湘南カープ男子 さん プロフィール

  •  
湘南カープ男子さん: 湘南カープ男子
ハンドル名湘南カープ男子 さん
ブログタイトル湘南カープ男子
ブログURLhttp://shonancarpboy.seesaa.net/
サイト紹介文広島出身、湘南在住、初優勝からすべての優勝をリアルタイムで知るカープ男子が熱く語る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 113日(平均6.0回/週) - 参加 2017/05/03 17:59

湘南カープ男子 さんのブログ記事

  • 今日はカープのことより、超怪物、中村君
  • カープは普通に勝って、ノムスケが10勝に王手と思ったら、ウソみたいな負け方をしてしもうた。忘れよう。そんなことより。今日も、広陵の中村君にふれないわけにはいかない。あの清原をいとも簡単に超えた。超怪物の登場じゃ!注目を浴びる中で、結果を出せる。これぞ、プロ向き。スターの器だ。カープのチャンスに打てない打点王よりも、期待できるんじゃないか。打球の質が、他の選手と全然違う。高校生の中にメジャーリーガーが [続きを読む]
  • 強過ぎるカープに喝!
  • 今朝のサンデーモーニングで、荒木大輔が何を思ったか、いきなり「カープの喝!」「カープが強過ぎて、セリーグがおもしろくない」そうだとか。最近は時々負けるので、強過ぎるとは思わないのだけど、カープファン以外から見たら、そうなんだろう。だったら、みんなカープファンになればええのに。オレンジのタオル振りまわすより、楽しいで。今日は、昨日に続いて、満塁弾被弾で敗色濃厚だったのに、8回に丸と松山の2ラン2発であ [続きを読む]
  • 今日は采配負け、それよりも広陵の中村君
  • なにげに緒方采配の向上は著しく、バカ采配はすっかり減ったが、今日は采配負け。攻撃面では4回無死2塁から、丸に送りバント。2塁走者菊池で、続く丸、誠也、松山の誰かが打てば点入るのに、一番頼りになる丸に送りバンドでアウトやって、チャンスに弱い誠也にかけて無得点。7回は1死満塁で薮田から中田にスイッチ。薮田はエースなんだから、最後まで勝負させえや。大ピンチ専門リリーバーの中田でも打たれることはある。強いカー [続きを読む]
  • 中村祐太は若いのに、たいしたもんじゃ、見習え、福井!
  • 中村祐太が久しぶりの勝利で4勝目。6回無失点、8奪三振、四死球ゼロ、内容的にも、自己ベストだろう。なんといっても、若いのに、落ち着いとる。高卒4年目、大学4年生の年なのにね。それにひきかえ、大卒7年目の福井、いつまでも、なにやっとるんじゃ!今日も自慢のリリーフ陣は鉄壁。今村はピンチ招いたが、なんか点取られる予感がしない。カープの投手は総じて、ハートが強い。これが、何よりも強みじゃ。一人の例外を除いて、福 [続きを読む]
  • 丸なら刺せると思ったが
  • あの捕球位置なら、本塁突入はない、ないと思ったら、走ってきた、丸なら、間違いなくアウトにできる、と思ったら、送球を大きくそれて、サヨナラ負け。丸にとっては、かぎりなくエラーに近いだろう。阪神のギャンブルが当たったということ。福井は、やっぱりダメだった、いや、まだ可能性はある、微妙な結果だった。本来は投手陣のリーダーになるべき立場、どっかで、人が変わったように、覚醒しないものか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • よそのことだけど、藤浪は
  • 先制して、追い詰められて、そこで追加点あげて、最終回も追い詰められて、結局、勝つという阪神ファンにも見せ場を作ってあげた、まあ、横綱相撲といえよう。相手チームのことだけど、藤浪はなんとかならんのか。同期の大谷が凄過ぎて、ちょっとかすんでしまうが、藤浪も大変な逸材であることは間違いない。今日も、最速159k出たし。きれいなフォームの大谷よりも、藤浪の方がむしろ打者からは打ちにくいように見えるのだが。イ [続きを読む]
  • 一岡がグッジョブ
  • 今日はライブで見れなかったので、簡単に。途中経過見たら、4回で11-2、久しぶりにカープらしいスコアと安心したら、阪神が5点差まで追い上げてきて、5月の大逆転を思い出して、阪神があらぬ勘違いをしかけたところで、7回に出てきた一岡が、3者三振で流れを止めた。これが大きかった。今、ビデオ見てるけど、阪神にはレゲエな投手が多いのう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 勝って当然だが、得点少ない
