ここは小さな高校です さん プロフィール

  •  
ここは小さな高校ですさん: ここは小さな高校です
ハンドル名ここは小さな高校です さん
ブログタイトルここは小さな高校です
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/5381naninani
サイト紹介文英語の授業を通して、田舎の小さな高校で学ぶ素敵な生徒たちを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 103日(平均0.7回/週) - 参加 2017/05/01 22:22

ここは小さな高校です さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 歩花の手紙
  • To ミスターゆ〜どうも こんにちはいつも優しく授業してくれてありがとうございますとってもお世話になっています。Englishはとても難しい先生は天才ですねリスペクトします〜〜〜。メガネとってもオシャレ>ですねとっても似合っていますよ最近はすごーく暑いのでちゃんと水分をとって体に気をつけてくださいねもっと暑くなったら差し入れにアイス下さいそしたらもっと授業頑張っちゃうぞお〜                  [続きを読む]
  • 柚希の手紙
  • 夏至の昨日は荒れに荒れた一日だったが、今日は濃さを増してきた青葉の木陰からホトトギスの声が聞こえてきそうな清々しい日となった。3限目は2年生の授業だった。一学期末考査が近づいているというのに、柚希(ゆずき)が内職をしている。授業を無視して、便箋に何かを書いているようだ。私も気付かないふりして授業をした。こんな清々しい日に生徒を叱ってはいけないのだ。授業が終わると柚希が内職していた便箋を私にくれた。  [続きを読む]
  • 田園風景
  • 北校舎に沿って農道が通っている。若い夫婦が並んで朝のウオーキングをしている。軽トラがスピードを落として通り過ぎていく。農道の向こうには田圃が広がっている。満々と水を張った田圃には広々とした青空が映っている。爽やかな朝風が吹くと、稲の葉先と青空が揺れる。つがいのシラサギが田圃に舞い降りて、仲良く餌を漁っている。そのはるか向こうには米山が見える。校舎の西窓からは、妙高・火打・焼山の三山が並んで見える。 [続きを読む]
  • 初恋、一声、戸隠の山
  •  半世紀以上も前の出来事。高2の夏、学校登山で戸隠山に登った。男女共学になってまだ3年しかたっていない我が高校は、2年生300名のうち女子生徒は25名しかいなかった。私は級友たちが『マドンナ』と呼んでいた6組の紀子に淡い恋心を抱いていたが、当時は異性と話したりすることは御法度だった。  戸隠山の「蟻の戸渡り」を渡り切って、山頂近くの岩場を4〜5名ずつのパーテイで鎖を頼りに上っていた。女子のパーテイの最後尾 [続きを読む]
  • 頭脳を育てる三要素
  • 脳の組織を育てる三要素は『き・し・そ』です。『そしき』を逆さ読みにした『き←し←そ』です。き 記憶力 記憶力が反復練習で身に付き、記憶したものはやがて『知識』となる。し 思考力 思考力は集中することで身に付き、やがて『智慧』になる。そ 想像力 想像力は感性によって育まれて、やがて『創造力』に成長する。 [続きを読む]
  • ナースの脚は筋肉痛
  • この春、県立看護大へ入学した美紀からメールがきた。「先生お元気ですか。大学にもだいぶ慣れてきました。サークルは「テニス」と「ふれあいこみゅにけーしょん」とゆうのに入って活動しています。脚は筋肉痛ですが五月病には気をつけます。先生は今年も看護系の子たちを指導されていますか?来年も後輩に来てほしいです。先生も五月病には気をつけてください。また連絡しますね」 4年前までは、この学校から国公立大学に進学で [続きを読む]
  • 学校が変わった?生徒が変わった?
  • ゴールデンウイークの狭間の5月2日に異動してこられた先生方の歓迎会があった。酒が進むと本音が出た。「実は、この学校へ異動すると告げられた時はびびりましたよ。茶髪の生徒も多くいる教育困難校と聞いていましたので。しかし、授業に出てみると、みんな素直で人懐っこくて、想像していたよりもずっと授業がし易いです」私が講師として勤め始めた頃のこの学校は、確かに教育困難校の一つだったかもしれない。あれから17年経って [続きを読む]
  • 津波のトラウマを解いてくれた一冊の本
  •  小学生の時に東日本大震災にで被災した気仙沼の中学生です。大津波の恐怖が抜けず、中学生になっても思うように勉強ができないでいました。 中3になった4月に偶然『花咲く丘の高校生』を読んだところ、私も高校に行きたいという気持ちが高まってきて勉強に集中できるようになり、おかげで第一志望の高校に入学することが出来ました。 私も花咲く丘の高校生たちのような素敵な高校生になろうと思っています。   (これは平 [続きを読む]
  • 花咲く丘の高校生
  •    『花咲く丘の高校生』への感想文  "Yoshy's World" より抜粋 どこから何度読み
    直しても新たな笑いとペーソスが泉のように湧き上がる。『ゆ〜先生と生徒たちが奏でるこの不
    思議なおかしみはどこからくるのだろう?』と今も考えています。 Wherever you may start reading and how
    many times you may read, you'd find yourself moved by both new chuckles and pathos.- I'm still thinking,"where o
    n earth does this [続きを読む]
  • 過去の記事 …