66 さん プロフィール

  •  
66さん: お父様と共に
ハンドル名66 さん
ブログタイトルお父様と共に
ブログURLhttp://ameblo.jp/nokinoki66/
サイト紹介文み言、信仰、私の心、実生活。どうすれば合わせられるのか。真のお父様の願われる正午定着した心を求めて。
自由文み言を学べば学ぶほど現実の自分とのギャップを感じてしまう。み言は理想、実生活は現実。多くの食口がそこに悩んで来ました。ある程度のところで妥協したり諦めなくてはならない現実を感じています。でも私たちに不可能な事を真のお父様が言われるはずがありません。もう一度、お父様のみ言と私の心と生活を具体的に見直してみましょう。正午定着した心を持てるようになる道が必ずあるはず。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 18日(平均5.1回/週) - 参加 2017/05/08 15:20

66 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 信じる愛
  • 真のお父様は全てを知りながらも、私たちを信じ続けて下さいました。お父様の周りには多くの幹部たち、側近の食口たちがいました。彼らはそれぞれ責任者だったりするので、お父様に報告する機会も多かったと思います。時折、事実と違う虚偽の報告をする事もあったようです。しかしお父様は、それらの報告内容を信じました。 たとえそれが嘘だと分かっていても信じていかれました。自分が騙されたとしても、相手を信じたいという神 [続きを読む]
  • 夫婦関係に悩みがありますか?
  • 祝福家庭の中には夫婦関係で悩んでいる家庭が少なくありません。本来夫婦とは、お互いにどう思い合うものなのかという事について、考えてみたいと思います。「結婚は相手の為にするもの」 というお父様のみ言がありますね。そもそも夫婦とは何かと考えてみると、この世でも、結婚する時には男性が女性の実家に挨拶に行って、「娘さんを必ず幸せにします」という誓いを立てて「娘さんをください」と頭を下げるものです。ですから [続きを読む]
  • み言は自分に当てはめるもの
  • 私たちは人の言動を見て気になる事があると、すぐにみ言に当てはめて人を裁きたくなります。これまでにも、食口同士でみ言をもって人を裁いたり、批判したり、攻撃するような場面に何度も出くわした事があります。私自身も胸に手を当てて思い起こしてみれば、兄弟姉妹に対して、あるいは家族に対して、そういう発言をした事があります。この点を私は、最近になって深く悔い改めました。み言を聞いていると、何かこちらが正義のよ [続きを読む]
  • 夫婦の間でも当たり前の事などないのです
  • 私たちは生活の中で感謝できるものを探していくように教えを受けました。どんな些細な事でも当たり前の事などはなく、全ての環境や出来事は偶然ではなく、全て神様が「私」の為に準備してくださったものだからです。空気、水、光、植物、動物…これらは私たちの生活に不可欠なものですが、あるのが当たり前になっているので、なかなか普段感謝の思いを持つ事が出来ません。しかし、これらは神様が私たちの為にご自身の全てを投入 [続きを読む]
  • 為に生きる上で大切なこと
  • 私たちはみ言を聞いて、「為に生きる」という事を一つの指針として生活していると思います。でも本当の意味で相手の事を考えていないと、相手の為にしているつもりでも、自分の為にしてしまっているような場合もあります。為に生きる心のどこかに「自分が相手から感謝されたい」 とか「為に生きているという実績を立てたい」 とか「自分を良く見せたい」 とか…そんな思いがないでしょうか?自分自身の心をよく見つめてみまし [続きを読む]
  • 絶対信仰・絶対愛・絶対服従とは
  • 絶対信仰・絶対愛・絶対服従と聞くと、とても窮屈に感じる方も多いと思います。「絶対」という言葉はとても強い言葉なので、何か強制されているように感じるからかもしれません。しかし、お父様のみ言にもあるように、これまで神様が私たちに絶対信仰・絶対愛・絶対服従して来て下さったのだという事を考えると、これは強制の世界ではなく、愛の世界の話だという事を感じます。私が神様に対して不信仰であったりした事とは関係な [続きを読む]
  • 「先生は孤独です」と語られたお父様
  • 真のお父様は「先生は孤独です」と語られました。「孤独」とは、一人ぼっちという事ですよね。しかし、お父様は多くの人たちに囲まれて暮らしていました。ではなぜ孤独だと言われたのでしょうか?人間はどういう時に孤独を感じるかという事を考えてみると…・自分を理解してくれる人が一人もいない時・心の通じ合う人が一人もいない時そういう時ではないでしょうか。という事は…お父様の周りには、お父様の事を理解する人が一人 [続きを読む]
  • 信仰生活は誰のためにするのでしょうか?
