YUKI さん プロフィール

  •  
YUKIさん: ナマ医療英語、イギリス現役看護師と一緒にお勉強!
ハンドル名YUKI さん
ブログタイトルナマ医療英語、イギリス現役看護師と一緒にお勉強!
ブログURLhttp://blog.canpan.info/englishfornurses/
サイト紹介文イギリス在住の現役看護師で医療通訳者が、臨床英語について発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 134日(平均2.7回/週) - 参加 2017/05/03 23:17

YUKI さんのブログ記事

  • 医療通訳者の法的責任が拡大?
  • イギリスで現役看護師と医療通訳をしているYUKIです。最近の仕事の割合として、看護師が9くらいで残り1くらいの割合で医療通訳をしています。先日の看護師の仕事の時、朝のミーティングで患者さんの同意書のサインについて、マネージャーから念押しのように話がありました。同意書はだいたいA4サイズの大きさで、上の方に手術の要綱やら医師が手術内容、副作用などについて説明した、などのチェックボックスがあって、その後に医 [続きを読む]
  • マウンテンバイクから落ちて脾臓破裂の患者さん
  • こんにちはイギリスで現役看護師と医療通訳をしているYUKIです。外傷外科、救急外科病棟で勤務をしていて思うのは、季節やイベントで事故のタイプが変わること。夏はスポーツ、DIY、アウトドア関係が特に増える気がします。この前受け持った患者さんはマウンテンバイクから落ちて救急外来(A&E)にやってきました。検査の結果は脾臓破裂。 spleen が脾臓で「スプリーン」の発音でOKです。 rupture が破裂。 ruptured spleenと通 [続きを読む]
  • 外国人と仕事するうえで大切なこと 
  • イギリスの現役看護師で医療通訳のYUKIです。このブログの自己紹介、プロフィールでも書いてありますが、渡英時の英語力は相当に低く(渡英直前のTOEICが420点台)、イギリスの成人用中学生クラスからやり始めました。でも、英語力以上に苦労したこと、それがコミュニケーションです。外国人とコミュニケーションをとるときに、絶対に外せないのが、考え方の違い、習慣の違い、文化の違い、宗教の違いなどを考慮に入れること。 [続きを読む]
  • エコノミー症候群を英語で勉強してみよう
  • イギリスで現役看護師で医療通訳をしているYUKIです。前回のブログで2週間ほど休みます、と連絡をしましたが、はるかにそれを超えてしまいました。。。。あまりいるとは思いませんが、楽しみにしてくださっていた方、お待たせして申し訳ありません。もう数週間立ちますが、ミニテストを受けていただきました。イギリスの小学生用の循環器テスト。http://blog.canpan.info/englishfornurses/archive/51復習 artery , vein, bloo [続きを読む]
  • 2週間ほどブログをお休みします
  • いつもブログを訪問してくださってありがとうございます!前回までにテストを受けてくださったかた、お疲れ様でした。その後 今回出てきた単語を使った内容をやっていきたいと考えていましたが、子供の夏休みということもあり、2週間ほどこちらはお休みさせてもらいます。アメブロの方では日常をたまにアップするので、よろしければご覧ください。それでは暑さに体調を崩さないように、元気にお過ごし下さい。YUKI [続きを読む]
  • テスト解答と医療勉強の方法のヒント
  • イギリスで現役看護師で医療通訳をしているYUKIです。暑い中にもかかわらず、テストにチャレンジしてくださった方、ありがとうございました。では解答と簡単な解説いれておきます。1.What does your heart do?心臓は何をするのですか?It pumps air around your body It pumps blood around your body It pumps blood to just your muscles 2.Which of these w.. [続きを読む]
  • イギリスの小学生-循環器テスト
  • 予告通り、循環器のミニテストをします。イギリスでの対象年齢は小学校高学年。予習をしていない方、もう一度したい方は「脈」はこちら 心臓についてはこちら制限時間=15分解答はなるべく24時間以内に出すようにしまーす。イギリスの小学生に負けないぞー!とここはひとつ、頑張ってみてください〓Circulation - Quiz1.What does your heart do? It pumps air around your body It pumps blood around y.. [続きを読む]
  • イギリスの小学生の「循環器テスト」予習+復習編
  • こんにちはYUKIです。今日は眼科手術室で看護師やってきましたーやたらに手術件数が多かったなー。ところで昨日のブログで予告しておいた「イギリスの小学生用の解剖学テスト」今日は、「テスト範囲」を出して、このテストをぜひ受けてみたい!と思われるかたに勉強をしてもらいましょう。今回は脈についてです。あと以前のブログでだした心臓と動脈、静脈もテスト範囲になりますよー。BBC教育サイトより引用Your pulse is a measu [続きを読む]
  • 医療英語の勉強にTOEICは必要か?
