まさ さん プロフィール

  •  
まささん: 控えめ予算の旅の記録
ハンドル名まさ さん
ブログタイトル控えめ予算の旅の記録
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/musashi452
サイト紹介文鉄道を利用した一人旅ならではの少々過酷な旅。フリーきっぷ等を駆使し、低予算でも充実した旅を目指します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 19日(平均12.9回/週) - 参加 2017/05/07 13:51

まさ さんのブログ記事

  • そして、キミはいなくなった・・・
  • 毎朝、目の前を通りかかるオジサンから エサをもらう為に、うちのマンションの給水タンクの脇で、じっと待つ1匹のネコ。エサにありつける場所として、この辺りを拠点に活動しているのか、夜 仕事から帰ってきた際にも見かける時がある。夜の場合は、あの↑↑場所に座っているのではなく、ゴミ捨て場や1階の通路上で 出くわす事が多い。朝と共通しているのは、微妙に警戒される事。 ただ、ヤツの仕業かはわからないが、ゴミ捨て [続きを読む]
  • 判明!キミがここにいるワケ
  • なぜか 毎朝、うちのマンションの駐輪場脇にある給水タンクの脇にいる 1匹のネコ。毎朝、仕事に行く為に 自転車置き場に足を踏み入れると、必ずといっていい程 1m程 後退し、微妙に警戒される。ある時は、給水タンクの影から 恐る恐る こちらを見つめたり・・・かと思えば、全くこちらに興味 関心がないかの如く、全く 目を合わせてくれなかったり・・・また ある時には、目を光らせて、威嚇してきたり・・・それは 違うか・・ [続きを読む]
  • とあるネコちゃんとの 朝のひと時
  • 昨年末の「青春18きっぷの旅・東北本線北上編」では、宮城県の石巻から船に乗って、別名“ネコの島” と呼ばれる「田代島」を訪問しました。その様子を、「田代島上陸!集落でくつろぐネコちゃん達」「続・田代島でくつろぐネコちゃん達」の2回に渡って、記事にしました。実は、この中で紹介した写真の中に、田代島以外のネコの写真を、あえて仕込んでいました。それは、こっちの君は、ちょっと 警戒しちゃってる?で、紹介した [続きを読む]
  • 再び五井駅へ。房総半島横断の旅を振り返る
  • 勝浦駅を出発してから 数時間後・・・今回の房総半島横断のスタート地点、小湊鉄道の始発駅である「五井駅」を、今度はJR線の車内から眺める。昨日の事だが、ちょっと懐かしい気分。この「五井駅」から 房総半島横断の旅は始まった。6:08五井→(小湊鉄道)→6:50高滝駅から10分程 歩くと、高滝湖に到着。湖畔美術館の脇にある展望台から 湖を見下ろす☆これで、高滝駅7:47発の 次の列車には、間に合わなくなり、2駅先 [続きを読む]
  • 漁師街のソウルフード☆激辛!勝浦タンタンメン
  • ペットボトルキャップを使用したアートも見応えがあったが、勝浦にやって来た一番の目的は、勝浦タンタンメン を食す事。2015年に、青森県 十和田市で開催された、第10回「B―1グランプリ」で優勝した ご当地グルメらしい。街中には、その事をアピールする横断幕に、自販機までもが タンタンメン。勝浦の もう1つの名物である 朝市 は、雨の為 本日は 中止 との事。本来なら、朝市が行われているハズだった「 下本町朝市 [続きを読む]
  • 勝浦駅で見つけた おもしろアート
  • 一夜明けて、翌朝。空は、どんより 曇り空。せっかく オーシャンビューの部屋に泊まったというのに。雲がなければ、部屋にいながら 海からの 日の出 が見れたと思われる。このホテルがあるのは、昨日 訪れた「月の沙漠」から 海岸沿いに1kmくらい西に行った辺り。昨日「御宿駅」到着直前に、楽天トラベルのサイトで予約した「サヤン・テラス HOTEL&RESORT」という、やや場違いな所に宿泊してしまった。と言うのも、 [続きを読む]
