リラランド さん プロフィール

  •  
リラランドさん: 閲覧注意??年間300万円のスワップで・・・
ハンドル名リラランド さん
ブログタイトル閲覧注意??年間300万円のスワップで・・・
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/lexusisc250/
サイト紹介文リラ88枚。ランド70枚のスワップで住宅ローン〜〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供522回 / 143日(平均25.6回/週) - 参加 2017/05/01 16:30

リラランド さんのブログ記事

  • お金の性質
  • お金・・・節約その節約で生れてくるお金には限界がある。節約で生れる可処分所得は絶対に所得を越えることはない。貯蓄現状、預金金利が1%を超えることはない。現金価値が上下する。インフレ・デフレ・為替レート現状、政府日銀の政策はインフレ2%(物価を2%押し上げ... [続きを読む]
  • 9・20ブログ村ランキング
  • こんなことも初めてみたランド 3位トルコリラ  11位住宅ローン  10位だからどーした?って話ですが、やっぱりランキングが出るとなぜか上に上がりたがるのは猿と一緒でしょうかwww生暖かく見守って下さ〜いwww特段、皆さんにお礼も何もしませんが(笑)【送料... [続きを読む]
  • スワップありがたやwww
  • 実は、家族が数か月入院してます。おそらくまだ数か月以上の単位で入院が続くと思います。入院費。けっこう高額です。高額医療等の制度があるそうですが、まだ調べられていません(笑)ダウンロードだけはしたのですが、いわゆるお役所的書き方で頭の悪い僕が理解するには3... [続きを読む]
  • ドルが強いっちゅうか・・・
  • リラ・ランド共に対ドルで売られておりますね。日足ベースではいったん売りトレンドと言ったところでしょうか。とりあえず、単純にドル円112円で計算。ドルリラ3.55で計算=31.5円ドルランド13.55で計算=8.3円こんなところでしょうかね。ま、レンジ中央で... [続きを読む]
  • 今夜はこれくらいで・・・
  • 明日の朝までスマホ使えないので、本日は相場の話題とブログはこれくらいでw多少レートがどちらに飛んでもあまり気にしませんが、やっぱり気になるのはリラのスワポ。さて、明朝はスワポはいかほどになるでしょうかね??じゃ、また明朝www [続きを読む]
  • 投資行動の心理学
  • 先日は、うちのチビの誕生日でした。で、昨日は誕生日プレゼントに「恐竜の卵」を買いに行きました(笑)一個500円ほどなので、ちょっと子供の投資行動をテストしてみた。条件提示①僕とじゃんけんをして3回勝ったら卵を3個買える。そのかわり負けたらプレゼントは無し... [続きを読む]
  • その生命保険必要ですか?
  • 題名の通り。保険と言われるものは、基本的に胴元の保険会社にエッジがあり、胴元が儲かり、客が損をする確率が限りなく高いマネーゲーム。だから『万一に備えて』なんですよね。逆に言えば10000のうち9999は負けるってことwまぁ、物の例えで極端ですがw... [続きを読む]
  • ビットコイン
  • 昨日、トルコリラの通貨の信認について書きました。そこで、急落しているビットコイン。僕は前々から投資する気にはなれなかった。なぜなら、いったいどこの誰が、ビットコインの発行、価値を管理しているのか?プログラムが管理しているらしいが、僕にはそ... [続きを読む]
  • Jアラート
  • 何時間もたってから地方自治体は毎回会議をしますね。しかも、その議題は『ミサイルが上空を通過した場合の…』ばかり。現状では国民が情報を把握、理解して行動する頃にはミサイルは大平洋に抜けている。つまり、残念ながらほとんど役に立ってない。地方自... [続きを読む]
  • お前の本気を見せてみろ!!(笑)
  • トルコ中央銀行は政策金利も、後期流動性貸し出し金利も据え置き。一応、引き締めスタンスの維持を表明しましたが、これが長期的な本心なのか?裏でL閣下と取引して金利を緩和方向へコントロールしていくのか?トルコ中央銀行の独立性の本気度を見極めていかない... [続きを読む]
  • おはようございます。
  • カリアゲパンチの朝。ええかげんカリアゲには腹が立ちますね。まぁ、そんな朝ですがリラのスワポがとりあえず70円になりましたので本日のスワポは6720円でしたぁ。 [続きを読む]
  • リラ・ランド共に・・・
  • 上方拡散を始めていたボリバンですが、残念ながら収斂を始めました。トレンドは中立です。リラはやはL閣下の利下げ圧力による短期金利急落が主たる要因かと思いますが、その真相には中銀の独立性を問う市場原理もあろうかと思います。つまり通貨の信任を問われれているのだ... [続きを読む]