  • こんにちはー。イギリスで現役看護師と医療通訳をしているYUKIです。子供が夏休みに入って、楽しいけれど大変でもある毎日です。さて「医療英語の勉強を始めるのに、TOEICで何点くらいあった方がいいですか?」「英検何級から医療英語の勉強を始められますか?」というような質問を頂くことがあります。どちらの質問も、医療英語の勉強を始めたいけれど、どれくらいの一般的な英語力があればいいの?という意味合いの質問で、その [続きを読む]
  • イギリスでの「コードブルー」−緊急対応
  • イギリスの現役看護師で医療通訳をしているYUKIです。コードブルーが始まって、とても人気番組みたいですね。私も見たいです!イギリスで見るのは設備を整えないといけないので、結局まだ日本のテレビは見られる設定になってないんです(涙)ところでコードブルーが緊急時の隠語ということ、私はしりませんでした。スタットコールも当然しりませんでした。イギリスでは緊急時の対応が違うんですねイギリスの病院内で緊急時に緊急招 [続きを読む]
  • 医療通訳者の小さな「誤訳」が起こした大きな問題
  • イギリスで現役看護師と医療通訳をしているYUKIです。医療通訳として登録しているエージェンシーに、定例研修会に行ってきました。日本人は私だけで、他の国通訳者が15か国語くらいかな?参加者は合計で30人近くいました。本当、こういう機会でないと他の通訳者と近況報告できないので、ありがたいわー。エージェンシーから、最近起きたインシデント報告がありました。生後間もない赤ちゃんが病院に連れてこられました。状況等 [続きを読む]
  • 糖尿病研修会、講師は看護師で受講者が医師
  • 糖尿病の研修会に行ってきました。院内のものではなく、イギリス内のプライマリー糖尿病ソサイエティが開催のものです。 ロンドン、カーディフ、バーミンガム、マンチェスターと各地で行われます。ネットでもチラシでもガンガン宣伝していますが、スピーカーがGPが(地域医)3人、看護師が3人の合計6人です。 スピーカーの方々はイギリスでの糖尿病業界では有名な先生、看護師ばかりです。そのせいかスポンサーも羽振りがよく、 [続きを読む]
  • 中皮腫アクションデーの通訳の仕事をしてきました
  • イギリスの現役看護師で医療通訳をしているYUKIです。7月7日(金曜日)に、イギリス各都市で「中皮腫アクションデー Mesothelioma Action Day」」が行われ、日本からは「中皮腫、アスベスト疾患、患者と家族の会」の代表の皆様がお越しになり、イギリス4都市で行われたイベントにそれぞれ分散して参加されました。私はありがたいことに、マンチェスターのイベントに通訳として参加させていただきました。市長、国会議員5名も [続きを読む]
  • 先の見えにくい医療英語の勉強=バイリンガル児の教育
  • こんにちは。イギリスで現役看護師で医療通訳をしているYUKIです。今日は長女の中学生、アオイが初めて、日本語を使った仕事でお金(おこづかい)を稼ぎました(出所は、今のところ私ですが!)この経験を通して、先の見えない目標を持つ、例えば医療英語の勉強とか、どうやってモチベーションを持つかなどを考えてみました。昨日のブログで書いた翻訳が完成して、納品しました。通訳の日にあるスピーチの原稿です。英語での仕上げ [続きを読む]
  • 通訳エージェンシーの裏バナシと病院以外での医療通訳
  • イギリスの現役看護師で医療通訳をしているYUKIです。何日ブログに書いていなかったというか、ログインしていなかったのだろう?ってぐらいお久しぶりです。先週は臨床の方で、書くこと盛りだくさんで書く気満々だったのです!が、が、不思議なことに、ここに来て医療通訳の方が忙しくなって看護師の仕事を減らしているという、怪奇現象が起きているのです!その中の一つに、通訳場所が「xxxx」という、病院でも健康センターで [続きを読む]
  • 男性の不妊手術、パイプカットの一般用語と口語
  • 患者さんが入院してきた時に看護師は、問診票を作成します。病院にもよりますが、かなり多いものになると10ページくらい、びっしり質問だらけです。題してNursing Admission Assessment 患者さんの病歴、手術歴を記入する欄は一番前のページがほとんどです。男性患者さんに病歴や手術歴を聞くと「パイプカット」という答えが返ってくることがあります。パイプカット。。。精管を結紮切除する、男性の不妊手術ですね。英語での正 [続きを読む]
