けんいち さん プロフィール

  •  
けんいちさん: 筋トレグッズ
ハンドル名けんいち さん
ブログタイトル筋トレグッズ
ブログURLhttp://kintoregoods.sblo.jp/
サイト紹介文筋トレ大好き管理人が筋肉を付けるのに役立つ筋トレグッズを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 122日(平均3.4回/週) - 参加 2017/05/05 13:48

けんいち さんのブログ記事

  • 食事で乳酸菌
  •  筋トレの食事ではタンパク質の重要性ばかり語られますが、筋肉の発達のための食事というものは、結局健康に良い食事ということに尽きると思います。 なので、腸内環境だってとても大事です。 動物性のタンパク質を大量に摂ると、どうしても腸内環境は悪化してしまうので、食物繊維はたくさん摂らないといけませんし、乳酸菌を摂ることも重要です。 乳酸菌のサプリメントを摂るのも良いですが、普段の食事からも乳酸菌を多く摂 [続きを読む]
  • 可変式ダンベル
  •  自宅で筋トレを行うのにあたり、絶対必要なのがダンベルセットです。使うダンベルは通常のダンベルでも良いのですが、場所も取るしプレートの付け替えが結構面倒なんですよね。 一つのセットが終わり、10秒のインターバルでまた次のセットへなんてトレーニングをしていると、ダンベルのプレートを付け替えている間に30秒とか平気で経ってしまい、10秒や20秒のインターバルのメニューを組むのは少々つらいことになります [続きを読む]
  • 筋トレで出会いはあるか
  •  筋トレをすることによって女子との出会いの機会が増えるのでしょうか。 はっきり言っておこう。 増えない。 もう一度言う。 増えない。 今までの私の経験からして女子との出会いが増えたことは一度もありません。 なぜか。 そもそも男どもが筋トレに勤しんでいるフリーウェイトのエリアに女子は来ません。 女子がスポーツクラブに来るのはダイエットのため以外の何物でもありません。つまり、スポーツクラブで女性が多く [続きを読む]
  • ハンドグリップ
  •  握力を鍛えるのに最もポピュラーな器具はハンドグリップです。 ハンドグリップは昔からあるし、シンプルな器具なので非常に安価で売られていますが、数百円で売られている中国製のものなどは避けた方が良いでしょう。ハンドグリップの取っ手の部分まで金属が入っておらず、壊れて私も昔に怪我をしそうになったことがあります。 1000円前後出せば本物のしっかりとした作りのハンドグリップが購入できます。 また、最近では [続きを読む]
  • 腹筋を鍛える頻度
  •  全身の筋肉の中でも特に疲労の回復が早いのは腹直筋などの腹筋です。 筋トレの強度にもよりますが、24時間程度で回復してしまうので、つまり筋トレの頻度は毎日としても良いということになります。 もちろん、非常に高い負荷をかけてトレーニングをする場合は24時間で回復しないこともあるでしょうから、その場合は2〜3日間隔を空けるなどして頻度を少し落としても構いません。 通常の腹筋のトレーニングであれば毎日や [続きを読む]
  • クレアチン
  •  プロテイン、BCAAの他にもう一つだけサプリメントを選べとなれば、これはもうクレアチンでしょう。 クレアチンを摂取するとより強度の高いトレーニングを行うことが出来ます。クレアチンを摂っていない時に8回しか出来なかった重さのベンチプレスが10回12回出来るようになったり、重さを1.5kg増やしても同じ回数が行えたりすることがあります。 普段よりもトレーニングの強度を高くすることが出来るので、当然筋 [続きを読む]
  • 炭水化物ダイエット
  •  炭水化物ダイエットが流行っていますよね。確かにボディビルダーでも炭水化物ダイエットはします。しかし、それは大会前などの減量期のみです。 しっかりと筋トレをして筋肉を付けたいのであれば炭水化物はしっかり摂らないといけません。多少脂肪が付くことはあってもきっちりとトレーニングが出来ているならそれ以上に筋肉は付いていくからです。 その後、体脂肪を落としていく時に、炭水化物を全く摂らないではなく、少し減 [続きを読む]
  • 腹筋を鍛えても割れない
  •  筋トレでいくら腹筋を鍛えても、腹は割れないという事実を理解していない人も多いです。 腹直筋を鍛えても、腹筋の上にある脂肪は落ちないからなのですが、なぜか巷には鍛えた箇所の脂肪は落ちるという都市伝説がまかり通っているのです。 スポーツクラブのインストラクターもかなり適当なことを言っているのですが、中々それに気が付けないのですね。 例えば、バストアップのために大胸筋を鍛えましょうと言いながら、二の腕 [続きを読む]
