夜空照夫 さん プロフィール

  •  
夜空照夫さん: UFOに乗りたくて。
ハンドル名夜空照夫 さん
ブログタイトルUFOに乗りたくて。
ブログURLhttp://area51st.hatenablog.com/
サイト紹介文UFO・宇宙人・古代宇宙飛行士説など、地球外知的生命体に関する記事を書いています。
自由文UFOが見たいです。
乗せてもらいたいです。
アブダクションされて、鼻の奥(首の後ろでも可)に謎のチップを埋め込まれたいです。
矢追純一UFOスペシャルやThe UFO、ヒストリーチャンネルの古代宇宙飛行士説が大好きです。
愛読書は『UFO大全』『http://X51.ORG THE ODYSSEY』『コンドン・リポート』です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 50日(平均4.6回/週) - 参加 2017/05/05 06:45

夜空照夫 さんのブログ記事

  • 取材旅行へ。
  • 私事で恐縮ですが、下の子の発熱が収まり、復調致しました。ご心配下さった皆様、本当にありがとうございます。ツイッターではたまに息子達について触れているので、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、上の子は5歳になります。来年は小学生なので、そう簡単には学校を休ませるわけにはいかなくなるので、取材を兼ねてあちこち行って来ます。(おそらくこんな感じになるかと…)再開は来週半ばを予定しています。 [続きを読む]
  • アポロ乗組員は飽きるほどUFOを見ていた?
  • 日本ではほとんど馴染みがありませんが、6月24日はUFO記念日です。ケネス・アーノルド事件で、初めて「空飛ぶ円盤」が世界的に認知された日となります。UFOコミュニティではちょっとしたパーティーがあったり、UFOマニア同士で会合を開いたり夜空を見に行ったり、中にはこの日を狙って大きな発表をする人もいるのだとか。ソロでUFO探しをしている身としては、羨ましくてたまりません。(テンション上げ過ぎ)さて、前 [続きを読む]
  • NASAに出資しているCEOが宇宙人の存在を確信?
  • NASAは宇宙人やUFOが存在していることを知っている。「アメリカ政府が隠蔽している」と同じくらい、陰謀説支持者たちに言われ続けていることです。さて、twitterで相互フォローさせていただいている「横紙やぶり」さんからリクエストが届きました。夜空さんの意見聞きたい。NASAに資本出資している億万長者が暴露「宇宙人は既に確認されている」 https://t.co/9mM09jqUfV @karapaiaさんから― Blog Media 横紙やぶり (@d_yokog [続きを読む]
  • お知らせです。
  • 2日前から子ども(1歳3ヶ月)の熱が下がりません。(注:パパの容姿にかなりの隔たりがございます)1日おきにブログを更新していましたが、落ち着くまでちょっとお休みさせていただきます。楽しみにして下さっている方、申し訳ありません。容態が落ち着き次第、書き始めますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。夜空照夫 [続きを読む]
  • イラン発:現役大統領がUFOを目撃。
  • イランの大統領、ハサン・ロウハーニー氏がUFOを目撃したと公言して話題になっています。2013年から務める現役の大統領ということで、公人としてはヒラリー・クリントンさんやプーチン大統領に先んじた感があります。さっそくですが、こちらの動画をどうぞ。www.youtube.comこの動画によると、オラぁが野良作業をすってたら、あんの山の向こっからオレンズ色の光が明け方に家を出た大統領は、ファジルの祈りにモスクへ向かっ [続きを読む]
  • ウンモ星人からお返事が来ました。
  • 1950年から地球人にトランスフォームして住み着いているというユミタ。彼(または彼女)達がウンモ星人のユミットである可能性が高いことは以前の記事で書かせていただきました。area51st.hatenablog.comこの記事の最後で「ぜひお手紙下さい」とウンモ星人に呼びかけたのですが、これが誤りでした。その日のウチに5通ほどのメールが!(ってか、ブログサークルのトークルームなので誰かはバレバレだし!)ちなみにブロ [続きを読む]
  • 宇宙人が見つからない理由。
  • 「なぜ、宇宙人が見つからないのか?」 物理学者のエンリコ・フェルミの提唱にちなんで、フェルミのパラドックスと呼ばれる、この疑問には多くの説が唱えられています。米軍、英軍を始め、いくつかの大国は宇宙人と接触しており、墜落した際の死体を隠していたり、こっそりと技術提供を受ける代わりに、人間との交配実験やキャトルミューティレーションには目をつぶる…。(アブダクション失敗)そうした陰謀説を始め、何せ [続きを読む]
  • 宇宙人が地震や噴火を監視?
