シーサッシー さん プロフィール

  •  
シーサッシーさん: 家の海日誌
ハンドル名シーサッシー さん
ブログタイトル家の海日誌
ブログURLhttp://sassea-lv100.com/ienouminisshi/
サイト紹介文主に熱帯魚、海水魚等の観賞魚の飼育日誌です。 エビ幼生の育成の記事なども投稿していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 97日(平均1.1回/週) - 参加 2017/05/07 11:55

シーサッシー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • またも失敗しました
  • 6月15日に孵化したキャメルシュリンプの「6/15幼生」ですが6月19日時点で全滅を確認となり、育成に失敗してしまいました。 キャメルシュリンプ幼生の育成は今年になってから度3目の挑戦でしたが、どれも生存日数は数日間という状況です。 ヤマトヌマエビ幼生と同じような方法で育成できるかと思っていたのですが、それではいけないのかもしれません。 原因を探ってまた挑戦したいと思います。 ではでは。にほんブログ村 [続きを読む]
  • またも失敗
  • キャメルシュリンプ「6/3幼生」の育成に失敗しました。管理面で画期的だと思っていた幼生育成槽4型改ですが、どうも上手くいきません。次回はヤマトヌマエビ幼生の着底に成功した3型を改良して臨みたいと思います。 懲りずに挑戦し続けますので温かい目での見守りよろしくお願いします。 ではでは。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「6/3幼生」育成開始
  • 6月1日に隔離したキャメルシュリンプ(抱卵個体)の卵が本日孵化しました。「6/3幼生」として記録していきます。撮影日 2017/6/3 キャメルシュリンプ幼生 孵化直後上の画像に写る細々したものが幼生です。体長は2ミリほど。今回は0時から4時にかけて段階的にハッチアウトさせていました。1000匹以上の幼生を放ったようですが、育成容器の容量は2ℓほどしかありませんので約半数を回収することにしました。これでもかなり過密で [続きを読む]
  • ん〜 失敗
  • キャメルシュリンプの「5/20幼生」の育成に失敗してしまいました。生存日数は僅か3日となってしまいました。新設した育成槽に少々不具合があったようです。既に抱卵中のものがいまして、おそらくあと10日後くらいで孵化すると思われます。それまでに改善して挑みたいと思います。 ではでは。にほんブログ村 [続きを読む]
  • スカンクシュリンプの繁殖 過去の記録
  • サイトを作り直していますので、残しておきたい過去の記録を簡略化して載せたいと思います。スカンクシュリンプ今回はスカンクシュリンプ幼生の過去の育成記録を載せたいと思います。スカンクシュリンプは私がエビ幼生の育成に挑戦するきっかけとなったエビです。ノートの記録をみると初めて挑戦したのが2013年5月ころだったようです。 実はスカンクシュリンプの繁殖にはあまり挑戦していません。他者のウェブサイトの情報では浮遊 [続きを読む]
  • イソギンチャクモエビの繁殖 過去の記事
  • サイトを作り直していますので、残しておきたい過去の記録を簡略化して載せたいと思います。イソギンチャクモエビ今回は2015年6月のイソギンチャクモエビ幼生の育成記録を載せたいと思います。 イソギンチャクモエビ「6/11幼生」の記録撮影日 2015/6/11 イソギンチャクモエビ 孵化直後孵化直後の幼生の体長は2ミリほどと思われます。撮影日 2015/7/6 イソギンチャクモエビ 孵化から35日目撮影日 2015/7/6 イソギンチャクモ [続きを読む]
  • 晩御飯は御馳走です♪
  • 今日はカクレクマノミたちにアルテミアを御馳走しました。 アルテミアと言っても孵化直後の幼生でも冷凍餌でもありません。アルテミア孵化後3週間ほどの生きたアルテミアです。エビ育幼生の育成を休んでいた間に、空いた育成槽でアルテミアを育ていたのですが、キャメルシュリンプ幼生の育成に切り替えましたのでアルテミア達は海水魚たちに給餌することにしました。もともとそのつもりで育成していたので。 給餌は魚とコミュニケ [続きを読む]
  • キャメルシュリンプ 「5/20幼生」育成開始
  • キャメルシュリンプ 成体 抱卵していたキャメルシュリンプがいたのですが本日、孵化を確認しました。今回生まれた幼生は「5/20幼生」として記録していきます。撮影日 2017/5/20 キャメルシュリンプ幼生 孵化直後浮遊生活から着底生活に移るまで約1カ月と思われます。着底し成体となるまで目が離せません。撮影日 2017/5/20 キャメルシュリンプ幼生 孵化直後 今回はペパーミントシュリンプ幼生の育成で成功した方法とは異な [続きを読む]
  • キャメルシュリンプの繁殖 過去の記録
  • サイトを作り直していますので、残しておきたい過去の記録(今回は去年の記事)を簡略化して載せたいと思います。 キャメルシュリンプはサラサエビ科の一種で和名はスザクサラサエビです。体型には雌雄差があり雄の方が胴体と比較して鋏脚が大きいようです。 既に他者のウエブサイトに幼生の育成に成功した記事が記載されております。 キャメルシュリンプ「3/31幼生」の記録撮影日 2015/4/1 キャメルシュリンプ幼 [続きを読む]
  • ホワイトソックスの繁殖 過去の記録
  • サイトを作り直していますので、残しておきたい過去の記録(今回は去年の記事)を簡略化して載せたいと思います。 ホワイトソックス 抱卵個体ホワイトソックスはスカンクシュリンプやペパーミントシュリンプと同じくヒゲナガモエビ属であり雌雄同体のエビです。上の画像は抱個体ですが、体色が濃いのでスカンクシュリンプなどと比べると抱卵が確認しづらいです。 ホワイトソックス「3/23幼生」の記録撮影日 2016/3/23 [続きを読む]
  • ヤマトヌマエビの繁殖 成果
  • 今年に入ってから何度かヤマトヌマエビの繁殖に挑戦しましたので、成果を報告したいと思います。 ヤマトヌマエビ 成体ヤマトヌマエビ 成体ヤマトヌマエビは水草水槽でよくコケ取り目的で活用される代表的なエビですね。ご存知の方も多いと思いますが、ヤマトヌマエビは両側回遊型のエビです。幼生期は海水・汽水域で過ごし、成体となると河川を上流へと遡って生活します。上流域で抱卵しそこで孵化した幼生は下流へ流され海 [続きを読む]
  • ペパーミントシュリンプの繁殖 成功
  • ペパーミントシュリンプの繁殖に成功しました(2015/11/4)。以前に公開していたサイトに載せた記事ですが消えてしまいました。残しておきたい記録ですので再び投稿させて頂きます。 ペパーミントシュリンプ 成体ペパーミントシュリンプは海水魚飼育をされている方にとっては名の知れた海水生のエビです。カーリー退治を目的に導入される方が多いかと思います。日本近海でとれるアカシマモエビと容姿・生態が似ていますが、 [続きを読む]
  • 初投稿
  • 当サイトを開設してからの初めての投稿となります。以前、「家の海日誌 我が家のマリンアクアリウム」というサイトを2014年から3年間ほど開いていたのですが、自身のミスにより消去することとなり、改めてサイトを開設いたしました。ブログ投稿しながら、のんびりとサイトを作っていこうと思います。閲覧の不便な状態が暫く続くと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …