ameyo さん プロフィール

  •  
ameyoさん: ジーザスナコト
ハンドル名ameyo さん
ブログタイトルジーザスナコト
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ameyo_/
サイト紹介文歳のせいか最近こどもの頃の事を思い出します改めて考えるとなんか凄くて面白い時代だったなあと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 44日(平均1.4回/週) - 参加 2017/05/06 16:26

ameyo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 猫の仕返し
  • いつもと変わりない風呂あがりおっさんぽいですが、まだ小さい少年のつもりですあっ、うっかり猫を踏んずけてしまったようです!弟もかなりすばしっこい方なので、踏んだ瞬間に逃げ出しました猫はモーレツ怒ってます!!二段ベットの上へ逃げ込もうとしたのですが、追いつかれてあえなくお尻をガリリッとやられ「びえ〜〜〜」と泣いていました 笑怒って追っかけてった猫の速かった事!野生を感じました一番下の弟は猫の中では自分 [続きを読む]
  • ソボ VS ネコ
  • おばあちゃんは寝相が良く、いつも夜寝た時と朝になった時の姿勢が同じです猫はそんなおばあちゃんの布団の上がお気に入りある時おばあちゃんは猫の重みで目が覚めますすっくと立ちあがり「こんちくしょうめ」とばかりに猫の腹にキック!猫を追い払い、安眠のおばあちゃん♪しばらくすると・・・また元通りなんですある晩ふと目覚めて、二段ベッドの上から目撃しましたおばあちゃんは猫の腹に蹴りを入れるわ、猫はまた布団に乗っか [続きを読む]
  • 通りすがりのヤツ
  • おばあちゃんは寝相が良く、いつも夜寝た時と朝になった時の姿勢が同じです猫はそんなおばあちゃんの布団の上がお気に入りある時おばあちゃんは猫の重みで目が覚めますすっくと立ちあがり「こんちくしょうめ」とばかりに猫の腹にキック!猫を追い払い、安眠のおばあちゃん♪しばらくすると・・・また元通りなんですある晩ふと目覚めて、二段ベッドの上から目撃しましたおばあちゃんは猫の腹に蹴りを入れるわ、猫はまた布団に乗っか [続きを読む]
  • 脅しのしつけ
  • 土曜日の午後や学校が長期休みの時は、お昼ごはんとかおやつ等おばあちゃんが世話をしてくれていました今思えば、年寄りにわんぱくな悪ガキの世話は大変な事ですある日の午後、いくら言っても聞かない弟に口で言っても無駄だと思ったおばあちゃんは考えに考えた末、何か思い付き台所へ向かいますそして、包丁を手に取りました『そうだ!コイツで脅してやろう』万が一の事を考えて、先が尖っていないタイプのものを選びました『よし [続きを読む]
  • 「孫の手」の使い方
  • ある日、学校から帰宅した上の弟がおばあちゃんを怒っていました内容は憶えていませんがガミガミとしつこかったですおばあちゃんをそのまま茶の間に残し言いたいだけ言い放った弟は、自分の部屋へ行きましたしばらくしてから弟の部屋におばあちゃんが来てニコッと微笑みながらドアを開けました弟はさっきの事はもう忘れてマンガを読みながらくつろいでます「何?おばあちゃん」と弟は聞きましたが何も言わずニコニコして部屋に入っ [続きを読む]
  • 吉野家の牛丼(並)
  • おばあちゃん大好物のひとつに吉野家の牛丼がありましたたまに弟が買って来てあげて一人前をペロッと平らげてしまうんですから、凄い食欲です平日はお仕事ですが、今日は会社自体がお休みです・・・午後のロードショー、セガール沈黙シリーズ平日の楽しみの一つ、観られれば必ずチェックします一日だけの休みだから早めにカレーでも作ってしまってNetflixと併せて映画三昧も良いかな [続きを読む]
  • 覗き窓
  • 日中に家に居ると訪問営業が良く来ます平日、呼び鈴が鳴って対応するのはもちろんおばあちゃんでしたなぜか?玄関脇の窓を開けて確認をします当然ですが「こんにちわ!」などとこちらの顔を見て挨拶してきます・・・が、明らかにセールスマンだしって事でバレバレなのに無視して窓を閉め、無言で奥の部屋へ去りそれからしばらく無反応おばあちゃんは、窓を開けてこっちから見ても向うからは見えないまるで覗き穴のつもりでやってた [続きを読む]
  • カチカチ山
  • ある冬の朝、おばあちゃんが電気ストーブを背に髪をとかしていました。寒いけど、布団を畳んだ後なので窓は開けています。私は、二段ベッドでまだ眠ってます。ちなみに上段が私ゆっくりゆっくり丁寧に髪をとかすおばあちゃんしばらくすると…へっ?!燃えたっ?!起きた私は、モクモクと臭い煙が窓のほうへ流れていくのに気付き理解に少々時間がかかって「かあちゃーん、ばあちゃんの 背中が燃えてるー!」毛糸のチョッキなどを着 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 私が幼少の頃に過ごした家です。平屋の借家で家族6人、毎日にぎやかに暮らしておりました。ある日から拾ってきた猫一匹が加わり、さらに賑やかになりました。ほぼ年子の3人兄弟、私は一番上で下2人は弟です。生まれた時から祖母も一緒でしたが10年程前に他界してます。間取りは大体こんな感じ。玄関を開けたらお茶の間でトイレは和式の汲み取り脱衣場や洗面台も無く洗濯機も外、お風呂から出たら台所でした。 私とすぐ下の弟 [続きを読む]
  • 過去の記事 …