  • 腕立て伏せ
  •  筋トレのメニューと言うと馬鹿にされそうですが、腕立て伏せ(プッシュアップ)も立派な筋トレです。 特に女性や筋力の弱い男性だと負荷が大き過ぎて腕立て伏せが出来ないということも多いです。その場合はつま先を床に付けて行うのではなく、膝を床につけて腕立て伏せを行います。腕や胸にかかる負荷が軽減されて楽に腕立て伏せが出来るようになるでしょう。 回数がこなせるようになった段階で、膝ではなくつま先を床につけて [続きを読む]
  • リストボール
  •  リストボールは握力を鍛えるのに非常に便利な筋トレグッズ。知らない人も結構いるかも知れませんね。 高回転するボールを握り続けることで鍛えづらい前腕部の筋肉にかなりの負荷をかけることが出来るボールです。 従来のものはボールを回転させるのにコツがいるのですが、今はオートスタート機能が付いているため、回転させるためのヒモすら必要がなくなっており、誰でも簡単にボールを回転させることが可能です。 筋トレとは [続きを読む]
  • ダンベルは何キロ揃えれば良いか
  •  自宅で筋トレをしようとダンベルを買うことにして、さて何キロのダンベルセットを買えば良いのだろうかという問題が出てきます。 ダンベルセットは当然両手でトレーニング出来るようにダンベルシャフトは2本入っています。 そうなると片腕で何キロの重さのダンベルをマックスで使うかということになりますね。普通にダンベルカールをするのならば、筋トレの初心者で20kgは絶対出来ないでしょう。そうなると片方20kgで [続きを読む]
  • 筋トレで追い込むと
  •  筋トレで追い込むと風邪をひきやすいんですよね。筋肉を限界まで追い込むと免疫力が下がってしまうから。 そりゃそうですよね。徹底的に筋肉を壊すわけですから、身体にドカンとダメージを与えてしまうわけです。 そこで、身体を回復させるために様々な栄養を摂らないといけません。風邪予防には特にビタミンAとビタミンCは重点的に摂った方が良いです。マルチビタミンなどを利用するのが良いでしょう。 ただし、ビタミンC [続きを読む]
  • 比較的早く回復する部位
  •  筋トレでは、筋肉の部位によって回復するスピードは違います。回復の早い部位については筋トレの頻度を高くしても良いでしょう。 がっちり追い込んでも、腹筋や腕、膝から下の筋肉については非常に回復は早いです。1〜2日の間には完全回復してしまいます。 なので、必然的に腹筋や腕、膝から下の部位については筋トレの頻度が高くなるわけですね。 特に腹筋に関しては中1日でやらなくても筋肉痛になっていないのであれば、 [続きを読む]
  • カゼインプロテイン
  •  カゼインプロテインはホエイプロテインと同様、牛乳由来のプロテインですが、カゼインプロテインはホエイプロテインに比べて吸収が遅く、体内で消化・吸収されるまで6〜7時間かかると言われています。 そのため、筋トレの前後などに摂取するのは向いていません。筋トレ前後はホエイプロテインを飲むのが良いでしょう。 しかし、そのスピードが遅く徐々に身体に吸収される性質は、就寝前などに飲むのにぴったりです。就寝中は [続きを読む]
  • 筋トレは腸内環境も大事
  •  筋トレのためにタンパク質の多い食事を摂っていると問題になってくるのが腸内環境。動物性タンパク質を多く摂れば摂るほど腸内環境は悪化します。食事でタンパク質を大量に摂っているうえ、さらにホエイプロテイン(乳たんぱくももちろん動物性たんぱく質)などを飲んでいれば腸内環境の悪化は免れません。 肉をたくさん食べたり、ホエイプロテインなどを飲んでいるとオナラが臭くなるというのは、腸内環境の悪化が原因です。  [続きを読む]
  • プランク
  •  腹筋を含む体幹を鍛える筋トレにプランクがあります。非常に楽そうに見えますが、見た目よりもきついのが特徴。筋トレで個々の筋肉を鍛えるのと同時に根っことなる体幹を鍛えることはとても大切です。 まず、床にうつぶせになり、足はつま先立ちです。肘から先を伸ばして床につけて身体を持ち上げます。 この時注意しなくてはいけないのは、足から肩まで身体が一直線になっているということ。身体がくの字に曲がっていては効果 [続きを読む]
  • ショルダープレス
