funeralcardriver k さん プロフィール

  •  
funeralcardriver kさん: 霊柩車ドライバーkのアバウトな日記
ハンドル名funeralcardriver k さん
ブログタイトル霊柩車ドライバーkのアバウトな日記
ブログURLhttp://www.funeralcardriver.net/
サイト紹介文現役の霊柩車ドライバーが経験した出来事について真実をトレンディーな話題に対しては適当に記したブログ
自由文還暦を迎え、現役で霊柩車運転手をして夜は居酒屋で世間の新しい巷の情報を収集して若さを保とうとしている男性で血液型は0型型で愛犬の柴犬をこよなく相棒と呼び愛している者です。この霊柩車運転手の仕事はアルバイトですけど、この仕事のおかげで人間の本音、本質を勉強させてもらっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 147日(平均7.1回/週) - 参加 2017/05/03 00:25

funeralcardriver k さんのブログ記事

  • 義理と人情の話
  • こんばんは、今日のお葬式も結構大きかったですわ。祭壇も、ホンマ何回も記事にしてますんやけど、使い回しで150万円でした。葬儀屋さんは、もうちょっと安くできんもんやろか?昔から葬儀費用を値切ったりする人は、なんぼ大阪人でもおりませんでしたし、またそれをええ事にあってないような金額やらにしてしまいましたわ。今日の故人の方は満で丁度100歳のお婆ちゃんでした。凄いな!1世紀やで。喪主さんは、75歳で風格のある長 [続きを読む]
  • 家族同様や
  • こんばんは、えらい寝てしもうて今ブログ更新しました。今日はミナミへ出陣や!って楽しみ、楽しみにしてまして、朝からお墓参り行って帰って来たら「当たり前の幸せってPART1」「PART2」出演の俺の友人の”てっちゃんと柴犬の幸太郎”が家に迎えに来たんで、「えっ?てっちゃん何や?」って聞いたら「Kちゃん今日24日の日曜日男2人と犬2匹で海か川でバーベキューしょうやって言うとったやんけ」って言う約束が俺の頭の記憶から消 [続きを読む]
  • 合掌と唱え言葉
  • こんばんは、えらいデカって思いましたわ、今日の告別式650人ですわ。一時間半の式でした。昨日の通夜は900人の参列者でガードマン総動員やったらしいです。なんや何処ぞの市長のお父さん亡くなりはったらしいですよ。祭壇も派手じゃなく、また質素過ぎる事も無く、さすが葬祭ディレクターの腕の見せどころやったんやな、また市長さんも仕事がら神経も使うやろな。物腰の柔らかい人みたいでしたけどね。あー明日はミナミへレッツゴ [続きを読む]
  • ネットは煩悩を掻き立てる玉手箱
  • こんばんは、今日は雨で、また気温下がりましたな、明日は霊柩車の仕事入りましたわ、明後日は自分から霊柩車の仕事休みにしてますんでミナミへ出陣や!その前に日曜日の朝早く、「彼岸の御墓参り」を忘れちゃ〜ご先祖様に叱られますわ。それでも日曜日に行ったら「おーよう来たの〜ワレ、遅かったやないけ〜ワーレ〜まあ、ゆっくり手合わしていかんかい、ワレ〜」って「河内のおっさんの唄」みたいに言われそうな気がしますわ!( [続きを読む]
  • 解散何で今なん
  • こんばんは、今日は、久々にヘェ〜ヘェ〜で衆議院解散選挙についての政治編で俺なりの愚痴記事書かせ〜てもらいます〜〜〓何やテレビニュースで最近10月のいつやらかは忘れ〜〓ましたけど、衆議院解散するらしい〜〓ですな〜〓腹立つ〜の一言です〜〓何や豊田真由子議員みたいで、嫌らしいな!普通にしますわ。エッ何でこの時期なんや?北朝鮮ミサイルマンみたいにバンバン実験して挑発しまくりで、いつ発射してくるや分からん時に [続きを読む]
