pistachio55 さん プロフィール

  •  
pistachio55さん: 迷走ピスタチオ
ハンドル名pistachio55 さん
ブログタイトル迷走ピスタチオ
ブログURLhttp://pistachio55.blog.fc2.com/
サイト紹介文自転車はじめました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 58日(平均7.6回/週) - 参加 2017/05/01 22:23

pistachio55 さんのブログ記事

  • 折りたたみはたたまない
  • 景品でもらった折りたたみ自転車ですが、はじめのうちは毎回たたんで物置に入れてました。1週間くらいでしょうか。20インチほどの小型自転車でしたが、けっこう重くてだんだん億劫になり、結局そのまま外に置いておくようになりました。“折りたたみ自転車はたたまない”あながち間違いではないように思います;にほんブログ村 [続きを読む]
  • 自転車に失礼
  • 一時期折りたたみ自転車に乗ってました。景品でもらった名も知らぬモデルでしたが、チョイ乗りに重宝してました。ある時買い物に乗って出かけ、駐輪場に停めておいたところ、サドルポストに付けていた小さなポーチがなくなっていました。自転車用ではなく、ホームセンターで見つけた小物でしたが、工具や、ライトのスペアの乾電池などを入れていました。どうせ景品だからと防犯意識もなく、鍵も付けていなかったのに、自転車は盗ら [続きを読む]
  • 自転車用の時計を考える
  • 古い機械式時計は好きですが、さすがにオートバイや自転車に乗るときはしません。おそらく20数年経ったアルバをいまだに使っています。山でこけたりしてるのでキズだらけ。ナイロンベルトですが、夏場は汗でうっとおしくなるので今はリュックに提げています。電波ソーラーもかなり安くなっているので、今年は新しい時計を買おうかなと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 講釈をたれる
  • 私は古い機械式時計が好き。一時期、昭和初期のガラクタを何百と集めました。時計については仕事そっちのけでかなり勉強しました。今でも電車の乗客や会社の来客の腕に目が行きます。「BMX」そして会社には自転車好きがいます。話し出すと止まりません。確かクロスに乗っていたはずですが、私がフェルトを買ったとこは内緒にしています。講釈を聞かされるのはなかなか辛いもので、自分も時計の講釈師になっていなかったか少々心配 [続きを読む]
  • 乗り手が減量せよ
  • むかし、オフロードのオートバイに乗っていたころは、よく林道を走っていました。愛車はセロー225cc.のちに250になったセローにも乗りましたが、悪路を走るには225の方が取り回しやすく、250ではパワーを持て余し気味でした。そのころ読んでいたオフロード雑誌のライターがよくバイクの軽量化を取り上げていました。パーツを外したり交換したりして1キロの軽量化とか。ぽっちゃりのライターでしたので、“先にお前が軽量化しろ” [続きを読む]
  • 雨の水曜
  • 東北も梅雨に入りました。今日は一日中雨。明日は回復するようですが、週末は不安定。「ハトと自転車」出かけたりして、隔週でしか乗ってないような気がします;今週は週末ライドできるでしょうか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕暮れライド
  • 東北も間もなく梅雨入りしそうですが、今のところ長く降る雨はありません。走れるうちに、という訳ではありませんが、週末は夕方に少し走ります。日中は汗ばむこともありますが、夕暮れライドはいい気持ち。見慣れた景色もちょっとよさげに映ります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 震災遺構
  • 荒浜の海岸から700メートル。松の木越しに見えた荒浜小学校は、今年震災遺構に選ばれ、一般公開されています。校舎は被災しましたが、子供たちは屋上へ避難して、難を逃れたそうです。入館は無料。開館時間は10:00〜16:00休館日は月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日、第2・第4木曜日、年末年始だそうです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 残骸
  • 荒浜には慰霊の観音像が建立されています。その周辺には倒れた松。そして鉄骨の残骸。久しぶりに訪れても変わらない風景。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 失われた並木
  • 中央、遠くに見えるは荒浜小学校。以前は防潮林の松並木が、向こうの景色を遮っていました。「櫛の歯が欠けたよう」と言いますが、あまりにも失い過ぎた松の並木。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 爪痕
  • 再建された荒浜地区の防波堤の陸側には、津波で倒れた松の木がいまだに残されたまま。記憶が風化しないよう、残しているのでしょうか。この夏、深沼海水浴場では震災後初めて2日間限定で遊泳が解禁となります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 貞山掘を行く
