ぺぺ さん プロフィール

  •  
ぺぺさん: いきかたのカタチ。
ハンドル名ぺぺ さん
ブログタイトルいきかたのカタチ。
ブログURLhttp://1100yasai.blog.fc2.com/
サイト紹介文人生ってきちんとカタチを作らないとダメなのかな?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 23日(平均5.2回/週) - 参加 2017/05/04 19:16

ぺぺ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 検索する、しない。
  • 図書館の本。今は「ネットで検索→予約→近くの図書館で受け取り」が無料でできる。市内全部の図書館にある本ってすごい冊数なのに。・・・予約した本を受け取った後、図書館の中をブラブラ。あ、こんな本もある!検索では絶対見つからない本たちとの偶然の出会い。 [続きを読む]
  • どっちがいい?
  • 街中で、イヤホンを耳に、音楽を聴く。心地いい。でもこの間は世界から自分を閉じている。周りを見て偶然何かを発見って機会は自分でなくしてる。今はどっちがいい?いつも自分に問いかけてみる。 [続きを読む]
  • 見つけた、今日の「ありがとう」。
  • 畑を借りて野菜を作ってます。まだまだ初心者。周りの方が(ほとんど年齢が10歳以上は上の方々だけど)いろいろ教えてくださいます。その上、「○○余ってるから持って行き!」とか、とれたての野菜をくださったりもします。今日も「チシャ菜、持って帰り」という方と「ジャガイモあげるよ」という方が。チシャ菜はおとといもいただいたんだけど…。本当に感謝です。正直、「今日はもらうのはちょっと…」という時もあります。だけ [続きを読む]
  • 「最低限の常識」って、つきつめると…。
  • あの人は常識を知らない、とかそんなの常識だよ、とかいろいろいう人がいるけれど、社会で生きていくための最低限の常識って、つきつめて考えると、「ありがとう」と「ごめんなさい」がすっと言えることなのかなと、最近感じています。いたってシンプルなことなんだなって。それを意識して毎日過ごしていると、それができる人、できない人、いろいろ見えてきます。例えば…・・・・・幅の狭い歩道。向こうから人が来ます。相手の人 [続きを読む]
  • これからの社会を生きるために必要な力。
  • 自分が考える、これからの社会を生きるために必要な力って、想像力。創造力。行動力。対話力。あとはこれらの力を発揮できるようにするための、記録力。…かなって思ってます。小さな家事をするのにも、大きな仕事をするのにも、どっちにもあてはまるんじゃないかなと。そう考えると主夫というのもいろいろ能力を伸ばせる役割なんだって思います。 [続きを読む]
  • ベテランさんたち。
  • 去年から野菜作り。まだまだ試行錯誤。ふらっとベテランさんがのぞきにきてくださった。「これ、まだまだ大きくなるよ」「これ、病気になってる」いろいろと。「自分でやらないでもっと聞かないとダメだぞ」うーん。知らないんだからしかたないのに…。こういうの、面倒だ。人に会うと話をしたりで時間とる。特にベテランの皆さん、話長いし。自分のペースでしたい。それができるから市民農園で野菜作りにチャレンジしてるのに…。 [続きを読む]
  • これからの子育て。
  • この本、これからの子育ての真髄が書かれていると思う。★「マンガで一発回答 2020年大学入試改革 丸わかりBOOK」★子どもには子どもの「いきかたのカタチ」が。そりゃあそうだよね。時代が違うんだし。親はその流れをよく見ないとダメなんだ。 [続きを読む]
  • 主夫って… (続き)
  • 主夫って「家族の健康を守る人」。そのための家事。そのための育児。それがわかったら、「やらされてる」から「役目を果たしてる」に毎日の気持ちが切り替わった。よくよく考えてみれば、ごくあたりまえ、のこと。でもそのシンプルな答えに気づかなかった。やっぱり「何をするのか」じゃなくて、「何のためにするのか」なんだね。 [続きを読む]
  • 主夫って…
  • 世間体を気にして失敗し、見栄をはって挫折し。主夫の立場で10年。やっとわかった気がする。主夫=家事・育児をする人じゃない。主夫って [続きを読む]
  • 言葉が多くなると…。
  • 何かあれば 何かすれば必ず理由を説明しようとしてただけど 言葉って多くなると薄っぺらくなるみたい発する言葉はシンプルにその分言葉選びは慎重に [続きを読む]
  • やってあげてるんだぞ。
  • 家事。報酬のない、毎日の仕事。でも、「みんなのためにやってあげてるんだぞ」と思ううちは、自分も家族も、どっちもモヤモヤするばかり。・自分のためでもあるんだ。・それが自分の役割だ。そう思うと、ちょっとストレス、減ったかな。少し考え方を変えるだけ、なんだけどね。 [続きを読む]
  • 初めて言えた。
  • 人の集まりの中で、近況報告の時間。―今、専業主夫やってます―初めて自分から言った。初めて堂々と言えた。その後。「洗濯とか掃除とか、全部やってるの?」「料理、毎日だと大変じゃないのか?」だいぶ年上のシニアの方々が多い集まり。興味津々みたい。これまで何を思われるか怖くて言えなかった。でも、怖がる理由、あったのかな?自分の生き方。家族の中でのひとつの役割。「ふつうじゃない」よくそう言われてきた。でも、ふ [続きを読む]
  • 「見られる」より「見る」。
  • 久しぶりに人の集まりへ。「どう見られるかな?」「変に思われたくないな」ずっと考えながら、準備。自然と心の緊張が高まる。でも、会場に着く直前。「自分がどう見られるか、より、皆さんがどう変わっているかをよく見てみよう」切り替えたら肩の力が抜けた。さあ、行くよ。 [続きを読む]
  • マニュアルを手放すとラクになった。
  • マニュアルにこだわる。ずっとそうだった。それが楽だと思ってた。でもそれって、いくら回数を重ねても、そのやり方が身につくだけ。ある時から、「どうしてそうするの?」「どうしてそうなるの?」と考え出した。それを探っていくと、本質が見えてきた。・・・・・毎日する料理がまさにそう。「この食材の特性は〜」。「この調味料はどんな味に生かせるか」。そんなふうに考え始めたら、いつの間にかレシピはいらなくなった。「食 [続きを読む]
  • 若葉の緑。
  • 今ごろの木々の緑。若葉の集まりがフレッシュ。エネルギーがみなぎっている感じ。毎日見てたら、少しずつ葉の色が濃くなり、大人になっていくんだろうなあ。要チェック。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …