suiryubonto さん プロフィール

  •  
suiryubontoさん: 東京ネット漂流録
ハンドル名suiryubonto さん
ブログタイトル東京ネット漂流録
ブログURLhttp://gons6.top/
サイト紹介文音楽記事を中心にして哲学・思想までのサブカルチャー全般を語るサイトです。
自由文こんにちは。
書いていく内容は音楽YouTubeを採り上げながらHR/HMや井上陽水さん近辺のミュージシャン、RUSHなどのプログレについて書いていくつもりです。
なおかつ同時にそこへ現代思想系の問題を注ぎ込める時はそういった内容の記事にしていくつもりですのでちょっとだけ濃いめの音楽記事が時々あるかもしれません。そういうのが好きな方、是非!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 90日(平均2.8回/週) - 参加 2017/05/04 12:44

suiryubonto さんのブログ記事

  • 晴れの日の洋楽フェイスノーモアの名作アルバムはエピックではない
  • 晴れの日の洋楽フェイスノーモアの名作アルバムはエピックではない今日の東京地方は晴れていて人間というのは不思議なことに晴れた朝に陽の光を浴びると心が随分洗われ体も心地よくなるという性質があると思います。それは子供には特に顕著ではあるのでしょうが大人になるにつれ様々な気持ち悪いものを身につけたり背負ったりしてしまっていく過程でその感覚を忘れがちですね。私は常々このサイトで雨の日の叙情性をこういう記事で [続きを読む]
  • 椎名林檎が歌う「スピカ」YouTubeスピッツ〜90年代の使者
  • 椎名林檎が歌う「スピカ」YouTubeスピッツ〜90年代の使者この動画の画像からして90年代やゼロ年代の香りがするなあ……と思いつつも、この楽曲のポテンシャルエネルギーもスピッツの本性も椎名林檎のルーツも、実は遥かにそれ以前の時代にある。そのことは非常に大きなことを物語っているのではないか?それが何なのかはひとえにこの楽曲をよく聞いてもらえればわかると思うが、音楽自体は複雑性の美だとしても音楽の核心にあるの [続きを読む]
  • 君が代の現代ロックアレンジはむしろ歌詞や意味がない方がいい?
  • 君が代の現代ロックアレンジはむしろ歌詞や意味がない方がいい?音楽と愛国心というと問題はまず国歌に集約されますし、日本であればそれは君が代の問題になり、現代ではそれはロックを通す問題となり、ロックであればそれは清志郎さんのパンク君が代の問題に全解消されてしまってもう皆さん問題が無くなってしまったような気がする。だって清志郎さんは十字架背負って代わりに逝ってくださったから……というわけではないのでしょ [続きを読む]
  • 奥田民生 朝の歌は名曲コーヒーではなく「人間2」で愛のために!
  • 奥田民生 朝の歌は名曲コーヒーではなく「人間2」で愛のために!奥田民生!というとすっかりダラけた人……というイメージがありますがその一方でロックの人という印象も流通しており総体としてよくわからない人と見做している人も多いのではないでしょうか?私にもよくわからないながらまあ全体としてはなんとなくわかるかなという感じであまりロックではない人でもあるのですが、かといってフォークの人にも分類しきれないとい [続きを読む]
  • マニックス リッチー・エドワーズ失踪の原因は文明批判にあった?
  • マニックス リッチー・エドワーズ失踪の原因は文明批判にあった?世の中にはびこるバンドというものはそもそもよくわからないものであるという視点がそもそも正しいという見方がこの世には存在していてそれは例えば小沢昭一の変な影響を受けた人が座敷芸の延長としてしか捉えられないかつての日本の文化批評のような面に顕著なのですがそうはいっても芸人というものにいかがわしさを感じる視点も充分に訴えてくるものがあるのでは [続きを読む]
  • 日曜日の朝も昼も夜もテレビでもラジオでもなくこんな音楽など??
  • 日曜日の朝も昼も夜もテレビでもラジオでもなくこんな音楽など??文化や国によって音楽性が異なるという見方がどの程度、一般的かは知りませんが、確かに私も厳密にではないもののその国のお国柄というものでアーティストやバンドといった音楽家たちの出すサウンドを聴かずして判断してしまうところがあります。それが皆さんにも当てはまるというのもそれもまた別方向の先入観なので強くは言いませんがある程度、そういった思い込 [続きを読む]
  • 雨の日の音楽 洋楽で最も現実を凝視している歌が薦める過ごし方は
  • 雨の日の音楽 洋楽で最も現実を凝視している歌が薦める過ごし方は日本の色々な意味で幸せなバンドはここは天国ではないんだかといって地獄でもないと脳の中がよい感じのお天気な歌を歌って喝采を浴びておりそれはそれで一種の気休めだったり麻薬や向精神薬のような作用のものとして充分、存在意義があるでしょう。あるいはそれは幸せな人々……別の記事でも書いた人生の強者たちが自分たちの人生に安全なままでちょっとした味付け [続きを読む]
  • 曇りの日はこんな音楽でも……明るい?暗い?謎のニューウェーブ歌
  • 曇りの日はこんな音楽でも……明るい?暗い?謎のニューウェーブ歌このサイトでは個人的嗜好から雨の歌を数多く紹介してきましたが雨というのも一つの極端な状態でありそれは稀だから有り難いという面が大いにあるでしょう。実際の平凡な日々を愛すべきである私たちの日常の上空には常々雲が広がっておりその天候はそのグラデーション次第で曇りとなっている事も多いのです。その現実から目を逸らした幸せなど単なる現実逃避であり [続きを読む]
