daytheone さん プロフィール

  •  
daytheoneさん: 酒と死から抜け出して 連続飲酒から入院、回復への道
ハンドル名daytheone さん
ブログタイトル酒と死から抜け出して 連続飲酒から入院、回復への道
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/daytheone/
サイト紹介文東日本大震災を引き金に 酒に堕ち死の手前の闇から抜け出し 断酒の道を歩き始めた体験のブログです。
自由文文章は得意ではなく 伝え方も上手くは無いです。
伝えたい事は 命の大切さと人との繋がりや 不思議な縁や運命のようなもの、行きているから起きること。
アルコール依存性の困難な回復へ至るまでと回復現在2年3ヶ月を越えた 心境を書いていきたいと 思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 86日(平均7.5回/週) - 参加 2017/05/02 01:53

daytheone さんのブログ記事

  • なんとなく浮かんだ事
  • 人生は期間限定途中途中に色んなイベントが有るが 過去に囚われ未来を削る事は非常にもったいない振り返ることと囚われは違うもの、その見分けさえ出来れば進みながら考える事が出来るかもしれないあくまでも理想でいい未来の自分の良き姿を想像して進む願わくは優し... [続きを読む]
  • 個人的な独り言
  • アルコール依存性に効くと言う薬はない。抗酒剤だって依存性に効くと言うものでもない抗不安薬、眠剤、、、薬物依存に効く薬、、、アル中みたくただ気力をもち大切にすれば良くなる様な病気はいいなぁ私の病気は気力だけじゃ良くならんし、薬だって効いたり効かなかっ... [続きを読む]
  • 幸せを嫌う
  • 幸せと言う言葉を嫌う話の流れで幸せと言う言葉が出た「幸せかぁ」「幸せねェ」「何が幸せだ??」と言う感じの返事の様な独り言聞いていて(活字の会話ですが)ふと思った、今は幸せと言う言葉を素直にいえる。(言葉に出せるかも?)以前も嫌いなわけでは無かったただ ... [続きを読む]
  • 小学校で教えられた
  • でもは言わないの!小学生の時先生に言われた事病気を認めることはそれだと思いました。自分が自分の病の特徴をしる。これは回復に繋がる良い傾向だと思いました。自分を見つめる事が出来ると未然に防げる事がありました。それとは別に自分を知り相手方に知ってもら... [続きを読む]
  • 自分なりの回復
  • 私の回復は二年半が過ぎここ半年は平穏無事物足りなさを感じるくらいに順調その一つに、断酒については何かに縛られていない と言うことがあります自分なりに考える断酒ボロボロになった頃に戻りたくない自分の身体を知り できる限り失った物を取り戻したい過去の過ちから今... [続きを読む]
  • これから
  • 図星を突かれ苦笑いして負い目を感じ、陰に行き悔しがり隠れ酒を喰らい酔えば一人で寂しがり、泣きたくなり、当たりどころの無い自分を正そうともせず、ただ酒に呑まれていった日、目を閉じれば奥底に浮かぶあの日の姿は色褪せず、へばり付きはしなかった色が抜けモノクロ... [続きを読む]
  • 働いた汗
  • 退院後仕事はすぐに始めました。私なりに戸惑いながらと言う感じでしたが一生懸命に 感を取り戻す感じでやっていました。夏場も二度目を汗だくになり 日焼けしながら働いていました。三度目の夏前の今日の汗は今までと違い何と言うのか、普通?嬉しいほど普通の汗やっと普通... [続きを読む]
  • 私の回復のノート
  • ※自分の目で確かめる(鏡で見る自分の姿)※おはようやおやすみと言う挨拶の基本※返事はキチンとした形でする。 文句は話の後に※新しい発見と聴く耳を持つ※固定観念を捨て言葉の理解と 意思の疎通が大切※心の中にストレスのゴミ箱を置く※脳幹虚弱症にな... [続きを読む]
  • 自分で陥る罠
  • 期待はずれということは先読みをしてしまうこと空回りする事も似た様な事自分で想像する期待値が高いほど 雑になる行動先読みをしない(先読みは自分の可能性を狭くするだけ)特に不安の先読みは危険経験の無いものが先読みなど出来るわけがないはず自分でする先読み程 あ... [続きを読む]
  • ノートの中の休み時間
  • 今は便利な時代携帯があるでしょうメモが出来る写真が撮れるもしもできない場合は頭がある、むすがしくて覚えられない何かの話を聞いた時携帯が使えない、ノートにメモも出来ないその時間が終わった後聞きに行くと思い付く後から聞けばいいと鼻から思っていた話した... [続きを読む]
  • 入院一月目のノートから
  • こんな自分はみっともないと諦め嘆くことで劣等感が生まれ染み付くそんな時の自分に気付ける事を気にする今はこんな姿でも変われるんだと思う事今の自分を受け入れ自己愛を生まれさせる自己愛が生まれ自分が変われてきたのはみんなに力を借りたからと思う事感じる事... [続きを読む]
