haru225 さん プロフィール

  •  
haru225さん: newベイスターズV3へ
ハンドル名haru225 さん
ブログタイトルnewベイスターズV3へ
ブログURLhttp://haruyasu225.blog.fc2.com/
サイト紹介文DeNAベイスターズ応援ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 144日(平均4.9回/週) - 参加 2017/05/06 23:38

haru225 さんのブログ記事

  • ウィーランド完封で天王山阪神5連戦を連勝スタート!
  • 9/25天王山阪神5連戦の2戦目は、ウィーランドが来日初の完封勝利で9回を1人で投げ連勝した。先発、ウィーランド。1-0の膠着状態から、6回表2死から嶺井が貴重な2点追加となるタイムリースリーベース。8回表には宮崎がソロホームラン。9回表にはお待ちかね筒香のスリーランホームラン。4位巨人も勝利したためゲーム差は1.5のままだが、2位阪神とのゲーム差は3.5と縮まった。??今日のプーさん 5-2 [続きを読む]
  • 石田ノーヒット、今永復活連勝!チーム状態CS争奪とCSへ最高‼?
  • 9/23中日は石田がノーヒットの快投、9/24はCSへの最終天王山となる阪神との連戦の初戦を今永が復活の7回途中まで無失点の好投で連勝した。この時期にこの2人が結果を出すことでCS争奪戦だけでなくCSに先発に本来の戦力が戻り、チーム状態が最高に向かっていることを示した。9/24阪神戦無失点で復活勝利の今永試合終了をベンチから。阪神との連戦は残り4試合、巨人とのゲーム差もまだ1.5、負けられない試合がまだ続く、9/25先発ウィ [続きを読む]
  • ヤクルト最終戦勝利。残り10試合で同率3位復帰。
  • 9/18ヤクルト最終戦はウィーランドとブキャナンの投げ合いで2対2のまま終盤に入り、7回倉本の決勝ツーベース、8回.嶺井の球団7500号記念ソロで勝利した。3位巨人が破れたため、残り10試合で再び同率3位に浮上した。本日のヒーローは、倉本と嶺井。石川の犠牲フライで先制。梶谷ホームイン!4回表、バレンティンの逆転2ランで2-1。その裏、ロペスのソロですぐ同点、2-2。7回裏倉本ツーベースで勝ち越し、3-2。8回は、パットンがバレ [続きを読む]
  • 大一番、井納と梶谷でマイコ巨人倒し、3位!
  • 9/16からの東京ドームでの巨人との2連戦はCSに行くためににどうしても連勝がしたい。巨人側もローテを組み替えてマイコラスを予告先発させ必勝態勢で臨んできた。ラミレス監督が遂に梶谷を2番に打順を入れ替えたこの試合。マイコはなかなか打てない中、2番・梶谷が4回先制ソロホームランを放つ。DeNA先発は大一番に強い井納が巨人打線を無失点に抑え、続く、継投も抑え、最後は守護神・山?康晃が三振凡退で完璧なクロージングで貴 [続きを読む]
  • 飯塚初回6失点で完敗。遂に4位転落でCS危機。
  • 9/13広島戦は、初回DeNA先発・飯塚が6失点の大失点。打線の2番手、三嶋は好投し、打線の援護で、一時6-4まで追い上げたが、6回に、回またぎの砂田と田中がまたも6失点し、12-4で大敗。一方、巨人は阪神に大勝したため、遂に4位へ転落した。CS争いは、数学的優位性がなくなり、更に厳しくなった。飯塚の初回6失点に、昨年CS最終戦今永の初回6失点を重ねて思い出した。今永には、昨年の悔しさを思い出して、今日は、エースの意地で気 [続きを読む]
  • ウィーランドが救った!広島撃破で3位守る。
  • 9/12Vマジック5の広島相手のマツダスタジアムでの初戦。DeNAはまたも今季最多の4連敗中。どう考えても分が悪い試合。先発のウィーランドが、チームを救う執念のピッチングで広島打線を1点に抑え、最後は山?康晃が三者で鮮やかに打ち取り3-1で勝利した。先発、ウィーランドは、8勝目。DeNAは、広島先発のエース野村から2回に、宮崎、梶谷の連続安打など無死満塁のチャンスを作り打者は7番・嶺井。嶺井は、危険球に動じない形の闘志 [続きを読む]
  • 悪夢の甲子園3連敗!CS争い厳しく!
  • CS争いのなか、2位阪神との直接対決は、悪夢の3戦全敗で終わり、4位巨人とのゲーム差が遂になくなり、かろうじて勝率で3位をキープする順位となった。数字的アドバンテージが、現時点の勝率のみとなり、残り試合での巨人とのCS争いがいよいよ厳しくなってきた。今年はどうなるラミレスDeNA‼? [続きを読む]
  • 宮崎サヨナラアーチ!飯塚ベストピッチでDeNA3試合連続完封勝利!
