skye さん プロフィール

  •  
skyeさん: Sweet law of repetition
ハンドル名skye さん
ブログタイトルSweet law of repetition
ブログURLhttp://sweetlaw.blog.fc2.com/
サイト紹介文太陽が照らす日、風が吹く日、雨や雪や霰が降る日。それでも明日も生きようと思う日。
自由文太陽が照らす日、風が吹く日、雨や雪や霰が降る日。涙を流す日、笑顔になる日。それでも明日も生きようと思う日。この世は理不尽であれコメディであれ美しくあれ、なんであっても人生は愉快で楽しい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 1日(平均35.0回/週) - 参加 2017/05/03 01:44

skye さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 入り口があって出口がある
  • 何故だろうと考えた。教会に行ったら、右側の扉が入り口となり左側の扉が出口となっていた。入り口があって出口がある。入っていくものがあって出ていくものがある。それは一体なんだろうか。今日という日に与えられた試練に終わりはあるだろうか。明日も明後日も、同じ試練が続くのだろうか。夕方の礼拝が始まり、人々は椅子に座って神父のお祈りを聞いた。「さて、日常について考えましょう」と、神父が言った。人々はそれぞれの [続きを読む]
  • 彼女は自分の美しさに気づいていない
  • 彼女は自分の美しさに気づいていない。薄暗がりの室内の中で、彼女の輪郭を辿るようにそこだけが明るくなっている。まるで映画のワンシーンのように。周りの気温が上昇していく。心臓が脈打つ速度をも道連れにしていく。どこでどう止まればいいのか、ついさっきまで考えていたのに、そんな記憶も気持ちもどこか遠くへ置いてきてしまった。砂漠の果てか、はたまた宇宙のかたすみか。どこでも、つまりはここへは簡単には辿り着けない [続きを読む]
  • 君へ、返信
  • 渇いた熱が髪の毛から指先まで 体中を走り抜けるその一瞬に あなたの笑顔が震える私の唇に潜り込む なんて暖かな光 私が描いた夢をあなたは優しくなぞりその掌を重ねた 夕暮れが私の背中を押すあなたから離れていくその距離とはうらはらに 心はこんなにも近い あなたが照らし出した世界の繋ぎ目を 私は開いては閉じる ばらの花びらをめくるように 一枚 一枚 開いては [続きを読む]
  • 君へ
  • 首を傾げる仕草に紅く染まりゆく紅葉が映える あなたが歩いたこの川沿いを僕はただあてどなくゆく 手折られた花や横を通り抜ける自転車が 夕暮れを背に家路に向かう ぬけるように白く透明な首筋 細く伸びた腕あなたの開いた掌そんな全てにほのかな情熱を宿して僕の体温で暖めたい 蒼く完璧な夜が訪れる前に星星が頭上で子守歌を囁く前に僕も家路へつこう 夕暮れはもう明日の端っこにぶら下がっ [続きを読む]
  • 冬がきた
  • 季節が巡り今年は少し暖かい冬がきた風の吹かない街で見る夢はどこか儚げに現実を見据えている すくいきれない手の平の上の温もりをあの人達にもわけてあげたくてただ訳もなく名前を呼ぶ けれど この想いは海を渡るほど強くなく空を渡るほど澄んでいない 小さく萎んだ温もりはただあの人達の心に棘を刺すだけ 強くありたいと願いつつ未だ心を砕いている体に刻まれた苦しみは未だ熱を帯び私を責める [続きを読む]
  • 過去の記事 …