Neuro-educator さん プロフィール

  •  
Neuro-educatorさん: 「STEM教育×脳科学×AI」から未来を考えるブログ
ハンドル名Neuro-educator さん
ブログタイトル「STEM教育×脳科学×AI」から未来を考えるブログ
ブログURLhttp://neuro-educator.com
サイト紹介文著者"Neuro-educator"がビジネス、教育、人材育成について、私見をつづります。
自由文著者"Neuro-educator"が「STEM教育×脳科学×AI」という切り口で、ビジネス、教育、人材育成について、私見をつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 111日(平均3.7回/週) - 参加 2017/05/03 15:18

Neuro-educator さんのブログ記事

  • Pythonとscikit-learnで機械学習|第1回: SGD|クラス分類
  • 本シリーズでは、Pythonを使用して機械学習を実装する方法を解説します。また各アルゴリズムの数式だけでなく、その心、意図を解説していきたいと考えています。 第1回では・PCにPythonの機械学習環境をそろえる方法・クラス分類のSGDを実装する方法・SGDのやりたいことについて、解説します。 Pythonで機械学習環境を構築まずはじめに手元のPCで機械学習をする環境を構築します。今回はWindowsで説明します。 ①「Anaconda」 [続きを読む]
  • SQLの書き方・読み方のコツ|基本情報技術者試験のデータベース問題が解ける
  • SQLの書き方・読み方のコツを紹介します。基本情報試験のDB問題にも役立ちます。内容は初心者向けです。 SQLって、プログラムを書いたことがある人にとっても、なんだかとっつきづらいものです。 C言語やJavaなどと比べると、何だか異なる感じがします。 なにより魔法のような言葉がたくさん出てきて、馴染めないです。AVE, COUNT, GROUP BY, HAVING, INNER JOIN・・・・ ですが、2つのコツを知れば、SQLと仲良くなれます。 そ [続きを読む]
  • アマゾンダッシュボタンの使い方と設定方法、必要な環境|IoT機器入門
  • アマゾンダッシュボタンを使用した体験記を紹介します。また、使用するための環境、設定方法、気になる疑問点(子供が誤って押したり、連続で10回押すとどうなるのかなど)について紹介します。 アマゾンダッシュボタンとは、商品が描かれたボタンを押すだけで、アマゾンに注文が送られ、商品が届くというサービスです。 まさにIoT(Internet of Things)装置です。 先日試してみたので紹介します。 ところで、一人暮らしの3大 [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 10章「温良恭倹譲」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第10章「温良恭倹譲」です。 学而篇 第10章夫子は温・良・恭・倹・譲、以てこれを得たり。 (意味)先生(孔子)は、温良恭倹譲の五徳の人間性によって、どこの国に行っても政治の相談が来るのだ。 (説明)夫子とは、孔子のことです。本当はもっと長い章ですが、一文を抜粋したので「これ」が何を指し [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 9章「慎終追遠」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第9章「慎終追遠」です。 学而篇 第9章終わりを慎み遠きを追えば、民の徳厚きに帰す。 (意味)君主が親の葬式を丁寧に行い、毎年の先祖参りを欠かなければ、人民もそれに感化されて徳のある民になる。 (説明)終わりとは、死のことです。遠きとは、先祖を意味します。 この章は孔子ではなく、曾子の [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 8章「学則不固」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第8章「学則不固」です。 学而篇 第8章学べばすなわち固ならず。 (意味)学べば、自分よがりにはならない。 (説明)固とは、頑な(かたくな)という意味で、自分の意見を曲げない、自分よがりという意味です。 本当はこの章はもっと長いのですが、この言葉をピックアップしました。 これだけでは何の [続きを読む]
  • 【図解:3分で解説】「サピエンス全史」のまとめと感想
  • 「サピエンス全史」上下巻の内容を3分で分かるように、図解を用いて、紹介します。 サピエンス全史は、2017年のビジネス書大賞を受賞した作品です。 興味を持っている方も多いとは思いますが、上下巻合わせて約600ページの大作なのでなかなか読みたくても手が出ない人が多いと思います。 そこで本記事では、サピエンス全史の内容を要約まとめし、その内容を読んだ気になれるようにお伝えします。 内容のネタバレとなるので、一 [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 7章「賢賢易色」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第7章「賢賢易色」です。 学而篇 第7章賢を賢として色に易(か)え、父母につかえてはよくその力を尽くし、君(きみ)につかえてはよくその身を致(いた)し、朋友と交わりて言いて信あらば、未だ学ばずというといえども、われは必ずこれを学びたりといわん。 (意味)賢人を恋焦がれるように求め、父 [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 6章「弟子入則孝」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第6章「弟子入則孝」です。 学而篇 第6章弟子(ていし)入りてはすなわち孝、出でてはすなわち弟、謹(つつし)みて信、ひろく衆を愛して仁に親しみ、行いて余力あればすなわち以(もっ)て文を学べ。 (意味)家庭では親孝行し、社会では上司・年長者の言うことに従い、約束を守って信用を得、民衆を [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 5章「道千乗之国」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第5章「道千乗之国」です。 学而篇 第5章千乗の国を道(おさ)むるには、事を敬して信、用を節して人を愛し、民を使うに時を以(もっ)てす。 (意味)立派な国を築き治めるには、①慎重に物事をすすめ信用を失わないようすること②費用を節約すること③国民を愛すること④国民を徴用する際には農作を [続きを読む]