メタ蛙 さん プロフィール

  •  
メタ蛙さん: 俳句好きの俳句情報
ハンドル名メタ蛙 さん
ブログタイトル俳句好きの俳句情報
ブログURLhttp://haikujouhou.seesaa.net/
サイト紹介文俳句が趣味のおっさんです。俳句のニュースや、気に入った俳句、話題の書籍などをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 42日(平均6.5回/週) - 参加 2017/05/09 12:26

メタ蛙 さんのブログ記事

  • 朝日新聞・俳壇。2017年6月19日。
  • 朝日新聞・俳壇。2017年6月19日。夏に入る生きて過ごせと青虫に金子選。第1席。更衣四谷の駅は白い波金子選。第10席。追憶の六月三日山動く長谷川選。第1席。農学部大樹をわたる夏の雲長谷川選。第9席。万緑や乗員替はる国境線大串選。第1席。生き方を問はるる日なり桜桃忌大串選。第2席。名園の水に育ちてあめんぼう大串選。第6席。名はなけれども古里の新茶なり大串選。第9席。きりのなきやうである庭草を引く稲畑選。 [続きを読む]
  • 6月16日「麦とろの日」。「麦とろ」の俳句。
  • 6月16日「麦とろの日」。「麦とろ」の俳句。6と16の語呂合わせでムギトロから。麦とろご飯を食べ、元気に夏を乗り切ってもらおうと、「麦ごはんの会」が制定した記念日。むぎとろの障子あかりの供養膳飯塚雅子とろろ飯かつ込み急ぐこともなし伊藤白潮吉備路なる旅の終りの麦とろろ岡淑子麦とろや貧しき頃を想ひつつ石山民谷退屈な夫怒らせてとろろ飯齊藤哲子麦とろや老い確かめるまでもなし中島一彦麦とろやわたくしサイズの日々が [続きを読む]
  • 現代俳句講座開催の情報。高柳重信の研究。
  • 現代俳句講座開催の情報。高柳重信の研究。現代俳句協会青年部主催「第41回現代俳句講座」演題澤好摩氏 「高柳重信と多行形式」 小林恭二氏 「古代をモチーフとした高柳重信の俳句」日時2017年6月18日(日)13時〜16時半 (受付は12時半から)場所玉川大学・大学教育棟2014(UNIVERSITY HALL)521教室(キャンパス・マップの4番の建物)東京都町田市玉川学園6-1-1聴講料当日・1,500円事前予約・1,000円学生・無料(当日学生証などをご持参く [続きを読む]
  • 朝日新聞・俳壇。2017年6月11日。
  • 朝日新聞・俳壇。2017年6月11日。小さき城なれど万歩の薄着かな稲畑選。第1席。滝壺によみがへりたる水の色稲畑選。第2席。浜風抗ふやうに揚雲雀稲畑選。第6席。時鳥残せし静寂深まりし稲畑選。第9席。サングラス押しも押されぬ田舎者金子選。第1席。短夜の夜が長居と老母言ふ長谷川選。第1席。はまなすや今日も沖には空母あり大串選。第1席。万緑や樹木みな己が色を持つ大串選。第5席。植ゑ終へし早苗の丈の小さきかな大 [続きを読む]
  • 杉本苑子の「おくのほそ道」
  • 杉本苑子の「おくのほそ道」5月31日歴史小説で著名な杉本苑子さんが亡くなった。杉本苑子1925年6月26日〜2017年5月31日東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)生まれ。静岡県熱海市の自邸にて老衰のために死去。満91歳没旧制千代田女子専門学校(現:武蔵野大学)文化学院を卒業。代表作 『マダム貞奴』、『冥府回廊』『孤愁の岸』で第48回直木三十五賞を受賞する。文化勲章受章者。その杉本苑子さんは俳句にも造形が深く、松 [続きを読む]
  • 朝日新聞・俳壇。2017年6月5日。
  • 朝日新聞・俳壇。2017年6月5日。麦秋の刈り取られゆく光かな大串選。第1席。ひかへ目を己が色とし花樗大串選。第2席。青嵐の谷に駅舎の屋根一つ大串選。第4席。亡き妻の料理帳見て夏料理稲畑選。第1席。ビル街の街路樹に見る青嵐稲畑選。第4席。大空へ背伸びし朝の若楓稲畑選。第8席。水田の深き足跡てふアート金子選。第1席。春愁や八十一のアラン・ドロン長谷川選。第1席。短夜や旅の枕の頼りなく長谷川選。第3席。朴の [続きを読む]