  • 9/6ヤクルト戦先発の飯塚が最高のピッチングで7回まで無失点に抑えると救援陣も続き3試合連続の完封勝利。DeNAは0−0のまま迎えた延長11回裏、宮崎がソロを放ちサヨナラ勝ちを収めた。先発、飯塚は今季最高と言えるピッチング。山田を三振!マウンドに落ち着きが出来てくれば投球内容も、変わる。7回、無失点。8回は、パットンが気迫の投球で三者凡退。9回は、山?康晃がゼロに抑える。10回は、砂田、11回は、田中がそれぞれゼロで [続きを読む]
  • ウィーランド投打活躍!筒香貴重なダメ押し23号!!
  • CS争いが激化する中、下位チームとのとりこぼしが許されない9月。ヤクルトとの3連戦の初戦は、ウィーランドの好投と先制タイムリー、8回裏の主砲・筒香の23号ホームラン他による追加点で4-0で勝利を納めた。先発、ウィーランドは、ストライク先行を意識したという見事な投球で、ヤクルトをゼロに抑える。ヤクルト先発石川も出来が良く攻めあぐねる中、4回裏2死1.2塁の場面で自らのバットでレフト前に、先制かつ決勝点となるタイム [続きを読む]
  • 濱口あっぱれ9勝目。チーム3位確保!
  • ルーキー濱口が、今季最高の投球を見せ、8回まで2安打、2塁を踏ませ内容。打線は、巨人のマイコラスの攻略に苦しんだが、8回裏に交代登板したマシソンから、柴田の値千金の犠飛による1得点を守りきり勝利した。この結果、4位巨人との差は再び1.5ゲーム差となった。先発、濱口は、昨年のルーキー今永を上回る9勝目を上げた。試合は、濱口、マイコラスの投手戦で7回まで両チーム、チャンスすらほとんど作れない内容。8回裏、代打で交 [続きを読む]
  • 奇跡の3連続の逆転試合でのサヨナラ勝利!
  • 首位・広島との3連戦は、全て奇跡的な逆転で初優勝の1960年以来の3連続サヨナラ勝ちを成し遂げた。サヨナラ打の倉本!3試合目は、先発、今永は初回に打球を左足に受けた事が影響したのか、投球内容に精彩を欠く内容。5回までに4点を失ったところで足の状態もあるのか、早めに降板。スコアは1-4。6回、7回は交代した尾仲がゼロに。7回はエルドレッドを抑え、大きな自信へ。8回はエスコバーもゼロに抑える。打線は、6.7.8回とロペス [続きを読む]
  • 何かある!今年のベイスタの勝ち方、2夜連続!
  • 昨夜、筒香・ロペス・宮崎クリーンナップ3連発による奇跡の逆転勝利に続き、連夜で、神懸かりな逆転勝利が起きた。先発ウィーランドが2回までに5点を取られ広島が一気にお返しムードの展開。そこから、ウィーランド自らの2ラン、筒香特大ソロなどで9回までに1点差に。9回裏、2死からロペスが起死回生の同点ソロで延長となり、10回裏梶谷のサヨナラツーベースで2夜連続の逆転勝利となった。5回裏筒香21号場外ソロ。9回は広島・緒方 [続きを読む]
  • 9回裏クリーンナップのミラクル3連発で逆転サヨナラ!
  • 広島・エース野村に8回まで4安打2点に抑えられ、5対2の敗戦ムードで迎えた9回裏、史上初・筒香・ロペス・宮崎のクリーンナップ3連発のホームランて歓喜の逆転サヨナラ勝ちを納めた。試合の流れを変えたのは、8回.9回の広島打線を綺麗にゼロで抑えてプロ入り初勝利を挙げたルーキー尾仲投手。??本日のヒーロー尾仲、8回、9回をゼロで抑える。9回は鈴木誠也を三振でチェンジ!9回裏2-5で、3番筒香、野村から特大ツーラン。4-5、1点 [続きを読む]
  • 倉本サヨナラ打!山?9回無死満塁を抑え勝利呼ぶ。
  • 中日・エース大野とウィーランドとの投げ合いの試合内容。中日は、2回に福田の2ランで先制し、その後、DeNAが6回にロペスのタイムリー、7回に白崎のツーベースとパスボールにて2-2の同点に追いつく。DeNAは、9回表に同点で登板した、山?康晃が、無死満塁のピンチをファウルフライと二者連続三振で無失点に切り抜ける。その裏、嶺井が単打で出塁後、続く倉本がサヨナラタイムリーツーベースをセンター右越えに放ち、3-2でDeNAが接 [続きを読む]
  • 濱口復帰戦でチーム連敗ストップ。
  • 阪神戦連敗後の3戦目の先発は、7/12以来の復帰登板となるドラ1・濱口。6回5安打8奪三振1失点と好投すると、打線が倉本2点タイムリー、筒香の2打席連続弾など効率よくで援護し、連敗をストップした。本日のヒーロー、筒香と濱口。1点先制されるも、2回裏、倉本の2点逆転タイムリーと桑原タイムリーで3-1とする。倉本タイムリーツーベース。桑原タイムリー。先発濱口は、6回まで、1失点、8奪三振。4回裏、柴田、タイムリーで4-1続く [続きを読む]