  •  肩を鍛えるのに最も有効な筋トレのメニューにショルダープレスがあります。 ダンベルまたはバーベルで行いますが、三角筋の前部及び中部を集中的に鍛えることができます。 椅子などに座り、背筋を伸ばしてダンベル(またはバーベル)を肩まで持ち上げてスタートの体勢を取る。 そして肘を伸ばしてダンベルを持ち上げていきます。ダンベルを上げ切ったら少し静止し、ゆっくりと元のポジションまで下ろしていきます。 これを8 [続きを読む]
  • フラットベンチ
  •  自宅で筋トレをするのに欲しいグッズとしてフラットベンチがあります。こんなやつです。 このフラットベンチがあるだけでダンベルフライやワンハンドダンベルロウなど様々なバリエーションの筋トレを行うことが出来るようになって非常に便利です。 また、シットアップをするための足掛けもあり、さらに折りたたんで収納することも可能で使う時だけ広げれば場所を取ることもない。 値段も安価で耐荷重も100kg以上としっか [続きを読む]
  • ワンハンドダンベルロウ
  •  主に広背筋、僧帽筋、菱形筋を鍛える筋トレでワンハンドダンベルロウがあります。 フラットベンチがあればフラットベンチに、なければ椅子片手をつき、反対側の手にダンベルを持ちます。 ダンベルを持った腕を肩を後方に引きながら肘をいっぱいまで曲げます。 ダンベルを上げきったらゆっくり下ろして元の姿勢に戻ります。 フラットベンチは色々使えるので、また比較的安価に購入できるので、自宅で筋トレをするのであれば用 [続きを読む]
  • 筋トレ好きの女子
  •  筋肉好きの女子は男子の筋肉が好きな女子ですが、筋トレが好きな女子も世の中には存在しています。 筋肉好きの女子と筋トレ好きの女子は字面が紛らわいしいですが全く別物です。 筋肉好きの女子はぽっちゃり派が多いのに対して、筋トレ好きの女子は非常に均整と取れた美しい身体を持っている人が多い。 男子の筋トレ好きだと、どうしても綺麗な身体を作るというよりもごつい身体を作る、つまりどれだけ筋肉の量を付けるかとい [続きを読む]
  • 筋トレの頻度が高すぎると
  •  筋トレの頻度が高すぎるとオーバートレーニング症候群というものになることがあります。 オーバートレーニング症候群とは、集中力ややる気がなくなり、筋トレの成果も出ず、パフォーマンスも低下して常に疲労感を感じるようになります。 これは真面目な人がなりがちなんですね。私みたいに隙を見ればすぐに筋トレを休んでしまうような怠け者は絶対にならない症候群(笑) 筋トレの頻度が高すぎたり、毎回毎回限界まで追い込む [続きを読む]
  • 筋肉好きの女子
  •  筋トレをして良い身体を作ったら女の子がキャーキャー言ってくれると思ったら大間違いです。筋トレをして良い身体を作ってキャーキャー言われるのはイケメンだけです。 私のような凡人がいくら筋トレで良い身体を作ってもキャーキャー言われることはありません。逆に気持ち悪いと言われることまであります。 しかし、割合としては多くないのですが、世の中の女子には一定数筋肉好きの女子がいます。 そこには抜群に受けます。 [続きを読む]
  • 筋トレの食事は食物繊維だって重要
  •  筋トレの食事の基本はタンパク質をきちんと摂ることですが、それだけではいけません。 きちんと炭水化物も摂らないといくら筋トレをやっても筋肉が付かない(体脂肪を落とす時は炭水化物を制限するのはありです)ことは説明しましたし、炭水化物の重要性はわかってもらえてると思いますが、食物繊維なども健康を維持するためにはとても重要です。 タンパク質や炭水化物を充分に摂っていれば短期的には筋肉は付きますが、食物繊 [続きを読む]
  • 筋トレで女の子にモテるか
  •  筋トレをすると女の子にモテるのかという永遠のテーマがあります。筋トレをすれば女の子にモテるようになるかと言えば、はっきり言ってそんなことはありません(私の経験上)。 どれだけ筋トレをして素晴らしい身体を作り上げたとしてもヒョロヒョロのイケメンの方が絶対にモテます。 しかし、やらないよりはやった方が確実に良いと思います。同じ顔で同じ身長であれば身体がカッコいい方が良いに決まっています。 ただ、難し [続きを読む]
  • ソイプロテイン
  •  筋トレの基本のサプリはプロテインですが、日本人には乳糖不耐症の人が結構な割合でいます。牛乳飲んだらお腹が痛くなっちゃう人ですね。 そういう人はホエイやカゼインのプロテインを牛乳で割って飲むと、普通に牛乳を飲んだ時よりもずっと下痢をしやすくなります。 また、ホエイやカゼインは動物性のプロテインなので、どうしても腸内環境が悪化させてしまうし、オナラも臭くなってしまいます。女子は気になりますよね。 そ [続きを読む]