強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい さん プロフィール

  •  
強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しいさん: 強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい
ハンドル名強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい さん
ブログタイトル強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい
ブログURLhttps://ameblo.jp/kyohaku-future/
サイト紹介文過酷な家庭環境(面前DV教育虐待等)から強迫性障害になり克服するまで。克服のヒントも書いていきます
自由文母の極端な教育ママ、兄の暴力、父の無関心(母の言いなり)と、過酷な家庭環境で生まれ育ちました。進学校が合わず、居場所を完全に失い強迫性障害になった過去。強迫性障害を克服しカウンセラーになるまでを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 136日(平均2.2回/週) - 参加 2017/05/06 12:19

強迫性障害を乗り越えて 諦めないでいて欲しい さんのブログ記事

  • 親子関係の答えは、目の前の子にある
  • 下記リブログと、前回のこの記事( orタップ)で書きたかった事は、家族は、成長過程で、その子が味わってきた思いを、理解してあげて欲しいと言う事。 そこで生きるしかなかった子が、その時、その場所で どんな事を感じ生きてきたか、(そこで生きた)その本人にしか分からない思いを、家族は感じとってあげて欲しいのです。 子供の気持ちが分からないという、親御さんは、多いと思うのですが、答えは、目の前の子にあります [続きを読む]
  • 兄の暴力に怯えてなかった母、家族を支配し負けてなかった母
  • 前回の記事(下記リブログ)を書いて思い出した事がありました。 中学の頃より母に暴力を振るいだした兄。兄は男だし、中学にもなると、母より大きく力もあるので、腕力と言う意味では、(兄が母を)上回っており、母は、いつもやられっぱなしになっていました。 でもね、母はボコボコにされているにも関わらず、決して兄には、負けてなかったんです。どういう意味かというと、家の中での立ち位置、気力面、心では、母は、大きく兄を上 [続きを読む]
  • 親子間で180度違う認識 私がするカウンセリングの中で・・・
  • 私は、カウンセリングで強迫性障害の相談を伺う事が多いです。そこでは、親子関係の問題・葛藤についても、よく相談を受けています。 同じ家庭で、同じ時を過ごし、同じ出来事を共にしたはずなのに、家庭内での立場によって、どうしてこうも、出来事に対する認識が違うんだろうと、よく思います。 親御さんにとっては、「子供が訴えている事は、子供の思い違いなので、子供が言っている事に共感してしまうと、もっと子供をつけあが [続きを読む]
  • 今も昔も変わらずだけど、勢いでやるとうまくいく
  • 何度か書いていますが、私は生まれながらに、強迫性障害になりやすい器質を持った人だと思います。 子供の頃から、ちょっと変わった事があると、すぐ不安になるし緊張しやすい子でした。昨日、大人になった今も相変わらずだなぁと思った事がありました。 健診に行っていて、血圧を測る時、はじめて自動で測る血圧計を使用したんです。説明をされたけど、これで合ってるのか?まず不安でした。それで知らず知らずのうちに緊張してた [続きを読む]
  • あたり前のありがたさを知っているのは それを失くした人たちだけ
  • 強迫性障害の症状がひどくて、「あたりまえがあたり前にできなかった」頃、私がずっと思っていた気持ちと似てるなぁと思ったので紹介しますね。↓↓↓↓↓ あたりまえこんなすばらしいことをみんなはなぜ よろこばないのでしょうお父さんがいる お母さんがいる手が二本あって 足が二本ある行きたいところへ 自分で歩いてゆける手をのばせば なんでもとれる音がきこえて 声がでるこんなしあわせは あるのでしょうか しかし だれもそ [続きを読む]
