野球人 さん プロフィール

  •  
野球人さん: 野球上達方法㊙伝授
ハンドル名野球人 さん
ブログタイトル野球上達方法㊙伝授
ブログURLhttp://www.yakyujin.xyz/
サイト紹介文少し違った目線からのアドバイスを伝授します
自由文自分の長年の野球経験を活かしたアドバイスを伝えていきたいです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 48日(平均2.9回/週) - 参加 2017/05/07 20:16

野球人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 道具選びについて
  • 野球の道具と言えば、代表的なもので、グローブ、バット、スパイクになります。細かく言えば、きりがないほどたくさんあります。プレイに直接関係してくるのは上記の3つではないでしょうか。種類もたくさんあります。また値段もピンキリです。そんな中から選ぶのは、確かに迷います。しかし、道具選びはとても重要です。選んだ道具によりプレイの質も変わってくるのです。自分にフィットする道具にたどり着くには、色々試してみて [続きを読む]
  • 目に見えないプレイをチームとして取り上げる
  •  試合の中で目に見えない数々のプレイがありますそう言ったプレイによって勝敗が決まることもあります例えば、中継プレイのちょっとしたミスで進塁を許してしまってそれが得点なる場合です。そんな時は必ず得点が入ったシーンだけが注目されますがそうではなく、そのひとつ前のプレイ(中継プレイ)のことに注目すべきなのですあの得点は、あのちょっとした中継ミスがなければ入っていなかったこう言った分析が最も重要なのです他 [続きを読む]
  • 鍛えるのは動体視力
  •   筋力や体力をつけるための練習はしていることだと思いますもちろん、筋力、体力の強化は必要ですしかし、動体視力を鍛える練習ってしていませんよね?野球というスポーツは、「目」が一番重要なのですボールを打つ 捕る、しかも動いているボールですよねそう考えれば必然的に、何が必要なのか分かります「動体視力」です!この動体視力は、鍛えることができるのです 筋トレや走り込みと同様なのです広島カープでも球団が企業 [続きを読む]
  • 1点を取りに行く野球の確立
  •  チームを強くするためには 自分たちの「カタチ」をつくりあげることです「カタチ」というのは 1点を取るための攻撃スタイルです1アウト3塁という状況で必ず1点をとるセイフティスクイズ(転がったらGOスクイズ)ですバッターはボールを見極めピッチャーに取らせないバントをすることだけに集中するのですヒッチャーがボールを取らなければ高確率で得点が入ります本来のスクイズはバッターの比重が大きいです 失敗のリス [続きを読む]
  • フライは片手でキャッチしましょう
  •  キャッチボールのときボールは両手でキャッチするように指導を受けました確かにとても重要なことです 基本中の基本ですその指導のせいかどんな打球に対しても両手でキャッチしなければいけないと思ってしまいますフライは上から降りてくるボールなのでそれを両手でキャッチしようとすると顔の前でキャッチすることになりますそうなると一瞬グローブで打球をさえぎるかたちになります自ら打球を見えなくしているのですよく外野手 [続きを読む]
  • フライは片手でキャッチしましょう
  •  キャッチボールのときボールは両手でキャッチするように指導を受けました確かにとても重要なことです 基本中の基本ですその指導のせいかどんな打球に対しても両手でキャッチしなければいけないと思ってしまいますフライは上から降りてくるボールなのでそれを両手でキャッチしようとすると顔の前でキャッチすることになりますそうなると一瞬グローブで打球をさえぎるかたちになります自ら打球を見えなくしているのですよく外野手 [続きを読む]
  • 篠塚和典の打撃バイブルDVDを見ての感想
  •   この手の野球技術指導(上達)DVDはたくさん見てきましたよくあるパターンはひとつの事柄に対して説明をしているのが多いです例えば アッパースイングの方が飛距離は伸びる・・・など確かに飛距離だけを考えるのであれば正解なのかもしれませんが・・・トータル的に考えたときそれで良いか?疑問です結局「点」でしか捉えてないからです「線」として捉えることでトータル的に網羅できるのです例えば ボールの見極めが出来 [続きを読む]
  • 篠塚和典の打撃バイブルDVDを見ての感想
  •  この手の野球技術指導(上達)DVDはたくさん見てきましたよくあるパターンはひとつの事柄に対して説明をしているのが多いです例えば アッパースイングの方が飛距離は伸びる・・・など確かに飛距離だけを考えるのであれば正解なのかもしれませんが・・・トータル的に考えたときそれで良いか?疑問です結局「点」でしか捉えてないからです「線」として捉えることでトータル的に網羅できるのです例えば ボールの見極めが出来ず [続きを読む]
  • チャンスで打つ!ここ一番で打つ!には
  •  ここでヒットを打てばサヨナラ勝ちという場面こんなときどんな気持ちでバッターボックスに入りますか?まず一番していけないことは 技術論を考えることです!バットのトップの位置がどうだとかバットが下から出ないようなスイングをしようとかこんなことを思いながらバッターボックスに入ったのであれば間違いなく結果は悪いでしょう次に配球を考えることもしない方が良いでしょう(球種も絞らない)「来た球を打つ!」「初球か [続きを読む]
  • チャンスで打つ!ここ一番で打つ!には
