押谷 昌宗 さん プロフィール

  •  
押谷 昌宗さん: 企業と特許事務所の共存に向けて
ハンドル名押谷 昌宗 さん
ブログタイトル企業と特許事務所の共存に向けて
ブログURLhttp://ipmo.blog.fc2.com/
サイト紹介文SKIP(特許業務法人)の押谷です。 オープン・クローズ等の知財戦略についても書いていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 96日(平均1.9回/週) - 参加 2017/05/08 14:50

押谷 昌宗 さんのブログ記事

  • Fusion360(3D CAD) の弱点
  • 先週末、有志で勉強会をしました。http://ipmo.blog.fc2.com/blog-entry-31.htmlhttp://ipmo.blog.fc2.com/blog-entry-19.html基本的な操作を学んだので、調子に乗って実案件で試してみました。しかし、教えてもらいながらテキストにのっている物体を作るのとは違い、一人で実践に赴くのははるかにハードルが高いことを痛感した一日でした・・・。Fusion 360には、「タイムマシン」機能があります。実行した操作を全て時系列で記憶 [続きを読む]
  • USのクレーム:機能的表現 〜"configured to"〜
  • (1) USクレーム中の「機能的表現」について、しばしば審査官が無視する場合があるようです。例:【構成要件の機能を無視され得る場合】1. An image processing device, comprising: a sensor [that detects an image]; a processor [that automatically color corrects the image]; .... このように、"that 〜"で規定すると、[ ]内の機能が無視されることがあるそうです。 これは、「構造」に重きをおくUS [続きを読む]
  • Fusion 360 勉強会!
  • 今週の土曜日に、有志でFusion360の勉強会をやります!これにより、2Dでは理解するのが大変な図面でも、一瞬で理解可能な3Dの斜視図を簡単に作成できるようになるでしょう!(すでに今でも他の3DCADで作成していますが、さらなる効率化です)http://ipmo.blog.fc2.com/blog-entry-19.html講師は、先日2日間に渡るセミナーを受講し、「Autodesk Fusion 360 Certified User Exam」という資格をgetした奥村氏!http://k0he10kumura.bl [続きを読む]
  • ドイツ語スクール
  • ドイツ留学に行くことが確定しました!9/30に出発し、10/1に現地に到着予定です。現地の方の知り合いが経営されているアパートを貸して頂けることになり、無事に住居も確保しました。そこで、あさってからドイツ語スクールに通うことにしました。やはり異国に行くので、日常会話まではいかなくても、挨拶程度はできるようになりたいと思います。また、実務的な話では、うちの事務所は「ドイツ語→英語」の文献を日本語に翻訳する仕 [続きを読む]
  • EP 欧州 明確性
  • EPでは、他国に比べて【不明確】であるとの記載不備が連発されます。腹が立ったので、ドイツの代理人と会ったときに、良い方法がないか聞いてみました。以下、現地からのアドバイスです。<明確性についてのお勧め戦略> 「EESRの時点では、「補正なし」+「意見書で発明の内容を簡単なフローチャートや図面を用いて説明する」」<理由> ・EESRは、そもそもほんまの審査ではなく、この時点で不必要に限定する必要はない。 ・そ [続きを読む]
  • SG シンガポール 補充審査
  • 【SG(シンガポール)の審査請求についてのメモ】① SGの補充審査:JP, US, EPO(英語限定), AU, CA(英語限定), KR, UK, NZ に基づいて可能。(CNなし)② SGで修正実体審査を請求するとき、USベースであれば、必要書類は以下の2点でOK。認証不要。1. NOA(Notice of Allowance)2. Claims(登録クレーム)③ 分割すると、審査請求期限はリセットされる→分割日から36ヶ月(実体審査) or 54ヶ月(補充審査)に期限再設定。④ 18 [続きを読む]
  • USメモ 非自明性 KSR
  • The language in the KSR International decision by the U.S. Supreme Court made the test for obviousness seem somewhat subjective. H
    owever, the Examiner must still provide a clear explanation of his or her reasoning.The key to supporting any rejection under 35 U
    .S.C. 103 is the clear articulation of the reason(s) why the claimed invention would have been obvious. The Supreme Court in KSR I
    nt'l Co. v [続きを読む]
  • 国内移行後におけるPCT出願の基礎出願に基づく補正の可否
  • PCT出願を外国に移行した後、自発補正をする場合に、PCTの基礎出願の開示に基づく補正の可否は、以下の通り。OK : US, AU, IN, RUNG : EP, CN以前、PCTの図面が、図1〜図10まで、全て同じ図(基礎の明細書の図3)になっていたことがありました(※他事務所からの移管で、当所のミスではありません!)。このとき、各国代理人に問い合わせた結果、国内移行後、国によったら基礎の開示を根拠として、正しい図面を追加する補正が [続きを読む]
  • US特許訴訟の提起先が自由に選べなくなった!?