  • あなたは自分が何のために信仰生活をしているのか考えてみた事はありますか?み旨成就のため。。創造理想を完成するため。。色々と思う事があると思います。でも、それらの事を一体誰のために成そうとしているのか?と考えてみてください。もちろん、神様のため、ご父母様のため、というように思っているとは思うのですが、自分の心の奥底を観察して見ると、信仰によって自分が完成し、自分が幸せになり、自分の家庭が恩恵を受け [続きを読む]
  • 真の父母を迎えるとは
  • 私たち統一食口は、真のお父様を信じて来ました。しかし、お父様は、何度も何度も「真の父母を迎えなさい」と語られました。このみ言をあなたはどのように受け取って来ましたか?大会などでお父様がこう語られる時、これはまだみ言を聞いていない新規の一般の人たちに向けて語っているのだ、と思って来ませんでしたか?私自身そう思って来ました。でもこのみ言は、私たち統一食口に向けて語られていたのです。その証拠に、お父様 [続きを読む]
  • 私一人を救うために
  • 真のお父様は、人類を救うために一生涯ご苦労されました。私たちはその事を何度も聞いて学んで来ました。でも、まだどこかに自分の問題として切実に思う事が出来ないところがあるのではないでしょうか?み言は理想。。実生活は現実。。理想と現実は違うのだと…そのように割り切ってしまっている方も多いのではないかと思います。あるいは、これではいけないと思いながらも、どうしても目先の現実生活に流されてしまう方もいるで [続きを読む]
  • 真のお父様の怨讐
  • 「怨讐を愛しなさい」と真のお父様は教えてくださいました。怨讐を愛する事がサタンを屈服させる方法だと。お父様は生涯かけて怨讐を愛する生き方を貫いて来られました。では一体、お父様の怨讐とは誰だったのでしょうか?お父様の最愛のご家族を犠牲の道に追いやった者たち・・・それはまさしく、不信仰な私たち、祝福家庭、統一食口たちだったと言わざるを得ません。つまり、今まで「私」がお父様の怨讐であったという事になり [続きを読む]
  • 真のお父様の人生
  • 真のお父様は、私たちの為に多くの犠牲を払って来られました。私たちにとって一番大切な人は誰でしょうか?やはり家族ですね。夫であり、妻であり、子供であり、親であり…それはお父様にとっても同じ事です。しかし、お父様は人類の真の父母の立場に立っておられたので、ご自身の大切な家族を愛する前に、全人類を愛さなくてはなりませんでした。自分の子供が死ぬのを分かっていながら、それを防いであげる事も許されない立場だ [続きを読む]
  • ひとつになりたい!
  • 現在、統一教会は混乱しています。宗教を統一し、国境を撤廃し、世界を一つにする事が真のお父様の願いであったのに、そのお父様を最も慕って来たはずの私たち統一食口が分裂しています。これは本当に残念な事です。真のお父様がメシアです。その事は食口なら誰もが知っているはずの事ですが、お父様の聖和後、少し違う話が出て来ています。しかし、私たちはお互いを批判し合うのではなく、一つにならなければなりません。そのよ [続きを読む]
  • 過去の記事 …