  • Gの先発は今村?誰?後続も知らない投手で、日本最強打線に、よう二線級投手を出してくるわ。勝って当然だが、4点しか取ってない。10点取らなきゃだめだろ。岡田は11勝目、薮田と最多勝争いじゃ。初回から抜群の球威で、完投させて欲しかったのう。ヒロインは相変わらずの岡田ワールドで、この路線で行くなら、大相撲の安美錦を参考にして欲しい。阿部慎之助くん、2000本安打おめでとう。原も篠塚も由信も打ってないんだから、たい [続きを読む]
  • あっぱれ!薮田は言うことなし。
  • 気に食わないが認めなければならない現在セリーグNo1投手の菅野に投げ勝って、堂々の完封勝利。それも、一番厳しい1-0の完封。9回に入っても、150k超えとったし、素晴らしい。完投させた緒方監督も偉い。今日の展開なら、結果がどうなろうと、最後まで薮田でよかった。しかし、一方、打線は菅野から1点しか取れなかった。田口とともに、2大天敵は健在のままじゃ。今日は試合開始直後は、ニッポン放送ラジオ中継を聞いていたら、 [続きを読む]
  • なんで田口を取らんかった
  • G田口は、今やセリーグを代表する左腕になった。2年連続10勝。まだ大学4年生の年で。あの北別府に匹敵するペースで勝ち星を重ねている。広島新庄高出身の2013年巨人のドラフト3位。すっかり、カープの天敵になっとるじゃないか。同じ年のカープのドラフトは、1位大瀬良、2位九里、3位田中と、当たり年と言われた年だが、2位で田口を指名できてたんだな。カープに居れば、貧打の巨人と違って、2年連続15勝できただろう。なんで田口 [続きを読む]
  • 歯車が狂ってきたか
  • エルがタイムリー、新井さんがタイムリー、そして、4番誠也がスリーラン!大勝のパターン、負けるはずないのに、負けた。おかしい、歯車が狂ってきたか。マジックナンバーは気にしてないと思うが、優勝は決まったものと、余裕あり過ぎなんじゃないか。安部が抜けたせいか、なんか覇気を感じない。主力を休ませながら、選手層が厚すぎて、出番のなかった選手を、どんどん使ったらどうか。堂林、岩本、美間、高橋大樹...にほんブログ [続きを読む]
  • ガラガラの球場では、調子が狂う
  • 12回延長引き分けで、マジック33点灯。優勝当然のカープには、あ、そうという感じだけど、最速優勝の通過点ということ。それにしても、中崎、今村を使った後、延長に入って、中田、一岡、ジャクソンが出て来る。救援陣もあらためて、すごい。今や日本一の人気球団である広島カープは、本拠地のマツダスタジアムはもちろん、全国どこの球場に行っても満員なのだが、唯一の例外が、ナゴヤドーム。大きな球場が、いつもスタンドガラガ [続きを読む]
  • やはり恐るべしカープ打線
  • 初対戦のエスコバーは左腕のスリークオーターから、ビシビシ剛速球を投げ込んできて、三振取られまくり。こりゃあ、この投手、打てんわ、と思ったら、なんのことはない、打席2巡目に入ると、速球にもタイミング合ってきて、簡単に攻略してしもうた。岡田は、突然四球連発する悪い癖が出たが、3打点の打の活躍で、10勝に到達。目標の10勝投手5人に、二人目が入った。次は、大瀬良か九里か野村か。ヒーローインタビューはなんで、バ [続きを読む]
  • 全員野球で薮田10勝
  • 今日は、出る選手、みんなくまなく仕事して、全員野球で勝利した感じじゃね。薮田が、プロ初の10勝目。前回KOされて、10勝が壁になるかと思ったけど、これで大丈夫。この後も、スイスイと勝つだろう。序盤に、松山→新井、安部→西川と交代。理由はよくわからないが、レギュラー陣に、やや夏バテの気配がないでもない。全員野球で夏を乗り切ろう。元祖贔屓枠の堂林が実力で1軍昇格。三振だったが、次は頑張れよ。それから、誠也と [続きを読む]
  • 高橋樹也の4回8失点を、どう評価するか
  • 期待の高橋樹也が初先発、結果は4回8失点だから、数字的には、炎上といわれても仕方ない。しかし、内容的には、初回から落ち着いていたし、決して、悪くなかったと思うのだが。味方のエラーに、球審の厳しい判定、満塁HRも失投といえず、まぐれ。他のヒットも、詰まった当たりだったり、コースヒットだったり。不運に不運が重なった結果の8失点だったように思える。岡田や薮田は、フィジカルで剛速球を投げるのに対して、樹也は柔 [続きを読む]
  • 野間の神ベースランニング
  • 延長12回引き分け、見ごたえのある面白い試合だった。9回に3点差を追いついたのだから、勝ちに等しい引き分けと言えよう。同点に追いついた殊勲は、同点タイムリーの西川はもちろんだが、野間のベースランニングが素晴らしかった。野間のような贔屓枠の選手は、基本的に気に入らないのだが、こいつの足の速さは別格じゃ。盗塁のセンスはイマイチだけど、ことベースランニングについては日本一だろう。赤松よりも速い。菊池の守備範 [続きを読む]