  • 以前、UFOがメキシコのポポカテペトル山付近で頻繁に目撃されていた後、噴火しました。そこで最近、富士山周辺での目撃例が多いため、噴火の兆候かという記事を書きました。area51st.hatenablog.com少し、調べてみたのですが、これは世界中で確認されているようです。大地震や噴火などの天災、戦争(小規模な戦闘ではなく、全面戦争)を、宇宙人が監視している可能性があると、UFOコミュニティでは言われているという情報を [続きを読む]
  • 音声録音によるブログ作成。
  • 今回は雑記です。夜空氏(またはUFOさん)のブログは、現実離れしてるから気楽に読めるんだよねーというメッセージをけっこうな数いただいております。UFOと宇宙人は出てこないので、いつもよりさらに気楽〜♪にお読み下さい。(照夫に比べたら、僕の方が考えることは多いね、うん)私はブログを投稿(アップロード)する際、主に予約投稿を利用しています。テレビ番組のように、決まった時間にアップする方が、待っていて [続きを読む]
  • スペイン発:ウンモから来た宇宙人は実在した?
  • 1960年代のスペインで、ウンモ星人のユミットと名乗る宇宙人から6,000通近くの手紙が社会的地位の高い人々へ送られたり、長電話で哲学などを教えてくれるというちょっとした騒動がありました。場所はマドリッドから郊外にかけてで、67年には底面に「王」の字に似たマークの入ったUFOの写真が撮られています。しかし、この写真はアメリカのUFO研究団体の解析で「吊っている糸」が隠されていることが分かり、写真自体もウンモ星人 [続きを読む]
  • NASA発:10年以内にエイリアンを発見できそう。
  • 昨年『TED』でNASA本部、惑星科学ディレクターのジェイムズ・グリーンが「あと10年以内に地球外生命体を発見できそうだ」と発言して物議を醸しました。注目されたのは「太陽系内で」という条件が付いたからです。宇宙空間でDNAの塩基配列を調べることが可能な「minION」というシークエンサー試験を、NASAは続けています。www.nasa.govこの発言により、「マジで!?」「エイリアン、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」 [続きを読む]
  • 南極発:600m級UFOを見に行きましょう!
  • 地球温暖化で各地の、とりわけ極地の氷が溶け続けています。このまま氷がなくなっていくと、海面が上昇し、水没する区域・都市が増え、やがてその覆っていた水もなくなって、地表が赤茶けた火星のように水分のない惑星になってしまう。そうした話題で踊り狂っている皆様、大丈夫です。だいたい赤茶けるまで水分がなくなるって…『ヤマト』か!?イスカンダルまでエアクリーナーをレンタルしに行く必要はありません。当然、顔色 [続きを読む]
  • 火星で様々な物を発見したUFO研究家、突然のブログ閉鎖!
  • UFO研究家のスコット・ウェアリング氏が7年間も欠かさず更新してきた『UFO Sighting Daily』を突然、閉鎖しました。火星の画像から、様々なものを発見してはアップしていたこともあり、かなり有名な方です。リス、ボート、スプーン、謎のタワー、ホルスの目、石棺、カニ…等々、個人的には火星で見つけてほしくなかったもの(生活感ありすぎ)もあります。UFO研究家としては「変わり種」なので、UFOコミュニティでは「彼がいな [続きを読む]
  • 科学雑誌ニュートン7月号でも「宇宙人特集」!
  • 「宇宙人を探し出せ −今、注目が集まる地球外知的生命探査−」。1981年創刊の科学雑誌『ニュートン』7月号(2017年5月26日発売)を飾るメインタイトルです。www.newtonpress.co.jp(画像は『Newton』公式サイト様より)ついこの間、創刊(ってか始めた)『UFOに乗りたくて』の編集長 兼 特派員 兼 ライター 兼 DTP担当の私としては、時代がやっと追いついてきたくれたか!と感慨深いものがあります。↑勘違い野郎にもほど [続きを読む]
  • 宇宙人とのコミュニケーションは慎重に。
  • 地球外知的生命体との接近遭遇について、ジョセフ・A・ハイネック博士が3段階の指標を掲げています。曰く、第1種接近遭遇は「空飛ぶ円盤を至近距離から目撃すること」、第2種接近遭遇は「空飛ぶ円盤が周囲に何かしらの影響を与えること」、第3種接近遭遇は「空飛ぶ円盤の搭乗員と接触すること」となります。実は、ぜんぜん関係ない他の人達が第4種以降も勝手に定めていたりします。中には「宇宙人が侵略してくること」(第8種) [続きを読む]
  • なぜ今、UFOなのか?
  • 世界的な不況、世界の警察を名乗っていた米国の弱体化、中東ではISが非人道的行為を繰り返し、極東では独裁国家が何かというと弾道ミサイルを発射する。こうした閉塞感は世界的なものです。一昔前、日本では不況になるとレコードやCDが売れたという時代がありました。最近では外食よりも中食に注目が集まったりします。こうした内側へ内側へと、精神や行動が向く傾向は、第1次世界大戦と第2次世界大戦の間にもよく起きていたよ [続きを読む]
  • 富士山噴火の前兆?