  • 朝日新聞・俳壇。2017年5月29日。
  • 朝日新聞・俳壇。2017年5月29日。帰省子の未だ東京の匂ひせず長谷川選。第1席。ハーレーで来て田植機に乗り換へる長谷川選。第7席。薔薇剪つて今日でなければならぬこと長谷川選。第10席。少子化に抗ふごとく鯉のぼり大串選。第1席。人類史角番にあり夏に入る大串選。第3席。金子選。第6席。薫風や甦りたる千枚田大串選。第8席。傘雨忌や生家に残る句碑一つ大串選。第10席。地響きに滝の重さのありにけり稲畑選。第1席 [続きを読む]
  • 大道寺将司の俳句
  • 大道寺将司の俳句https://youtu.be/_XLjnsCaLjQ2017.05.25.法務省の発表によると、連続企業爆破事件関連の大道寺将司死刑囚(68)が24日午前11時39分、収容先の東京拘置所で多発性骨髄腫のため死亡した。大道寺将司死刑囚は俳人としてもよく知られている。獄中から、松下竜一、中山千夏、辺見庸らと交流し、文芸活動を開始した。獄中で詠んだ句集『棺一基』は、2013年日本一行詩大賞の俳句部門を受賞した。当動画の俳句と [続きを読む]
  • 朝日新聞・俳壇。2017年5月22日。
  • 朝日新聞・俳壇。2017年5月22日。餓死病死爆死地球の子供の日金子選。第1席。春愁の影引く試歩となりにけり金子選。第9席。大串選。第8席。縦書きの国に生まれて心太長谷川選。第1席。山ざくら七百年の切通長谷川選。第8席。雨脚も染めんばかりの牡丹かな長谷川選。第9席。聖五月人には青の時代あり大串選。第1席。谷底へまた谷底へ飛花落花稲畑選。第1席。新緑の山の絵巻はまたたく間稲畑選。第6席。ユニフォーム姿の子 [続きを読む]
  • 花田春兆さんの俳句。
  • 花田春兆さんの俳句。花田春兆(本名 花田政国)5月13日(土)午後2時39分逝去。享年91才1925年(大正15年)10月22日大阪生まれ。出世時からの脳性まひによる歩行・起立障害、言語障害がある。1934年東京市立光明学校入学。学校の先生に勧められて、俳句を始め俳号「春兆」を受ける。1947年身体障害者による同人誌「しののめ」創刊。1957年俳誌「萬緑」に入会、中村草田男に師事する。1965年結婚し、一男一女を授かる。1980年国際障 [続きを読む]
  • 花田春兆さん、お通夜と葬儀。
  • 花田春兆さん、お通夜と葬儀。2017.05.19.花田春兆さん、お通夜と葬儀。大阪府生まれ。俳人。脳性マヒにより障害があり、車椅子生活。通夜・葬儀告別式仏式(臨済宗 大徳寺派 高源院)により下記の通り通夜 5月19日(金)午後6時〜7時葬儀告別式 5月20日(土)午前10時〜11時 pic.twitter.com/GfFuS6MUMt— 俳人1号 (@haijin1gou) 2017年5月19日花田春兆(本名 政國)さん。5月13日(土)午後2時39分逝去。享年91才 通夜・葬儀告別式仏 [続きを読む]
  • 5月17日。車谷長吉さんの命日。車谷長吉さんの俳句。
  • 5月17日。車谷長吉さんの命日。車谷長吉さんの俳句。2015年5月17日車谷長吉(満69歳没)1945年7月1日兵庫県飾磨市(現・姫路市飾磨区)生まれ。慶應義塾大学独文科卒業。作家、随筆家、俳人。妻は詩人の高橋順子。車谷長吉句集 単行本 ? 2005/7/1https://t.co/tpoIsXbh9p pic.twitter.com/WlHHAJezwT— 俳人1号 (@haijin1gou) 2017年5月17日代表作『鹽壺の匙』(1992年)『漂流物』(1996年)『赤目四十八瀧心中未遂』(199 [続きを読む]
  • 5月17日。北村透谷の命日。北村透谷の俳句。