  • 広島戦初先発敗退も、エスコバーローテ起用継続。
  • 広島戦での敗退後、ラミレス監督が先発ローテでの継続起用の発言との記事が出ている。エスコバーの中継ぎでの起用は数回成功したが、初先発の昨日の広島戦では単調なストレートが連続ホームランを浴びて失敗し、ファンの評価は厳しい。先発は、濱口の復帰がまだで厳しいが他には若手期待の飯塚やベテランの久保もいる。持ち前の選手の継続起用でエスコバーが勝てる投手になればラミレス監督は更にあっぱれ監督になる。【今日のプー [続きを読む]
  • 桑原また逆転満塁弾で広島に大勝。
  • 広島戦に石田に初回3点の先頭を許し、追いかけるスタートとなったが、2回裏に桑原の逆転満塁弾で試合をひっくり返し、その後は一方的な展開とし、13対3で大勝した。石田は、昨年から広島戦4勝負けなし。2回裏、2死満塁で桑原満塁ホームラン。ロペスも6回に今日に続き特大のツーラン。7回田中、8回三嶋、9回平がカープ打線をゼロで抑え試合終了。パットン、三上、山?ら救援陣の休養日となった。【今日のプーさん】4-2 [続きを読む]
  • ロペス20号2ラン!今永8勝。
  • 2対2で迎えた3回裏、ロペスが20号2ランを放ち、その後今永が1失点するも、リリーフ陣の砂田・パットン・山?康晃が中日打線0点にを封じ込め4-3で連敗脱出の勝利とした。本日のヒーローは3安打のロペスと8勝目の今永。3回裏ロペスが20号2ランホームラン。8回表は、パットンがゼロに抑える。三振!ショートライナーでチェンジ。4-3。1点差でヤスアキ登場!ここ2試合連続2死ランナー無しからクローズ失敗している。今日は必勝だ。捕手 [続きを読む]
  • 2試合連続9回2アウトから守れず。今回はドロー。
  • 対中日戦は、ウィーランドと大野の投げ合いとなったが、8回裏に2アウト満塁から宮崎が2点タイムリーで勝ち越した。9回表に登板した山?康晃は2アウトまで完璧に打ち取ったが先日の巨人戦に続き、アンラッキーな当たりもあり2失点し、ドローとなった。8回裏、先頭の倉本のヒットからチャンスを作る。2アウト満塁から宮崎が2点タイムリーで4-2と勝ち越し。9回山?は2アウトまで完璧。代打・荒木の内野安打。続く1番・京田の内野安打 [続きを読む]
  • まさかの三上ー山?両者打たれ3連敗、、、
  • 4-1の3点差リードで8回登板の三上が日本ハムから移籍の石川と陽岱鋼に2発のソロを浴び、4-3の1点差に。続く9回裏山?康晃が2アウトランナー無しから、村田、亀井と連続ヒットを打たれ、2死1、3塁から打者は打率1割台の相川。初球のツーシームが真ん中に入りまさかの左中間を破る走者2人生還逆転サヨナラ打となった。今季、最悪の敗戦の形で3連敗。山?打たれベンチへ。8回、三上は石川にソロ。陽岱鋼もソロで3-4。飯塚は苦しいなが [続きを読む]
  • 今日は全員野球で連敗ストップだ。
  • 阪神、巨人に後半戦初のあ7月2度目の連敗で一度単独2位まで抜けた順位も阪神と1.5差となっている。今日の先発は、DeNAが飯塚と巨人は大竹。飯塚は前回の巨人戦にも登板したが初回に3点失点後は6回まで0で抑えている。飯塚は、前回登板と昨日の井納を参考に立ち上りの初回を注意し、チームとしては全員野球で連敗阻止が重要な試合だ。 [続きを読む]
  • 接戦制し、3連勝で単独2位!
  • 阪神とのカード2試合目は、梶谷と倉本のタイムリーで3点先制し、優位に進め、その後4−3で迎えた8回には、柴田と宮崎の適時打で追加点を挙げ6-3とした。先発・ウィーランドは7回途中3失点で今季5勝目。9回裏、山?康晃が登板し、味方のエラーもあり1点を奪われ6-5となり、1死1、3塁のピンチとなったが、最後は2者連続三振でゲームセットとなった。これで、DeNAは阪神を抜き単独2位となった。最後打者、福留を三振で試合終了!3連勝 [続きを読む]
  • 筒香また決勝弾で阪神捕らえ、遂に同率2位!
  • 甲子園での阪神とのカードの初戦は今永と岩貞の投げ合いとなったが、両チーム無得点のまま7回表に筒香が唯一の得点となる決勝弾を甲子園ライトスタンド中段へ叩きこんだ。試合は、そのまま、9回裏、山?ヤスアキが今年一番と言える内容の三者三振で抑えこみ勝利した。この結果、遂に阪神を捕らえ、今季初めて2位の座に追いついた。??最後は、山?ヤスアキが三者連続三振で ゲームセット!先発、今永。無失点の好投。好調の新 [続きを読む]