  •  ここでヒットを打てばサヨナラ勝ちという場面こんなときどんな気持ちでバッターボックスに入りますか?まず一番していけないことは 技術論を考えることです!バットのトップの位置がどうだとかバットが下から出ないようなスイングをしようとかこんなことを思いながらバッターボックスに入ったのであれば間違いなく結果は悪いでしょう次に配球を考えることもしない方が良いでしょう(球種も絞らない)「来た球を打つ!」「初球か [続きを読む]
  • 試合の流れを意識することが重要
  •  試合をしていて流れが「良い」「悪い」を強く意識する必要があります点を取った次の回の先頭バッターは必ず抑える点を取られた次の回の先頭バッターは必ず出塁するこういった状況で流れを引き寄せるか否かが決まります時にはセオリーを無視することも必要です例えば 1点差で負けている試合も終盤 流れも完全に相手にあるそんなとき四死球もしくはエラーで出塁をしたこのような状況で送りバントをしてはダメ!四死球 エラーの [続きを読む]
  • 試合の流れを意識することが重要
  •  試合をしていて流れが「良い」「悪い」を強く意識する必要があります点を取った次の回の先頭バッターは必ず抑える点を取られた次の回の先頭バッターは必ず出塁するこういった状況で流れを引き寄せるか否かが決まります時にはセオリーを無視することも必要です例えば 1点差で負けている試合も終盤 流れも完全に相手にあるそんなとき四死球もしくはエラーで出塁をしたこのような状況で送りバントをしてはダメ!四死球 エラーの [続きを読む]
  • 打球の判断に迷ったときは前に出ることが守備の上達につながる
  •  守備をしていて打球に対して前に出るべきか否かの状況は多々あります単に闇雲に前に出れば良いということではありません基準は「迷ったとき」です打球が飛んできて「迷う」ということは言葉で現すのであれば「正直な打球」ではないということになります内野手であればバウンドの調整が難しい打球外野手であればハーフライナーぎみの打球ですこのような打球が飛んできたときに「迷う」ということが発生すると思います「迷ったら前 [続きを読む]
  • 打球の判断に迷ったときは前に出ることが守備の上達につながる
  •  守備をしていて打球に対して前に出るべきか否かの状況は多々あります単に闇雲に前に出れば良いということではありません基準は「迷ったとき」です打球が飛んできて「迷う」ということは言葉で現すのであれば「正直な打球」ではないということになります内野手であればバウンドの調整が難しい打球外野手であればハーフライナーぎみの打球ですこのような打球が飛んできたときに「迷う」ということが発生すると思います「迷ったら前 [続きを読む]
  • 盗塁は右足で踏みきる
  •  盗塁のサインがでたとき盗塁と帰塁の意識の割合は盗塁7で帰塁3の状態でいるのが良いでしょう盗塁というのは必ずしも足が速いから成功するとは限りません確かに成功するひとつの要素であるこには間違いありません一般的に盗塁の成功はスタート スピード スライディングと言われていますそれはあくまでも一般論です 一番重要なのは初速スピードです!盗塁というのはホームベース方向に体を向け構えて横にスタートをする訳です [続きを読む]
  • 盗塁は右足で踏みきる
  •  盗塁のサインがでたとき盗塁と帰塁の意識の割合は盗塁7で帰塁3の状態でいるのが良いでしょう盗塁というのは必ずしも足が速いから成功するとは限りません確かに成功するひとつの要素であるこには間違いありません一般的に盗塁の成功はスタート スピード スライディングと言われていますそれはあくまでも一般論です 一番重要なのは初速スピードです!盗塁というのはホームベース方向に体を向け構えて横にスタートをする訳です [続きを読む]
  • ピッチングとは配球・制球力である
  •  誰もが剛速球ピッチャーになりたいと思うのも分かる早い球を投げる・・・これは確かに強い武器となるしかしそれだけでは勝つことは無理であるピッチングで重要なのは配球と制球力の2点である勝負を焦らず 際どいコースに投げる(ボールになっても良い)そこで2ボール1ストライクの形をつくるこれは対戦バッターが云々ではなく 自分のスタイル(パターン)を作り上げておく 2ボール1ストライクそこからが配球勝負である意 [続きを読む]
  • ピッチングとは配球・制球力である
  •  誰もが剛速球ピッチャーになりたいと思うのも分かる早い球を投げる・・・これは確かに強い武器となるしかしそれだけでは勝つことは無理であるピッチングで重要なのは配球と制球力の2点である勝負を焦らず 際どいコースに投げる(ボールになっても良い)そこで2ボール1ストライクの形をつくるこれは対戦バッターが云々ではなく 自分のスタイル(パターン)を作り上げておく 2ボール1ストライクそこからが配球勝負である意 [続きを読む]
  • 初球はアウトコースに的を絞る
  •  バッティングで一番悪い状態とは、むかえに行く(タイミングが早い)状態ですまだ振り遅れ(タイミングが遅い)の方が良いですよく「逆方向に打て!」と耳にしますよねこれってなぜだかわかりますか?単に逆方向を狙って打つ・・・これってかなりの技術が要りますそれを意識するあまり手打ちになってしまいバランスの悪いバッティングになってしまいますこれは最悪の状態です「逆方向に打て!」とはボールを呼び込んで打てという [続きを読む]
  • 初球はアウトコースに的を絞る
  •  バッティングで一番悪い状態とは、むかえに行く(タイミングが早い)状態ですまだ振り遅れ(タイミングが遅い)の方が良いですよく「逆方向に打て!」と耳にしますよねこれってなぜだかわかりますか?単に逆方向を狙って打つ・・・これってかなりの技術が要りますそれを意識するあまり手打ちになってしまいバランスの悪いバッティングになってしまいますこれは最悪の状態です「逆方向に打て!」とはボールを呼び込んで打てという [続きを読む]
  • 過去の記事 …