  • 快勝のはずが、ひっくり返るとは
  • 今日は、マジック点灯かと言う試合、接戦から、シーズン前に「4番取ります」宣言をした松山が、8回に決勝ホームラン。これで、みんなが勝ったと思ったが、今村がまさかの乱調で、ひっくり返された。全然、球が走ってなくて、調子悪い時もあると割り切るしかない。優勝が間違いないんだから、相手チームにも、少しは楽しませてやらんにゃ。なんかさっき、NHKのスポーツニュースで2008年、偶然かリーマンショックの年だが、阪神が7月 [続きを読む]
  • 勝ちに慣れて、地味に勝つとおもしろくない
  • 初回から、誠也が2試合連続でチャンスに打って、3点先行。今日も2ケタ得点のボロ勝ちかと思ったら、その後は、盛り上がりに欠ける展開となって、最後は守備妨害で試合終了。勝つことに慣れてしまって、地味な試合だと面白くない。まったくもって、贅沢な不満を持てるようになったものだ。これで、明日にもマジック点灯。セリーグ最速の優勝が、1990年の巨人で9月8日だそうなので、最速優勝更新を目標に加えよう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 誠也が4番の仕事をした
  • 最終的には、14-1のボロ勝ちで終わったが、6回に1-0の接戦から、誠也の3ランHRが勝利を決定づけた。これぞ、4番の仕事、あっぱれじゃ。8回には打点王の原動力となっている、打線爆発に便乗打点2点も加えて、5打点か。でも、まだまだ真の4番とは認めてやらん。課題は2つ。チャンスに弱いことと、打ち損じが多いこと。チャンスに弱いのは、メンタルの問題だろうが、ここは、チャンスに弱い打者から強い打者に変貌した実績を持つ新 [続きを読む]
  • 今日の負けは事故みたいなもの
  • 極めて珍しい菊池のエラーの後の、3ラン被弾、そして連続被弾。めったにないこと、事故みたいなものと割り切って、明日から切り替えて行きましょう。薮田、10勝が壁にならんように、頑張れよ。10勝を前に足踏みしたり、結局9勝でシーズン終わるケースは過去に少なくない。そうならんように、次は期待しとるよ。新井さん、いいねえ。全打席、いい当たり。どう見ても、4番打つべきは新井さん。9回にダメ押しの3点取られた飯田、いっ [続きを読む]
  • 10勝投手5人を目標に
  • 九里は期待通りに、先発の役目を果たして、6勝目を上げました。そこそこヒットは打たれても、試合を作れる先発能力の高い投手だから、当然の結果じゃ。これまで、ロングリリーフという名目で、便利屋のように使われてきたけど、ジョンソンがあてにならないので、これからは先発ローテの一員として、頑張ってもらおう。これでカープの先発陣は、薮田9勝、岡田8勝、大瀬良7勝、野村6勝、九里6勝、残り50試合なので、それぞれ先発機会 [続きを読む]
  • 1つくらい、やってもええか
  • Gは菅野か田口が出てこなければ、カープに勝てないので、武士の情けで、1つくれてやったようなもんか。投手起用も、そんな感じだったし。しかし、なんで打線を組み替えたのか。ここしばらく、左投手相手でも、松山と安部の起用が続いて、スタメン全員ほぼ固定できたと思ったが、今日は気まぐれか。組み替えなければ、今日も勝てたんじゃないか。イチオシの天才西川が、スタメンだと打てない。どうも、安部が持ってるような覇気が [続きを読む]
  • 呉出身の畠はいい投手だが、相手が悪かった。
  • 呉出身のG畠は、前回対戦のプロ初登板でも、活きのいい投球を見せたが、改めていい投手だった。スピンの効いた角度のある速球で、6回で11奪三振。素晴らしい投球のはずが、相手が悪かった。相手がカープでなければ、完封できたかも。めったにバットの芯に当たらない誠也が、めったに芯に当たったものだからホームラン。丸は直球狙い撃ちで、特大2ランホームラン。さらに、菊池の好走塁に、毎度の河田コーチの好判断で5点入ってしも [続きを読む]
  • 昨夏のようなG猛追はあり得ないということ
  • 去年の今頃、巨人はカープに追いつける可能性がある、自分たちは強いという大きな勘違いをしていた。一方、カープの選手達は、強い時代を知らない若いファンは、首位を独走してきたけど、本当に優勝できるんかいなと不安を持っていた。1年経って、立場も状況も一変した。巨人はもう完全にカープコンプレックス、どうやってもカープに勝てないと思っている。カープは、どうなっても結局勝つと思っている。今日は、マイコラスがいい [続きを読む]