菊乃 さん プロフィール

  •  
菊乃さん: 碧の地球
ハンドル名菊乃 さん
ブログタイトル碧の地球
ブログURLhttp://1505.jp/green/
サイト紹介文花とみどりと小動物のことを中心に日々の暮らしやエコロジー、自分の好きなもののことなどを書いていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 25日(平均4.2回/週) - 参加 2017/05/03 20:32

菊乃 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 土の上を歩く
  • 体調の関係で、仕事の長期休暇を取っています。昨日、思い立って午後から大船植物公園に行ってきました。電車と徒歩で1時間くらい、ときどき小雨が降りましたが、すいていて楽しめました。バラを見に行くつもりだったのですが、疲れているせいかバラ園よりも、大きな木や野草が多い森林コーナーの方に心惹かれました。山アジサイが、ぽつぽつと開花を始めていました。 横浜のマンション住まいで、線路と高速道路に挟まれて生 [続きを読む]
  • 葉っぱで大盛り上がり
  • もうすぐ梅雨ですね。ベランダに置いている鉢植えのギボウシが、元気になってきました。ギボウシは山間の湿地帯などに自生している植物です。ユリににた花を咲かせますが葉が大きくて美しいので、観賞用のグリーンとして好まれています。日本ではこの時期、公園の花壇などで特徴のある大きな葉を見かけることができると思います。 以前、植物公園が主催する「ギボウシ愛好会」の会長さんの講演を聞いたことがあるのですが、ギ [続きを読む]
  • 新しい世代
  • ベランダで育てているサボテンです。6年目になるこの春、新しい芽が出てきました。私の主人の実家の福島から持ってきたものです。2011年の夏に帰省したとき、車でお墓参りに行った帰りの海沿いの通りに落ちていたのです。拾ったときはひとかけらのサボテンでした。 持って帰ってベランダの鉢に土を入れた上に置いておいたら根付いたので気まぐれに水をやっていただけですが、 順調に子供ができて孫ができ、この春ひ孫も [続きを読む]
  • 枯れ葉活用
  • ラベンダーの季節はまだ早いですが、万年開花しているベランダの鉢植えの「ラベンダー・デンタータ」のつぼみがあまりにきれいなので載せたくなりました。ラベンダーといえばイングリッシュ系や日本人ごのみのオカムラサキ、ウサギの耳のようなフレンチラベンダーなどいろいろあって「どれも大好き♪」な私です。デンタータというこの品種はギザギザの葉が特徴的で、香りも姿も他と違っています。 暑さと乾燥に強く、私が育て [続きを読む]
  • レモンスター
  • 手先はあまり器用ではないのですが、手芸を趣味としています。 時間があれば、秋冬だったら編み物、春夏はパッチワークに精を出します。 パッチワークはあまり布をはぎ合わせてクッションやベッドカバーなどを作る、西洋生まれの手芸です。 子供のころから正方形のパターンを作りためています。受験・就職・遊びや恋愛、仕事や家事などに忙しくてできない時期もありましたが、 暇ができたと [続きを読む]
  • バラに夢中日記
  • 5月も中旬を過ぎました。 この時期の横浜は、バラの開花も峠を越しています。大方の品種はもう咲き終わっていて、あとは6月の遅咲き種の開花だけです。 いつも大船植物公園のバラ園に見に行くのが恒例なのですが、今年は時期を逃してしまって行けそうにありません。 仕方がないので買い物や通勤途中に、よそのお宅のバラを見て歩いています。 お庭にたわわに咲いていたり、門のところがバラのアーチにな [続きを読む]
  • 一生女の子
  • バラの季節ですね。ベランダに咲いたバラの甘い香りを感じて、「赤毛のアン」のなかの言葉が浮かんできました。 11歳の夢見る女の子・アンは名前をとても大切に思っていて、バラはバラという名前だからこそステキで、こんなにいい香りがするのよ、と思っています。 日本でもよく言霊などと言われますが、アンは言葉が大事だということをよく知っていて、建物や家や場所にも名前をつけたりします。 バラがあざ [続きを読む]
  • 大地(The Good Earth)
  • 読書は、私の人生に欠かせません。パールバックの長編大河小説「大地」は、高校生のときにはじめて読んでたいへん感動した作品です。読書好きだった今は亡き母の本棚からこっそり持ち出してボロボロになるまで読み倒した4冊を、今だに手放せません。「墓の中まで持っていきたい」と思っている作品のひとつです。 19世紀初頭から20世紀の中国が舞台です。貧しい農民の主人公・王龍(ワンロン)が働きものの妻を得て裕福になり [続きを読む]
  • 美味しさの理由(わけ)
  • 主婦なので、家にいるときは家事労働に追われています。家事の中で私が一番重要だと思っているのが食事を作ることなのですが、5年ほど前から、下記の3つを実行しています。 ●鉄フライパンを使う炒め物やチャーハンがぐっとおいしくなりました。熱くしたフライパンは余熱で炒め物の仕上げができます。たわしでゴシゴシこすっても大丈夫なので、手入れが楽。●ご飯は土鍋で炊く土鍋で炊くご飯はおこげができたりして香ばしく [続きを読む]
  • この星に生まれて
  • 家にいるときはたいていテレビをつけていますが、あまり真剣に見ていないことのほうが多いです。掃除や台所仕事をするときのバックミュージック代わりですね。 過去に見ていたNHKの番組で「生きもの地球紀行」というのがあります。 地球上で生きる生き物たちをテーマにした自然ドキュメンタリー番組で、1992年から2001年くらいまで、月曜日の夜に放送されていました。 柳生博さんや宮崎美子さんのナレーシ [続きを読む]
  • 一緒に食事を
  • 生まれ持った超敏感体質&小食という体質にもかかわらず私は、みんなで美味しいものを食べに行くのが好きです。食べに行った先で「美味しいんだけど、これ以上は・・・」と言い訳をしなければならないし、「もっと食べないと、体悪くするよ」と言われてしまっても。やっぱり食事を誰かと一緒にするのって、楽しいですから。万年グルメブームという言葉がWEBのどこかに載っていましたが、言えていると思います。テレビのグルメ番組 [続きを読む]
  • 食べることに着目する
  • …前回の続きです。アレルギーというのはあるものに対して過敏に反応する状態で、免疫反応が関係するものだそうです。 卵アレルギー、蕎麦アレルギー、小麦粉アレルギーなどよく聞く話でもあります。アレルギー体質の小さいお子さんを持つ家庭の大変さは計り知れません。 私自身のことを言えば、アレルギーがたくさんあるのですが、全てが軽度なので普段は忘れています。 例えば、卵アレルギーがある私は、一日一つ [続きを読む]
  • 超敏感体質
  • 横浜住まいです。お隣は川崎市。仕事もレジャーも買い物も、生活のほとんどが横浜・川崎で完結してしまいます。 夫婦二人暮らし。夫の実家は福島ですが、この春は帰省しないことになりました。 ゴールデンウィーク後半の昨日は、横浜の中華街に行ってきました。 おいしいものを食べに行くのは好きですが、残念なことに消化器官があまり丈夫ではなくて、そんなにたくさんは食べられません。 ケーキ、プリン、ア [続きを読む]
  • 過去の記事 …