Neuro-educator さん プロフィール

  •  
Neuro-educatorさん: 「STEM教育×脳科学×AI」から未来を考えるブログ
ハンドル名Neuro-educator さん
ブログタイトル「STEM教育×脳科学×AI」から未来を考えるブログ
ブログURLhttp://neuro-educator.com
サイト紹介文著者"Neuro-educator"がビジネス、教育、人材育成について、私見をつづります。
自由文著者"Neuro-educator"が「STEM教育×脳科学×AI」という切り口で、ビジネス、教育、人材育成について、私見をつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 56日(平均5.3回/週) - 参加 2017/05/03 15:18

Neuro-educator さんのブログ記事

  • AI時代の論語の読み方|学而篇 8章「学則不固」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第8章「学則不固」です。 学而篇 第8章学べばすなわち固ならず。 (意味)学べば、自分よがりにはならない。 (説明)固とは、頑な(かたくな)という意味で、自分の意見を曲げない、自分よがりという意味です。 本当はこの章はもっと長いのですが、この言葉をピックアップしました。 これだけでは何の [続きを読む]
  • 【図解:3分で要約】「サピエンス全史」のまとめ、書評、感想
  • 「サピエンス全史」上下巻の内容を3分で分かるように、図解を用いて、紹介します。 サピエンス全史は、2017年のビジネス書大賞を受賞した作品です。 興味を持っている方も多いとは思いますが、上下巻合わせて約600ページの大作なのでなかなか読みたくても手が出ない人が多いと思います。 そこで本記事では、サピエンス全史の内容を要約まとめし、その内容を読んだ気になれるようにお伝えします。 内容のネタバレとなるので、一 [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 7章「賢賢易色」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第7章「賢賢易色」です。 学而篇 第7章賢を賢として色に易(か)え、父母につかえてはよくその力を尽くし、君(きみ)につかえてはよくその身を致(いた)し、朋友と交わりて言いて信あらば、未だ学ばずというといえども、われは必ずこれを学びたりといわん。 (意味)賢人を恋焦がれるように求め、父 [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 6章「弟子入則孝」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第6章「弟子入則孝」です。 学而篇 第6章弟子(ていし)入りてはすなわち孝、出でてはすなわち弟、謹(つつし)みて信、ひろく衆を愛して仁に親しみ、行いて余力あればすなわち以(もっ)て文を学べ。 (意味)家庭では親孝行し、社会では上司・年長者の言うことに従い、約束を守って信用を得、民衆を [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 5章「道千乗之国」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第5章「道千乗之国」です。 学而篇 第5章千乗の国を道(おさ)むるには、事を敬して信、用を節して人を愛し、民を使うに時を以(もっ)てす。 (意味)立派な国を築き治めるには、①慎重に物事をすすめ信用を失わないようすること②費用を節約すること③国民を愛すること④国民を徴用する際には農作を [続きを読む]
  • 【図解:3分で要約】FANG(ファング)、FAANG、MANTとは(外国株式銘柄)
  • 新聞やニュースの株式銘柄でよく聞くワードである、FANGやFAANG、MANTについて、その意味を紹介します。 最近、新聞の金融欄でも「FANG」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。ときおり「FAANG」や「MANT」といった言葉も掲載されています。 本記事ではこれらのワードの意味を紹介します。(といってもあまり内容はないのですが・・・) FANG、FAANG、MANTとはこれらのワードは、米国株式市場に上場している「主力テク [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 4章「三省吾身」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第4章、「三省吾身」です。 学而篇 第4章吾れ(われ)日に三たび吾が身を省みる、人のために謀(はか)りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝えしかと。 (意味)私はいつも自分の行為の振り返り(セルフチェック)をしている。他人のためによく考えて誠実に対応したか、親友と [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 3章「巧言令色」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第3章、「巧言令色」です。 学而篇 第3章巧言令色(こうげんれいしょく)、鮮(すく)なし仁。 (意味)上っ面で言葉を飾り、愛想笑いで相手に取り入ろうとする人間は、仁が少ない者である。 (説明)巧言令色(こうげんれいしょく)は、現在では四字熟語になっています。「口先だけでうまいことを言っ [続きを読む]
  • 究極のタイムマネジメント手法|タイムマネジメント④
  • 「究極のタイムマネジメント」とは死からの逆算であることを、哲学や武士道に絡めて説明します。 タイムマネジメントを突き詰めると、それは「死からの逆算」になります。 一見よく分からないことを書いていますが、順を追って説明します。タイムマネジメントシリーズの最後の記事となります。 本記事でお伝えしたい、本当に効率的で最大限の成果を発揮するタイムマネジメント手法とは「自分の死から逆算して、やることを列挙し [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 2章「君子務本」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、学而篇の第2章、「君子務本」です。 学而篇 第2章君子は本(もと)を務(つと)む。本立って道(みち)生ず。孝弟(こうてい)なるものは、それ仁(じん)をなすの本か。 (意味)立派な人間は、「人間としてのあり方(根本)」を身につけようと努力します。人間としてのあり方が身につけば、自然と「幸せで実 [続きを読む]
  • AI時代の論語の読み方|学而篇 1章「学習、有朋」
  • 「論語」の各章の意味を、AI時代の文脈で読むとどう意味しているのか、子供にも分かるように紹介します。 本日は、論語の一番最初に出てくる章を紹介します。学而篇の第1章、「学習・有朋」です。 学而篇 第1章学びて時にこれを習う。また説(よろこ)ばしからずや。朋(とも)遠方より来る有り。また楽しからずや。 (意味)学んで、常に復習するのは、よろこばしいことだ。朋(とも)が遠くから訪ねてきて、知り合える。と [続きを読む]
  • タバコをやめる!脳科学と心理学に基づく科学的禁煙方法|健康シリーズ⑤
  • 脳科学と心理学の知識に基づき、脳の仕組みからタバコをやめて、禁煙する方法を紹介します。 本記事を読んでくださっている方は、自分や周りに喫煙者がいて、多少なりとも「タバコの害」や「禁煙」に興味があるかと思います。 タバコを吸っている人であれば、誰もがタバコは健康に良くないと分かっており、多くの人が禁煙を試みたことがあるのではと思います。 ですが、ほとんどの人は禁煙に失敗します。 「禁煙外来で治療して [続きを読む]