  • 神仏習合と密教
  • こんばんは、今日も昨日の続きみたいな感じで記事を書かせてもらいます。「神仏習合と密教」ってタイトルにしました。「孔雀明王」の呪法って呪術があるらしく、その呪法を使って天空を飛翔したとされる「修験道」の開祖が「役小角(えだちのおずね)」という僧侶らしく全国各地の霊山で崇敬されてるらしいです。この小角(おずね)は3歳で字を書き5歳で泥で仏像をつくり、誰に教わることもなくサンスクリット語の文字である「梵字」を [続きを読む]
  • 山伏と忍者と修験道
  • こんばんは、今日のお葬式は15分遅れました。そら、あんだけの参列者来てたら焼香も延びるし、献花も時間かかりますわな。何かの会長さんらしく、85歳で病気で亡くなりはったんか思いましたけど、朝早く散歩して横断歩道を渡る時に右折して来た車に跳ねられ脳挫傷で亡くなったと、俺より、ちょっと若い喪主さんが霊柩車に乗って来て言うてました。俺との会話の中で病気で入院して、病気で亡くなったんなら前々から覚悟はできるけど [続きを読む]
  • 極楽浄土への切符は手にしたものの
  • こんばんは、今日は「般若心経」を、ひらがなだけで記事に載せました。「極楽浄土への切符は手にしたものの」ってタイトルで記事を書かせてもらいます。何やろか?って思いますやろうけど ま〜か〜はんにゃ〜は〜ら〜み〜た〜しんぎょうかんじ〜ざいぼ〜さつ ぎょうじんはんにゃ〜は〜ら〜み〜た〜じ〜 しょうけんご〜うんかいくうど〜いっさいく〜やく しゃ〜り〜し〜しきふ〜い〜くう くうふ〜い〜しき しき [続きを読む]
  • 秋の夜長の長月
  • こんばんは、台風18号さんは、えらい遅なってしもて、暴れまくってますわ。夕方からもう来ますかもう来ますかと待ってる間ビールやら缶チューハイやら呑んでたら寝てしまいましたわ。目が覚めて記事書きました。家の瓦、飛びそうですわ。恐ろしですわ。ほんま台風は九州に恨みでもあるんかいなって思うくらい、毎回九州に爪立て牙剥いて来ますな。災難消滅九州頑張れや!九州は、いっこも復旧する間がないがな、台風さん、もう堪え [続きを読む]
  • 堅気やけど極道みたいな喪主
  • こんばんは、霊柩車の仕事あるってなったら連続でありますわ。明日も泉州地域の岸和田祭やけど、台風はいらんわな!泉州地域は昔から雨が少なく、岸和田市も含め泉州地域全般に「ため池」の数が多いですわ。ある程度の雨は「五穀豊穣」のために必要やけど台風はいらんわな〜今日のお寺さんは、また真言宗◯◯院のゆっくりしたお坊さんで、案の定15分遅く出棺しました。故人さんは86歳の女性で喪主さんは長男で62歳や言うてましたわ [続きを読む]
  • 仏教由来の食べ物
  • こんばんは、今日は一般葬で何や地元の資産家さんみたいで、ぎょうさん参列者来てましたわ。出棺ルートも前持って変更で聞いてますが、自宅前を通って欲しいとのことでした。お寺さんは「浄土真宗」でした。祭壇も、また使い回されるのに、200万円ですわ。150万円の祭壇も一回見た事ありますけど、50万円の差が今だにわかりませんわ。多勢の参列者にも関わらず、定時の10分前に出棺できました。お葬式の早い遅いは宗派にもよります [続きを読む]
  • 女手ひとつで
