タブラ奏者 きゅうり さん プロフィール

  •  
タブラ奏者 きゅうりさん: きゅりのタブラ修行日記
ハンドル名タブラ奏者 きゅうり さん
ブログタイトルきゅりのタブラ修行日記
ブログURLhttp://kyuri-tabla.hatenablog.com/
サイト紹介文毎年訪れるインド、また日本、諸外国での活動。師匠チョーさんとの涙あり笑いありの修行日記です。
自由文インドの伝統的な太鼓タブラを演奏しているきゅうりです。世界的に活躍する師匠「チョーさん」こと「アルナングシュ・チョウドリィ」との愛あふれる交流、毎年訪れるインドでのドタバタ修行などを書いています。涙あり笑いありのタブラ修行日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 5日(平均28.0回/週) - 参加 2017/05/07 17:39

タブラ奏者 きゅうり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • はじめてのJ-WAVE収録
  • 再取得した運転免許、若葉マークも付け、ダイキチさんを乗せ、六本木ヒルズにあるJ-WAVEの番組収録へ、、、渋滞もなく無事に到着し、東京中が見渡せる33階のJ-WAVEスタジオへ!!だだっ広いオフィスを抜け、ナビゲーターのサラーム海上さんと遭遇。簡単に挨拶したと思ったら、原稿が配られ内容の打ち合わせ、、そして見た事もない機材が並ぶスタジオへ、、「先に、番組内で流す生ライブの録音しましょう」、、 [続きを読む]
  • タブラ奏者スロジャト来日公演
  • 昨日は、人生初のJ-WAVE収録、そしてタブラ奏者スロジャト来日公演at下北沢サーカス。まずは、ライブの報告から、、、インドにはうまいタブラ奏者が星の数ほどいる、、、それは、YouTubeを見ていても明らかで、「巨匠」と言われる神様のような人(100人ぐらい)は当然のこと、チョーさんのようなバリバリ活動している中堅どころ(たぶん1000人ぐらい)、そしてスロジャトのような馬鹿テクの若手(たぶん1万人ぐらい)、さらには子 [続きを読む]
  • タブラ奏者スロジャト来日公演
  • 昨日は、人生初のJ-WAVE収録、そしてタブラ奏者スロジャト来日公演at下北沢サーカス。まずは、ライブの報告から、、、インドにはうまいタブラ奏者が星の数ほどいる、、、それは、YouTubeを見ていても明らかで、「巨匠」と言われる神様のような人(100人ぐらい)は当然のこと、チョーさんのようなバリバリ活動している中堅どころ(たぶん1000人ぐらい)、そしてスロジャトのような馬鹿テクの若手(たぶん1万人ぐらい)、さらには子 [続きを読む]
  • チョーさんの背中
  • 俺がチョーさんを「師匠(インドではグルジ)!!」って呼ぶと、、チョーさんは、顔を真っ赤にしながら「きゅうり!!ノー!ノー!やめてよぉ〜」って言う。でも、ちょっと嬉しそうだ。インドの伝統芸能でも、日本の伝統芸能や工芸でも、どういう関係が師弟なのかは経験がないから分からない。内弟子として何年も掃除や肩揉みをしたりして少しずつ教えてもらえるとか、、電光石火のごとく怒鳴られる厳しい修行とか、、 [続きを読む]
  • チョーさんの背中
  • 俺がチョーさんを「師匠(インドではグルジ)!!」って呼ぶと、、チョーさんは、顔を真っ赤にしながら「きゅうり!!ノー!ノー!やめてよぉ〜」って言う。でも、ちょっと嬉しそうだ。インドの伝統芸能でも、日本の伝統芸能や工芸でも、どういう関係が師弟なのかは経験がないから分からない。内弟子として何年も掃除や肩揉みをしたりして少しずつ教えてもらえるとか、、電光石火のごとく怒鳴られる厳しい修行とか、、はたまた、形 [続きを読む]
  • 弟子はとらない
  • チョーさんにタブラを習いたいと言ってくる人は多いけど、チョーさんは全て断ってる。俺が手伝いで付いていったコンサートの後でも断ってた。なぜ断るのかと聞いてみたら、「俺は、今、タブラ奏者としてキャリアを積む時期なんだ。だから生徒や弟子をとって教えてる時間はない。老人になって今みたいな活動ができなくなったら教えるかもしれないけど、、、でも、先生とか師匠とか、俺の柄じゃない。」とあっけなく答えてた。 [続きを読む]
  • 弟子はとらない
  • チョーさんにタブラを習いたいと言ってくる人は多いけど、チョーさんは全て断ってる。俺が手伝いで付いていったコンサートの後でも断ってた。なぜ断るのかと聞いてみたら、「俺は、今、タブラ奏者としてキャリアを積む時期なんだ。だから生徒や弟子をとって教えてる時間はない。老人になって今みたいな活動ができなくなったら教えるかもしれないけど、、、でも、先生とか師匠とか、俺の柄じゃない。」とあっけなく答えてた。そんな [続きを読む]
  • 伝統について
  • インド音楽を勉強し始めたばかりの僕でも「インド伝統の真髄は〜」みたいな事を宣伝文句に活動する事は可能かもしれない。でも、それは詐欺みたいな行為だし、絶対にやりたくない。「伝統」は単なる言葉にすぎない。でも、その言葉に意味を持たせるものは現実世界での「歴史」だ思う。「伝統」は、一つの「国家」のようなもので、多くの年月と多くの人々の血と汗と努力によって成り立っていると思う。「伝統」という「言葉」を、自 [続きを読む]
  • 伝統について
  • インド音楽を勉強し始めたばかりの僕でも「インド伝統の真髄は〜」みたいな事を宣伝文句に活動する事は可能かもしれない。でも、それは詐欺みたいな行為だし、絶対にやりたくない。「伝統」は単なる言葉にすぎない。でも、その言葉に意味を持たせるものは現実世界での「歴史」だ思う。「伝統」は、一つの「国家」のようなもので、多くの年月と多くの人々の血と汗と努力によって成り立っていると思う。「伝統」という「言葉」を、自 [続きを読む]
  • 師匠チョーさんとの来日公演が6/3の6/7の2回公演に決定!!