  • 私を強迫性障害にしたもの、治してくれたものは同じ物
  • 最近、カウンセリングの中で、クライアントさんと話ていて、自分自身に気づいた事がありました。気づいたというより、前から知っていた事ですが、改めて 「ああそうだった」と思い出した事です。(前にも似たような事は書いていると思います) 下記リブログ「完璧主義 生きがいは一番になる事!?」で書いた通り、母から求められていた事は 「常に一番である事、周りに勝っている事」でした。 そして私が認めてもらえるのは、これが達 [続きを読む]
  • 強迫性障害と言う病気
  • 今日、たまたま「これ読んだら、強迫性障害の症状によっては、症状が悪化する人がいるのかもなぁ」 と 思えるアメブロさんのブログを見つけました。(全然知らない方のブログです) 実は思わず リブログしようかと思ったんですよ。 決して意地悪ではなく、気になる方は、もっともっとそういう内容に触れた方がいいから・・・4。 でもやめました。ブログを読んでいる人は、暴露的な事求めてない人も沢山おられると、思ったからです [続きを読む]
  • 強迫観念を薄れさせるには・・・別の話に例えると分かりやすい
  •  毎日ブログを書き続けていると、今まで書いた記事の内容を、もっとしっかり覚えているのかもしれないけど、私は日にちを開けてしか記事を書かないので、すでに、何を書いて何を書いてないか分からなくなってきました。 前に、このブログ内のどこかで、このブログは開設したばかりで、まだ記事数が少ないので、「細かい事は分からないけど、大まかに書いた内容は覚えている」と書いた覚えがあるのですが、大まかな事も 実は、最 [続きを読む]
  • ”SOS出来なかった理由¨自分への暴力でなく、見ているだけだから 面前DV
  • 下記リブログを書いてから、思い出した事がありました。 「そうだ SOS出来なかった大きい理由は、他にもあったんだ」と。 暴力を振るわれているのは、母であって私は、それを見ているだけの立場でした。 母を助けるため、「殺してしまうかもしれない」と、そこまで追い詰められていたにも関わらず、もう一方の心で、 「自分が暴力を振るわれているわけではなく、ただ見ているだけの立場だから、そんなにつらい事ではないんじゃな [続きを読む]
  • どんな子でも「愛してる大好き」から離れて行ってしまう家族
  • PTA講座を、聴きにいってきました。 「福祉の話」 福祉専門の方の話の後、障害がある子のお父さんの話がありました。 その話に感動し泣きそうになった反面、複雑な思いになりました。 「勉強ができなくても、スポーツが出来ても出来なくても、あなたに どんな障害があっても・・・あなたがどんな子であっても、お父さんお母さんは あなたを愛しているし大好きです」と。 ¨強迫性障害になると、愛してくれなくなる親も多いな [続きを読む]
  • SOS出来なかった理由 周りに分かってもらった方がいい
  • 下記リブログで 「自分の生まれ育った家の状態を、誰にもSOS出来なかった」 そんな話を書いたのですが、ほんとに限界だと感じたこの時、高校の担任の先生にSOSしたいと 何度も思った事がありました。 教室の自分の机に座っていた私。教卓の前にいる先生に、何度も何度も目線を向け「助けてー助けてー」と、心で叫んでいました。 でも口に出す事は、最後までできませんでした。 それは何故か・・・大きく分けると二つの理由があり [続きを読む]
  • 強迫性障害原因〜心を肯定してあげる事で前に進んでいける。
  • 今日の記事は、前も書いた事がある 似た話です。生まれ育った家で「こんな事があったから」「あんな事があったから」「あれさえなければ・・・」 そんな事を語っていると、家族の人達には「自分の生まれ持ったものなのに、責めている、人のせいにしている。治そうとしない」 こんな風に取られてしまう事が多いように思います。 実際原因なんて誰にも分からないし、証明もできない。そして原因を追究していっても強迫性障害は楽に [続きを読む]
