だらだらネコ さん プロフィール

  •  
だらだらネコさん: あとから言っても遅いけど
ハンドル名だらだらネコ さん
ブログタイトルあとから言っても遅いけど
ブログURLhttp://daladalaneko.blog.jp/
サイト紹介文配偶者を亡くすことがこんなに哀しく辛いこととは。自分自身を奮い立たせるためにも、書き綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 139日(平均5.8回/週) - 参加 2017/05/05 18:17

だらだらネコ さんのブログ記事

  • 鳩時計
  • 我が家に時刻を告げる鳩時計。無印良品で買った、二人お気に入りの卓上型の鳩時計です。毎時ちょうどと、30分(●●時半)に窓から鳩が飛び出して鳴くのです。ところが、半月前あたりから鳩の鳴き声が鈍ってきました。「ポッポー」が「ポッ・・・ポ・・・ォー」というふうに... [続きを読む]
  • 無理は止めよう
  • 台風接近のため、今日の夫の墓参りは取り止めとなりました。新幹線に影響が出ると困るので。墓が遠いというのは不便です。勝手なもので、連休で天気が良ければ、外の賑わいを見るのが辛くこのような雨だと、それはそれで気持ちまで暗く落ち込みます。以前、自らのブログで「... [続きを読む]
  • 絵本
  • 絵本ですが、新聞かなにかの紹介を読み、図書館で借りました。2匹の猫の話です。 『ひとりでくらすしろさんのもとへ、あるひ、ちびねこがやってきた。しろさんは、 ちびねこに賢いねこのすることを教えた。食べる、飲む、トイレ、ねこらしい仕草。 何年もいっしょにいた... [続きを読む]
  • 飲み会
  • 例えば私の職場の人たちにとって私が未亡人だということが、何だというのだろう。昨年までは、何かにつけて同情するような態度をとられたけれどすでに一年以上経った今、それをあまり気にする人はいないのです。私が自虐気味に「ひとりもんだからね」と言ってみても「あぁ、... [続きを読む]
  • 動画
  • 懐かしいでしょう、こんな折り畳み式携帯の時代もありましたよね。我が家にも夫の写真がもっとないかな、と考えたときに「古い携帯のデータ」を思い出したのです。昔使っていた携帯電話機を、捨てずにしまってあることに気づきました。クローゼットの奥から、これらの電話機... [続きを読む]
  • 夫の次は
  • マンションのお向かいの奥様から梨をいただきました。住人のなかで唯一夫のことを話した相手で、何かと気遣ってくださいます。本当にありがたいことです。我が家と同世代夫婦なので、夫が元気であれば、より近い関係になれたと思います。独り暮らしになってしまうと、近所の... [続きを読む]
  • ぼんやりですが
  • 2015年11月に夫が入院した病室からの景色です。もともとの病気による骨のもろさから骨折をし、放射線治療を行うために一時的に、自宅により近いみなとみらいの病院で入院・治療を行ったのです。この頃は、まさか数か月後にこのような容態に陥るとは夢にも思わず入院病棟こそ... [続きを読む]
  • 感謝
  • たとえば。仕事をしたお返しに、と取引先より書類と一緒に届いたお菓子。エレベーターの「開」ボタンを押して、乗るのを待っていてくれたマンションの住人。電車の中で「これ、落ちてますよ」と落とし物を拾ってくれた笑顔の女性。いままで当たり前すぎて、あまり気にも留め... [続きを読む]
  • 歯磨き粉
  • 歯磨き粉が無くなりました。二人で使っていたときは、あっという間に無くなっていたのに当たり前ですが一人だとなかなか使い終わりません。私はスペアの歯磨き粉を買い忘れることが多く、洗面所から夫の声で「もうすぐ無くなるよー」と言われたことを思い出します。とうとう... [続きを読む]
  • そっくりさん
  • 煩雑な相続関係の処理を終え、一周忌も無事終えた今、日常のあちらこちらで夫を思い出すことが増えたように思います。すでに昨年の今頃は夫は居なかったわけで、何を今さら・・・となるのですが一人の生活パターンがすっかり身に付き、見るもの聞くものすべてをちゃんと感じる余... [続きを読む]
  • 女だと思って
  • 昨日、体調万全ではありませんでしたが、不動産関係でどうしても会わなくてはならない約束があり、出掛けました。用件は、それほど難しいことではなく、緊張することでもありません。夫が居た頃、何度か似たような件で、私も同行していましたから。1時間弱の打ち合わせが終わ... [続きを読む]
  • 食べ物
  • 写真の梅干は、転勤で岐阜赴任中に、岐阜高島屋の催し物会場で買ったものと同じ。紀州和歌山県田辺市で作られている梅干です。夫婦ですっかり気に入り、あれから十数年間経った今も通販で買い続けています。夫がご飯をおかわりするときに、必ず梅干と一緒に食べていました。... [続きを読む]