  • 車窓にムーミン!そして ついに太平洋へ☆
  • 国吉駅を16:16に発車する列車で、いすみ鉄道の終着駅「大原駅」へラストスパート!途中「上総東駅」から「西大原駅」へ向かう途中の森の中に、ムーミンとその仲間達がいるらしい☆ここで重要なのが、写真を撮るにあたって 右と左 どちら側にいるのかだ。事前に把握しようと、ネットで調べてみたが、結局 判明しなかった。列車内では、もちろん 事前に車内放送で案内してくれる☆それによると、ムーミン達は 進行方向 左側(大原 [続きを読む]
  • 樹齢400年の八乙女大杉
  • 「ポッポの丘」から「国吉駅」に向かう途中に 立ち寄る事も可能な 八乙女根尾神社 なる場所に、樹齢 約400年の立派な杉の木があるらしい。せっかく 自転車を借りたのだから、もう1ヶ所くらい 立ち寄り先が欲しいと思い、コレにする事にした。道路上に、神社へ案内などはなく、事前に下調べをして、行こうと思わなければ 行けないような場所にある。鳥居の前に自転車を置いて・・・約1時間ちょっとの相棒、ちょっとボロっちい [続きを読む]
  • 鉄道ファンの聖地「ポッポの丘」開業までの経緯
  • いすみ鉄道の国吉駅にて、無料のレンタサイクルを利用し、養鶏場を本業とするオーナーが経営する 鉄道車両が多数 展示された「 ポッポの丘 」へとやって来た。さらに奥へ進むと、今度はJR(旧 国鉄)の車両コーナー。よく見ると、車両の前方部分だけが展示されていて、すぐ後ろで切断されている。そして、もはや 絶滅してしまった 寝台列車ブルートレイン の姿も☆思えば、初めての本格的な列車1人旅は、今から約19年前の「ぐる [続きを読む]
  • 千葉の郊外で発見☆こんな所に○○○○○
  • ムーミンショップのある いすみ鉄道「国吉駅」から、無料のレンタサイクルを利用し、とある目的地に向かって、ペダルを漕ぐ。周囲には 田園風景が広がり、道幅も広く、交通量も少ない。のどかな田舎道を 多少 時間に焦りながら進んでいくと、丘の上に 鉄道車両が☆千葉の郊外で発見☆こんな所に 鉄道博物館 !?鉄道ファンの間では有名かもしれないが、自分は、今回の旅を企画する際に 初めて知った。ここは、養鶏場を本業とするオ [続きを読む]
  • ムーミン駅「国吉駅」から自転車で・・
  • 「小湊&いすみ鉄道 房総半島横断の旅」は、ここから いすみ鉄道の区間へと入っていく。13:55上総中野→(いすみ鉄道)→14:30国吉いすみ鉄道と言えば、やはり ムーミン。車両、駅、ポスターなど、どこを見ても ムーミンあり!いすみ鉄道の駅の中で、一番 楽しそうな「国吉駅」で下車。改札口とは反対側のホームに「風そよぐひろば」なる案内がある☆本当に ただの “広い場所” って感じだが、よく見ると、何やら 所々にオ [続きを読む]
  • 思い出に残る1時間21分
  • 駅から 少々離れた場所で「みはらし屋」という お食事処を発見☆外観は ほとんど民家のまま。飲食店というより、人ん家にお邪魔するような感覚で入店。建物は民家でも、中は 喫茶店のような雰囲気で、2〜4人用のテーブル席が3つと、カウンター席が少々。店内にいた お客は、親子と思われる3人組だけだったので、難なく 2人用テーブル席に腰を下ろす。ご夫婦で 切り盛りしていると思われる こちらのお食事処で頂いたのは、近隣 [続きを読む]
  • 小湊鉄道から いすみ鉄道へ!上総中野駅で1時間21分待ち
  • 養老渓谷駅のホーム脇にある足湯で ひと休みした後は、12:27発の列車で まずは 1駅先の「上総中野駅」へ。「養老渓谷駅」には、1日に 11本 の列車がやって来るが、約半数の列車が 当駅止まり。1駅先の「上総中野駅」まで運行する列車は、1日に 6本しかない。列車で房総半島を横断するに際し、一番の難所、ネックになる部分かもしれない。12:27養老渓谷→(小湊鉄道)→12:34上総中野小湊鉄道の終着駅でもあり、い [続きを読む]
  • 養老渓谷に 寄ぅろうじゃないか!