  • 強迫性障害発症前に感じていたSOS、殺してしまうかもしれない
  • 今日は、私が強迫性障害になる前の数年間、心に抱いていた思いを書いてみたいと思います。 兄の家での様子が、目に見えて変わっていったのは、私が中学一年、兄が中学二年の頃の事でした。 最初は、世間でよくある反抗期、そんな程度だったのですが、兄が中三の頃には、 それが日常的に、母に対する暴力に変化していました。 24時間 365日 いつも恐怖に怯える日々。 最終的には、毎晩のように 兄が母を殴りまわし 蹴り続ける夢 [続きを読む]
  • 2017年七夕の願い事☆彡
  • アメブロさんが 、七夕の素敵な願い事キャンペーンをしていたので、記事にしてみます。 みなさんの強迫性障害が治りますよーに 私は、強迫性障害が良くなるお手伝いがしたいです。 「強迫性障害克服体験記〜強迫性障害は治ります」ブログの方 もヨロシクね ★現在 私はカウンセラーとして活動しています。あおぞらカウンセリングルーム(まゆまゆのカウンセリングルームです)強迫性障害、アダルトチルドレン(AC)、親子関係、人間 [続きを読む]
  • 人との関係も強迫も積み重ねの中・・・
  • 下記リブログで書いているように、兄に最初から恐怖や支配されている感を、感じていたわけではありません。 物心ついた頃より、何かと泣かされてはいたけれど、最初は普通に兄として、人間として好きだったと思います。 兄妹で楽しく遊ぶ事もあったし、兄が自分の部屋から出てくると、私も、その時間にわざと出てきて、構ってもらおうとしていました。 「おんちゃんだぁ、一緒に遊んでもらおう」って心で思っていました。 (兄の事 [続きを読む]
  • 兄から命令された事、兄妹の関係をよく表している出来事 
  • 兄の存在自体が恐怖、兄に支配されている感は、どんな風に私の中で生まれていったんでしょうか。 強迫症状が徐々に強まっていったように、決して突然生まれたわけではなく、日常の積み重ねの中で強くなっていきました。 私の記憶の中に残る一番古い兄妹関係の出来事は、別にあるのですが、今日は、子供頃の兄妹の関係を、良く表している風景を、先に書いてみたいと思います。 年子の私達。 小学生の頃、一緒に習い事に通っていま [続きを読む]
  • ”【猫4コマ】何したの!?” 何の汚れでも怖くない 猫に癒されて
  • 今日は、ちょっと雰囲気を変えて・・・・自分が見つけた汚れが何の汚れか分からないと、触れなくなったり、何度も洗い直しになったり、そんな感じになっている方は、多いと思います。 あのね、分からないは、分からないままでいいんですよ〜汚れなんて普通分からないもの。それでいいんです。 下記リブログ猫ちゃんに、癒されて下さい 可愛い、可愛すぎ まゆまゆは、何を隠そう大の猫好きなのです。 親子揃って猫好きなので・・ [続きを読む]
  • 早ければ早い程、簡単にやめられる
  • 下記リブログで、「やめたいけど、やめられない」 当時の気持ちを、そのまま綴ってみたのですが、 強迫性障害で苦しんでいる方なら分かるかな? 初期の頃の、強迫行為は、症状が重くなってから振り返ってみると、 「その時は、やめられないと思っていたけど、あのぐらいの症状なら、その気になれば、やめられたはず」と、思う人は多いと思うのです。 強迫性障害って、瞬く間に悪くなってしまうのだけど、その時になって、やっと「最 [続きを読む]
  • 強い人でも勇気のある人でもない、耐えただけと思っていたけど・・
  • 前も何度か書いた事があるけれど、 強迫性障害を克服(ポチッ!!もう一つのブログ)体験や、家庭環境のの事を書いていると、 「強い人」「勇気のある人」 みたいに思われてしまうみたいですが、たぶん実物の私に会ったら分かると思うのですが、私はその真逆な人です。 ただ、最近自分で思うようになったのは、 「誰にも言わず(相談出来ず)、たった一人耐え続ける力は、人よりあったのかもしれないと、言う事です。 誰にも言わなかった [続きを読む]