  • こんばんは、今日のお寺さんは西◯寺のお坊さんでした。以前の記事でも紹介しましたリーズナブルなお布施のパイオニアです。故人さんは、女性で65歳まだお若い方ですわ、心筋梗塞らしく、喪主さんとして娘さんがお遺影を持って霊柩車に乗ってきました。故人は息子と娘さんの二人の母親で、息子さんには、小学生の子供ちゃんが3人もおり、献花の時に、この3人ずっと棺の中のおばあちゃんに手を合わしてまして、外から見えるんが、な [続きを読む]
  • 秋のお彼岸近し
  • こんばんは、今日のお葬式のお寺さんは「真言宗」◯◯院のお坊さんで、7人程の家族葬で葬儀責任者もガードマンも、「今日は出棺が早まるんでよろしく」ってな事を前以て伝えに来てくれましたけど、今日のお坊さんの時のお葬式幾度も行きましたけど、絶対に早くはならんと思ってましたら案の定、定刻でしたわ。ホールも、このお坊さんで、同じ霊柩車でどんでんする場合は時間が読みづらいらしく、その場合はヒヤヒヤしてるらしいで [続きを読む]
  • 狛犬様は全てお見通しだ
  • こんばんは、また、霊柩車の仕事暇になりましたわ。今日もお休みでした。〓やっぱりもっと寒くなるまで、こんな感じで暇なんやろね。因果な仕事ですわ。今日はテレビ、映画でやってました、「トリック」の仲間由紀恵ちゃんの台詞を拝借して「狛犬(こまいぬ)様は全てお見通しだ」ってタイトルで、俺なりに勉強した事や子供の頃、叔母さんの神社へ行った時の面白い話を記事にさせてもらいます。神社に入る前に二つの狛犬様があるんは [続きを読む]
  • 禁書となった歎異抄
  • こんばんは、何とか朝に目が覚めて生かせてもらえましたわ。今日お坊さんもどきの◯◯さん、やはり、月9に居酒屋に来てくれましたわ。ほんま律儀な人やで〜!◯◯さん俺の事好きと違うんか?俺そっちの趣味ないけど。って勘違いするくらいですわ。俺が浄土真宗に興味持った事を◯◯さんに伝えたら、また、知らん事を教えてくれましたわ。ほんま、仏教の勉強もできるし、ブログのネタもできるし、ほんまありがたい存在です。口が裂 [続きを読む]
  • 鬱病で自殺
  • こんばんは、今日は知り合いで元同僚のOちゃんの会社で日払いで霊柩車乗させてもらいました。和歌山南部地域まで行きましたわ。今日の故人さんは、自殺です。8階マンションから飛び降り自殺でしたわ。頭がざくろみたいにぐしゃぐしゃで顔がまともに残ってなかったらしいです。鬱病やったそうです。ほんまに、神、仏様こんな病気消してやってや!神経系の病気なら「神」って字が付いとるさかい、神様か?ほんま頼みますわ。この時の [続きを読む]
  • 浄土真宗のお葬式
  • こんばんは、秋の空、夜になれば、星も鮮やかに光ってますわ。以前にも記事に書きましたけど、秋はよろしいですわ。そやけど寂しい気配を心にまとわりつかしてくれますわ。ほんま、物思いに耽ってしまう季節ですな!今日も仏教に関しての記事になりますが、俺のお袋の檀家のお寺さんは「浄土真宗」派で、法事で来られるお坊さんは、この寺の二代目で昔俺が子供の時のお寺内で「そろばん学校」をしていた時にそろばんを一緒に習って [続きを読む]
  • 野鬼や亡霊を祓う術
  • こんばんは、今日も、お坊さんもどきの◯◯さんの話しなんですが、その前に、もう麻痺仕掛けてますな議員の不倫疑惑ってのは〓政界には「不倫菌」蔓延しとるんかな!また、「このハゲ〜〜」の豊田真由子議員も反撃を今頃しとるし、彼女の言う反論もわかるけど、秘書達に、はめられたみたいに言うてるけど、その秘書達に、そのような行動や思惑を作りあげてきたんは、豊田さん、貴女違いまっか?相手が「堪忍袋の尾が切れる」原因の [続きを読む]
  • 伝達ゲームのような