  • 英語力のせいで免許停止、免許はく奪される外国人看護師
  • イギリスで現役看護師と医療通訳をしているYUKIです。イギリスでは6月になって2人の看護師が看護師免許を停止、あるいは免許はく奪されたニュースが流れています。二人ともEU出身で、まだIELTS(外国人用の英語テスト)なしでイギリスでの看護師免許の書き換えができた、2016年以前にやってきた看護師たちです。こちらがイタリア人の看護師 看護師協会(NMC)から免許をはく奪http://www.telegraph.co.uk/news/2017/06/13/it [続きを読む]
  • 入院患者さんの尿閉
  • イギリスで現役看護師と医療通訳をしているYUKIです。整形外科で勤務してきました。看護師が4人配置なのに、3人足らないから、整形の看護部長があちこちの病棟を駆けずり回って必死に看護師を回収して、私も外傷外科から回収されていきました。。。それでも4人配置の予定が3人で勤務開始。患者さんも結構症状が重い人が多く、厳しい勤務。整形外科の手術を受けて2週間以上たっている患者さんDさん申し送りの時に「今朝x時前に [続きを読む]
  • 抗生剤はどの病気に効くの?
  • イギリスで現役看護師と医療通訳をしているYUKIです。今日は医療者の方にとっては、初心にもどって抗生剤 antibiotic が何に効くかについて書きます。前回の記事でも書きましたが、次女のヒカリと私は扁桃腺になってヘタッていました。喉の痛みって( Sore throat)、扁桃腺を含めていくつかありますよね。その中でも、抗生剤を処方される場合とされない場合がありますね。ってことで、そもそも抗生剤は何に有効で何に無効なの? [続きを読む]
  • 「発熱をしました」と「熱があります」
  • イギリスで現役看護師と医療通訳をしているYUKIです。次女のヒカリがまたまた扁桃腺から耳にかけての炎症で高熱を出し、6月上旬に5日間へばっていました。この扁桃腺から耳への炎症は、この1年で3回目ですよその後は私がうつってしまい、しばらくブログはお休みをしていました。久々に書くので、娘の体験も絡めて「熱があります」 と「発熱しました」 の表現の違いについて書いてみます。喉のあの痛みって、本当につらいです [続きを読む]
  • 肋骨の骨折、臨床編
  • -本日の英語-肋骨を骨折した時の症状の一つ- feeling or hearing a crack if it’s a broken rib (国営保健サービスの、患者さん用パンフレットより)前回、肋骨の骨折で研修を受けて、それじゃあどうやって普段の臨床にいかすかー実際の元患者さんが出てきて、主治医とトークショーのようなことをしてくれました。パワーポイントでは-自転車から転倒して、翌日に家族に連れらてきて救急外来を受診-肋骨が前後合わせて、複数骨 [続きを読む]
  • 肋骨の複数骨折の研修会 セオリー編
  • イギリス看護師で医療通訳をしているYUKIです。肋骨の複数骨折とその処置、治療方法についての研修に行ってきました。今回は研修の内容をセオリ―中心に書いてみます。手術デモのセットの写真を載せてみました。参加物はマンチェスター中から30人程度。9割は外傷外科、一般外科、救急センターなどのドクターで、看護師は外傷コーディネーターとか専門看護師などで、ヒラ看護師は私だけでしたー 内容として1) ここ数年の患者 [続きを読む]
  • 肋骨の複数骨折マネージメントの研修(Multiple rib fracture management)
  • イギリス看護師のYUKIです。マンチェスターのテロの後は病院から呼び出され、シフトもかなり変更になり、その後はお休みもあって少しブログも休んでいました。前回の記事でも書きましたが、もっと外傷外科の知識も経験も増やしたいと思い、研修会を申し込みました。初めて、有料の研修に申し込んだ。。。。25ポンドなり。まあご近所の大学病院が主催なので、これでランチ付きは高くはないのかな?(実は倍の出費が結局必要になる [続きを読む]