  • ここは貞山掘(ていざんぼり)荒浜の海岸沿いを流れる運河です。画像右手が海。震災前は貞山掘に沿って松並木が延々と続き、サイクリングロードにもなっていました。夏場に走っても木陰が陽射しを遮り、のんびりポタリングができるいい場所でしたが、その面影はありません。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 初心いずこ
  • フェルト納車からひと月ほど。近くの書店までチョイ乗りはしますが、さして距離は伸びません。週一でって言われた空気入れもサボってます。抜けてる感じはしないので結局指で押しての確認です。初心忘るべからず;にほんブログ村 [続きを読む]
  • セミドロップ
  • ゼブラケンコーの話しで、むかしのことをいろいろ思い出します。当時はセミドロップハンドルって結構多かったのですが、いつの頃からか見かけなくなりました。ゼブラもセミドロップでした。普通に乗ってましたが、今考えるとなかなか乗り易かったと思います。いつか復活してほしいなぁ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ゼブラケンコー
  • 高校の通学で乗っていた自転車はゼブラケンコー。遥かむかし、小学校5年のころに買ってもらったと思います。ベルの代わりにブザーが付いていて、ライトわきに乾電池の収納ボックスがありました。昭和の玄関ブザーのようにブーブーなりました。オートマ車のようなデザインのシフトレバーは、トップチューブに配置されていて、あの頃の流行りだったように思います。昨日の自転車通学の話しで思い出しました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 年間走行距離
  • 社宅として借りている部屋から会社までは地下鉄通勤です。たまに車を使いますが、距離は7キロほどでしょうか。高校の時は同じくらいの距離を毎日自転車通学でした。雨でも雪でも。3年間皆勤でしたが、今は自転車で毎日通勤する気力は…7キロ×往復×年間出席日数200日×3年=8,400キロ意外にスゴイ;にほんブログ村 [続きを読む]
  • インナーケーブル
  • クロスバイクを探しているとき、カラーリングに気を取られて、本体についてはあまり気にしていなかったように思います。車と違い、デザインは似たり寄ったりというのが本音。フェルトのケーブルがフレームの中を通っていることは、最初気が付きませんでした。ほかのモデルでもインナーケーブルタイプはいくつか見ましたが、汚れや錆びつき防止などに効果があるのでしょうか。すっきり感はあります。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日本を一周り
  • 先日、車で地元に帰省する際に道の駅に立ち寄ると、大荷物のバイカーがいました。私と入れ違いで出ていくところでしたが、ボードには「日本一周中・55日目」と書いてありました。20代の時にオートバイで北海道へツーリングに出かけたことがありますが、雨に降られ、道に迷い、なかなか大変でした。自転車ならなおさら。私の自転車での最長移動距離は70キロほどです;にほんブログ村 [続きを読む]
  • 小瓶
  • フェルトの取説やユーザー登録の案内と一緒に、プチプチに包まれた小瓶が入ってました。マニキュアみたい。タッチアップペイントがオマケで付いているとは驚きです。カラーはマットピスタチオ。使うことがないように大切に乗りましょう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • レディースでもOK
  • クロスバイク探しでショップをいろいろ巡っている時によさげなモデルがありました。キャノンデールです。ブルーシルバーの落ち着いたカラー。よく見ると、クイック・ウィメンズ6とありました。女性用モデルで、ややコンパクトなサイズ。たぶん私が乗ったらちょうどだったかも。カラーリングが気に入ればレディースモデルでも気にしませんが、ほかの店でフェルトを見て、キャノンデールのことを忘れてしまいました;にほんブログ村 [続きを読む]
  • アンチメジャー
  • 私は天邪鬼なところがあり、ベストセラー、ベストヒットといったワードに食指が動きません。それだけ支持があるということなのでしょうが、なんだか乗せられている気分になってしまいます。クロスバイクをネットで探した時も、お勧めモデルは、やはり街中やショップで多く見かけたモデルでした。「フェルト」価格もフェルトと同じくらい。カラーバリエーションやパーツも豊富で、売れているのも納得でしたが、候補からは外してしま [続きを読む]
  • 幸か不幸か
  • 2輪は好きですが詳しくありません。クロスバイクについても購入前のにわか仕込みで少し覚えた程度です。なのでフェルトを選んだ理由は価格とカラー。それでも少し予算オーバーでしたが;落ちついた色にしようと思っていたのに、なぜかこのカラーにしてしまいました。そして周囲では見かけないモデルだったということでしょうか。リアディレイラー(なんて普段口にしません)がアルタスで、それは低めのグレードで、なんてことは気 [続きを読む]