  • こんばんは、今日は夜の居酒屋の仕事場に毎週月9に来てくれはるお坊さんもどきの◯◯さんが、色々話してくれた事を記事にします。「伝達ゲームのような」ってなんのこっちゃと思いますけど、その話しの内容は、この◯◯さんに、日本は無宗教の人の割合が7割以上らしいですけど、宗教のイメージが悪いさかいかな?って事を聞いたら、「kさん、みんなご先祖さんの時代は何かしら仏教宗派、神道、キリスト教系やらを受け継いでたやら [続きを読む]
  • 今日のお寺さんは天台宗
  • こんばんは、今日のお葬式はデカかったですわ。故人の方は俺と同じ年で喪主さんは、54歳奥さんでほんま、まだお若いというか、俺と同じ歳でお亡くなりになられるのは、非常に切なく思います。御冥福を改めてお祈りさせてもらいます。今日のお寺さんは、日本真言宗の開祖「空海」の最大のライバルであった「最澄」が開祖の日本天台宗でしたんで、今日は天台宗については、まだ記事を書いて無かったんで、お話しというか、全部教えて [続きを読む]
  • 四股のパワー
  • こんばんは、今日は、仲が良いのか?悪いのか?わからんアベックさんが、酔い酔い気分で長居してくれましたんで、ちょいブログの更新遅くなってしまいました。まあ、朝は霊柩車の仕事ありませんでしたんで、ゆっくりさせてもらいましたんで、±0ですな!今日は昨日の記事の続きみたいで、神道と相撲の関係で「四股のパワー」ってタイトルで記事を書かせてもらいます。土俵入りする時にも「お清めの塩」を使い清浄な闘いの場所に邪 [続きを読む]
  • お清めの塩は神道から
  • こんばんは、今日のお葬式はデカかったですわ。500人くらいみえてましたわ。宗派は「浄土真宗」でお坊さん5加持でツルツルが3人ボサボサ黒頭2人で、全員ツルツルなら迫力あるけど、ツル黒ツル黒ツルで、なんやオセロみたたいでしたわ。あっオセロは白黒白黒やった(笑)お坊さんも色々ですな。大きな式なんで出棺も15分遅れました。今回は霊柩車ドライバーのブログを最初に書く記事は、本来「神道」で書こうと思ってましたけど、事実 [続きを読む]
  • ビックリなご夫婦の話
  • こんばんは、今日は、ゆっくりできました。ミナミでチョイ遊んで呑んでジャンジャン横丁行っていつもの立ち呑み屋へ行ったら、案の定妖艶なお姉さんが、今日は友達らしい、もう一人の妖艶のオーラを放つお姉さんの二人で来てましたわ。ほんで、また仲良くさせてもらい、俺は以前から、この妖艶なお姉さんは何者なのか?謎で興味深深で、プライベートを、いつか会った時に聞こうと思ってましたけど、謎は謎のままの方が、面白いなと [続きを読む]
  • 今生きる事の意味
  • こんばんは、段々と秋が近づいてきました。昼はまだまだ暑いし、何や、正月でも昼間は車もエアコン付けるほど太陽の光が痛く感じたし、蚊も年がら年中飛んでますけど、温暖化かというより、オゾン層破壊、直に光を浴びてるさかいやろうね。そやけどまだ、日本においては四季も昔ほど感じにくくはなったものの、空気の匂い、蝉からコウロギへ虫もかわり、空の高さも変わってきたら秋ってもんを感じて、人肌恋しく、寂しい気持ちにな [続きを読む]
  • 葬儀屋を喰いものにする社員
  • こんばんは、今日も明日も霊柩車の仕事休みですわ。日曜日は自分のゆっくりする時間を丸一日取りたかったんで、自分から休みにしました。かれこれ一週間霊柩車の仕事をしなかったという事になりますわ。今迄、初体験の事ですわ。今日、夜の居酒屋の仕事の前に、以前お世話になった、葬儀屋の社長の事務所へ遊びに行って来ました。和歌山のおっさんに全部任してたらしいけど5日ほど休みを和歌山のおっさんにあげたらしく、その間は [続きを読む]