Junkie さん プロフィール

  •  
Junkieさん: 味から検索 初心者におすすめ世界の赤ワイン
ハンドル名Junkie さん
ブログタイトル味から検索 初心者におすすめ世界の赤ワイン
ブログURLhttp://junkie1112wine.seesaa.net/
サイト紹介文赤ワインの味からお好みの銘柄にたどり着けるような検索ページ的なものを作ってみました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 15日(平均5.6回/週) - 参加 2017/05/07 12:57

Junkie さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 赤ワインの産地①:気温と緯度
  • ワインの銘産地は、つまりは原料であるブドウの銘産地と言い換えることができます。世界で栽培されているされているブドウの約7割がヨーロッパ産でそのほどんどがワイン用とも言われています。もちろん、ヨーロッパ以外でもワインは世界中で造られてているのですが、主要な産地にはいくつかの共通点があるようです。【気温と緯度】ワイン用となるブドウの産地は年間平均気温が10℃〜20℃の温暖な地域で、北半球では北緯30度〜50度 [続きを読む]
  • 赤ワインの産地②:日照時間と降水量
  • 【日照時間】ブドウの生育にとって日照時間も大きな影響を及ぼします。光合成によって十分な糖分を生成するために、1年を通じて日照時間が長いことが大切です。しかし、日照時間が十分でない高緯度の地域でも実際にブドウは栽培されています。このような地域では、傾斜した土地をうまく畑に利用して日光の確保をしています。 [続きを読む]
  • 赤ワインの産地③:ブドウ作りに最適な土地
  • 【土壌】素人考えでは、農産物の育成には豊かな土地が望ましいように思ってしまいますが、ブドウの育成にとってはむしろ、やせていて水はけのよい土地が理想なのだそうです。水分を多く含みやすい土地だと、ブドウの木は根を長く伸ばさなくてもても簡単に水分を簡単に吸収できるのでその方がいいと思ってしまうかもしれませんが、ワインの味にとって大切な成分であるミネラルは地中深くに眠っているため、根が短いとミネラルを吸収 [続きを読む]
  • ピノ・ノワール(Pinot Noir):収穫量が少ない貴重な品種
  • 【どんな味?】-タンニンが少なく、渋みが少ない。-糖度が高く、フルーティーでまろやかな味わい。-他の品種とブレンドするよりも、単独で醸造されることが多い。【どこで栽培?】-フランスのブルゴーニュ地方の主力品種で、コートドール地区やシャンパーニュ地区で主に栽培。-他にはドイツ・イタリア・カリフォルニア・ニュージーランドなどの涼しい地域で限定的に栽培される。-栽培が難しく、地域が限定される。-面積当たりの収 [続きを読む]
  • 過去の記事 …