  • 井上陽水 芸風の深化は春の歌である五月の別れの歌詞から見抜け!
  • 井上陽水 芸風の遍歴は春の歌である五月の別れの歌詞から察せ!!音楽家というのは多くが基本的に流動的な存在であり、また同時に芸風としてそうでなくては成り立たないという性質を持っているものです。中にはマノウォーのように固定化されたセルフイメージを作り上げそれを拠点とする事で音楽性にも一貫性が出て成り立つ音楽家もいますが名前の中に流れゆくものである水が付いている井上陽水さんほどイメージを変転させている音 [続きを読む]
  • 筋肉少女帯(大槻ケンヂ)のメタル名曲イワンのバカ歌詞が厭世哲学
  • 筋肉少女帯(大槻ケンヂ)のメタル名曲イワンのバカ歌詞が厭世哲学個人的な話になるのだけれど日本はロック不在の地と呼ばれる事もあって、それも尤もだとは思うのだけれどメタルとなると話が微妙になってくると思います。というのは日本人は様式美的な音楽を好むという傾向にある一方メタルはクラシック……つまりキリスト教音楽が根にあるのでキリスト教が外来品である日本にはメタルはどうなんだ?という部分もあるのですね。し [続きを読む]
  • 恋愛の歌おそらく両思いならばおすすめはユニコーンおかしなふたり
  • 恋愛の歌おそらく両思いならばおすすめはユニコーンおかしなふたり再結成後しか知らない若い音楽ファンには一時期のユニコーンの影響力が想像つかない事でしょう。セールスや知名度が爆発的だったというわけではありませんでしたが音楽の素人も玄人も巻き込んで確実に一時代を築き上げていたのでした。それはあの有名なバンドブーム期の事ですがユニコーンの「ブーム」は「ブーム」の力を借りないで作り上げた地味な「ブーム」でし [続きを読む]
  • ジャズピアノを聴きたい雨の日には有名曲ではなくてもこの名演を!
  • ジャズピアノを聴きたい雨の日には有名曲ではなくてもこの名演を!陳腐な言葉ながらいよいよ春も終わりですね。日本の場合、春の終わりは同時に梅雨の到来を意味する事が多いですが海外ではどうなのでしょうか?その答は国によって様々だと思いますが少なくとも音楽の世界においては季節云々に関係なく雨の曲というのは重宝される傾向にあると思います。日本の場合、和歌や俳句などで雨に風情を見出す作品が多いでしょうが海外では [続きを読む]
  • ハロウィンの曲はドイツのバンドらしく歌詞が意味不明でも構わない
  • ハロウィンの曲はドイツのバンドらしく歌詞が意味不明でも構わないドイツもしくはオーストリア圏域というと音楽の都ウィーンが存在しているためクラシックの本場というイメージがその音楽文化には根付いておりそれもそれでもちろん間違いではありません。例えばこのサイトでも紹介しているマーラーなどはこのエリアで活躍していた音楽家です。ですが今や時代は21世紀。古典は古典で意義がありますしマーラーの音楽に20世紀性を見出 [続きを読む]
  • 原田知世「ロマンス」は作曲家だけではなく本人の作詞にも注目!!
  • 原田知世「ロマンス」は作曲家だけではなく本人の作詞にも注目!!美しい人にも色々なタイプがあってステロタイプにはまっているからこそそうである人とそういう基準から何気なく外れているからそうである人というのもいます。無論、見当違いの方にズレてしまうそんな人は単なる嫌われ者という事になってしまうでしょうがこの世界に心地よい影響を与える人というのは案外、少しだけいい感じに逸脱しているのかもしれません。美は乱 [続きを読む]
  • 夜の雨が不快に聴こえない邦楽 歌詞がいい音楽はズバリこれで!!
  • 夜の雨が不快に聴こえない邦楽 歌詞がいい音楽はズバリこれで!!皆さんは決まりきった天候には決まりきった心が対応していると思いますか?それは一見普通なことと思われるかもしれません。ですが人間の心というのは分かりませんよ。そうとは限らないのが心の豊かさと言えるかもしれない。それが一番顕著に現れるのが歌です。特に日本語の歌には雨に対してアンビバレンツな感情、もしくは雨を心良いとさえ思うようなものが多く見 [続きを読む]
  • 洋楽ヒップホップを基にしつつヒップホップに留まらないノリの曲
  • 洋楽ヒップホップを基にしつつヒップホップに留まらないノリの曲音楽の世界にはどこか狂っているしまっている要素が必要であることを認めるべきだと思う。それはこの動画の曲を歌っている人をよく見ていれば顕著だ。この人は一体どうしてしまっているのだろう?色々な意味で今どうしているかということだけに限らず、頭の中や、心の中も、どうなっているのか大いに疑問だ。ある種の混乱をきたしているのではないかと思われるがでは [続きを読む]
  • VOWWOWの名曲TellMeがCMに使われた時代の空気とは
  • VOWWOWの名曲TellMeがCMに使われた時代の空気とは音楽が何らかの時代性を反映している……と考えるのは行き過ぎると社会主義リアリズムのようになってしまうのでしょうがですがそれでも時代の空気と無関係という事はありません。時代性を醸し出す手段に成り下がる事は作品の自律性を奪いますが同時に時代の中で生きていた事をキチンと示しているからこそ生きてくる音楽作品というものもあります。そしてそれは時代の寵児となってい [続きを読む]