  • タブラの師匠チョーさん来日公演が6/3の6/7の2回公演で決定!この公演は一昨年10月、そして昨年6月と10月、短いスパンでの開催にもかかわらず、全公演で大盛況の満員御礼をいただいております!ありがとうございます!!「ドンドン挑戦しろ!チャレンジしろ!躊躇するな!失敗を恐れるな!」チョーさんが俺にいつも言ってくれる言葉です。今年のインド、デリーとコルカタのフェスにお付きとして同行し、熱気と興奮に満ちたエ [続きを読む]
  • 師匠チョーさんとの来日公演が6/3の6/7の2回公演に決定!!
  • タブラの師匠チョーさん来日公演が6/3の6/7の2回公演で決定!この公演は一昨年10月、そして昨年6月と10月、短いスパンでの開催にもかかわらず、全公演で大盛況の満員御礼をいただいております!ありがとうございます!!「ドンドン挑戦しろ!チャレンジしろ!躊躇するな!失敗を恐れるな!」チョーさんが俺にいつも言ってくれる言葉です。今年のインド、デリーとコルカタのフェスにお付きとして同行し、熱気と興奮に満ちたエ [続きを読む]
  • 未来 最終話
  • ミュージシャンなるために安定した生活のできるサラリーマン生活を辞めてから、今年の10月で2年が経ちます。節目ということもあり、未来の自分への志として、思っている事を書きます。「天才」は、元々、すごく高い「基準」「意志」を持って生まれてきた人だと俺は思う。どういうやり方でやっても、何をやっても、間違う事がなく、ドンドン高いレベルにいける人、、凡人には思いつかない「ひらめき」に溢れ、凡人が陥る偏見も [続きを読む]
  • 未来 最終話
  • ミュージシャンなるために安定した生活のできるサラリーマン生活を辞めてから、今年の10月で2年が経ちます。節目ということもあり、未来の自分への志として、思っている事を書きます。「天才」は、元々、すごく高い「基準」「意志」を持って生まれてきた人だと俺は思う。どういうやり方でやっても、何をやっても、間違う事がなく、ドンドン高いレベルにいける人、、凡人には思いつかない「ひらめき」に溢れ、凡人が陥る偏見もぶ [続きを読む]
  • 未来 第3話
  • ミュージシャンになるためにサラリーマン生活を辞めてから今年の10月で2年が経ちます。未来の自分への志として思っている事を書きます。「今の自分を否定する」「正しいと思った時には間違っている」、、、気づいたものの、実践するのはめっちゃ、しんどいです。「満足」した瞬間に、未来へは進めません。「正しい」と思った瞬間に、壁にぶち当たります。ストレスで食事も喉を通らないほどの日々を過ごしていまし [続きを読む]
  • 未来 第3話
  • ミュージシャンになるためにサラリーマン生活を辞めてから今年の10月で2年が経ちます。未来の自分への志として思っている事を書きます。「今の自分を否定する」「正しいと思った時には間違っている」、、、気づいたものの、実践するのはめっちゃ、しんどいです。「満足」した瞬間に、未来へは進めません。「正しい」と思った瞬間に、壁にぶち当たります。ストレスで食事も喉を通らないほどの日々を過ごしていましたが、ある日、 [続きを読む]
  • 未来 第2話
  • ミュージシャンになるためにサラリーマン生活を辞めてから今年の10月で2年が経ちます。未来の自分への志として思っている事を書きます。その時は、全くわかりませんでしたが、今思えば、、、2年前は,単に仕事を辞め、ミュージシャンになった気になっているだけでした。ぬるい気持ちでタブラと向き合い、友人との投げ銭ライブや、自分本位なライブをして自己満足に浸っていた時、、たまたま、シタール奏者のダイキチさん [続きを読む]
  • 未来 第2話
  • ミュージシャンになるためにサラリーマン生活を辞めてから今年の10月で2年が経ちます。未来の自分への志として思っている事を書きます。その時は、全くわかりませんでしたが、今思えば、、、2年前は,単に仕事を辞め、ミュージシャンになった気になっているだけでした。ぬるい気持ちでタブラと向き合い、友人との投げ銭ライブや、自分本位なライブをして自己満足に浸っていた時、、たまたま、シタール奏者のダイキチさんとセッ [続きを読む]
  • 未来 第1話
  • ミュージシャンなるために安定した生活のできるサラリーマン生活を辞めてから、今年の10月で2年が経ちます。節目ということもあり、未来の自分への志として、思っている事を書きます。先日、Facebookからのお知らせで、4年前の投稿が目に飛び込みました。サラリーマンをやりながら音楽活動をしていた頃のものですが、その投稿を見た瞬間、めちゃくちゃ恥ずかしくなりました。腹も立ちました。それはナゼか?今の自分よりミュー [続きを読む]
  • 未来 第1話
  • ミュージシャンなるために安定した生活のできるサラリーマン生活を辞めてから、今年の10月で2年が経ちます。節目ということもあり、未来の自分への志として、思っている事を書きます。先日、Facebookからのお知らせで、4年前の投稿が目に飛び込みました。サラリーマンをやりながら音楽活動をしていた頃のものですが、その投稿を見た瞬間、めちゃくちゃ恥ずかしくなりました。腹も立ちました。それはナゼか?今の自分よりミュー [続きを読む]
  • 過去の記事 …