  • 菜の花畑をゆく列車の撮影を終えた後は、養老渓谷温泉郷 へ。小湊鉄道と いすみ鉄道で、房総半島を横断するのならば、養老渓谷の観光は、欠かせないところ。房総随一の温泉郷と言われ、渓流釣りやハイキング、バーベキュー、渓谷の野趣 溢れる露天風呂などが楽しめるとあるが、残念ながら、ここでの滞在時間は1時間もない。温泉街と渓谷の雰囲気を少しだけ味わう程度に留まりそうだ。「房総横断乗車券」が2日間有効のきっぷな [続きを読む]
  • 沿線最大の 菜の花畑と ローカル列車
  • 「養老渓谷駅」から10分ちょっと歩いて、沿線最大の 菜の花畑 へとやって来た☆もう少しすると、先程 養老渓谷駅まで乗ってきた列車が、1駅先の「上総中野駅」で折り返し、再び この場所を横切って行く。自分も “菜の花畑 をゆく列車 ” の写真を撮りに来た☆“菜の花畑 の間にも、いくつか 小道があり、どの角度からの写真を撮ろうか、悩み所である。先程のように、徐行運転をしてくれると思われるが、限りあるシャッターチャ [続きを読む]
  • 駅ネコがいる駅
  • 10:00飯給→(小湊鉄道)→10:14養老渓谷 沿線最大の 菜の花畑 の間を抜け、列車は「養老渓谷駅」に到着☆駅名が示すとおり、ここは 房総半島の内陸に位置する 養老渓谷 の最寄り駅。この駅には 足湯 があり、鉄道利用者は もちろん無料☆そして、女性の駅員さんに、室外機の上で さりげなく眠る 2匹のネコ。よく見ると、布団らしきモノがくくりつけてあり、駅公認のネコちゃん達のようだ。駅そば ならぬ 駅ねこ 。中には、 [続きを読む]
  • トトロがいる駅
  • 桜 と 菜の花 が咲き誇り、世界一広いトイレのある「飯給駅」より、再び 列車で移動。10:00発の列車に乗り、次の下車地「養老渓谷駅」へ☆途中「上総大久保駅」に入線すると、ホームの待合所に、以前 ネコバスを待っていた あの2人(1人と1匹?)が 今度は列車を待っていた☆と、見せかけて、横にバス停があるから、やはり 待っているのは、バスなのか?と、色々 想像膨らむ駅です。この駅で 下車するワケにはいかないので、動 [続きを読む]
  • ギネスに却下された 世界一のトイレ
  • 小湊鉄道の飯給駅前にある、「世界一 広いトイレ」杉の木の外壁で囲まれた 200平方メートルのスペースのド真ん中に、ポツンと便器が存在する。と言うより、庭の真ん中に、トイレ個室があるって感じ。一応、カーテンも完備されているが、周りを見えなくしてしまっては、普通のトイレと変わらない。だったら、普通のトイレでした方がいい。今の時期、周囲には 菜の花 が咲き、よりメルヘンチックな空間となっているのだから、カー [続きを読む]
  • 菜の花 と 桜 そして 世界一のトイレ
  • やっと、飯給(いたぶ)駅の姿を発見☆結局「高滝駅」から、高滝湖を経由して、2駅先の「飯給駅」まで 歩きました。ここは、ローカルな雰囲気漂う駅と、桜 と 菜の花が 一緒に撮影できるとあって、平日にもかかわらず、沢山の方々が カメラ片手に来られています。車での訪問者が大半で、駅前の駐車スペースは、道路に溢れんばかりの 満車状態。周辺の道路上には、「ここに車を停めるな」的な注意書きが目立つ。だが、この光景を見れ [続きを読む]
  • 里見駅近くの撮り鉄スポット