  • 夫との出会い
  • 夫と私は職場で出会いました。在籍する建物が違ったのですが、あるとき部署内で「同期会をやろう」ということになりました。同期と言っても、夫は正社員として中途入社、私は契約社員の入社でした。6名ほどの、その同期会の席で、たまたま私の目の前に座ったのが夫でした。聞... [続きを読む]
  • お読みくださっている皆さま、ご心配いただきありがとうございます。一時38.5度の熱が出ましたが、お陰さまで熱は下がり、だいぶ症状はよくなりました。病は気から、という言葉ではありませんが精神的に打ちのめされて弱っていると、身体の免疫力も落ちるのでしょうか。写真... [続きを読む]
  • それならそれで
  • 喉の痛みがとれず、昨日医者にかかりました。不思議なもので、夫の生前よりも一人になってからのほうが虚弱になったような。看病する相手を失くし、気が抜けたのでしょうか。睡眠はとっているので、栄養(カロリー)不足?もしや歳のせいかもしれません。けれど、具合が悪く... [続きを読む]
  • 夫の文字
  • 先週の猛暑による室内の強いクーラーのせいで、喉を痛めました。震災直後、あんなに節電と騒いでいたのが嘘のように電車もバスもビルの中も、全てが「冷え過ぎ」だと思います。もともとクーラーが苦手で、どんなに暑くても羽織り物を手放さないのですがうっかり半袖のまま、... [続きを読む]
  • 人間ドック
  • 私は現在、自分の勤める会社の健康保険組合に入っています。夫が亡くなったあとパートの勤務時間を拡げてもらい、収入が増えたためです。来月、久々に人間ドックを受診することになりました。かつてフルタイムで働いていたとき以来、約5年ぶりのことです。胃の検査で、胃カ... [続きを読む]
  • 再び思い出す
  • 会社での昼食どき。パート仲間の一人が、自分のご主人の入院について話をしていました。消化器(腸)系の病気でしたが、症状軽く、すぐに退院したとのこと。今後の食生活に気をつけなくてはならないらしく、面倒くさい、と少し愚痴ってもいました。こんなとき「理性のだらだ... [続きを読む]
  • 勇気をもらう
  • 本は良いです。外へ出て誰かと会わなくても、一人で本を読むことで、いろいろなことを教えられます。ときには価値観を動かすことさえ。写真は、少し前にマスコミによく取り上げられていた本です。順番待ちでようやく借りられました。まだ読み始めたばかりですが、この中に登... [続きを読む]
  • 孤独感
  • 以前住んでいた場所の近くにある麦とろの店に行きました。ここは、やはり夫とよく入った店です。麦ご飯・とろろ・味噌汁・煮物(小鉢)2点・香の物のセットをたいてい注文します。昼どきから少しずれていたので、空いているかと思いきや私が席についてから徐々に席が埋まり... [続きを読む]
  • 早く秋に
  • 昨日あんなに息巻いて管理人室へ駆け込んだ私ですが、今夜はいたって静か。まだ貼り紙はされていないというのに、何だか拍子抜けです。夫の遺影が言います。「ホラ、だから言っただろ。大騒ぎするなって。こういう穏やかな日もあるんだよ」・・・・・ホントにそうですね。で... [続きを読む]
  • ブラックな私
  • さだまさしさんの著書が気に入って、今は「眉山」を読んでいます。本業が作家ではないのに、そこらの流行りの作家より文章が上手いなぁと感心します。ただ、主人公の母上が癌を患う・・・・・という場面にきていて夫の姿とダブってしまい、読んでいて参りました。ラストがどうなる... [続きを読む]
  • 今日から仕事
  • 今夜は夫の好きだったトウモロコシを茹でて、仏前に供えました。夕ご飯が出来上がるまでの間、茹でておいたトウモロコシを食卓に出しておくと夫がそれを齧りながらテレビを観て、待っていたのを思い出します。余談ですが、スーパーで売られているトウモロコシの皮を全てきれ... [続きを読む]
  • マクドナルド
  • なぜか急にハンバーガーが食べたくなりました。久しぶり、本当に久しぶりのマクドナルド。夫が松葉杖姿になってから一度も行っていないので、約2年ぶりです。あまりに久しぶりで、店内が改装されていたほど。以前は、休日の買い物ついでにここで昼食を済ますこともありまし... [続きを読む]
  • 夏休み最後
  • 今日は私の夏休みの最終日。朝からあいにくの雨です。長い休みをどのように消化するかが悩みでしたが、いざこの日が来ると寂しいです。すっかり仕事のことが頭から抜け、明日の朝からキッカリ切り替えられるか心配です。家に居て、夫の仏壇のそばで寝食を共にできるのは、心... [続きを読む]