  • 5月17日。北村透谷の命日。北村透谷の俳句。1894年5月16日北村 透谷(きたむら とうこく)(満25歳没)1868年12月29日(明治元年11月16日) 相模国足柄下郡小田原に生まれる。東京専門学校(現・早稲田大学)中退日本の評論家・詩人。明治期に近代的な文芸評論をおこない、島崎藤村らに大きな影響を与えた。 pic.twitter.com/39iESRxGvT— 俳人1号 (@haijin1gou) 2017年5月16日松島に於て芭蕉翁を読む北村透谷余が松島に入り [続きを読む]
  • 朝日新聞・俳壇。2917年5月15日。
  • 朝日新聞・俳壇。2917年5月15日。押し寄せる芽吹き明りの大玻璃戸稲畑選。第1席。囀や一樹一樹に空のあり稲畑選。第5席。驟雨着を吉野と決めて花の旅稲畑選。第10席。戦後よりまた戦前へ四月馬鹿金子選。第1席。風を呼ぶ春落日の鴉かな金子選。第5席。全円となるぼうたんの真昼かな長谷川選。第1席。子規虚子の句碑を囲みて囀れり大串選。第1席。島桜白し灯台なほ白し大串選。第3席。城外へしだれて夜の桜かな大串選。第 [続きを読む]
  • 5月12日。草野心平の誕生日。俳句
  • 05.12.草野心平の誕生日。俳句1903年(明治36年)5月12日草野心平福島県石城郡上小川村(いわき市小川町)に生まれる詩人1988年(昭和63年)11月12日、満85歳没●河童と蛙るんるん るるんぶるるんぶ るるんつんつん つるんぶつるんぶ つるん河童の皿を月すべり。・・・ pic.twitter.com/wATorp1XwU— 俳人1号 (@haijin1gou) 2017年5月12日1983年(昭和58年)、文化功労者。1984年(昭和59年)7月、いわき市名誉市民となる。1 [続きを読む]
  • 5月11日。萩原朔太郎の命日
  • 1942年5月11日萩原朔太郎の命日。満55歳没。1886年11月1日群馬県東群馬郡北曲輪町生まれ。慶應義塾大学予科中退我が心また新しく泣かんとす人間に火星近づく暑さかな青梅に言葉すくなき別れ哉ブラジルに珈琲植ゑむ秋の風プラタヌの葉は散りはてぬ靴磨き pic.twitter.com/pLJlPHKZ8R— 俳人1号 (@haijin1gou) 2017年5月11日**********************************************俳句・短歌ランキングにほんブログ村*************** [続きを読む]
  • 第8回田中裕明賞に小津夜景「フラワーズ・カンフー」。
  • 第8回田中裕明賞に小津夜景「フラワーズ・カンフー」。ふらんす堂が主催して今回で第8回になる「田中裕明賞」に、小津夜景さんの句集「フラワーズ・カンフー」が決定した。小津夜景さんは1973年北海道生まれの44歳。現在、フランスに住んでいる。結社・同人誌等への所属歴なし。第2回攝津幸彦記念賞準賞受賞。「フラワーズ・カンフー」小津夜景の第1句集。帯文:正岡豊、鴇田智哉。2013年11月から2016年4月までに発表した作品か [続きを読む]
  • 雑誌「サライ」で俳句をはじめよう
  • 雑誌「サライ」で俳句を始めよう。サライ 2017年 06 月号 雑誌 (小学館) 2017/5/10発売今号の特集はキリシタン文化を訪ねる「天主堂」への旅と「俳句入門」。【趣味特集】鑑賞のツボから作句、推敲、投句まで懇切指南「俳句入門」いろはの《い》朝日新聞・俳壇で選者を務める長谷川櫂が解説。鑑賞のツボ「平易な言葉の中に心理を感じ取る」旅先で一句「瞬間を切り取り、旅の記憶を留める」吉田類作句のコツ「季語に親しみ、言葉 [続きを読む]
  • 嵐山光三郎の芭蕉論。芭蕉の正体は水道工事請負人。
  • 嵐山光三郎の芭蕉論。芭蕉の正体は水道工事請負人。面白いおじさんの一人である嵐山光三郎氏は、実は、俳句の大愛好家であった。満月を浴びて少年探偵団嵐山光三郎そしてまた、松尾芭蕉の熱心な研究家でもあったのだ。松尾芭蕉の正体については、隠密だった、忍者だった、とか諸説あるが、嵐山光三郎氏の最新の評伝によれば、凄腕の水道工事請負人だったというのだ。嵐山 光三郎(あらしやま こうざぶろう)1942年1月10日 - 本名、 [続きを読む]