズムになっています。仕事をして疲れるようになったら起きられなくなるとか有り得そうなので、いつまで自 [続きを読む]
  • 北海道ツーリングの心配事
  • カブで北海道ツーリングの心配事を書き出してみました。1、本土から北海道に渡る船で酔うので嘔吐恐怖と逃げられないという不安からパニック発作になりそう2、虫の多い季節は、虫の突撃隊とキャンプ中の虫が怖い3、北海道に渡ったはいいが、体調を崩して本土に帰れなくなりそう4、ブヨは羽を取って遊ぶものなのに、どうやら刺すらしい?(追記:画像検索してみたら、昔、北海道で羽取って遊んでたのアブだったみたい)5、実は北海 [続きを読む]
  • 不安と楽しみ/お仕事と心配事
  • 徐々に日中の気温が上がってきましたね。私の苦手な季節が、日に日に近付いてきています。発症したのが夏頃だったからか、暑さに対してトラウマが拭えないようで、未だに気温の高い場所が苦手ですし、高温多湿な場所で過ごすと、あっという間に自律神経が乱れます。暑い季節に体調を崩すと、暑さで発汗するだけでも体力が奪われて、回復するタイミングがないんですよね。実は発症する1ヶ月前には、モトクロス場で熱中症になってし [続きを読む]
  • 得意・不得意/個々の気軽さの違い
  • 人によって得意・不得意ってありますよね。昨日、うつ病のバンドメンバーをスタジオに誘った時に、思いもよらないことを言われたので、得意・不得意を再認識したのですが、私は気付くと自分の考えが周りの考えのような気がしてしまっていて、会話してしばらく経った後に、「あ、そういうことか」って思ったりするので、馬鹿なんですよね〜。それで、その友達に言われたのが、「スタジオはまた今度にさせてほしい、そのうち食事に行 [続きを読む]
  • いけー!石森!!気合い入れろぉー!!!/迷い込んだトンネル
  • どうやって生きていくか、分岐したトンネルに迷い込んでいます。とりあえずこのままだと面白味に欠ける人生になりそうという予想をしています。別につまらなくはないかもしれないけど、視野が狭いまま、自分の守りたいものの呪縛の中から抜け出せないまま人生が終わりそうな気がします。今回のピンチも生活や人生を見直すチャンスでもありますが、度重なる闘病生活に疲れてしまっているのでチャンスに換えられる余力や運が残ってい [続きを読む]
  • 表現の自由/リハーサルスタジオでギターを弾きながら叫んできました♪
  • 音楽っていいな〜と、この歳になって思うようになりました。ギターは10年以上前からやっているのですが、当初はただの暇つぶしだったので、今こうして音楽に少しばかり探究心を持つ自分がいるなんて本当に人生は何が起こるかわからないのが面白いと思います。ここ数年、あるきっかけから音楽における自己表現の自由さに感銘を受けたんです。それとバンドメンバーと協力して音を曲にすることについて、「この健康的な楽しさが今の自 [続きを読む]
  • 母の存在と心理/複雑性PTSDと愛着障害と境界例の関係
  • 今週末は、母の日ですね。私も数年前までは、何かしら贈り物や実家に遊びに行って家事の手伝いなどをしていました。カウンセリングを進めるうちに、複雑性PTSDと判明するまでは、母という存在を大切にしようと努力していました。複雑性PTSDの判明という表現は、本人にとっては曖昧な感覚で、長年考えても辿り着かなかった言葉だったこともあり、臨床心理士から伝えられても、実際に感覚として理解するまで時間が掛かりました。ただ [続きを読む]
  • 仕事は生きる希望/PTSDの持つ環境への強いトラウマ
  • 体調を崩して長期休養をしている間に働く気力もなくなり、復職する意欲もなくなることも少なくないと思います。そもそも、それまで働いてきた会社で体調を崩していることについて、働く環境として良いのか?今後も続けていけるような仕事内容なのか?非常に悩みます。私が先日カウンセリングを受けながら気付いたことは、子供の頃に経験した乗り物酔いへの恐怖が今も付きまとっているのは間違いなく、揺れる場所、不安定な場所、意 [続きを読む]
  • もっと早く申請すればよかった!障害厚生年金/患者さんの救済
  • 私がPTSDとパニック障害を発症したのは10年以上前のことですが、障害厚生年金を知ったのは、実は2ヶ月半ほど前でした。もっと早く知っていれば、ここまでお金に振り回されずに済んだかもしれないと思うと悔やむ部分もあります。ただ障害厚生年金は、患者なら誰でももらえるわけではなく、審査を通らなければ救済は受けられません。私の場合は、病名や症状から、審査を通らない可能性が高いため医師も言わなかったのかもしれません [続きを読む]
  • 彼女に会うのに不安?予期不安の付き合い方/森田療法と段階的暴露療法
  • 今日は彼女に会うために、近くの駅まで迎えに行きました。普通の人にとっては、ごく当たり前に出来ることかもしれませんが、PSTDやパニック障害を持っている人にとっては、容易にできることではありません。実際の行動としては非常に簡単な事ですが、患者にとっては、予期不安によって生活水準が下がり、緊張と不安から体調を崩すことがほとんどです。不安が身体化し、症状として自覚できるようになると、ますます不安というような [続きを読む]
  • スーパーカブ110の兄弟、スーパードリーム!/カブへの思いを綴る
  • 生活するってお金が要りますよね。食費、水道光熱費、税金、医療費、その他諸々・・・。PTSDやパニック障害を患い、症状によって生活を制限されていると、仕事を続けるのも人一倍苦労するものです。仕事をして収入があるのに、診断書が高額で赤字が出たり、医療費が高かったりして、ギリギリの生活。身体のことに、お金のことが加わると、尚、精神を疲弊してしまいますよね。そんな私に少しの希望を与えてくれるのが、バイクという [続きを読む]
  • PTSDの本質的なこと/本当は強烈なイベントだけが原因じゃない!?
  • PTSDは、命にかかわるような強烈なイベント(出来事)に直面して、心に深い傷を負うと発症しやすいと言われています。ここでいう「命にかかわる」とは、主観で判断されるもので、それまで生活してきた環境が個々に違うように、個人差があっていいものだと思います。ただ「命にかかわるほどの強烈なイベント」による心の傷が、目に見えるものなら早期発見ができるのですが、本人すら気付いていないことが多く、症状を自分でコントロ [続きを読む]
  • PTSDの患者にとって過去を振り返ることは生きるため/命を守る
  • PTSDの患者にとって過去を振り返ることは苦痛が伴います。過去と向き合うことで快復の糸口を見つけようとする行為は、医療従事者によって、もしくは自ら向き合う機会をもうけて、症状を和らげるための継続的な学びが必要になると考えています。PTSDによって人生そのものを苦しんでいるのに、強烈なストレスによって思い出すことが容易ではない辛い過去の記憶と向き合う・・・・・・まるで、生きながらに地獄を味わうような試練のよ [続きを読む]
  • PTSDの治療と快復/ありのままの私へ
  • ☆ブログを始めました☆私のブログをご覧いただきありがとうございます。PSTDと闘う日々の成長と苦悩、そして希望を日記調に書いていく予定です。文章表現に不慣れですが、読みやすくなるよう、がんばります☆☆自己紹介☆好きな食べ物は、まぐろ。几帳面ではないけど綺麗好きで掃除好き。最近は、料理をすることが楽しいアラサー男子です。PTSDを発症して10年の少しベテラン。苦手なことは、長期的な人間関係を築くこと、素の自分 [続きを読む]
  • 過去の記事 …