  • UFOが地球を観測しているという説があります。これは噴火間際の火山や、大地震が起こる前の地域上空でよく見られる為で、その正確さから「人類に警告してくれる」という説や「UFOは未来人の乗り物だから、危険な場所が分かる」という多少、無理のある説まで様々です。ブログサークルでお世話になっているブロガーさんも、記事にしていらっしゃいましたが、富士山周辺でUFOの目撃が増えてきているようです。ブログサークルブロ [続きを読む]
  • 火星に文明の痕跡か?
  • 地球人の体内時計が、地球ではなく火星の自転周期と同じという話があります。短時間睡眠を繰り返すと分かるのですが、極度に眠くなる時間が少しづつズレていくのは、この体内時計が地球と合っていないからだと思っています。昔は火星人と言えばタコっぽいイメージで描かれていました。(足が2本足りないじゃん!という方、落ち着いて。タコではなく火星人です)なんだって、こんなもんを想像したのか、分かりません。一 [続きを読む]
  • イギリス発:宇宙人は地球に来ている
  • ロズウェル事件(米)を始め、レンデルシャムの森で軍高官がUFOから降りてきた宇宙人と会談していた(英)など、地球外知的生命体がすでに地球へ来ているという噂は枚挙に暇がありません。どこから?どうやって来たの?宇宙人にお会いした際、いろいろと聞きたいことはありますが、おそらく確実なのは乗り物がUFOだということでしょう。駆動系と対G構造に関しては、かなり興味があります。いくつかの映像を見る限り、急角 [続きを読む]
  • 宇宙人が存在しそうな星。パート3(ラスト)
  • Dr.ドレイクの宇宙方程式を、数字を1つも出さないで解説するという、博士が卒倒しそうな展開で来ましたが、今回は具体的な数字の話に入ります。「N=N*×Fp×ne×Fl×Fi×Fc×FL」ほとんどが推測値になってしまいますが、キーになるのは「N*」です。これは望遠鏡で見える範囲を数えるだけでも、何とかなります。(実際にはコンピュータ任せです。本気で数えると人生を棒に振りますのでご注意)「N*」はだいたい4×10の11乗 [続きを読む]
  • Happy Mother's day !
  • 5月の第2日曜日は、「母の日」です。日本やアメリカでは第2日曜日ですが、第1日曜日に祝う国もあります。つい、この間までこいのぼりがあちこち泳いでたと思いますが、実は「子どもの日」は祝日に関する法律に明記されていて、その最後に「母に感謝すること」で締めくくられています。日本に関しては第1も第2もって感じですね。今日はまだ13時間くらい残っています。13時間ですよ?けっこう残っています。ジェット機ならヨ [続きを読む]
  • 宇宙人が存在しそうな星。パート2
  • 前回の続きです。ドレイク博士の宇宙方程式、「N=N*×Fp×ne×Fl×Fi×Fc×FL」について、どなたにでも解るよう説明します。漢字が読めないとキツいかもしれませんが、九九が出来なくても、数値と計算はこちらで用意しますから、数式大嫌い!というバリバリの文系の方でもご安心を。まず最初の「N」が疑問への答えになっています。つまり「N」は、銀河系の中に、(現代地球人並みに)進歩した技術文明の世界がいくつあるか?で [続きを読む]
  • 宇宙人が存在しそうな星。パート1
  • 宇宙人が存在しそうな星が宇宙にどれくらいあるのか?これはUFOに遭いたいと切実に願っている私にとって、いえ、世界中にいる地球外生命体の存在を信じている方々にとって、大切なテーマのひとつです。ブログを書き始めてから10日も経っていないのに、驚くほど多くの方から「私もUFO見たいです」「宇宙人の存在を信じています」といったメッセージをいただいています。すごい人になると「見たことあります!」「お家のすぐそば [続きを読む]
  • ブログサークルという世界。
  • ブログサークルに入って、最も良かったのは「数多くのブログを拝見できる」の一言に尽きます。ブログサークルブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!↑こちらです。ブロガーとしては発信者ですから、とにかくUFOや宇宙人に関することを追いかけている一方、ブログサークルでは読者にもなれます。ホームページ全盛期から、サイバースペースにどれほどの情報が発信されているのかは [続きを読む]
  • 危険な宇宙人は3種類!
  • 古代宇宙飛行士説では、宇宙人はすでに地球に来訪したことになっています。その中でも3種類の地球外知的生命体は要注意という記事を見つけました。ewao.com日本語版はこちらです。↓tocana.jp読むのが面倒な方もいらっしゃると思うので、危険な3種を先に書いておきます。・アヌンナキ・グレイ・レプティリアンこの3種です。見かけたら逃げましょう。記事の方はかなりざっくりしていて、UFOマニア用ゴシップと言った [続きを読む]