  • 現在感じるお酒にまつわる事
  • 飲み会の送迎だけを引き受けシラフの二人を居酒屋へ送り同席する人に挨拶しました。皆んなシラフの状態で平常のご挨拶。私は一旦引き上げ3時間後に迎えに行きましたが案の定出来上がりでして、一緒に付き合えと言われました。その事は問題ありませんし酔っ払いはそんなもので... [続きを読む]
  • 遠い場所からの声
  • 私は自宅から遠い場所で再生と新たな出発をしました。しましたのではなく、できました?改めて生きれたと言うのでしょうか、とにかく今があります。時は過ぎ本来の私ならもうその有り難みも薄れるころなのかもしれませんが再出発した私はどこか違い、その有り難さは日に日に... [続きを読む]
  • 健康診断
  • 連続飲酒が酷くなる少し前に受けた血液検査のデータが今回の診断に載っていた三年前のデータ の肝機能を示すγGTPおおよその痛み具合は素人はここを見る位検査データがのこってるのはこれだけなので連続飲酒後はかなりの数値になっていたであろう明らかに断酒により改善され... [続きを読む]
  • 酒の代わりに飲む物は
  • 酒の代わりにと書いたのには理由があり渇望があった頃は飲む物はみんな酒の代わりと言う表現になる程酒に取り憑かれていました。一回目の入院時病棟には自販機がありました。開放病院の為飲み物や食べ物も手に入り好きな物を口にすることができました。私は1日に炭酸飲料を4... [続きを読む]
  • 酒に逃げる前の事
  • 何度も思い返すこと。戻れない場所があり失くした沢山の思い出がある形のない思い出は心の中にありその人が側にいないことがあり聞こえない声がある失った人や思い出の中で形のない思い出は心の中にあり続けるさびしさの心の穴は塞げはしないただ静かに想うさよう... [続きを読む]
  • 良いと感じた言葉から何かを見つける
  • 趣味を持つのか酒海に浸かるか悩みのタネは 〜であるべき、〜でなくてはならない と言う考え方非合理的な考え方は決めつける考え方合理的な考え方は 柔軟で融通がきく考え方人に弱い所を見せるべきではない→人は皆弱い部分を持っているものである愛されたいのに嫌われよう... [続きを読む]
  • 自分しか分からない事
  • 目、耳、心、は他人には分かってもらえない感覚や感じ方など代わりのないもの私は目が悪くなり蚊、ハエのような追い払いたい物、綺麗な景色を見る事が出来なくなると言われていましたが現在は断酒の継続により良好な状態の中にあります、通院当時、眼科医は私の見え方は誰に... [続きを読む]
  • 重度アルコール依存症の事
  • 入院し2ヶ月程してのノートに書かれている書き抜き院内の図書などで見つけた資料を書き写すのも私なりの勉強としてやっていました。物質使用障害物質使用の量、期間がコントロール出来ない使用中止制限しようとしても出来ない使用に絡む行動や時間が増える使用に関する渇望 ... [続きを読む]
  • ノートに写した言葉
  • 私がお世話になっていた看護師長さんの言葉です回復 大きな努力と小さな成功沢山の悲しみと少しの喜び多く費やした時間と少しの成果認めてもらえない自分への苛立ちや嫌悪感なかなか埋まらない溝これら全てが依存性と言う病気の副作用や後遺症でも、仲間がいる... [続きを読む]
  • 入院20日目の日記の一部
  • (入院中の私の色んな考え方)本物のアル中が完成した自分で分かって組み立てたのでは無いのに。知っていて組み立てたのなら順序がわかるけど分からないからバラせない自分で作ったものが何なのか分もわからないいらないものを作ったのは自分に間違いないのだが処分す... [続きを読む]
  • 光のある方へ
  • これまで書いてきた事を見ていた時に思った事がありました。私はいつ病気を認めたのだろうか貴方はまだ認めていないと何度も言われその度に「認めてる??」と言い返していました。そんな事を考えていて入院中のノートやメモを見直し時々書いてある認めたような文をつなぎ合わ... [続きを読む]
  • 梅雨入りしても気持は晴れに
  • 今日は雨、外仕事のお客さんが来て雑談をしている所にまた一人と少し長い雑談になり、次第に酒の話や病気の話三、四十代 と六、七十代の話この中に鬱を克服した人、癌治療中の人、アルコール依存性回復中の私とほぼ病歴有りの人の集まりとなった感じでした。話題はどうしたら... [続きを読む]
  • 酒害と戦う
  • アルコールによる障害私はアルコール大量摂取により末梢神経と視神経の障害が残り私生活に支障が有ります、退院後、神経外科や眼科、脳外科など色々な病院に行き検査し通院しましたがほとんどの医者はアルコール依存性の話を聞くと適当(妥当)な診断と診察で終わり全てアル... [続きを読む]