  • 次の列車まで2時間近くあるので、2駅先の「飯給駅」まで歩いて向かう。1駅先の「里見駅」に到着。駅前の県道を少し南下すると、列車と 菜の花 の撮影スポットがあるらしい。現在 8時半すぎ。自分が乗車可能な 内陸方面への列車は、10時近くまで来ないが、反対方向の列車が 8:50ぐらいにやって来る☆せっかくなので、駅以外での“撮り鉄”にチャレンジ。里見駅から 駅前の県道を南に向かって少し歩くと、道路と線路が かな [続きを読む]
  • 次の列車まで 約2時間! ならば得意の・・
  • 「房総横断乗車券」による 房総半島横断の旅。 千葉県内最大の湖面積を誇る 高滝湖 で、時間を費やしてしまい、高滝駅7:47発の 次の列車には、完璧に間に合わなくなった。その次は 約2時間後の9:51発 ・・・だったら、そのまま 湖沿いを進み、2駅先の 飯給駅 まで 徒歩 で向かう事にした!高滝駅から飯給駅までは、営業キロで 3.7km。線路沿いに歩くワケじゃないけど、2時間あれば余裕でしょ!来た道を引き返すのも [続きを読む]
  • 小湊&いすみ鉄道 房総半島横断の旅へ
  • 首都圏の各地で 桜が満開となり、見頃をむかえた 4月上旬の早朝6時すぎ。千葉県のJR内房線の「五井駅」へとやって来た。ここは、房総半島の内陸部へと向かう“小湊鉄道”への乗り換え駅。小湊鉄道の車両は、首都圏はもちろん、全国的に見ても、なかなかお目にかかれない 製造から40〜50年経つような 年季の入ったものばかり。しかも、電車じゃなくて、気動車ですよ!燃料で走る いわゆる ディーゼル車 ってやつで、大型ト [続きを読む]
  • 続・むかし道(登山道)での旧碓氷峠越え
  • 車が まだなかった頃、徒歩での 碓氷峠越えが主流だった時代の むかし道 (旧中山道)をたどって、旧碓氷峠を目指しています。「アプトの道」にもありましたが、ここにも “ クマ出没注意 ” の表示が・・こちらの方が はるかに山奥なだけあって、不安になる。えっ!?プレハブ小屋みたいなのがある!?ここは、山中集落 の跡地らしい。まさに、山の中にある集落って事で、まんまの集落名だが、実際 ここで、おまんま(ご飯)を食べる [続きを読む]
  • むかし道(登山道)での旧碓氷峠越え
  • 約7年半前にも、横川駅から軽井沢駅にかけて、徒歩で碓氷峠越え をした事がありました。その時に歩いた道は、今で言う 旧中山道、この辺りの旧中山道とは、車が通れるような車道ではなく、車がまだなかった頃、 徒歩での峠越え が主流だった時代の むかし道 のこと。「峠の湯」のから、国道18号を軽井沢方面に少し進むと、右手に登山道のような入口がある。今でこそ、「車道の脇に入口がある」という表現になるが、当時は、「道 [続きを読む]
  • 徒歩で碓氷峠を越える旅、ついに碓氷峠へ☆
  • 信越本線の廃線跡を 遊歩道として整備した「アプトの道」から、国道18号へと舞台を移した、徒歩で碓氷峠を越える旅アプトの道の終点より 碓氷峠までは、約7kmの道のり。峠区間に入ってからのカーブ数は、既に90を越えているワケだが、この先にも 90近いカーブが待ち受ける。車道の峠道を歩いていると、所々に、線路が ひょっこり顔を出す。今にも 列車が横切りそうなくらい完全な状態で残っている。14:40に アプトの [続きを読む]