  • 以下の記事から一部抜粋。「アメリカ最高裁は、原告は特許権侵害を主張するにあたって、特許権侵害企業が設立された場所または現実に継続して業務を行っている場所あるいは現に特許権が侵害されている場所を管轄する裁判所にのみ訴を起こすことができると全裁判官の一致で決定した。」http://jp.techcrunch.com/2017/05/23/20170522patent-trolls-take-in-on-the-chin-in-new-supreme-court-ruling/これにより、PAE(Patent Assert [続きを読む]
  • ブログのアイコン
  • プロフィールに設定したアイコンが、ランキング表示で全然表示されへん!!??と思ってたんですが、そもそもFC2のアイコンを設定しただけで、ブログ村のアイコンは未設定でした??ちゃんとしたら、わりとすぐに反映されたので、良かったです?? [続きを読む]
  • Fusion 360 (3D CAD)って便利!!
  • AUTODESK社(3D CADのリーダー的存在)が公開した『Fusion 360』がめっちゃ便利です!普段利用している3D CADは、「積み木を組み上げる」感覚で3Dモデルを作り込んでいくんですが、『Fusion 360』は「粘土を捏ねる」感覚で3Dモデルを作成できます。「何を言ってるんやこいつは?」と思われるかもしれないですが、実際に使ってみたらスグに実感できると思います。これにより、今まで使っていた3D CADではできないことができる [続きを読む]
  • US特許 “内在”している!?
  • MPEP 2112 ? (paraphrased):(i) There must be evidence, which makes clear that a missing feature is necessarily present in the thing described in the reference, and that it would be so recognized by persons of ordinary skill.(ii) The examiner must provide a basis in fact and/or technical reasoning to reasonably support the determination that the allegedly inherent characteristic necessarily flows f [続きを読む]
  • マレーシア MY 修正実体審査 必要書類
  • 必要書類は以下の3つ①認証つきの登録特許公報(JPだと¥1,400で特許庁に申請(紙で郵送))②登録時における英語の翻訳③翻訳者によるVerificationなお、以下のサイトに、「③翻訳者のVerificationには公証役場による公証が必要」で、「③出願人にもVerificationにサインしてもらう必要がある」、と書かれている(電話でも確認済み)が、これらは不要(現地が言ってる)。https://www.jpo.go.jp/torikumi/kokusai/kokusai2/asia-m [続きを読む]
  • 意匠の要部をゴリ押しする
  • 以前意匠のOAで、細かい部分しか先行意匠と異なるポイントがない案件で、似たような登録意匠を複数記載し、「こんな似てるやつでも登録になってるんやから、この分野の意匠の要部は細かく認定されるべき!だから、細かい部分しか異なってなくても、本願と先行意匠は非類似!!」って感じで応答しても、認められませんでした。そもそもよく考えたら、審査官はそのぐらいは把握した上で、類似と認定してるので、通用しないのも納得で [続きを読む]
  • 選択と集中〜SEP&UI〜
  • ノルマ等の理由により、「とりあえず出願しまくったれ!」というのはいかがなものか。このご時世、ハードでもソフトでも、いくら特許をとったところで、回避されたり模倣されたりするのを防ぐことは容易ではありません。ハードの場合、微妙な設計変更で、ソフトの場合、内部処理であることをいいことに、(バレへんやろってことで知らん顔して)模倣されたりすることは結構あると思います。特にスタートアップ等にとって、出願費用 [続きを読む]
  • 限定要求 〜US特許〜
  •  2つの異なるクレームセットがGroup Ⅰ、Gruop Ⅱと認定された場合、反論(traverse)の余地がある場合があります。 限定要求を発するための要件は、以下の2つをともに満たすことです(MPEP803)(※1)。 a) 独立した別個の発明(The inventions must be independent or distinct as claimed) b) 審査官に厳しい負担(serious burden)を課す ここで、「独立した(independent)」とは、「複数の発明が、構成、作用又は [続きを読む]
  • 権利の『活用』? 〜サプライチェーンを意識した権利化〜
  • 権利活用について。「出願人のビジネスに沿った、権利を「活用」しやすいように知財を取得する!」という話をよく聞きます。確かにそれはごもっとも。ですが、具体的には権利を「活用」しやすいって、どんな感じなんや?と常々感じているので、これについて考察してみます。今回は、知財の中でも特許に絞って検討します。<『活用』しやすい権利とは?>① 権利行使に耐え得る特許② サプライチェーンを意識した特許これらを細分 [続きを読む]
  • 黒い恋人
  • 月曜日は北海道に行ってたのでブログが書けませんでした。今回、空港であるお菓子が目についたのでアップします。「黒い恋人」これ、例の「白い恋人」vs「面白い恋人」バトル(2011/11/28に勃発)の後やのに、大丈夫か!?とうことで、商標について調べてみました。「白い恋人」 権利者:石屋製菓株式会社 1980/9/29登録 指定商品:菓子及びパン「黒い恋人」 権利者:あさひかわ農業協同組合 2006/6/16登録 指定商品:加工し [続きを読む]